FC2ブログ
2020-01-04

思いつきで、日光へ

30日の夜、ダンナが急に思いつきました。



「そうだ、日光へ行こう」。




PC060015_convert_20200103235000.jpg

なんと、大宮から東武日光へ直通で行けます。


しかも「えきねっと」で20%割引で行けました。





PC060016_convert_20200103235139.jpg

埼玉の大宮から行く場合は春日部経由など、ちょっと面倒なんですよね~






PC060017_convert_20200103235247.jpg

大晦日に日光へ観光へ行く人はあまりいないんですかね~

車内はガラガラでした







PC060018_convert_20200103235358.jpg

駅にはそれなりの人が・・・


私たちはバスを横目に歩いて目的地へ向かいます。






PC060020_convert_20200103235619.jpg








PC060022_convert_20200103235841.jpg

折り鶴の自動販売機。いったい、誰が買うんじゃ








PC060023_convert_20200104000733.jpg

今回の目的地はこちら。






PC060031_convert_20200104000934.jpg

新年のご挨拶の時に載せた橋です。






PC060052_convert_20200101005454.jpg

何度も何度もこの橋の前を通っているのに、他の場所をめぐっているうちに後回しになってしまい、いつも時間切れで渡れませんでした。


今回は「この橋を渡るため」という事で、来ましたが・・・。


その日の夜、母にこのことを伝えると、仏壇に飾ってある祖父母の写真はこの橋で撮ったものだそうです。

祖父は教師をしていて、定年退職後は夫婦でよく旅行していたのですが、その時に撮ったもののようです。







PC060038_convert_20200104011952.jpg

橋姫神。

対岸の深沙大王と共に男女一対となり、橋の守護神として橋の恒久的な安泰と橋を渡る人々の安全を祈っています。

また、橋姫神は日光の聖域との間を取り持ち、結ぶ力を持ち、良い縁を結ぶ神様です。






PC060063_convert_20200104002252.jpg

さて、次に向かったのは・・・






PC060064_convert_20200104002437.jpg

坂道がツライ・・・






PC060065_convert_20200104001410.jpg

金谷ホテルです。

ま、泊まりませんけど・・・



1873年(明治6年)、東照宮の楽師をしていた金谷善一郎が、ヘボン式ローマ字綴りを考案したアメリカ人、
J.C.ヘップバーン(ヘボン)博士の知遇を得て、自宅の一部を外国人の方の宿泊施設とした
「金谷カッテージ・イン」を開業したと伝えられています。これが「金谷ホテル」の始まりです。
(日光金谷ホテルHPより)


日光 金谷ホテル






PC060067_convert_20200104002708.jpg

回転ドア





PC060069_convert_20200104002843.jpg

横浜のグランドホテルや軽井沢の万平ホテルなど、日本の「ベストクラシックホテル」に選ばれています。






PC060074_convert_20200104002937.jpg

敷地内にはこんな神社が・・・



神橋から日光金谷ホテルまでの坂、上鉢石の西端に鎮座。主祭神は磐裂神(明星王子)。
古記によれば、勝道上人は明星天子のお告げと深沙大王の擁護によって日光の霊地を開き、寺を建て世の人々の崇信を得ることができたとして、この両尊を特に尊崇したという。
この勝道上人の崇敬があったためか後にこの宮の続きに冬峰の際の入峰の勤行堂が置かれていた。

(観光fanより)



PC060071_convert_20200104003019.jpg






PC060072_convert_20200104003044.jpg






PC060070_convert_20200104003115.jpg

この崖の下に神橋があります。







PC060077_convert_20200104004259.jpg

前回来た時にも寄ったお蕎麦屋さんで、少し早めの年越しそば。






PC060080_convert_20200104004335.jpg

食べた後に歩くのって、だるいよね~







PC060081_convert_20200104004408.jpg

東照宮


あまりの人の多さと入場待ちの列を目の前にして、勇気ある撤退です。

まぁ、また来ることもあるでしょう






PC060083_convert_20200104004444.jpg

前回(2017年9月)は「平成の大修繕」中だった輪王寺は綺麗になってました。







PC060086_convert_20200104004605.jpg

帰りの電車の時間に合わせて、また、てくてくと駅へ戻ります。今度はJRの方へ・・・(直通電車は本数が少なかったので、JRでボチボチ帰ります)








PC060088_convert_20200104004535.jpg

クラシックな雰囲気のJR日光駅






PC060092_convert_20200104004732.jpg








PC060093_convert_20200104004757.jpg

観光列車のようだけど、普通にSuicaで乗れます。






PC060089_convert_20200104004634.jpg

ちょっくら旅気分


PC060090_convert_20200104004702.jpg







PC090006_convert_20200104004901.jpg

宇都宮で乗り換えの隙に栃木のブランド苺「スカイベリー」味のミルクケーキを購入





PC070001_convert_20200104004829.jpg

金谷ホテルの食パン


原材料が、小麦粉・牛乳・砂糖・ラード(!)・イースト・食塩というシンプルさ。


パンにラードって・・・初めて見たわ~


パンはしっかり・もっちり・ほのかな甘みがあって「さっすっが~!」な、味でした!(^^)!





スポンサーサイト



theme : ちょっと、お出かけ
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア