FC2ブログ
2015-01-17

未来のために残すこと?

2015年、1月17日・・・。
あれから20年もの月日が経ったのですね~


P5140182_convert_20150117190607.jpg
明石大橋



阪神大震災の時に兵庫県明石市に住んでいて、あの地震を経験しました。
今でもあの時の突然の揺れは忘れられません。



P5140153_convert_20150117190528.jpg
孫文記念館




目の前で見た風景も、いつの間にか綺麗に整備され、今ではかつてのような美しい街を取り戻しました。

それでも・・・。
街がいくら綺麗になって輝きを取り戻したとしても、失ったものは大きいし、帰ってはこない。

鋭い痛みは月日と共に薄れてはいくけど、鈍い痛みは残る。






東日本大震災も2011年に経験しました。

震源地からは少し離れていたけど、それでも目の前のビルがブルンブルンと揺れ、いろんな物が落ちて壊れた。
大事にしていたものも壊れた。


「平凡な日々」って言葉はなんだかつまらないと思って「刺激的なこと」を求める気持ちがあったけど、何か事件が起きてから「ああ、これといった事件も起きない平凡な日々って大事だったのね」と気づくのも嫌ですね・・・


P5140205_convert_20150117190654.jpg



こんな事を書くとどうしても「縁起でもない」って思ってしまいますが、東日本大震災以降「もしも・・・の場合に」と自身についての情報を書き込めるエンディングノートを用意し、防災袋に入れる人が増えたそうです。


それまで「エンディング」とか、死を連想させる言葉はタブーな印象があったけど、自分や周りの人の「最後の時」を意識する人が増えたという事なのでしょうね。


個人的にもそういう事を考えて書店でエンディングノートを探してみた事があります。


エンディングノートとは

自身が死亡したときや、判断力・意思疎通能力の喪失を伴う病気にかかったときに希望する内容を記す。

書かれる事柄は特に決まっているわけではなく任意であるが、主に
病気になったときの延命措置を望むか望まないか
自身に介護が必要になった際に希望すること
財産・貴重品に関する情報
葬儀に対する希望
相続に対する考え方
プロフィール・自分史
家系図

などがある。

遺言と異なり法的効力を有する性格の文書ではない。存命中や死後の家族の負担を減らすことを目的としている。

書籍や文具としてエンディングノートが販売されている。また自治体やNPOなどが無料配布してエンディングノートに関する講座を開いている例もある。

2011年にはエンディングノートを題材とした日本映画「エンディングノート」(砂田麻美監督)が公開され、日本製ドキュメンタリー映画で、「ゆきゆきて神軍」(1987年)以来、初めて興行収入1億円を突破した。

(ウィキペディアより)


う~む・・・。

いつかの時の、もしもの時に自分の希望や情報を伝える事は大事だろうけど、正直、まだこの年齢では「葬儀の時に流して欲しい曲」だの「遺産は誰に譲るか」とか葬儀のスタイルはどうするか・・・などはイメージできない。


自分の基本情報や交友関係、もしもの時の連絡先とかなどは何らかの形で残して身近な人に伝えておくのは大事だとは思うけど・・・。


ブロ友の皆さんもまだここまで具体的な事を考える年齢ではないとは思いますが、何かの形で「自分の意思」を残す準備をしていますか?

仮に、もし、今、自分なりに「エンディングノート」を作るとしたら、どんな内容を盛り込みたいですかね?






P5140177_convert_20150117190301.jpg



20年・・・。

あんなに大変な想いをしたのに、本当に時の流れって早いなぁ~と思います。


この先の5年、10年はもっと早く感じるんだろうな・・・。


「この先」と言ってみて、ちょっと不安になる。


「絶対次の日も来る」と言えるのか。


でも、そんな事を言うと「言霊」って言葉が浮かんでためらう。


やっぱり、縁起でもな~いって思っちゃうんですよね。


そして、つい「神様、神様。今の考え、嘘です。取り消します。だから、何卒よろしくお願いします。お願い~」って、手を合わせたりなんかして。
スポンサーサイト



theme : 生き方
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

もう20年経つんですよね~
ついこの間のような気がしますが。。。

比べてしまうのは、私自身が戦後たったの16年後に生まれている事。
私にとって戦争は歴史上の遠い昔の出来事なんですが、今の子供たちにとっても震災は歴史上の出来事かもしれませんね。

エンディングノートについては全く考えてませんね。。。
そんな準備をすることが怖いですね~
考えること自体が怖いですね~

でもね、昔は貯金って通帳や証書があったけど、今はネットバンキングだと何もないですからね~
家族は分からなくて眠ったままの財産とか増えていくでしょうね。。。

シュムックさま

>もう20年経つんですよね~
ついこの間のような気がしますが。。。


ホントですね~
毎年、あの日が近くなると思い出していましたが、20年と言われるとズシリと重みが・・・


>私にとって戦争は歴史上の遠い昔の出来事なんですが、今の子供たちにとっても震災は歴史上の出来事かもしれませんね。


そうなんですよね~
20年前というと震災後に生まれた世代は実感がわかないでしょうね

いくら周りから伝え聞いたり、あの時の映像を見て「大変だったんだな~」とは思っても・・・。

あの頃も被災地以外ではかなり温度差がありましたよ。
ちょうど就職活動時期だったのですが、あまり被害のなかった大阪などは案外冷たかったな~v-406



>エンディングノートについては全く考えてませんね。。。
そんな準備をすることが怖いですね~
考えること自体が怖いですね~


新聞でも同じようなアンケートがあったけど、言葉の響きが嫌だとか怖いとかいう意見もありました。

60代くらいになるとボチボチ書こうかな・・・っていう気になる人も多いようですが。

意外なところでは30代くらいの「おひとり様」。

結婚の予定もないし、この先どうなるんだろう・・・という不安から書きはじめる人もいるようです


>でもね、昔は貯金って通帳や証書があったけど、今はネットバンキングだと何もないですからね~

そっか~
今はパソコンでいろんな手続きができますもんね

窓口のない銀行とかあるし。


>家族は分からなくて眠ったままの財産とか増えていくでしょうね。。。


知るのは本人だけ・・・となると、そうなるでしょうね。

引き出されることなく口座に残ったへそくりとかどうなるんだろうv-393

No title

20年も経ったなんて思えませんよね~
あれから 学んだことも多く、意識も変わったことも多かったけど
また東北大震災が起こると、気持ち的にやりきれないことも多いですよね。
ラーダさんは2回も大震災でのご苦労をされたと聞いてびっくりです。
復興に関わる思いも深いでしょうね。

エンディングノートですが私は10年くらい前に自分で作って売ろうと考えて
葬儀屋さんとか資料も集めて試作したの(えへへ)
でもね~作成すればするほど
最初は書くのが楽しいけど、面倒になってきたし
家族に伝えておきたいことは
日頃から言葉で伝えていく環境が大事に思えてきてやめることにしました。

で!私的には持続性とか集中力がないので短いスパンの目標ノートを作って
もし なんかあったら 後でノートみて
こんな風に思っていたんだとか?勝手に想像してほしいなあ~
なんて思ってます。

「この先」・・・
目標に向かって 楽しんでいきたいな~

nanami☆さま

>20年も経ったなんて思えませんよね~


ホントに・・・。20年が40年に感じる人もいるかもしれないし、まだ時が止まったままの人もいるかもしれないですね・・・


>あれから 学んだことも多く、意識も変わったことも多かったけど
また東北大震災が起こると、気持ち的にやりきれないことも多いですよね。


「前回と同じ」って事は絶対ないですもんね。
阪神大震災の時は電気や水道の復旧が早く、ガスがなかなかつながりませんでした。

だから、まずガスや火を使える事が大事だと思っていましたが、東日本大震災の時はガスは早くから使えたけど、電気は計画停電があったりして節電することが求められましたね。

阪神大震災の教訓を得て、オール電化にしたお宅は大変だっただろうな・・・と思いますv-292

停電になると断水になって水も使えないんですよ~(水を汲み上げるポンプは電気で動かしているため)

「備えが大事」だと痛いほどわかっていたのに、それでもいつの間にか意識が薄れていくんですよね~・・・v-356


>エンディングノートですが私は10年くらい前に自分で作って売ろうと考えて葬儀屋さんとか資料も集めて試作したの(えへへ)


なんと!10年も前から?今でこそ知られて来ましたが、10年前っていったらまだそんなに普及していなかったのでは?

よくぞ思い付かれましたね。何かきっかけがあったのですか?


>でもね~作成すればするほど
最初は書くのが楽しいけど、面倒になってきたし・・・

そうなんですよね~
あれって向き合うのが自分の死とか老後の事なだけに、勢いがないと書けないですね。

で、だんだんとあまりにも必要な事が多い事に気づき、心がくじける・・・というか。


>家族に伝えておきたいことは
日頃から言葉で伝えていく環境が大事に思えてきてやめることにしました。


そうですよね~
聞きたがらない内容かもしれないけど、折に触れ自分の意思を伝えておくことは大事だと思います。

例え、ノートに記しておかなくても「そう言えば、普段からあんな事言っていたな」って思い出してもらえればイザと言う時のヒントになるのでしょうねv-21



>で!私的には持続性とか集中力がないので短いスパンの目標ノートを作って
もし なんかあったら 後でノートみて
こんな風に思っていたんだとか?勝手に想像してほしいなあ~
なんて思ってます。


わかります!
私もそう思いました。
あと、エンディングノートって書いたことで「書ききった!」という満足感で終わってしまう気もします。

日々生きていれば、年々考え方も変わるだろうし、新たな発見もあったり・・・。

理想は1年、せめて3年くらいでの短い期間内で整理し・管理して、徐々にもう少し先の将来への希望を確認して行けばよいのではないかと思います。

まず「自分という人間」の考えがしっかりしてない事もあるだろうから、一年一年「へ~、自分ってこういう風に考えていたのか。去年はあんな事を考えていたのね」と確認できるのがいいような気がします。



>「この先」・・・
目標に向かって 楽しんでいきたいな~


そうですね~
後ろ向きよりも前向き、ですね

過去はどんなに後悔しても戻れないけど、未来はまだ始まっていないですもんね。

No title

エンディングノートですか。。。

私が以前に
「あったことがない人(だんな様の父親)と二人で墓にいるのは、なんか嫌だな~」
と言ったことがあったのです。

そうしたら先日だんな様が
「俺が死ぬまで骨を墓に入れないでおこうか?」って(笑)

本気で考えてくれたんだな~と
嬉しいような変な気持ちになりました。

エンディングノートは書かないだろうけれど
指輪やネックレスの類を娘の誰にあげるかは決めておきます^^



No title

ニュースで20年と聞いて改めて驚きました。
ラーダさん大丈夫かな?と思ってました。
このような地震や津波はもう二度と起きてほしくないですね。
この先の未来も大事ですが、お互いに今を大事に生きていきましょうね。

てにままさま

>そうしたら先日だんな様が
「俺が死ぬまで骨を墓に入れないでおこうか?」って(笑)


ふふふ・・・奥様想いですね !(^^)!
どっちが先でも嫌だけど、いつかは・・・な話だから、ダンナさまの気持ちを知ることができて良かったですねv-22


>エンディングノートは書かないだろうけれど 指輪やネックレスの類を娘の誰にあげるかは決めておきます^^

後で揉めても困りますもんね
今のうちに本人たちの希望も聞いておく?v-257

まおさま

>ニュースで20年と聞いて改めて驚きました。
ラーダさん大丈夫かな?と思ってました。


ホントにねぇ・・・。
20年って言われてもそんなに月日が流れた気がしないよ

あっという間だったなぁ。
最近、特に1・2年の流れるスピードが速い気がするよv-12

心配してくれたのね。ありがとうv-22


>このような地震や津波はもう二度と起きてほしくないですね。


タイに住んでいる時にもスリランカ沖地震があったもんな・・・
バンコクは被害はなかったけど巻き込まれた人もいたからその日も特別な日だよ・・・

天災は前触れもあるんだろうけど、その時はいきなり来るからね

お互い、日々を大事に、感謝して生きましょうv-353


No title

ラーダさん こんばんは。

阪神大震災から、20年経つんですね・・・
この年は、オウムのサリン事件もあって、本当に悲しい年でした・・・。

移住もあって、震災経験者が全体の半分と云う報道がされていましたが
10年ひと昔と云いますが、20年かぁ~~
東日本大震災からも、4年を迎えようとしていますが
風化って怖いですね・・・被災者と被災地外との温度差・・・

エンディングノート、実は買って持っています(^^ゞ
勢い込んで、色々書いておこうと思って、実は真っ白・・・
買って満足するダメな私です・・・。
でも、エンディングノートから、色々なトラブルも続出しているそうですね(財産がある方です)。
財産無いしなぁ・・・・

No title

もう20年になるんですね・・・
実家の両親も、あの時は家が最大級に揺れて、死を覚悟したと言ってました。

東日本大震災の記憶はまだ新しいけど、関東や東海大地震もいつかは来る予定だし、地震国日本に住むには覚悟がいるわ。

エンディングノートではないですが、ダンナの両親は財産分けに関する遺書をすでに用意していて、ダンナも書かされました。
病気で判断力や意思疎通力がなくなった場合の処置希望の書類もあります。

と言っても、私の分はまだないんですけどね。
死んだら火葬にしてくれとは言ってありますけど、ちゃんと作っとかないとな~

masumiさま

>阪神大震災から、20年経つんですね・・・
この年は、オウムのサリン事件もあって、本当に悲しい年でした・・・。


いろんな不幸が重なった時代だったのですね・・・

サリン事件はダンナもあと少し時間が早かったら巻き込まれていた可能性があったので(到着したのは事件が起きた後だったらしい)本当に怖いですv-12


>風化って怖いですね・・・被災者と被災地外との温度差・・・

年々、掛け声が薄れて来ましたね。まだまだ大変な立場は改善されていないのに・・・。

新しい時代にどんどん塗り替えられていく・・・そして、まわりもそれに慣れてしまうv-406


>買って満足するダメな私です・・・。


いやいや、そういう人が多いと思いますよ~

あれは時間がないとなかなか書けないし、向き合う時間もいりますもんね~



>でも、エンディングノートから、色々なトラブルも続出しているそうですね(財産がある方です)。
財産無いしなぁ・・・・


ははは・・・
うちにはそんな財産ないしぃ~
「分け与えるほどある」というのもねぇ・・・
微々たるものならまだしも、欲が出ちゃうくらいあるとえげつない話になっちゃうんでしょうねv-356

くろろさま

>もう20年になるんですね・・・
実家の両親も、あの時は家が最大級に揺れて、死を覚悟したと言ってました。


関西は地震が少ないって思っていたので、まさかの揺れに驚きましたよ。
あの揺れが地震だと気づくまでにも時間がかかったし・・・v-12

もう、20年・・・。本当に早く感じます



>地震国日本に住むには覚悟がいるわ。


次はどこどこだ!と週刊誌の見出しで名指しされるとドキッとしますよ

高山に行く前にも高山と名指しされていて電車もバスも予約した後だったので怖かったです。実際に少し前に小さい地震があったりしたし・・・

都会のガラス張りのオシャレなビルとか見ると怖いですよ~

それなりに耐震策はとっているでしょうが、地震大国ですからねぇ・・・v-356



>エンディングノートではないですが、ダンナの両親は財産分けに関する遺書をすでに用意していて、ダンナも書かされました。


なるほど・・・。
だから安心ってワケでもないだろうけど、準備は必要ですよね



>病気で判断力や意思疎通力がなくなった場合の処置希望の書類もあります。


それは助かりますね。こちら側からそういう書類を書けとは言いにくいし・・・。
でも、その状況になったら絶対必要な情報ですもんね



>と言っても、私の分はまだないんですけどね。
死んだら火葬にしてくれとは言ってありますけど、ちゃんと作っとかないとな~


そうなんですよね~
まだ何か問題がある前から考えておいた方がいいんでしょうね
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア