fc2ブログ
2023-08-28

ちょこちょこ動きで痩せる?





まだまだ暑い日は続いていますが、熱風に少しだけ涼しさが加わった気がしませんか?







処暑を過ぎるとやっぱり少しは変化があるんでしょうかね・・・






とは言え、まだ外に出てガンガン動き回って運動する!という気にはなれません






でも、暑さで家に引きこもっていたせいで体のたるみや体重の増加が気になるわ・・・・








皆さんは「NEAT(ニート)」と言う言葉をご存じですか?




NEAT(ニート;非運動性活動熱産生 Non-Exercise Activity Thermogenesis)


日常生活の中でちょこまか動くことの積み重ねによって、運動をするのと同じような効果が得られること。



「しっかりとした運動ではなく、立っている姿勢を維持したり家事をしたりという日常生活の動きをする際に発生するエネルギー」のことを“NEAT(ニート(非運動性活動熱産生、Non-Exercise Activity Thermogenesis))”と言うそうです。







2007年にアメリカの運動・医科学の権威であるハミルトン教授の研究によって、







特別な運動をしなくてもNEATを行うことにより、減量や運動効果が得られ、メタボリックシンドロームや糖尿病の予防となる・・・と発表されました。








標準的な人のエネルギー代謝の内訳は、生命を維持するための最低限の活動(安静時代謝)が60%程度







食事誘発性熱産生が10%程度、残りは身体活動によるもので30%程度だそうです。








身体活動による代謝は、積極的な運動によるものと日常生活活動(非運動性身体活動;NEAT)に分けられます。







zu01.jpg

(画像はお借りしました)






ジムなどで本格的な運動をすること以外に、日常生活における「ちょこちょこ動き」を増やすことがメタボ対策の一つになるということなんですね~






非運動性身体活動;NEATと言うとピンとこないだろうけど、たとえば・・・



●エレベーターよりも階段を使う

●歯を磨くときにスクワットをする

●一駅前で降りて歩く

●ショッピングセンターのパトロール

●ごろ寝でテレビを見ない

●ガーデニングや庭の手入れ



・・・など




ポイントは、座っている時間よりも立っている時間を増やすことだそうです。







具体的には座っている時間の2.5時間を立位や歩行に費やすだけで毎日350㎉のエネルギーを余分に消費することができるとか








P8040028_convert_20180826144200.jpg

熱中症に気をつけてね・・・





1時間スポーツジムで運動してもせいぜい300㎉しか消費できず、それは一日の消費カロリーの10%~20%程度だそうです。







しんどい思いをしてそれか~!






と、考えたら「ちょこちょこ動き」を増やす方が運動よりも効率がいいワケで・・・






それって「コスパがいい」んじゃね?






これから食欲の秋もやって来るし、涼しくなって活動もしやすくなるし・・・






みなさん、ニートを目指しましょう






※あ、ちなみに、就学・ 就労していないことを意味する“NEET”ではありません

NEAT(ニート(非運動性活動熱産生)では綴りが違います






スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア