FC2ブログ
2014-08-01

パッと一花

花火の記事を書いた後に近所で花火大会がありました。

なんと、タイムリーな・・・。


毎年、音だけは聞こえていたものの、その姿は見えなかったのですが意外な場所から見える事が判明。

皆さんは知っていたようで、そのスポットにはたくさんの見物客がいました。



花火について調べていたら、ちょっと面白い(?)話が。



「東海道中膝栗毛」の作者・十辺舎一九の辞世の句です
※辞世と言えば一般に、この世を去る時に詠む短型詩のこと。これは東アジア固有の風俗だそうです


「この世をば どりゃおいとまに せん香の 煙りと共に 灰左様なら」

意味としては

この世をそろそろおいとましようとしますかね。
お線香をたいて、煙と共に、ハイ、さようなら

みたいな感じ?


自分の死期を知っていた十辺舎一九は、死の直前に懐に線香花火を隠しました。

そのため、火葬の際に花火が燃え上がってその場の人たちを驚かせたそうです。


驚いただろうけど、その人となりを知っていた人は「う~む!やられた!」と思ったかも?



「いやいや、死ぬ時に花咲かせてどないすんねん?」と思うのももっともですね。

そうそう、生きているうちに一花咲かせなきゃ


東京の虎ノ門でこんな催しがあるそうです。

「リトルトーキョー」。

なんでも、大人のキッザニア(職業体験)のようなものだそうです。


例えば、なりたい職業があるとして・・・。
でも、いきなり何もかも犠牲にして世間に飛び出していくのは不安・・・
どこかでお試しで体験できたらいいのに・・・。

って思うことありません?

以前の記事にもそういう事を書いたことがありますよね


旅して学んで 学びながら旅をして


例えば、リトルトーキョーで土日だけなりたい職業をお試しでやってみる。

期間限定で試して様子を見ることができるんですね~

それで手ごたえを感じてその先にチャレンジしてみてもいいし、やっぱり自分には向かないな~って思えばやめてもいい。


興味のある方はこちら↓

リトルトーキョー


最近、こういう活動を始めている人が多い気がします。

支援する側に回る人。

チャレンジしてみようと行動する人。


う~む、私はどっちかな~


今のところ、一休み中~



「今は休む時」と決め、焦らない。


250px-The_Thinker,_Rodin






小学生の時に衝撃を受けた曲・・・知ってます?
いつの間にか夜空の花火のように消えちゃったな~
スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

我が家はマンション9階で周りは畑と川で何もないので、この時期、毎週末どこかの方角で花火が見れます。

でも音の割に遠くで、小さく見えるんですよね。。。

亡くなる前に死期を悟って花火を袖に忍ばせても、今ではおくりびとさんが、さっさと片付けてしまうでしょうね。

リトルトーキョー面白そうですね。
ライトな感じの職業訓練校みたい。

仕事の楽しさを知ることができそう。
で、それが仕事に結び付けばいいですね。

No title

こんばんは!
十辺舎一九、才能あふれる作家だったのですよね。現代にも名と作品が残っているのですもの。

>この世をば どりゃおいとまに せん香の 煙りと共に 灰左様なら

掛詞になっていて、粋な辞世の句。
しかし線香花火を隠していたとは・・・やるもんですねー!

リトルトーキョーの職業体験?グッドなアイディアと思います。
若い人たちには、人生の選択肢が沢山あるほうが良いと思う。

最後の歌、全く知りません~~
海外在住24年目、浦島でーす(*_*;

No title

おはようございます。

灰左様なら!この文字がすごく入ってきました。
人生って こようなものであるから
やりたいことはやってみたいです。

ちょっと時間に余裕ができた方々でも
一歩足を踏み出すのもなかなかなところが多いものです。
このようなコミニュケーションの場所があると みんな同じ気持ちで楽しくなりそうです。
私も参加したいし そういった企画をしたいです。

今は手作りアクセサリーを作りながら
考え中んんですね~
素敵な夢が見つかりますように!

シュムックさま

>でも音の割に遠くで、小さく見えるんですよね。。。


あら~、せっかくいいロケーションなのに、大きく見えないのは残念ですね

ちょっと距離があるんですかね・・・v-393



>亡くなる前に死期を悟って花火を袖に忍ばせても、今ではおくりびとさんが、さっさと片付けてしまうでしょうね。


そうですね~
「まぁ、お義父さんったらこんなものを・・・」
「おやじも最後の方はボケていたからな~」とかいうシミジミとした会話でもされるんですかねぇv-12


>リトルトーキョー面白そうですね。
ライトな感じの職業訓練校みたい。


こんなところが何か所があればいいですね~
東京の、しかもど真ん中で・・・って意外とハードル高い気がするけど・・・


>仕事の楽しさを知ることができそう。
で、それが仕事に結び付けばいいですね。

まずはお試しですもんね
どこまでできるのか、どういう才能があるのか、うまく行くのか失敗するのか・・・

そういう事に向き合うことは大事ですねv-22

marikoさま

>十辺舎一九、才能あふれる作家だったのですよね。現代にも名と作品が残っているのですもの。


有名ですが、読んだことがないです。

群ようこの旅行記「東洋ごろごろ膝栗毛」は読んだことあるけどv-12


>掛詞になっていて、粋な辞世の句。
しかし線香花火を隠していたとは・・・やるもんですねー!


ほんと、粋ですね~
湿っぽくなくてシャレてて
 
最後に花火の花をぱっと咲かせて去るってのもよくぞ思い付いて実行したものだな~v-354


>リトルトーキョーの職業体験?グッドなアイディアと思います。
若い人たちには、人生の選択肢が沢山あるほうが良いと思う。


そうですね
いきなりチャレンジするよりも段階を踏んでみて試行錯誤してもいいと思います。

そういう仲間が増えるのも心強いな~


>最後の歌、全く知りません~~
海外在住24年目、浦島でーす(*_*;


80年代中頃の曲かも・・・。
でも、聞いた印象がないならやっぱりインパクトがなかったのかな~

nanami☆さま

>灰左様なら!この文字がすごく入ってきました。
人生って こようなものであるから
やりたいことはやってみたいです。


ハイさようなら~ってなかなか言えないですよね

きっと良い人生だったのか、何かやりきったと思える人生だったのか・・・v-353

後悔が残るようではそうは言えないかも



>ちょっと時間に余裕ができた方々でも
一歩足を踏み出すのもなかなかなところが多いものです。


勢いに乗ってできる時もあるけど、タイミングがつかめないとズルズルいってしまうことってありますね~

思うは易し、実行するのは難しい・・みたいな


>このようなコミニュケーションの場所があると みんな同じ気持ちで楽しくなりそうです。
私も参加したいし そういった企画をしたいです。


私は市の施設の1日体験とか短期の習い事とかはたまにしますよ~

ずっとずっと続けようと思うとできないけど、様子見で・・・となるとチャレンジしやすかな

まずは「ちょっとやってみようかな」ってぐらいで始めてあれこれやってみたら何が好きか何が自分に合っているかわかってくる気がしますv-218

今はいろんなサークルを立ち上げる人も多いですね
nanami☆さんはどんな事をしてみたいのですか?


>今は手作りアクセサリーを作りながら
考え中なんですね~
素敵な夢が見つかりますように!


私は4年間、カフェに作品を置かせて頂いていて、その間毎月作品とディスプレイを入れ替えていました。

あと、イベントに出展したり・・・。



毎月テーマを変えて作品のイメージをがらりと変えて作るのは大変でしたが、どういうテイストが好きとか、初めてのパーツを使いこなすとかチャレンジ精神も生まれました。

あと、お客さんや作家仲間にも出会えたし・・・。

な~んか、その期間でやりつくした感というかやりきった感があって今は落ち着いています。

時間に追われて、お客さんの好みを考えて作るのではなく、自分の好きなスタイルのものを好きな時に作る・・・ってことで今は落ち着いています。

と、いうワケで次のいい波(?)が来るまでビーチでゆったりしてますよ~v-227

No title

はい、さようならって、自分の人生に満足しなかったら、やっぱり言えないと思うな・・・
私はそう言って旅立てるか?と言われると、まだわかんな~い。

リトルトーキョー面白そうですね。
何をしたいのかわからない若者も多いことだし、そんな人が体験してみたら何かが見つかるかも。

最後の歌、私も知りません。
あのころは、あまり歌番組も見なかったからかも・・・
って、ラーダさん、その頃小学生だったの?
私、88年にドイツにお嫁に来たんだよ。
歳の差大き~

くろろさま

>はい、さようならって、自分の人生に満足しなかったら、やっぱり言えないと思うな・・・


そうですね
この世に未練があったらハイ、さようなら~とは言えないですね

きっと自分なりに良い幕引きだったのでしょうねv-22


>リトルトーキョー面白そうですね。
何をしたいのかわからない若者も多いことだし、そんな人が体験してみたら何かが見つかるかも。


大人版キッザニア、いいアイデアだと思います。

子供版の「遊び」ではなく、体験して自分なりに向き不向きを感じ取れるのがいいなぁv-218


>最後の歌、私も知りません。
あのころは、あまり歌番組も見なかったからかも・・・


そうか・・・
初めて「感動した歌謡曲」かも・・・。

あの頃は歌番組が多かったですもんね。家族みんなで見てましたv-342


> 私、88年にドイツにお嫁に来たんだよ。
歳の差大き~


88年っていったら、中学生でしたよ・・・私

その頃は海外なんてまだまだ遠い世界の話でしたよ・・・v-233
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア