FC2ブログ
2015-03-24

春の使者 ミツバチ

暖かくなってきてはいるけど、まだまだ油断できないお天気が続きますね~


P1010001_convert_20130313160556.jpg



昨日はいいお天気だったのに、お昼を過ぎたあたりから空がどんどん曇り空に・・・。

雨は降りませんでしたが、不気味なグレーの雲があたり一面に広がりました。


今日は良いお天気ですが、風が強いです



ところで、春はミツバチの活動時期だそうです(3~5月)。

女王蜂は産卵し、働き蜂は花粉や蜜などを集めます。
開花の時期に貯めたハチミツが熟成したものを養蜂家が採蜜するそうです。


P3110006_convert_20140314161738.jpg


何度か蜂蜜専門店に行った事がありますが、「ハチミツ」と言っても花それぞれに特徴があって、蜜の味もさまざま。

私は写真にもある菩提樹の蜂蜜が少し苦味があって好きですが、皆さんの食べている蜂蜜は何の花から取られた蜂蜜なのでしょう?


「しっかし、蜂もせっかくセッセと蜂蜜を集めても人間に持って行かれたら腹が立つだろうな~」と思っていたら・・・。

イソップ童話にこんなお話がありました。

「ミツバチとゼウス」。




イソップ寓話集 (岩波文庫)イソップ寓話集 (岩波文庫)
(1999/03/16)
イソップ

商品詳細を見る






ミツバチは人間にハチミツを取られてしまうのが、いまいましくてたまりませんでした。
そこで、ゼウスの神の所へお願いに行きました。



「人間が巣の中にためた蜜を取りに来るので困っています。どうか、蜂の巣に近づく者を脅かすための武器を下さい」

すると、ゼウスはミツバチのいう通りに“毒針”という武器を与えました。

しかし、ゼウスは同時にその針を使うと自らも死んでしまうという欠点も与えたのでした。


以来、ミツバチが毒針を使って人間をこらしめようと誰かを刺したら、それきり針が折れて死んでしまう事になってしまいました。


人の不幸を望むと自分も不幸になってしまう・・・。


せっかく集めたものを横取りされる側はちょっと気の毒だと思いますが、だからって自分が正しい!とそれ以上にやり返してはアカンのですね・・・・
(と、いう教えなんですかね)



P1010292_convert_20130313160230.jpg



しかし、そんなミツバチもここ数年は数が減少していると聞きます。



ミツバチが不足すると果物が実らなくなったり、果物の形が変形したということが起きるとか・・・。
ミツバチの代わりに農家の人が手作業で受粉作業しようとしても、たくさんの量をとてもまかないきれません。

また、ミツバチ不足は、日本だけの問題ではないそうで、ミツバチの輸入価格もどんどん上がり、それにともなって野菜やくだものの値段が高くなっています。

ハチミツだけ集める虫ではないんですね~・・・
いい仕事してるのにな~

花のパワーに誘われて…





P3170009_convert_20150324124617.jpg





しかし、まぁ、ただの気の毒な虫でもないですよ~

働き者の蜂はラッキーモチーフとして愛されています。


P3170015_convert_20150324124651.jpg


蜂は、女王蜂を中心に大きな家族を持ち、大きな家(巣)を作ることから繁栄の象徴とされます。また、古くから、世界中で蜂蜜・蜂ロウ等が利用され、人間との関わりが大きいミツバチは、幸運の象徴、貯蓄の象徴でもあります。

日本でも蜂の巣を厄除けや盗人よけに戸口に吊るしていたとか。

羽根と針を持っているので、主導権を握りたい時などにラッキーモチーフとして身につけると良いかも



美しい花や美味しい果物のためにもミツバチと人間の距離感を大事に♪





ミツバチって花粉は足につけて帰ってくるのですね~
スポンサーサイト



theme : 毎日を楽しむ♪
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ラッキーモチーフなんですね~
主導権を握りたい時などにラッキーモチーフ
なるほど~ですう~(ふむふむ すっごく面白い)
私は昨年 百田尚樹氏の「風の中のマリア」って言う小説を読んで
スズメ蜂の話しなんですが蜂のイメージがすごく変わりました。
このお話は働き蜂の宿命から自分の在り方
生命体の考えを感じました。
まだ 読んでいらしゃらなかった是非読んでみてほしいな~
蜂蜜などすごく身近なんですが
まだまだ知らないことも多いので
もっとみんなに知ってもらいたいですよね~
で!ちょこっとメディカルハーブからですと
レモンバームを別名「メリッサ」とも言って、この名前は「ミツバチ」ということを意味するギリシャ語から来たものです。
ミツバチは、このメリッサの花が蜂蜜を作るのに特に好都合らしく、この植物の香りに引き寄せられれるそうです。
蜂蜜の効能=ハーブのメリッサで
勝手にうれしくなってしまいました。
蜂蜜も奥が深いよね~
今日も面白いネタをありがとう~楽しかったです。

No title

おはよございます~~

何年か前からミツバチがいない。。
なんてお話が報道されてましたね。。。
昨年事務所にあるサクランボにはタクサンのミツバチが来てましたけど。。
今年はあまり見なかったな。。実るかしら。。

で。。
子供のころ何かのイラスト?で。。
ミツバチの足に小さなポンポンみたいなのが付いてるのを見たことがあるんです。
実際の写真や図鑑の絵にはそんなのなかった。。
あれって。。
花粉をつけてるイメージだったのかもしれませんね。。。。


nanami☆さま

>ラッキーモチーフなんですね~

ヨーロッパでお守りに使われているそうですよ~

探してみれば意外と蜂モチーフはあるので、ここぞという時のための(自分の)ひそかなお守りにしてもいいかもv-22


>私は昨年 百田尚樹氏の「風の中のリア」って言う小説を読んで
スズメ蜂の話しなんですが蜂のイメージがすごく変わりました。


百田尚樹氏のお顔は知っているけど、本は読んだことがありませんでした。
スズメバチが主人公なのですか?
これまたすごい発想ですね~


>レモンバームを別名「メリッサ」とも言って、この名前は「ミツバチ」ということを意味するギリシャ語から来たものです。


あ~、メリッサってレモンバームのことなんですね!ドイツの入浴剤Kneipp(クナイプ?)でメリッサの香りのを貰った事があったんですよね~

ついでに、全然関係ないけどポルノグラフティの曲にもメリッサってありますねv-342
歌詞をじっくり読んだことはないけど・・・


>ミツバチは、このメリッサの花が蜂蜜を作るのに特に好都合らしく、この植物の香りに引き寄せられれるそうです。


そうなんですか!メリッサの蜂蜜は舐めた事がないけど、どんな味がするのでしょうね~

ミツバチが引き寄せられる香りってきっとパワーが溢れているのでしょうねv-353


>蜂蜜も奥が深いよね~

ハチミツと言っても本当にいろんな種類があるんですね~
専門店に行くといろいろと味見をさせていただくけど、自分の好みを多くの中から探すのはとても大変です。

確かにお高いけれど、ミツバチが限られた命の中で集めた蜜は本当にパワーフードなんだな~と思います。

人間も自然界の小さな生き物たちに支えられて生きているのですね~v-354

まうさま

>何年か前からミツバチがいない。。
なんてお話が報道されてましたね。。。

日本だけでなく、アメリカとかでも深刻な問題になっているそうですね

今は養蜂家も高年齢化してきて後継ぎがいないとか言うし、ミツバチが育ちにくい時代になったのか、殺虫剤の問題とかもありますしね~v-12


>昨年事務所にあるサクランボにはタクサンのミツバチが来てましたけど。。
今年はあまり見なかったな。。実るかしら。。


なんか、果物とかあるのが当たり前になっているけど、実は育つまでにいろんな手間がかかっているんですね

小さな生物のチカラを借りてることにも気づけない・・・v-406



>花粉をつけてるイメージだったのかもしれませんね。。。。

なんとかハッチの話ですかね?

いや~・・・、考えた事もなかったけど、確かに花粉を取ってもどうやって運ぶんだろうとは思っていましたが・・・足かぁ~

動画を見ると足にたっぷり花粉らしき黄色い粉をつけている蜂もいれば、何にもつけていないのもいますね~

働き蜂でも「使える子」「使えないヤツ」がいるんですかね~

No title

横レス・・・nanami☆さんと同じく

スズメバチの「はたらき蜂」の話を描いた小説
『風の中のマリア』に引き込まれました!

http://urx.nu/iSHo

これを書いた百田尚樹さんにも尊敬!!!

MYお婆さんは毎朝のトーストに蜂蜜を塗っているのですけれど
蓮華はちみつ以外は気に入らないようですよ(笑)



No title

テントウムシはラッキーアイテムとして有名ですが、働き蜂もそうなんですね~
アクセサリーに取り入れたらいいかも。。。

スズメバチは毒針使っても死なないんですよね。
ミツバチって可愛いイメージだけど、スズメバチは怖いですよね。

百田尚樹作品は何冊か読みましたが、
風の中のマリアは読んだ後「時間を返せ~!」って思いました。
私はダメでした。。。
感動するポイントってそれぞれなんですね~

てにままさま

>横レス・・・nanami☆さんと同じく

スズメバチの「はたらき蜂」の話を描いた小説
『風の中のマリア』に引き込まれました!


あら~、ブロともさんではこの本を読んでいる方が多いようですねv-87

私はこの本の存在じたい知りませんでしたが、せっせと働くだけ働いて消えゆく働き蜂の気の毒なことよ・・・v-406


>これを書いた百田尚樹さんにも尊敬!!!

そうなんですか~
てにままさんの後のコメントのシュムックさんはまた別の感想のようです。

アマゾンで検索して調べたけど、感動した!というタイプとその逆のタイプときっぱり分かれるようですね

そう言われてみると読んでみたい気もするな~


>MYお婆さんは毎朝のトーストに蜂蜜を塗っているのですけれど
蓮華はちみつ以外は気に入らないようですよ(笑)

レンゲはまったり濃いイメージですね~
最近はレンゲを植えているところも減ってきたし、なかなか国産ってのは難しいんでしょうかね

健康食品だから積極的に食べたいけど、だんだんとお値段が上がってきた・・・v-393

シュムックさま

>テントウムシはラッキーアイテムとして有名ですが、働き蜂もそうなんですね~
アクセサリーに取り入れたらいいかも。。。


ラッキーアイテムで調べると結構いろんな生き物がいますよ~
トカゲとかツバメとかフンコロガシとか蜘蛛の巣(蜘蛛?)とか

もう、あまりにも多くて「何でもアリなんかい!」って思うくらい。

一冊ラッキーアイテムを紹介した本を持っておくと便利ですよv-22
「世界のラッキーアイテム77 ヨーロッパ編」とかおススメです(ダイヤモンド社)

シュムックさんの薔薇アクセサリーと一緒に蜂とか蝶とかのモチーフを一緒に並べても良さそうv-219


>スズメバチは毒針使っても死なないんですよね。
ミツバチって可愛いイメージだけど、スズメバチは怖いですよね。


スズメバチはなんか体も大きいし、迫力がありますよね~

ちょっとじゃそっとじゃ死ななさそうだし・・・。毒針を使っても死なないんですか・・・。巣でも作られたら大変ですね~v-356



>風の中のマリアは読んだ後「時間を返せ~!」って思いました。
私はダメでした。。。
感動するポイントってそれぞれなんですね~

アマゾンの読者の感想を読んだけど、すっごく感動した!というタイプとなんじゃこれ!ってタイプに分かれているみたいですね~

蜂を主人公にって発想は面白そうだけど、それに共感するってのはなかなか難しいものなんですかね・・・

図書館で借りられるなら読んでみようかなv-87

No title

横レス・・・

自然科学が好きなんですよ!
日曜大河ドラマの前の「ダーウィンが来た」も毎回かかさず観ています。

だんな様は趣味嗜好が丸で違いますけれど
この番組だけは観させてもらえています(爆)

てにままさま

>自然科学が好きなんですよ!
日曜大河ドラマの前の「ダーウィンが来た」も毎回かかさず観ています。


タカが集団でスズメバチの巨大巣を襲う回のは見ましたよ~

蜂につきまとわれるけど、たっぷりと餌が入っていたら簡単には諦められませんね~v-356


>だんな様は趣味嗜好が丸で違いますけれど
この番組だけは観させてもらえています(爆)

うちも全然趣味が合わないんですが、いつしか私が録画して見ていたNHKの「ファミリーヒストリー」はダンナも見るように・・・。

もともと趣味が合わないので、自分が見たいものは録画して平日のヒマな時に見るようにしています。

旅行番組とかは食事中に(ダンナの解説付きで)見ていますv-234
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア