fc2ブログ
2023-07-30

ラーダ・ダンナの夏休み⑤ すべてはここに繋がっていた?!生田神社





旅の最終日ですが、姫路城を後にしたものの、まだどこへ行くか決まっていません。







「微妙な時間だし、どうする?神戸の港の方に行ってみる?」







P5020040_convert_20230614125316 (1)

今はこんな感じ



「でも、ポートタワーはまだリニューアル改装中だからカバーを被っててタワーは見られないよ」







「あ、布引ハーブ園が17時以降は入園料が安くなるんだって~」






「あそこは新神戸駅に近いからいいけど、でも園内は広いから一部しか見られないかもね」









P6090214_convert_20230729180435.jpg


「明石大橋?」






「何度も行っとるがな」



思い出を旅して③神戸、思い出の街






どのプランも思いついては消え、かと言ってコレと言って行きたい場所もなし。








「じゃ、今回はまだ生田神社におまいりに行ってないから行って、時間が余ったらどこかでお茶でも飲む?」

※実は私たちは生田神社で結婚式を挙げているので~す

生田神社






・・・と、駅を降りる間際まで悩みました。







P6090218_convert_20230729181130.jpg

皆さま~ あちらに見えるのが異人館「風見鶏の館」で~す





そんなワケでJR三ノ宮駅で下車







生田神社まで歩きますが、この日は土曜日なので激混み








人波を避けて裏道を通って行きましょう








P6090219_convert_20230729181211.jpg






んが。






普段行かないルートで行ったせいか、知らない道に出てしまいました。








「えっ、ここどこ?!」








「あ、あそこに韓国総領事館がある。生田警察署がそこにあるから裏に来ちゃったんじゃない?」







なんと、回り道を繰り返していたら神社の裏手の方まで来てたみたいです。







P6090221_convert_20230729181249.jpg





こんな時間に来たの、初めてだね~と言っていたら・・・








「あ、めっちゃ人がいる!」とダンナが。







えっ、今日ってなんかあったけ?と、本殿の方へ進んでみると・・・








茅の輪?!








P6090231_convert_20230729181537.jpg

夏の大祓ってもう終わったんじゃないの?



今年も夏の大祓(おおはらい)






近くに権禰宜さんがいたので聞いてみると、夏の大祓と道饗祭が行われるようです。







道饗祭?






地元で茅の輪はくぐったけど、こんな神事には立ち会ったことがないし、どうせ時間もあるので見学することにしました。





日時:7月15日(土) 午後5時
場所:生田神社境内

午後5時から夏越の大祓、引き続き道饗祭を斎行した後、茅の輪くぐり、千燈祭を執り行います。

尚、人形は6月1日よりは拝殿前に置いておりますので、お名前・数え歳をご記入の上、所定の箱にお入れください。お預かりした人形は7月15日の祭典に併せて一緒にお祓いさせて頂きます。

茅の輪は6月末より7月15日まで参道に設置致します。茅の輪くぐりは事前にお済ませ頂いても構いません。

(生田神社のHPより)







P6090230_convert_20230729181617.jpg



道饗祭の「道饗」とは、疫神が集落に入り込まぬように道の途中に迎えて食物を供するという意味のようです。






P6090254_convert_20230729185506.jpg







P6090255_convert_20230729185543.jpg


やっぱり明石鯛ですかね?







道饗祭(みちあえのまつり、ちあえのまつり)とは、神道祭祀の1つ。


上代から毎年6月と12月の2回、都の四隅道上で、八衢比古神(やちまたひこのかみ)、八衢比売神(やちまたひめのかみ)、久那斗神(くなどのかみ)の3柱を祀り、都や宮城の中に災いをもたらす鬼魅や妖怪が入らぬよう防ぎ、守護を祈願する神事、および神社の祭。令制祭祀としては京都が中心だったが、疾疫が起こった時は地方でも斎行した。
(Wikipediaより)








P6090236_convert_20230729184507.jpg


茅の輪をくぐり、穢れを落とし神職さんたちが目の前を通り過ぎ本殿へと入って行きます。







P6090239_convert_20230729185844.jpg






ほほぅ・・・と見とれていると・・・







「では、こちらへどうぞ」と、言う声が・・・。







は?







え~っと・・・?







P6090242_convert_20230729185926.jpg

なんと、たまたま裏から入って来て、たまたま本殿の傍にいただけなのに、何かの行事に参加することになりました。








とりあえず、ワケもわからず権禰宜さんの後をついて行きます








そして、そこにはたくさんの蝋台・・・?






P6090244_convert_20230729190003.jpg

後で知ったことですが、これが千燈祭のようです。







千燈祭とは、たくさんの燈し火をお供えし、無事に生かされていることに感謝すると共に、無病息災を祈る祭だそうです。





蝋燭には自分の年齢の数だけ火を燈すそうですが、それだとこの蝋台全部の蝋燭に火をつけないといけないんじゃ?・・・と、戸惑っていると「全部を燈すのは大変なので、10の位と一の位の数を足した合計の数で良いです」とのこと。






それだとダンナは一桁で済みますが、私は1〇本・・・







でも、私たちの後にもたくさんの人たちが続いて待っているし、一番乗りなので焦ります








蝋燭はどんどん短くなってくるので、熱いし怖いけど、せっかくの機会だからちゃんと数を燈したい





あの~・・・やっぱり、チャッカマンじゃダメなのよね?









P6090249_convert_20230729191617.jpg


蝋燭を燈したら、いよいよ茅の輪をくぐります。










それぞれの列の先頭に権禰宜さんや巫女さんがついてくれ、先導してくれます。








P6090251_convert_20230729191730.jpg


茅の輪くぐりの際、唱える和歌があります。







P6100264_convert_20230729192032.jpg



「水無月(みなつき)の 夏越(なごし)の 祓い する人は、千歳(ちとせ)の命 延ぶ(のぶ)と いうなり」






これを唱えながらくぐり抜けると、夏の疫病などから免れるそうです。


※唱える和歌・詞(ことば)は他にも地域、神社等で違いがあります






独特の節回しで妙に耳に残ります








P6090250_convert_20230729191655.jpg









P6100261_convert_20230729191957.jpg

3回S字に茅の輪をくぐると頂きます。










P6090258_convert_20230729191920.jpg

う~む・・・






最後の最後まで予定が決まらなかったのは、「いくたさん」(生田神社)に呼ばれていたのでしょうかね~







ちなみに、時間が余ってお茶することもなく、「さんちか」のデパ地下で新幹線で食べるお弁当も買え、ピッタリとちょうどいい時間におさまりました








さて、長らくお付き合いいただいた旅の記事もこれで終了です








今回は特に長い記事になりましたが、お付き合いいただきありがとうございました!(^^)!





スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2023-07-27

ラーダ・ダンナの夏休み④ さすが、姫路城!





さて、旅の最終日です





神戸は前日が雨だったこともあり、この日も朝からスカッとしないお天気





最初は摩耶山をケーブルカーで登るというプランでしたが、わざわざ上ったところで霞んだ景色しか見られないんじゃ意味ないしぃ~という事で、なかなか行き先が決まりませんでした。






この日の夕方の新幹線で東京へ戻るので、あまり遠くないところ・・・という事で姫路城です。







P6090119_convert_20230726163220.jpg

行く時は山陽電車で







P6090122_convert_20230726163317.jpg

和歌山での失敗を繰り返さないためにも先に昼食を食べます








P6090124_convert_20230726163429.jpg

ほほぅ、これが噂の(?)えきそばですか~

和風出汁に中華麺という組み合わせ、いったい誰が考えたのでしょうね・・・



P6090125_convert_20230726163529.jpg

私はゴボウのかき揚げそばにしました

あっさりとした味わいでサクッと食べるにはいいですね~







P6090123_convert_20230726163353.jpg

では、食べるモノ食べたので、姫路城へ向かいます








P6090134_convert_20230726163623.jpg

おお~!塗り変えた時は真っ白だったお城の色もだんだんと馴染んできましたね~







P6090133_convert_20230726163739.jpg

舟に乗って橋をくぐるのも大変ですね

P6090138_convert_20230726163704.jpg







P6090141_convert_20230726165347.jpg

さすが、国宝!さすが、世界文化遺産!そのへんの城とは全然迫力が違います







P6090151_convert_20230726165433.jpg

では、お城に入って行きましょうかね






P6090152_convert_20230726165550.jpg

しかし、城までが遠い・・・

P6090153_convert_20230726165516.jpg

いったい幾つ門をくぐるんじゃい








P6090158_convert_20230726170231.jpg

しかし、隅々まで美しい・・・






P6090160_convert_20230726170345.jpg

和歌山城と比べちゃイカンけど、全然違うよね~






P6090168_convert_20230726171102.jpg

いろんなお城の階段を登りましたが、姫路城の階段の幅は広いですね



P6090177_convert_20230726171507.jpg

たいていは一人で登るのがやっとな幅です






P6090172_convert_20230726171256.jpg







P6090174_convert_20230726171330.jpg

武具掛け






P6090176_convert_20230726171407.jpg

東大柱

姫路城を支える大柱は2本あるとか






P6090170_convert_20230726171145.jpg

姫路の街







P6090171_convert_20230726171220.jpg

ほんまやで








P6090183_convert_20230726171803.jpg

黒田孝高の居城を羽柴秀吉が改修したのが、天正8年(1580年)、関ケ原の戦いのあと池田輝政が入り連立天守を完成させました。

さらにその後、本田忠政が入城して西の丸などを増築し、現在の姿になりました。







P6090188_convert_20230726171848.jpg

昔は現在の姫路駅のあたりまで塀で囲っていたんですね~







P6090192_convert_20230726172012.jpg

国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに日本で初の世界文化遺産となりました。


白鷺が羽根を広げたような優美な姿から「白鷺城}(しらさぎじょう)と呼ばれています。


現在の姫路城の大天守は、慶長14年(1609年)に建築されたものだそうです。





P6090198_convert_20230726235535.jpg









P6090209_convert_20230726235636.jpg








P6100260_convert_20230726235834.jpg

御城印







P6130292_convert_20230727000002.jpg

日本城郭検定3級合格・・・

これでますますダンナの城めぐり熱が盛り上がることでしょう・・・とほほ






P6130296_convert_20230726235922.jpg







P6090213_convert_20230727000641.jpg

では、今度はJRで神戸方面に戻ります



でもぉ




まだちょっと時間が残ってるけど、どこ行くぅ?





つづく









theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2023-07-23

ラーダ・ダンナの夏休み③それでいいのか、和歌山城




では、駅に戻りつつバスで次の目的地へ向かいます







P6080094_convert_20230722183800.jpg


和歌山城です


 和歌山城

羽柴(豊臣)秀吉が弟の秀長に命じて築城を開始。


その築城を担当したのが「築城の名人」と呼ばれ、江戸城や大坂城を手掛けた藤堂高虎(とうどうたかとら)でした。



その後、慶長5年には関ケ原の戦いで軍功をたてた浅野幸長が領主となり、城の大規模な増築を行い、現在の本丸や二の丸、西の丸に屋敷を建て、城下町を整備しました。



元和5年に徳川家康の10男・徳川頼宣(とくがわよりのぶ)が入城、




和歌山城は現在の三重県や奈良県の一部を加えた紀州藩を治める御三家・紀州徳川家居城となります。







P6080060_convert_20230722183404.jpg

大手門









P6080066_convert_20230722183521.jpg

どわ~

東照宮の階段に続いてまたか~






P6080067_convert_20230722183628.jpg

介助が必要な人には忍者が参上して手助けしてくれるらしい、スロープになっています(ホンマかいな)






P6080073_convert_20230722183714.jpg

史跡和歌山城の石垣は時代によってさまざまな積み方がされており、石の種類も異なるとか・・・

ちなみに、写真の石垣は「野面積み(のづらづみ)」で、自然石を切り出してそのまま積んだ勾配のゆるやかな石垣。

和歌山城の石垣には、紀州特産の青石(緑泥片岩)が多く使われています。






P6080076_convert_20230722183842.jpg

ちなみに、天守閣は昭和20年に和歌山大空襲で焼失してしまい、昭和33年に鉄筋コンクリートで復元されたものだそうです。




P6080078_convert_20230722191401.jpg






しっかし、なんつ~か、歴史的価値のある貴重な展示物などが焼失しちゃったのかもしれないけど、パッとした見ものが何もなく




内装や展示物にも特に力が入っているようにも見えず、






紀州徳川家の居城という輝かしい歴史はどうした?



もっとやる気出せよ~!



リニューアルして見違えた小田原城を見習えよ~!






と、言いたいほどの寂れ感・・・





P6080079_convert_20230722184019.jpg

城プロデューサーとかいないの?





P6080081_convert_20230722184053.jpg







P6080083_convert_20230722184149.jpg

ちょっと変わった橋があるので行ってみましょうか・・・









P6080090_convert_20230722184259.jpg

御橋廊下


殿様とお付きの人、奥女中が二の丸と西の丸を行き来するためにかけられた、徳川期の橋。

そのため外から中が見えない造りになっており、斜めにかかる廊下橋は全国的に珍しいそうです。

(平成18年に復元)







P6080091_convert_20230722184339.jpg



しっかし・・・




白浜とかリゾート地に行けばまた違うのでしょうが、土産物とかにもイマイチやる気が感じられません・・・






有田みかんとか、紀州梅とかいいモノがあるんだから、もうちょっとアピールしたら?






和歌山県のHPによると・・・





和歌山県は、みかんの生産量が全国1位で全国シェアは17.4%(平成19年)だそうです。




特に有田地方は400年の歴史と伝統を誇る「有田みかん」産地となっていて、有田みかんだけで全国シェア9%を占めているとか・・・。





和歌山県のオリジナル品種には





日高郡由良町で発見された品種で、果皮、果肉の色が濃く、実を包む袋(じょうのう膜)がとてもやわらかい「ゆら早生」






有田郡吉備町(現有田川町)において発見された品種で、甘みが多く、口当たりがまろやかな「田口早生」があるそうです。





「ゆら早生」は、甘さを示す糖度が12度以上のものを「味一ゆら早生」として出荷しているそうです・・・・





P6120276_convert_20230723010501.jpg



ちなみに、この有田みかんジュースは濃縮還元ではなく100%ストレート果汁でとても美味しかったです










では、駅に戻って和歌山ラーメンを食べましょうかね






んが。





ハァ?





そ、そんな~!





和歌山ラーメンの店はどこも14時30分に昼休みで閉店してました・・・






ザンネンなのは私たちの方でした




チーン・・・






P6110269_convert_20230722194110.jpg

せめてもの慰め・・・






P6110270_convert_20230722194510.jpg




涙をのんで大阪へ戻ります・・・






theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2023-07-20

ラーダ・ダンナの夏休み②遠いな~・・・和歌山市 紀州東照宮






さて、「シカまみれ」の電車で向かった先はどこだったのでしょう?








P6080022_convert_20230719151743.jpg






ごっめ~ん!奈良じゃなくって~








だって、奈良には去年行ったしぃ







もう、阿修羅像だって見たしぃ











P6080024_convert_20230719152319.jpg


南海なんば駅から和歌山市へ行きま~す










P6080028_convert_20230719151905.jpg

南海電鉄の和歌山観光きっぷ(大人2,520円)だと、特急サザンの往復座席・指定券、和歌山バス・和歌山バス那賀1日フリー乗車券、協賛施設での割引券、500円のお買い物券までついているんですよ~ん










P6080031_convert_20230719153553.jpg

和歌山市駅に着いて早速お買物券で和歌山ラーメンを食べようと思ったのですが、ちょうどお昼時で混んでいたので先に目的地に向かいます












Imoseyama_Wakanoura_Wakayama_Japan01bs5.jpg

(写真はお借りしました)






さすが、いにしえの宮廷歌人が和歌を詠んだだけある、雅やかで風流な雰囲気の和歌の浦ですが・・・











しっかし・・・









バスは乗り放題なので、どこまでも乗っても良いのですが遠い・・・











いったい、どこまで行くねん?最果ての地か?






ほぼ、終点のエリアまではるばると来てしまいました









そして、わざわざ目指してやって来たのがここ↓








P6080032_convert_20230719153635.jpg




どこでしょう?(書いてるけど)










P6080034_convert_20230719153802.jpg

答えはここです









東照宮はなにも日光だけじゃないんですよ~









紀州東照宮は、紀州初代藩主であり、徳川家康の第10子徳川頼宣が父家康を祀るために1621年(元和7年)に創建した権現造の神社です。










古くより「権現さん」(ごんげんさん)の愛称で親しまれ、国の重要文化財にも指定されています。








ご祭神として、徳川家康公と徳川頼宣公が祀られています。









ちなみに、「権現さん」というのは、徳川家康 = 東照大権現の事なんですね~

※徳川頼宣 = 南龍大神









P6080033_convert_20230719153726.jpg












P6080035_convert_20230719153915.jpg

平日の昼間のせいか、ほとんど人がいません・・・








え~っと・・・








もしや・・・?









アレを登るんでしょうか?










P6080037_convert_20230719153843.jpg





やだ~ン







マジっすか








P6080038_convert_20230719153954.jpg

毎年5月には、和歌祭が行われ、御輿をかついだ男衆が「侍坂」と呼ばれる、人の煩悩の数と同じ108段の階段を勇壮に練り下るそうです・・・






あの~








登るのも怖いけど、降りるのはもっと怖そうだよ?階段の幅も狭いし、急だし・・・










P6080040_convert_20230719154114.jpg


振り返って見た景色でここがどんな高さかわかりますかね?









P6080044_convert_20230719234448.jpg

日光東照宮と同様に絢爛豪華な社殿内には左甚五郎作の緋鯉真鯉の彫刻や狩野探幽の襖絵がありますが、拝殿と本殿は聖域なので写真撮影できませんでした。










P6080048_convert_20230719154353.jpg

でも、確かに日光東照宮で見るような鮮やかな細工ですね~









P6080046_convert_20230719234542.jpg

朱塗の楼門からは和歌の浦がまるで絵画のように見えます








P6080042_convert_20230719154158.jpg


では、おまいりもしたので、そろそろ帰りましょうか・・・









P6080052_convert_20230719154037.jpg

え~っと・・・また、ここを下るんでしょうか




いやいや、








今度は緩やかな傾斜の(?)回り道で帰ります









P6080054_convert_20230719154528.jpg





やだ~ン







足の長いヘンな虫とかおるんちゃうの?










聖域でゴネてはいられないので(バスもなくなるし)、覚悟を決めて下ります











P6080055_convert_20230719154601.jpg











P6110267_convert_20230720000646.jpg

ダンナの東照宮専用の御朱印帳










P6110266_convert_20230720000725.jpg









さて、次はどこに向かうんでしょうか?







あの~







和歌山ラーメンはいったい、いつ食べられるんでしょうかね・・・







つづく






P6130293_convert_20230720003255.jpg

権現猿(夫婦)

徳川家康公のお遣いの神さまだそうです・・・





theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2023-07-16

ラーダ・ダンナの夏休み① なんだコレ?な電車でしゅぱ~つ!




皆さ~ん、ちょい久で~す('ω')ノ






早めの夏休みを頂き、出かけて帰って来ましたが・・・







「夏の楽しみ」を早々に終えてしまい、いったいこれからどうやってクソ暑い夏を面白おかしく乗り越えて行けばよいのでしょう・・・






よよよ・・・(と、泣き崩れる)









では、気を取り直して一緒に出掛けましょう(いきなり?)









神戸三宮駅からまずは、この電車に乗ります・・・









って、なんだコレ?









P6080003_convert_20230716160641.jpg

これは、近畿日本鉄道株式会社のラッピング列車「ならしかトレイン」









P6080005_convert_20230716160730.jpg


奈良へのお出かけをより楽しいものへ・・・!と、いうコンセプトで2022年12月5日から近鉄奈良駅から神戸三宮駅間等で


奈良の風景と鹿などをデザインしたラッピング列車「ならしかトレイン」を運行しています。









P6080010_convert_20230716162434.jpg

優先座席のシートの柄もシカと山・・・









P6080007_convert_20230716162310.jpg

普通の座席もシカの背の斑点模様・・・









P6080008_convert_20230716162359.jpg

つり革だって手を抜かないぜ










P6080015_convert_20230716162759.jpg











P6080014_convert_20230716162549.jpg












P6080019_convert_20230716162717.jpg

こんなところまで・・・











P6080013_convert_20230716162512.jpg

こんなに「シカでんねん スパークしてまんねん」な内装なのに、意外と皆さんは無関心な様子





写真を撮っているのは観光客の私ぐらい・・・








なに、このシュールな雰囲気?








まぁ、たまに地方に行ったらありますけどね・・・








外装も内装もハイテンションなアンパンマン列車とか、いちいち駅名を「忍者ハットリくん」が「次は○○駅でござる。ニンニン」と言う、ハットリくんまみれ列車とか・・・。








そりゃ、地元の人はいちいち驚かないわな~・・・と思うけど・・・








でも、この「ならしかトレイン」は現在、たった2便しかなく、それもいつ乗れるかもわからないレアな列車なんですよ?









だから、もっと喜んであげてよ~









ところで・・・(と、急にテンションを変える)







この「ならシカトレイン」は、企画開発・制作から約3年半の準備期間を経て、2022年12月から走行を開始したそうです。









P6150368_convert_20220816154831.jpg

実は、この列車はもう少し早く世の中に公開されるはずだったそうです。






しかし、新型コロナウイルス感染症が流行した影響で、デザインが一旦完成した2020年初夏で計画は一時中断。







一年以上も状況を見合わせる状態が続いたそうです。








P6150389_convert_20220816155436.jpg

異例の事態で“お蔵入りになるのでは?・・・と心配もされましたが、無事に出発の日を迎えることができました。






その後、好評を受けて23年4月3日にはもう1便増便されました!(^^)!








さて・・・・







この「奈良愛」がいっぱい詰まった列車で私たちはどこへ行くのでしょう・・・?







つづく








theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2023-07-11

お知らせ






P2260018_convert_20230711172332.jpg

少し早めに夏休みを頂いて出かけてきます!(^^)!





今週いっぱい、ブログをお休みしま~す





P2260021_convert_20230711172413.jpg



埼玉県の行田市に行った時に見た「花手水」




コロナ禍になってからは、感染拡大防止の観点から手水舎の利用を中止する神社や寺院が相次ぎました。





そこで、手水舎で手を洗えない代わりに、目で見て心を清めてもらうのを目的に手水舎に花を飾る花手水を設置する神社やお寺もあります。




行田市は「花のまち」という事で、飲食店など、いろんなお店の店先で花手水がありました









P2260055_convert_20230711172448.jpg

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2023-07-09

サラサラになるタイプ?






突然ですが、皆さんは、あんかけ焼きそばとかトロミのついた料理を食べるとどうなります?








私の場合は、最初のうちこそトロミがありますが、食べている途中でドロドロになってトロミが消えてしまいます。







この中で「私もよ!」って方、いますぅ?








そんな、アナタは・・・







アミラーゼ遺伝子の多い人です







アミラーゼ?なんじゃそりゃ?







アミラーゼは、でんぷん(糖の一種)を分解する消化酵素です。









唾液には、アミラーゼと言う消化酵素が含まれており、唾液中のアミラーゼが多い人があんかけ料理を食べると、あんかけ料理の「あん」があっという間にサラサラの水状になります。








逆に、あんかけ料理をトロトロのまま食べらる人は唾液中アミラーゼの少ない人なんですね~







「あら~、せっかくのあんかけ料理のトロミを楽しめないなんて、お気の毒」と思います?







チッチッチ(と、指を左右に振っている)







なんと、唾液アミラーゼが多い人は太りにくいという研究結果もあるんですね~
(ちなみに、私は中肉中背タイプです)







ある研究では、クラッカーを食べて30秒以内に甘さを感じる人は太りにくく、反対に甘さを感じるまでに30秒以上かかる人は太りやすいとの報告がありました。








唾液アミラーゼにはでんぷんを糖に変え、甘みを感じさせる働きがありますが、クラッカーを食べてから短時間で甘みを感じる人は、唾液アミラーゼの分泌量が多いということだそうです。








アミラーゼ遺伝子が多い人は、唾液中のアミラーゼ酵素が多いので、でんぷんを食べた時、それが口内で素早く分解され、甘みを感じやすいのだとか・・・








甘みを感じた脳は、すい臓に「これから体内に糖が入ってくること」を伝え、すい臓はいち早くインスリンの分泌を始めます。









その後、血液中に吸収された糖は、すでに血液中で待ち構えているインスリンによって、次々と細胞内に取り込まれます。








その結果、血糖値は素早く下がるのです。










一方、アミラーゼ遺伝子が少ない人は、でんぷんを食べた時に甘みを感じにくいため、脳からすい臓への指令が出ません・・・






血糖値が上昇してから、やっとインスリンが分泌されるのです







ここで問題なのが、血糖値が上がってしまっている状態では、すい臓はできるだけ早急に血糖値を下げようと、必要以上にたくさんのインスリンを分泌してしまうのだそうです。







インスリンは肥満を進めるホルモンなので、この過剰なインスリンが肥満を進めてしまうんですね~






PC140007_convert_20190105234429.jpg

横浜「梅蘭」の梅蘭焼きそば


見た目はこんな感じだけど・・・





PC140010_convert_20190105234453.jpg

実は下に「あん」が隠れています









しかし、残念に思うなかれ。







アミラーゼ遺伝子が少ない方でもアミラーゼを増やす方法があります!(^^)!








それは「よく噛む」こと。







噛む回数を増やせば、唾液がたくさん出るため、アミラーゼも多くなるそうですよ~











ちなみに、日本人は外国人と違って、米を食べても太りにくい体質であるといわれています








日本人など、でんぷんを普段から食べる習慣がある民族のアミラーゼ遺伝子は平均して7個に対し、








あまり摂取しない民族のアミラーゼ遺伝子は平均して4~5個という報告もありました。











日本人は米を3千年も前から食べられ続けてきており、そのため体質的にでんぷんを糖に変換させる必要が生じ、唾液アミラーゼの分泌量が増加したのでは・・・?と言う説みたいですねぇ










日本人をはじめアミラーゼ遺伝子の多い人は、少ない量のインスリンで効率良くでんぷんを体内に取り込むことができるため、太りにくいそうです









PC090047_convert_20151223171913 (1)


新潟にて・・・




PC090052_convert_20151223171836.jpg




theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2023-07-04

綺麗なだけの海じゃ、ダメなんですか







P2090001_convert_20230703233737.jpg

ダンナが高知県の物産館で買ってきた、なまり節





なまり節とは、生のカツオをさばきいた後、蒸す、茹でるなど加熱処理行い、一度だけ燻製(焙煎)した加工品。






P5190001_convert_20230703233848.jpg

真空パックされているので、熱湯で軽く茹でます。






P5190004_convert_20230703233816.jpg

パックを開けたとたん、ものすご~く濃い鰹のにおいが・・・





まるで、サザエさんが





か~つ~おぉぉぉぉぉ~!




と、井戸の中から貞子ちっくに出て来た・・・!みたいな





P5190006_convert_20230703233925.jpg

お湯である程度茹でれば簡単に切れます。




高知では生姜醤油で食べるそうで、柚子を絞っても食べやすくなります。








P5190009_convert_20230703234009.jpg

でも、マヨネーズにも合うそうなので、ツナサラダに・・・






味はツナだけど、食感としてはパッサパサの身の詰まったツナ・・・って感じかなぁ






う~ん。






不味くはないけど、ウチにはハードルが高かったって感じかなぁ








PB250341_convert_20230118181341.jpg

ところで、日本の海は昔と比べて綺麗になりましたね~








瀬戸内海でイカナゴ漁など漁業の不振が続いていますが、








兵庫県の水産技術センター研究チームが「栄養塩」と呼ばれる海中の窒素やリンの減少が主な原因とする調査結果をまとめたことが分かりました。







なんでも、水質改善が進んだことが「海の栄養不足」を招いたと推測されており、科学的にも裏付けられています。









県によると、高度経済成長期に窒素などを含む排水の影響で赤潮が多発した瀬戸内海では、









近年の技術向上で浄化が進む一方で、沿岸の漁獲量が減少したとか・・・。









たとえば、この栄養塩が不足すると海苔は窒素同化ができなくなるために、色素合成が進まず薄い黄色のようなすすけた色になってしまうそうです。









植物プランクトン(所謂、珪藻類)も栄養塩類なくしては生きてはいけず、









瀬戸内海のある調査対象海域では、採取した海水サンプルからこの数十年で植物プランクトンが激減していることが分かっています。








そこで、なんと!







近年は海を汚す試みが日本各地で行われているそうです









海苔の産地淡路島では、10年ほど前から農業用の溜め池に堆積したヘドロを採っては海に流しているとか・・・








また、他のある自治体では処理場において下水浄化の性能を敢えて抑え、多少の栄養塩類を含んだ状態で海に流したりしています。









海が綺麗になればいいことづくめ!ってワケでもないんですね~










これからの時代はただ綺麗にするのではなく、「綺麗で豊かな海」へと変えていかなければならないんですね~









theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2023/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア