fc2ブログ
2023-02-23

一瞬の奇跡










今週の月曜日の夕方17時過ぎに職場の玄関を出たら、向かいにある黄金色に紅葉した木が目に入りました。







たまたま一緒に玄関を出た同僚も同じ瞬間にこの紅葉を目にしました。










「あれ?今まであの木って黄色かったっけ?」







「あれって、紅葉?」





「春なのに?!」






「あんなに黄色いのに、今まで気づかないってことある?」






二人とも目の前の状況を理解できず、疑問が募るばかり・・・





続いて職場から出て来た同僚にも声をかけ、4人でしばし鑑賞・・・。







狐につままれたような気持ちでそれぞれ職場を後にしましたが、帰りにその木の前を通ってみました。







木を見てみると、黄色に輝いているのはどうやら上の部分だけのようです。





そして・・・








P1180003_convert_20230222234403.jpg

翌日の昼間








P1180004_convert_20230222234441.jpg

翌日の夕方の同じ時間






前日、葉っぱが黄金色になっていたのはどうやら、強烈な夕日に照らされて色が変わったように見えたようでした。






この日の夕焼けは辺りが赤く染まり、白いビルも茜色に染まっていました。








まさに、一瞬だけ見る事ができた奇跡の瞬間だったんですね~










さて、太陽の光は赤くないのに、なぜに夕日となって沈むときに赤くなるのでしょう










太陽の光は波長の長いほうから、赤・オレンジ・黄・緑・青・紺・むらさきの七色の光が混ざった光だそうです。








太陽から届く光は最初は白色で、赤から青のいろいろな色が混ざって白い光になっています。







いろいろな色が混ざった光が大気を通ってくる時に波長の短い青系の光は大気中の塵など(エアロゾル)にぶつかって散乱してしまい、地球の表面まで届きにくくなり、目にも届きにくくなります。






エアロゾルが多いほど青系の光は届きにくくなるんですね~












yuuhi_03_pc_convert_20230223003528.jpg

(大日本図書 星や月「夕日が赤いのはなぜ」より)






しかし、波長の長い赤い光は塵などにぶつかっても散乱しにくいので青い光よりも地球の表面に届きやすくなり、






結果的に、赤い光がたくさん目に届くので夕日が赤く見えるそうです






昼間に比べると朝と夕方は太陽の光が大気を通ってくる時間が長くなります。







そのため、地表から太陽を見ている私たちには昼間よりも朝や夕方の方が赤い光が強く見えるのだとか。








浪漫のカケラもないけど、大気中のエアロゾルと呼ばれる浮遊粉塵が多いときは、より赤い夕日になります。








太陽光の透過を阻害する不純物が大気中に多くなるり、空気が汚れているほど夕日は赤く見えるんですね~












季節で言えば、黄砂の多い春、大気中の水蒸気量が多い夏。








あるいは、地球規模で火山灰に覆われたときなどは全世界で真っ赤な夕日が観測できるそうです。




スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア