fc2ブログ
2020-12-26

「道開きの神様」に出会った







普段は歩かない道を何気なく歩いたら、出会った~・・・





PB260001_convert_20201226001547.jpg


こんなところに鳥居が?と思って近づいたら・・・







PB260002_convert_20201226001608.jpg

みちひらきの神様?









PB260003_convert_20201226001633.jpg


よく見ると・・・



PB260005_convert_20201226001835.jpg

綺麗な紅葉の枝が・・・




誰もいなかったけど、どなたか綺麗にお手入れされているようですね






PB260014_convert_20201226002200.jpg




『庚申神社由来記

本宮 猿田彦神社 三重県伊勢市

祭神 猿田彦大神



当社は、天孫降臨のとき道案内をしたと、古事記などに記されている猿田彦命をまつり、みちひらきの神、幸運の神、商売繁盛の神、豊穣の神として、その祠は明治の頃より大宮駅構内の一隅にありました。

 その後、祠は国鉄の拡張工事のあるたびに各所に移転させられていましたが、元祠のあった付近で鉄道事故が多発したことから、明治三十七年(1904)、国鉄職員と地元有志によって、現在地の北約二百メートルの位置(現在のソニックビル付近)に社を建立、安置されました。

 この頃より社は、近隣の人々の深い敬神を集めるようになりました。大正一○年(1921)、社の老朽化が進んだため、国鉄各業務機関の長をはじめ、その職員と地元有志の尽力によって、社殿、拝殿、神楽殿からなる荘厳な神社を建立、緑豊かな神木にかこまれ、地元信者により今日まで守護されてきました。

 昭和五○年代、当社を含む街区に産業文化センターが建設されることになり、当社は、埼玉県と大宮市の保障及び、地元有志の浄財をもって、昭和六○年七月(1985)現在地に移転建立されたものです。

 これを機に、当社は桜木町の氏神様として永久安置の願いを込めて、宗教法人庚申神社となり今日に至っております。
 平成二十五年三月吉日』

(庚申神社HPより)









PB260006_convert_20201226001900.jpg








PB260009_convert_20201226001942.jpg








PB260007_convert_20201226001921.jpg

これといった悩みはないけど・・・






PB260012_convert_20201226002015.jpg

絵馬の絵が手描き?

クリスマス・バージョン以外に季節ごとにいろんなイラストの絵馬があるようです。







PB260010_convert_20201226002943.jpg

伊勢に行った時にバスの中から猿田彦神社の前を通りましたが、まさか、埼玉でご縁があるとは・・・




来年に向かって、いい道を開いてくださいませ~












スポンサーサイト



theme : 埼玉県
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア