FC2ブログ
2019-07-28

ラーダ・ダンナの夏休み⑦・旅籠:紀伊国屋・芸妓置屋:小松楼




さて、関所があれはその周辺に旅籠もありますね~


関所で新居宿 旅籠・紀伊国屋資料館の共通券を買ったので、旅籠の方にも行ってみましょう





P6130198_convert_20190727152303.jpg


旅籠:紀伊国屋



紀伊国屋は新居宿にあった、紀州(和歌山)藩の御用宿です。江戸時代、関所を出た新居宿内の東海道沿いには20数件の旅籠(はたご:現在の旅館)が軒を連ねました。

紀伊国屋の創業ははっきりしませんが、主人が紀州の出身で、江戸初期に新居に移り住み茶屋を営んだのが始まりといわれます。

江戸時代中期の元禄16年(1703)には徳川御三家紀州藩の御用宿となっており、その後「紀伊国屋」の屋号を掲げました。昭和戦後に廃業するまで約250年、旅館業を営みました。


建物は明治初めの再建ですが、随所に江戸期の建築様式を色濃く残し、平成13年(2001)に解体修理を行い、当時の風情を体感できる施設として公開しています。【市指定有形文化財】

(湖西市観光振興協議会HPより)






P6130200_convert_20190727153726.jpg








P6130206_convert_20190727154316.jpg




P6130210_convert_20190727154535.jpg







P6130212_convert_20190727154614.jpg








P6130216_convert_20190727154638.jpg


ところで、弥次さん・喜多さんが珍道中を繰り広げる「東海道中膝栗毛」というのがありますが、この本が出版された頃から一般庶民の間でも旅を楽しむ人々が増えてきたようです。




P6130209_convert_20190727154438.jpg



彼らの目的は寺社への参拝だそうですが、知らない土地の珍しい風物に触れることができるため物見遊山も兼ねていました。


ところで、東海道の旅の一日の路銀(旅費)はいったい幾らぐらい必要だったと思いますか?




一泊2食つきの旅籠だと、平均で150~200文ぐらいの料金が相場だったようです。


諸々の雑費までを含めると一日に400~600文程度が必要だったそうです。


現代のお金に換算すれば、およそ 8000~1万5000円ぐらい。


紀伊国屋でも現在の金額で言えば6,000円ぐらい・・・と、結構なお値段だったのですね~




P6130201_convert_20190727153914.jpg





P6130203_convert_20190727154003.jpg

紀伊国屋の名物だった、鰻の蒲焼


P6130202_convert_20190727153934.jpg






P6130225_convert_20190727155302.jpg

二階からは東海道が見えます。







紀伊国屋資料館の方に、お勧めされた国登録有形文化財の芸妓置屋:小松楼が無料で見学できるので行ってみます。



P6130227_convert_20190727160632.jpg

現在は、小松楼まちづくり交流館となっています。





新居では大正時代以降、関所の南側に歓楽街が広がり、多い時で60人から80人の芸者がいたと言われています。小松楼は大正から昭和20年代頃まで芸者置屋及び小料理屋を営みました。


建物は明治末期以前のものを現在の地へ移築し、その後数回の増改築を行っています。2階は座敷となっており、独特の間取りやべんがら色の壁など当時の面影を残しています。

平成22年9月1日から小松楼まちづくり交流館としてリニューアルオープンしました。

(芸妓置屋:小松楼HPより)







P6130243_convert_20190727162016.jpg


新居関所は明治2年に廃関となりましたが、栄町から泉町に面した裏通り界隈は明治末期から戦前までは歓楽街として栄えました。


最盛期には、芸妓小屋が11軒、カフェやバーなどもありました。



周辺は養鰻、製糸業などの産業も盛んで、漁師町であったため、漁師や網元らも多数出入りして賑やかだったようです。





P6130244_convert_20190727162434.jpg






P6130248_convert_20190727162148.jpg







P6130228_convert_20190727160921.jpg

たくさん入る下駄箱。



P6130230_convert_20190727161215.jpg


下駄の高さに合わせて棚の高さも違うそうです。





P6130236_convert_20190727161754.jpg





関所も小松楼もボランティアガイドさんが親切、丁寧に解説して下さったので、思いがけず楽しめました。




さて・・・。


夕方には帰りの新幹線に乗らないといけません。



この後、どうする??



ラーダ・ダンナ旅





またまた過酷な試練が・・・




つづく












スポンサーサイト



theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
フリーエリア