FC2ブログ
2021-01-13

ここまで進化?!開けたら泡立つ缶ビール


新聞を見ていたら、こんな商品が発売されるそうです。





PC140001_convert_20210112234218.jpg

なんと、缶の蓋を開けたら自然と泡立つスーパードライの「生ジョッキ缶」だそうです。







PC140003_convert_20210112234251.jpg

缶の上部の蓋を全部開くことができ、泡が立つようになっているとか。


蓋の内部に細かい凹凸があり、泡が立つようになっており、飲食店の生ビールに近い香りと飲みごたえが楽しめるそうです。



発売は今年の4月6日に全国のコンビニで先行販売されるそうです。




う~ん・・・。


まだ、4月だったら居酒屋で生ビール!って言うには早すぎるかも・・・



だったら、家でも気軽に生ビールの気分を味わえたらいいじゃん?って感じで商品開発されたんですかね~





しっかし、日本はホントにお酒のCMが多いですね~




今でこそ休肝日を取っていて、1日2日は飲まなくても平気な私ですが、休肝日を作ろうと努力してた頃はあの手この手の方法でアピールしてくるチューハイのCMの多さに辟易したものでした。




いつしか煙草のCMはなくなりましたが、こういった酒類のCMがなくなることはないんでしょうねぇ・・・





ところで、その飲酒ですが、国によっては飲める年齢が違いますね




アメリカ 21歳以上
※州により異なる 18歳以上




カナダ 18~19歳以上
※州により異なる



イギリス 18歳以上
※地域により異なる



アイルランド 18歳以上


ドイツ 18歳以上
※一部のお酒は16歳以上 蒸留酒は18歳以上


フランス 18歳以上


オーストラリア 18歳以上


ニュージーランド 18歳以上


韓国 19歳以上


台湾 18歳以上


フィリピン 18歳以上




「お酒は20歳になってから」って国は日本ぐらいなんでしょうか?



あ、アメリカは21歳以上?(州によっては 18歳以上 )





ヨーロッパなどの若者は体格も良いのでまだわかりますが、韓国や台湾、フィリピンなどでも20歳以下から飲めるのですね~

知らんかった




ちなみに、ドイツではビール・ワインの飲酒は16歳以上、蒸留酒は18歳以上から可能だそうです。


16歳の段階で飲めるのは、ビールやワインといった比較的アルコール度数の低いお酒に限られます。




ドイツの飲酒可能年齢についてはいくつかの段階があり、自分たちだけでお酒を飲んだり買ったりできるのは16歳からですが、保護者の監督下であれば、一部14歳から可能だそうです


14歳って、中学生やん?!


すべてのお酒が飲めるようになるのは、成人にあたる18歳になってからだそうです。



18歳以上になれば、「シュナップス」と呼ばれるアルコール度数が40パーセントほどの蒸留酒も含め、どんなお酒でも飲めるようになるそうです・・・。



国も変われば・・・ですねぇ



ところでドイツでは、約5.000種類ものビールが製造されているそうですが、蓋を開けたら泡立つ缶ビールはあるのかしら~ん?




スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア