FC2ブログ
2020-08-08

飛び出せ、青春!




ある時、ベランダの窓を開けると何かが飛び出してきました。






び!び!び!





どわぁっ!




突然のことに隣近所に聞こえるぐらいの大声で叫んでしまいました(きゃ~っと叫べない女)








P7090002_convert_20200808001047.jpg


んも~、驚かさないでよ!


ヤツはしばらくバタバタ飛んでいたのが疲れたのか、しばしウチのベランダで休んでました・・・。



うるさいから、どこか他で鳴いてくれ~








ところで、セミって鳴くのはオスだけなんですね~


メスのセミには発音器がなく、鳴くことができないのだとか。



鳴くのはオスだけで、メスのセミを呼び寄せるために鳴いている・・・。





セミの一生の大半は土の中で過ごしていますが、なんとその長さは3~17年にもおよぶのだとか!

昆虫界の中でも長命なんですねぇ





その代わり、地上に出たら一週間ぐらいしか生きられないんざんしょ?って思っていたら、条件さえ整えばなかには1カ月ぐらい生きるセミも・・・。





セミの使命としては「子孫を残すこと」ですが、あの大きな声で鳴くので他の昆虫と比べてメスと出会える確率が他の昆虫よりも高いそうです。





考えてみれば、昆虫界での「出会い」って、ロマンチックではなく「生きるか死ぬか」。





いい想いをしている最中、もしくは、その直後に「餌」になってしまうのですから・・・(カマキリとかミツバチとか)





ところで、皆さんもご存じの有名なイソップ童話の「アリとキリギリス」ですが、もともとは「セミ」だったとご存じ?



ヨーロッパでセミは馴染みのない虫だったため、ギリシャから伝わって翻訳される段階で改変されたそうです。



日本ではキリギリスよりもセミのほうが馴染みがありますが、改変されたあとに伝わってきたため「アリとキリギリス」として親しまれています。






415ienomguL__SX369_BO1,204,203,200_



オスのセミは大きな声で鳴いて、メスを呼び寄せる。

そして、オスとメスとはパートナーとなり、交尾を終えたメスは産卵をします。




ちなみに、メスの交尾は生涯に一回だけ。オスは複数回の交尾が可能だとか。




非モテなオスのセミもいるでしょうが・・・。



短い青春、エンジョイしてね~












さて、セミに関する季語で有名なのが「空蝉(うつせみ)」。


空蝉とは「セミの抜け殻」の事です。


(源氏物語にも「空蝉」という架空のキャラがいますね)





長い時間をかけて、地中で幼虫から蛹(さなぎ)になり、地を出て木に登り、背中から割れてその皮を脱ぐ。


その皮を「蝉の殻」とか「空蝉」などと言うのだそうです。




空蝉の「うつ」は「うつろ」「うつわ」の「うつ」で、中が『空っぽ』の意味ですが、もともとの「うつせみ」は「この世(の人)」という意味で「万葉集」などでは使われていたとか。




しかし、それに「空蝉」「虚蝉」といった字を当てたために、文字どおりの意味を生んでしまい、しだいに「儚いもののたとえ」になっていったとか。





繁殖行動を終えたセミは、死を迎えるようにプログラムされているのだそうです。



ハァ・・・、儚いわぁ・・・・








やがて死ぬけしきは見えず蝉の声 

松尾芭蕉





ヤフーのネットショッピングで「セミの抜け殻・5個 530円」で販売されてました。



こんな結末も嫌だな~














スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア