fc2ブログ
2022-01-13

110年過ぎて戻ってきた、青春




皆さんは、図書館で本を借りますか?








借りてて、返却期限が過ぎても返してない本はありませんか?







公立図書館では、貸し出した本が戻ってこない「未返却本」への対応に頭を悩ませているそうです。







貸出期間を過ぎても図書が返却されない時は、電話やハガキで返却を促していますが、








督促はがきを送る費用や手間もばかにならず、その手間の割には返却率も悪く、公立図書館は延滞料を科すこともできず、モラル頼みなのが現状だそうです。







絶版になった貴重な書籍や他の自治体から借りた本などは職員が直接訪問して返却を求めていますが、回収できたのはほんの数冊にとどまっています。









図書が返却されない理由は様々で、返し忘れや返したつもりになっていたケースが大半。







また、入院や急な転居で連絡がとれなくなる人もいるとか・・・。









そんな中、昨年末に話題になったのが、







アメリカ・アイダホ州の公立図書館に、110年の時を経てある本が返却されたそうです。









その本は、1907年に出版された米小説家ケイト・ダグラス・ウィギンの「レベッカの青春」で、1911年11月8日にアイダホ州ボイジにあるボイジ・カーネギー図書館で貸出され、行方が分からなくなっていたとか。









この本は、ボイジ公立図書館の本館に匿名で返却されたそうで、貸出記録が100年以上空いている事が判明、借りた人物や、保管していた人物は不明で1世紀以上の間どこにあったのかは分からずじまいだそうです。







ooonline_20211217175015-00330.jpg

写真はお借りしました







「レベッカの青春」は、「少女レベッカ」"Rebecca of Sunnybrook Farm"(1903)の続編にあたる作品。







カーネギー公立図書館では2019年に延滞の罰金制度が廃止されました。







もし、貸出期間の罰金を算出すると800ドル(約9万円)になるのだそうです。







ちなみに、日本の図書館法は「入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価も徴収してはならない」と規定しており、延滞料制度の導入は難しいのだとか。







しかし、こうも大量の本が返却されないとなると、いつかレンタルDVDみたいに延滞料金が取られるようになるかも・・・?







P2190033_convert_20190318192205.jpg


これは、雅楽演奏会に行った時に予習のために借りた本。



図書館では、わざわざ買うほどでもないけど、専門知識を仕入れたい時に利用します。














スポンサーサイト



theme : 日々のできごと
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア