FC2ブログ
2020-10-22

くすりの街・富山で伝統薬づくり体験




富山市に行ったら行ってみたい、と思っていた場所がありました。


富山市には市電が走っているので、お得なパスを買って出かけましょう




P9200296_convert_20201021234220.jpg

地鉄市内電車・環状線・富山港線・地鉄バスを利用できる、1日フリーきっぷです。

大人650円で乗り降り自由(小人330円)




P9200294_convert_20201021234259.jpg

乗車する年月日をコインなどで1ヵ所ずつ削り取って下車する際に車掌さんに見せればOKです。







P9200170_convert_20201021234419.jpg








P9200178_convert_20201021234541.jpg

路面電車にはあまり乗ったことがないので、ドキドキ







P9200180_convert_20201021235317.jpg

池田屋安兵衛商店


池田屋安兵衛商店



越中富山の伝統薬「反魂丹」(はんごんたん)をはじめ、20種類の自社製和漢薬や200種類以上の薬草を取り揃えており、今でも薬剤師さんが一人一人の症状に合わせて調剤してくれる「座売り」を継承している、和漢薬のお店です。







P9200191_convert_20201021235840.jpg








P9200192_convert_20201021235908.jpg
















P9200183_convert_20201021235451.jpg

このお店では、木製の製丸機を使った丸薬製造を見学できます。


動・植物性の生薬を練ったものを製丸機に入れ、なんと、足でグッと押し出します。







P9200182_convert_20201021235555.jpg

そうすると、にゅるっと棒状に生薬が出て来ます。






P9200184_convert_20201021235628.jpg

そして、粒状に切り分けます。








P9200186_convert_20201021235657.jpg

切ったものはこんな感じ。







P9200188_convert_20201021235802.jpg

それを、こうやって板と板で挟み、クルクルと回転させながら生薬を丸めていくのです。








P9200193_convert_20201022004226.jpg

そうすると、均等に丸くなっています。







P9200194_convert_20201021235942.jpg

丸まった生薬は網に乗せて乾燥させます。







P9200195_convert_20201022000010.jpg

乾燥させるとこんな感じ。

ちゃんと薬っぽくなってますね~






P9200199_convert_20201022000048.jpg

ちなみに、私がやってみるとこんな感じ。


板の上から手の内側に伝わる感覚で「あ、こりゃ絶対ダメだな」とわかりました・・・





P9200197_convert_20201022000127.jpg

こういう型に入れて押し出す方法もあります。






P9200201_convert_20201022000253.jpg

二階のレストランで薬草茶を飲みます。



ダンナは明日葉茶、私はクコの葉のお茶です。




P9200202_convert_20201022004944.jpg

クコの実は知ってるけど、クコの葉ってお茶になるんですね~

昔は身分の高い人しか飲めなかったそうです。



「う~ん。なんか、嗅いだことのある匂い・・・」


「あるね、確実にあるね。でも、何だろう?」


「トウモロコシ・・・?いや、繊維質の多い豆を茹でたような匂いと味・・・」


なんとな~く、泥臭いっていうか、雨上がりの土の匂いというか・・・う~ん、何なんでしょ(聞くなよって?)






P9200204_convert_20201022000155.jpg









P9200205_convert_20201022000222.jpg

レトロなパッケージの薬がいっぱい


P9200206_convert_20201022000322.jpg








P9210339_convert_20201022000622.jpg

郵便局のご当地フォルムカード

「富山の薬売」とは

顧客情報が記載された懸場帳(かけばちょう)をもとに、顧客のもとを訪ねる医薬販売人。

あらかじめ医薬品を配置しておき、使われた分だけ支払いを受ける「先用後利」(せんようこうり)が特徴。




P9210359_convert_20201022000705.jpg

こうやって薬屋さんごとの赤い箱に購入した薬を収納していたようです。


胃腸薬に便秘薬、風邪薬に鼻炎薬、咳止め、痛み止め、神経痛、関節痛、婦人薬など・・・

小袋入りでだいたい、2包・3包・6包とか使い切りやすい分量が入っています。







P9210352_convert_20201022001025.jpg

訪問先の子供には紙風船などのお土産を渡していたそうで、子供は薬屋さんが来るのを楽しみにしていたそうです。





P9210349_convert_20201022000745.jpg






では、また市電に乗って昼食を食べに行きましょう




スポンサーサイト



theme : 旅行記
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
フリーエリア