fc2ブログ
2024-04-19

山梨の「おいしいもの」と言えば・・・? ①








さて、昼時なので食事をしたいと思うのですが、意外と駅周辺に食事ができそうなお店がありません。









山梨名物と言えば「ほうとう」ですが、そういうお店は店の外までお客さんが並んでいるし・・・。









そんなワケで「イザとなったら、混んでるんだろうけど駅ビルの中のお店」と決め、駅の周辺を散策します








甲府駅の中にも立ち飲みできるワインショップがありますが、できればゆっくり座って飲みたい!ってことで、第2の目的地へ向かいます。










なんと、甲府駅から徒歩5分のところにあるワイナリーです。









サドヤは、大正6年に日本ワイン発祥の地である山梨県の甲府市に設立された老舗ワイナリーで、









日本で初めてワイン用ブドウ品種でワインを造り出したパイオニアだそうです。








P3060076_convert_20240418162606.jpg




サドヤワイナリー



1909年(明治42年)江戸時代より続く「油」佐渡屋を、洋酒 ビールなどの代理店「サドヤ洋酒店」に転業しました。

1917年(大正6年)、サドヤ洋酒店を営んでいた6代目今井精三が、ワイン醸造販売を手がけるサドヤを創業しました。

精三が長男の友之助と共に農場を開墾するまでの間、勝沼産ブドウから造る「甲鐵天然葡萄酒」を商標とする
ワインを醸造、販売していました。

(SADOYA HPより)






P3060075_convert_20240418162644.jpg


結婚式も行われるレストランでは食事もできますが、予約制です(この日は結婚式が入っていたのでダメ)







P3060062_convert_20240418162727.jpg


ワインブティックには約2500本ものワインが並んでいます。





一杯400円ぐらいから飲めますが、せっかく山梨に来たので「山梨産のブドウを使ったワイン」を選ぶことにします。







P3060065_convert_20240418162921.jpg


まずは、日照時間日本一を誇る山梨県北杜市明野町のワイン








P3060068_convert_20240418162806.jpg

そして、高山村のワイン

あ、高山村は長野県だったんですね・・・(今、知りました・・・)






P3060069_convert_20240418170607.jpg









P3060072_convert_20240418162951.jpg

カウンターで料金を支払ってから、テイスティングスペースで頂きます。




まずは、明野と高山村の白ワインから・・・



🍇 Liel 明野

日照時間に恵まれ、海抜700mの冷涼な気候条件の山梨県北杜市明野町で育てられたソーヴィニヨンブランを使用。

柑橘系果物を想わせるシャープな酸味で、新酒を想わせる爽やかな辛口。





🍇 Liel 高山村 シャルドネ

サドヤの「産地シリーズ」第一弾のワインで、日本一とも言われるワインの名産地、長野県高山村の「角藤農園」産シャルドネ100%使用。

辛口のワインで、ぎゅっと濃い果実味と爽やかな酸味のバランスが良く、上品な味わい。







P3060073_convert_20240418163023.jpg

次は明野と高山村の赤を・・・。



いや~



正直、どっちも美味しいし、それぞれに微妙な違いはあるけど・・・



「さ~て、どっちがどっちでしょう?」とグラスをグルグルと入れ替えられたら・・・わかる自信がありません('◇')ゞ






・・・と言うワケで、ほろ酔い気分で駅ビルに戻って昼食を取ります




さて、何を食べたのでしょ~か?(クイズかよ)





つづく






P3060032_convert_20240418172548.jpg

JR甲府駅の中にある、立ち飲みできるワインショップ







P3060034_convert_20240418172631.jpg


ここではちょっとしたお惣菜が食べられるようですね~



P3060035_convert_20240418172654.jpg








P3060036_convert_20240418172718.jpg







P3060143_convert_20240418172745.jpg

自分へのお土産に・・・♡

P3060144_convert_20240419004616.jpg








スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2024-04-14

はるばる甲府ジェムマーケット!





4月13日にはるばる、山梨県の甲府まで行ってきました







P3060026_convert_20240414163028.jpg

埼玉の大宮から東京の立川に向かい、そこから特急「かいじ」で甲府へ・・・。











P3060003_convert_20240414163059.jpg

車窓からは普段なかなか見ない田園風景が見えます







P3060005_convert_20240414163128.jpg

埼玉や東京では散りかけの桜も、山梨ではまだ咲いてますね~



P3060011_convert_20240414163157.jpg

勝沼ぶどう郷駅の満開の桜が停車中も楽しめました









P3060021_convert_20240414163252.jpg

富士山ですよ~   わかります?








P3060132_convert_20240414164004.jpg

濃いピンク色の桃の花



P3060125_convert_20240414164048.jpg

JR山梨駅の周辺にもたくさんのぶどう棚がありました🍇




P3060027_convert_20240414164608.jpg

到着です


P3060038_convert_20240414165916.jpg

甲府駅前の武田信玄公像








さて、なぜ、わざわざ甲府まで来たのかと言うと・・・






P3060146_convert_20240414164647.jpg

コレです。







そもそも、「ジェム」ってなんやねん?な話ですよね~(ジャムじゃなくって)






P3160014_convert_20180409173745.jpg






ジェムとは、宝石を意味する言葉ではありますが、一般には彫刻を施した小型の貴石をいうそうです。








美しく研磨され、加工された宝石がジュエリーって感じですかね









さて、なぜ甲府なのか。







甲府市はかつて、水晶の一大産地でした。






P3060046_convert_20240414170325.jpg




江戸時代に水晶の研磨技術が伝わったことで、宝飾産業が盛んになりました。



P3060047_convert_20240414170232.jpg




甲府市内にはさまざまな職人たちが作る個性豊かなジュエリーショップがたくさんあり、






P3060057_convert_20240414165217.jpg




なんと、ジュエリー製造事業所の数は日本一だそうです。









甲府には以前にも来たことがありますが、このジェムマーケットは初めて。

ラーダ・ダンナ 甲府 駆け足旅 武田神社・山梨ジュエリー・甲州金




ダンナの同僚の方は毎年、訪れているそうで「石好きなら、ぜひ」とおすすめしてくれました!(^^)!







第3会場まであるので、昼食を取れる場所を探しつつ移動します




P3060040_convert_20240414170530.jpg

おお~ 賑わっています



P3060042_convert_20240414170557.jpg

埼玉のミネラルマルシェ(ジェムマーケット)には私一人で狩りに行くので、ダンナはこういう場所は初めてで、マニアックな世界に若干引き気味ですが






P3060044_convert_20240414172845.jpg







P3060049_convert_20240414172941.jpg







P3060054_convert_20240414173613.jpg






P3060055_convert_20240414173637.jpg







P3060052_convert_20240414173111.jpg

ジュエリーショーなどでは天然石のビーズの扱いが多いのですが、こちらはあまりないですね~


P3060053_convert_20240414173137.jpg







P3070179_convert_20240414181202.jpg

私も作品を製作・販売していた頃は天然石のビーズをよく買っていましたが・・・


P3070177_convert_20240414181128.jpg

今は根気が続かなくなったのと、老眼が入ってきて作るのも面倒くさくなってしまい、放置気味です





P3070002_convert_20240414182445.jpg

今は、かつて集めたコレクションをいろいろ付け替えて使ってます。


P2270056_convert_20210327183253.jpg









さて、会場をざっと見てまわると、「ルースが多いな」という印象です





P3060050_convert_20240414173014.jpg



ルースとは、 研磨されカットを施されているけど、まだ枠や台についていない宝石・裸石のこと




P3060051_convert_20240414173043.jpg






P2270042_convert_20210327173730.jpg


私もタイに住んでいた時にジュエリーショーで幾つかルースを買いました。



ルースは、石好きな方が「美しきもの」としてコレクションとして持っているのもアリだと思いますが、



自分としては、指輪やネックレスなどに仕立てないと持っていてもしょうがないというか・・・





P3060104_convert_20240414174522.jpg


甲府のジェムマーケットは宝飾業界の方も多いし、ネックレスや指輪、ピアスなどを作る素材探しの場にもなっているのかな~と思いました。






また、お客さんもこちらで好きな石のルースやリングなどの台座を選んで自分好みのアクセサリーを加工賃などを支払って作ってもらう・・・という、甲府ならではの楽しみ方ができるのかもしれないな~と思います。




P3070003_convert_20240414175943.jpg


たとえばこれは全部ブルートパーズですが、いろんな色のルースを選んでそれぞれ違う色を台座にはめたり・・・






P3070005_convert_20240414180022.jpg

ちっちゃくてお手頃な価格のルースを選んでいっぱい台座にはめたり・・・(その分、加工賃は高くなりそうだけど)





また、山梨県内のジュエリーのアトリエや工房などの出店もあり、オリジナリティのあるアクセサリーが欲しい!って人にはいいかもです(だからって、安いワケではないけど)






P3060098_convert_20240414180811.jpg


そういった意味では、このイベントは東京や埼玉とは違う楽しみ方ができるのかもしれません





P3060058_convert_20240414180635.jpg









P3060090_convert_20240414180727.jpg





P3060092_convert_20240414180939.jpg








P3060095_convert_20240414180840.jpg






P3060099_convert_20240414180910.jpg






P3060101_convert_20240414181008.jpg


自然にできた模様ってところがまた、素晴らしい・・・




P3060102_convert_20240414181053.jpg








P3060152_convert_20240414182745.jpg



手ぶらで帰るのは寂しいので(?)、タイガーアイとカルセドニーのペンダントトップを購入しました(各500円!)







さて!甲府に来た目的はジェムマーケットだけではありません!






つづく







さいたまミネラルマルシェの雰囲気がわかりやすい動画がありました。



初めて行く方には、お手頃な石や加工品が多いこちらの方がおすすめです









theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2024-04-11

つれづれ散歩のつれづれタイム





桜が散りきってしまう前に、急いでお気に入りの桜スポットへ行って来ました









P3030052_convert_20240410231432.jpg

観光地でもない、静かな住宅街です。








P3030057_convert_20240410231555.jpg

散り始めていたけど、まだ楽しめました







P3030060_convert_20240410231516.jpg

遠出しなくても十分です!(^^)!








P2240017_convert_20240410232214.jpg

通り過ぎてから違和感を感じ、もう一度引き返しました







P2240005_convert_20240410232113.jpg

花、デカすぎない?

P2240004_convert_20240410232440.jpg







P2240006_convert_20240410232509.jpg

一人で写真をパシャパシャ撮っていたら「これは、モクレンですか?」と話しかけられましたが、さて、モクレンなんでしょうか



モクレンって、こんなにでっかい花でしたっけ?



それとも、これはでっかいモクレンなんでしょうかね・・・






P2240011_convert_20240410232547.jpg









P2290041_convert_20240410232926.jpg

種から育てたら失敗したので、苗から植えました。


バジル、もっと増えろ~





P2290042_convert_20240410232954.jpg

ローズマリーは花目当てです







P2240044_convert_20240410233216.jpg

窓辺にツツジ(?)









P2290044_convert_20240410233336.jpg

よそ様のお宅の庭をこっそり上から楽しんでいます






P2260025_convert_20240410233613.jpg

味気なかったキッチンをトルコ風にリフォームしました






P2260009_convert_20240410233653.jpg

ダイソーで売ってる、貼ってはがせるシートです


よく見るとあちこち切り貼りしてますが、雰囲気が明るくなって満足しています








P2240022_convert_20240410233519.jpg

日本のカラムーチョのベトナム版 ちょっぴり辛め








P1220020_convert_20240410234104.jpg

え~、美味しいのぉ?と買ったわりに、ハマってます



スパイシーな辛さが本格的


って、カレーライスで食べたことはないけど、おすすめです












theme : 季節を感じる
genre : ライフ

2024-04-07

散り時を知らせて散る桜





なんだか、スカッと晴れない日が続いている関東地方です。








やっと咲き出した桜ですが、なかなか「お花見に行こう!」って思えるような気候ではなく、









そうこうしている間に、雨で桜が散ってしまうのでは?と心配になりますが、









日本には、「桜雨」とか「桜流し」という言葉があるそうです。




P1010022_convert_20130403172303.jpg





桜雨は桜が咲くころに降る雨のことで、









桜流しとは、その雨で桜が散ってしまうことを言うようです






P1010050_convert_20130403165850.jpg




なんとも雅やかな言葉ですね~









その桜ですが、







開花後のソメイヨシノの花弁の色は白に近く淡紅色だそうです。








ところが、散る間際になると、花弁や雄しべ、雌しべの基部(花の中心部)が赤くなってきます。






P1010035_convert_20130403171023.jpg




これが、桜の花が散り始めるサインだそうです。







だんだんと桜の中心部が赤くなってきたら、そろそろ散るのかも・・・と覚えておくと、ハラハラ・ドキドキせずに済みそうですね~










桜の歴史は古く、1200年前にはすでに桜の美しさを認知していたようで、「万葉集」には50首の歌に桜が歌い上げられているのだとか








また、桜の開花は農作業の開始時期を知らせる重要な指標であり、








古代の花見はその年の豊凶を占う農耕儀式でもあったようですね~









日本では、古代から「八百万の神」という太陽から月、風や雷などの自然の現象、








はたまた、世の中に存在するすべての物に神が宿っていると考え、








そうした無数の神々を崇める風習がありました







P3060033_convert_20180402170909.jpg




桜にも、「サクラ」の「サ」は穀霊を指し、「クラ」は神座を語源とするとの説もあり、










「古事記」には桜の木で亀甲やシカの肩甲骨を焼き、その割れ具合から吉凶を占っていたとの記述が残っているのだとか










呪術的にも桜は重要な役割を果たしていたんですね~








そうやって考えてみると、単に美しいだけでなく、底知れない神秘な力が秘められているようにも感じます













theme : 季節を感じる
genre : ライフ

2024-04-03

どこまで気にする?人工甘味料








業務スーパーで、見慣れないマッコリがありました。





P2220002_convert_20240403000103.jpg


米マッコリ?











PA200016_convert_20171106091651.jpg

スーパーでもよく見かける、眞露のマッコリ







でも、この米マッコリは眞露のマッコリよりもお手頃で、なんと300円以下!








いったい、何が違うねん?と思いましたが、特に違いもないような・・・?(単に味オンチなだけ?)





マッコリは米を主原料とするアルコール発酵飲料で朝鮮半島の伝統酒の一種。

アルコール度数は6-8%程度で、同じく米を主原料とするが段仕込みと割水を経る日本酒、にごり酒の半分程である。

麹により糖化された米の強い甘味があり、またタンパク質やビタミン類に富む。乳酸醗酵により雑菌の繁殖が抑えられる点は日本酒と同じであるが、一般にマッコリでは乳酸菌飲料のような微かな酸味と炭酸発泡の味がより顕著である。

醗酵を止めていないものも多く、醗酵の進み過ぎたマッコリは酸味と炭酸が強烈になる。生マッコリは劣化が早いので長期保存が不可能である。

(ウィキペディアより)








しっかし。








眞露もこのマッコリもそうだけど、気になるのは人工甘味料。









どちらも人工甘味料「アスパルテーム」が含まれています。








人工甘味料「アスパルテーム」と言えば、WHO=世界保健機関の専門機関が、「発がん性の可能性がある」という見解を示しています。







アスパルテームは、1980年代から各国で食品添加物としてガムやアイスクリーム、ヨーグルトといった食品や低カロリーの飲み物などで幅広く使われています。









しかし。








なんと、現在韓国で販売されているマッコリの60%ほどでアスパルテームは使用されているのだとか。










アスパルテームは、砂糖の200分の1を使うだけで砂糖と同じくらいの甘さを出すことができるため、ほとんどの食品に使われています。







逆に、アスパルテーム等が入っていない食品を探す方が大変なぐらい。







カロリーオフの酒類やドレッシングなどにも使用され、高血圧や肥満を引き起こす砂糖に代る甘味料としてむしろ注目されていました。







アスパルテームを使っているマッコリメーカーは、許容基準に合わせて一部の製品に平均0.0025%ほどの少量を使っている状況だそうで、







WHOの「発がん性の可能性がある」発言はショッキングなインパクトがあり、困惑しているようです。








ちなみに、韓国食品医薬品安全処によると、








たとえば体重60㎏の人の場合でアスパルテームの1日の摂取許容量を摂取するには、









アスパルテーム72.7mlが含まれているマッコリ750mlを33本飲まなければならないのだとか。








アスパルテームの使用自体はそう問題にはならないと言うことなんですね・・・









もちろん、全く糖類が入っておらず、発酵だけで作られているマッコリもありますが、







普段に飲む場合にはお値段が高めになってしまうそうです。









毎日毎日、大量に飲むワケでもないしぃ







とは思いつつも、「塵も積もれば○○」って言うしな~







体にもいい効果がいっぱいある、乳酸菌のお酒・マッコリ








願わくば、お手頃価格で人工甘味料無添加のマッコリをその辺のスーパーでも取り扱ってくださ~い







PC310020_convert_20200125161529.jpg

こんなの読んじゃったら食べるモノ・飲むモノがなくなっちゃうな~






theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア