fc2ブログ
2022-10-16

ラーダ・ダンナの九州てくてく旅⑦ 久留米・太宰府 思い出めぐり


小倉から乗ったのは・・・



P8210307_convert_20221015184353.jpg

九州新幹線「さくら」






P8210306_convert_20221015184431.jpg

座席がグリーン車のシート並みに広くてゆったり♪







P8210309_convert_20221015184522.jpg

久留米です







P8210313_convert_20221015184628.jpg

こんなお洒落な駅なんですね~








P8210314_convert_20221015184707.jpg

バスの窓に貼られていたステッカー






P8210316_convert_20221015190222.jpg

目指したのは、成田山久留米別院


祖父母が福岡に住んでいた時に家族でよくお参りに来ていました。

しっかし、いつも行く時は車だったので気づかなかったけど、バスで行った場合はあの小高い丘までトコトコと登っていかないといけません・・・





P8210318_convert_20221015190254.jpg


この階段の前で撮った写真が残っているな~


P8210319_convert_20221015190326.jpg








P9090011_convert_20221015190657.jpg

この時期はちょうど台風が東海地方から関東に向かっていたので、羽田空港まで帰れるかどうかの瀬戸際でした((+_+))


なので、旅行安全と家内安全の祈願をお願いしました(台風が去った後だったので、無事に問題なく帰れました)






P8210320_convert_20221015190356.jpg



《大本山成田山直系分院》の久留米成田山は昭和33年、久留米市長をはじめ、信徒各位の協賛により当地に御本尊の御分霊を勧請し、大本山成田山久留米分院が開山されました。

その後、日本最大級の高さを誇る・救世慈母大観音様(高さ62m)や世界遺産・ブッダガヤの大菩提寺にある仏塔と同型のものである平和大仏塔納骨堂(極楽殿)(高さ38m)がそびえ立ち、九州における真の成田山信仰の大霊場として九州は元より全国各地、海外からも参詣され、現在に至っています。

(大本山 成田山久留米別院HPより)





P1140041_convert_20200209164703.jpg

成田山のお守りは子供の頃から身に着けています。


今は埼玉に住んでいるので、川越の別院で毎年購入しています。



成田山の身代御守(みがわりおまもり)は、お不動さまの分身だそうで、持ち主の身代わりとなって災難を除け、心や体を守ってくださるそうです。



祖母の兄が戦地へ向かう時にお不動様のお守りをポケットに入れていたら、飛んで来た弾が胸に当たったそうですが、お守りを入れていたおかげでお守りは割れたけど、本人は生きて帰ってこられたとか・・・。


そういった感謝の気持ちもあり、祖母はよくお参りに来ていたそうです。



私も小学生の時に車に当たりそうになりましたが、危機一髪当たらずに済み、身に着けていたお守りの中の焼印のある身代御守が真っ二つに割れていました。





九州までは遠くてなかなか来れないけど、今回は22年ぶりに来られてよかったです('ω')ノ






PA130091_convert_20181103214316.jpg

駅に向かうバスを待っていると轟音が!


ブルーインパルス!(この時は雨でしたが、写真は以前、入間基地で見た航空祭の時のもの)↓


青い空がキャンバス 基地創設60周年記念 入間航空祭




2022年9月23日は西九州新幹線「かもめ」のデビューを記念して長崎でイベントがあったので、そこへ向かう途中だったんですかね~



P8210310_convert_20221015184554.jpg




P8210299_convert_20221015184311.jpg







P8210323_convert_20221015194622.jpg

西鉄、久しぶりだな~






P8210325_convert_20221015194806.jpg

大宰府駅







P8210326_convert_20221015194701.jpg









P8210330_convert_20221015194842.jpg

七五三は大宰府でした







P8210329_convert_20221015194920.jpg

やけに混んでるな~と思ったら、9月21日~25日は神幸式大祭だったようです



神幸式大祭

平安時代の康和3年(1101)、大宰権帥 大江匡房おおえ まさふさにより始められ、天神さま 菅原道真公ご在世の往時を偲び、御神霊おみたまをお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りで、当宮で最も大切なお祭りです。

往古の伝統を継承するこの「神幸式大祭」は、福岡県の無形民俗文化財に指定されています。

(大宰府天満宮HPより)




どこを写しても人だらけなので・・・



P8210333_convert_20221015194955.jpg

名物の梅枝餅


素朴な味で美味しかったです





P8210328_convert_20221015195515.jpg

また電車を乗り継いで移動するのは疲れるので、大宰府駅から博多駅行きのバスに乗って駅へと向かいます




つづく





スポンサーサイト



theme : 旅行日記
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア