FC2ブログ
2015-11-24

今の私のその場所は

昨日は久々に学生時代の友人と電話で話しました。

お互い、今は地方に住んでいるので滅多に会えませんが、年賀状の交換やたまにメールしたり・・・。


月曜日は、彼女が今住んでいる街がテレビで紹介され、彼女が習っているフラダンスの様子も少し紹介されました。

お互い、好きな音楽が少しづつ違ったけど、良いと思うCDを貸しあったり、カラオケに行ったり・・・。

ハワイアンのCDも聞いたりしていましたが、まさかフラを習って踊っているとは・・・


パン作りを習い、今では家のカフェでも手作りパンを販売。


親しき友の「あのころ」の魅力はそのままに、新たな「彼女らしさ」を見つけることができました。





私の通っていた学校はマスコミ系で、大きく美術系と音楽系にクラスが分かれていました。

地方から出てきている人も多かったので、ちょっとした「異国」っぽかったなぁ


女子高育ちだったので、女の園から、髪の毛を赤や緑に染め、革ジャンを着て背中に大きなエレキギターを背負っている男の子がいたり、大人っぽい雰囲気の女の子たちがいる学校は、毎日が刺激的でした。


個性的であればあるほどいい!というか、誰かと同じなんてイヤ!というか。

そういう風な考え方になったのは、この学校のせいかもしれません。


この学校で同じクラスだったN君の事は友人との思い出話によく登場します。
N君は華やかな雰囲気をまとったイケメンで、親しみやすく、才能もあり、憧れの存在でしたが・・・。

何年生の時だったか「芸大に受かったので、学校をやめます」と言って、風のように去って行ってしまいました。


単なる憧れで、全然親しくもないクラスメイトだったので、その後の彼の行方とかどんな人生を歩んだのかわかりませんが、私は長い事勝手にショックを抱えていました。

たぶん、クリエイターの憧れの芸大を誰にも告げずに受験し、さっさとクラスメイトを捨てて出て行った事に対して「裏切られた!」という思いがあったのかもしれないですね。

今回もそんな想い出話になりました。


数年前に、私はN君の事をブログの記事に書いていました。
それを彼女は覚えていたそうです。

わりと長い間、ショックだったけど、年を重ね自分もいろんな経験をしたせいでしょうね

あの頃、そして、その記事を書いていた頃のショックがだいぶ薄れていました。



でも、その「痛み」があったからこそ、得るものがたくさんありました。

いつか、自分も誰かに”やられた~!”と思わせたい!みたいな。


その思いが、自分を奮い立たせる燃料となった気がします。


今ではN君に感謝です。




N君について書いたのは2010年だったのですね・・・↓




何度か読み返す本があります。

その中にとても共感できるけど、痛い文章があります。


これからはあるくのだこれからはあるくのだ
(2000/09)
角田 光代

商品詳細を見る


「まなちゃんの道」というエッセイがあります。

どんなエピソードなのかというと、子供の頃から何でも「そこそこにできる」子供だった著者の話。



小学6年生の夏休みに絵を描く宿題があった。

著者は夏休みも終わりに近づいてきた頃、描きたいモノもなかったので、てきとうな絵を描いた。

そして、夏休みが終わり、提出した。




しかし。

友達のまなちゃんが描いた絵は違った。

それほど大きくないカンバスに一本の道が描かれていた。

舗装されていない土の道は、雑草やすすきに縁どられ、ゆっくりカーブを描きながらまっすぐに続いていた・・・。

著者はその道にくぎ付けになった。





道のむこう道のむこう
(2002/05)
ベルンハルト・M. シュミッドBernhard M. Schmid

商品詳細を見る

さまざまな「道」が載っている写真集です。





私はその絵を見たとき、そこそこであることを心から恥じた。

憎んだと言ってもいい。

小学生の女の子が描いた一枚の油絵は、何か奇妙な切実さに満ちていた。

(中略)



切実さは力だった。

力を持つ何かを私ははじめて間近で見た。

そして、この世の中には圧倒的にかなわないことがあるのだと、はじめて知った。

(「これからはあるくのだ」 角田光代 文集文庫より)






移動先
どこに行きたい?どこへ帰る?


「そこそこ」とか「やっつけでやってしまう」事って、あんまりプライドがどうとか考えずにやってしまっている事があります。


ぼけぇ~っと毎日をやり過ごしていたのに、ある人は同じようにみんなと一緒に笑いながらも、今とは違う別の道を新たに見つけ、努力していた・・・。

・・・って、学生時代の話ですが。



「芸大に受かったのでこの学校をやめます」って突然言われた時、何だかショックというよりも、裏切られた!って気になっちゃったのです。


別に、入学から卒業まで一緒よ!ってな決まりはないのですが、何食わぬ顔して努力していた事に腹が立ったんですよね・・・。自分はそれにも気づかず、楽しくヘラヘラと学生生活を送っていたのにも腹が立ったのです。


まぁ、芸大に入ったからってその人が将来、成功するとは限らないんだけど、芸大って言ったらその道を目指す人にとってはあこがれの大学だったので・・・。

だから余計に、何年経っても痛いのかな。

なんだか、このエッセイを読むとそんな事を思い出してしまいます。


だけど、そういう悔しいとか哀しいって気持ちを忘れてはいけないって思います。





今、読み返したら若いですね~


N君ショックを卒業した後でも(?)資格を取ってバリバリに働いている知人をうらやんだり、誰かと比べてモヤモヤした気持ちになった事がありました。


でも、そういうモヤモヤからもある時、開放されました。


じゃあ、私もその人のようにバリバリと働きたいのか?

では、自分も同じような事がしたいのか?



冷静になって考えてみると、別にそんなワケでもないんですよね~


それは「羨ましい気がする病」だったのかも。


なんとなく、いろんな活動をして頑張っている、イキイキしているような人が「羨ましい気がする」だけであって、

その人と自分がやりたい事は違うし、自分の心地よさとは違う。


私はまだまだ、何かに好奇心を持っていたいし、好奇心を持つ心を捨ててはいない。


な~んだ、私、それでいいじゃん!


・・・というか、そういう生活を送れているなぁ、私。


じゃ、悩むこと、ないんじゃないの?


・・・って・・・。


年を重ねると身体にもあちこちメンテナンスが必要だけど、悪いことばかりじゃないんですね

経験をいろいろ積むことで、ラクになれるんだな~


そう思えるようになれて良かったな




・・・・って、長々と思い出話にお付き合いくださりありがとうございました





渋谷系の曲、流行ってたな~
スポンサーサイト



theme : 生きる
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

おはよございます~~

ここまで来ると。。。
他人をうらやましいとかは思いませんが。。
軽く後悔みたいな気持ちはありますね。。

今バリバリやってる人とかは絶対努力してきただろうし。。。
何十年もサボってたから何にもできない自分なんだもんな。。
今さらなにかをやろうと思ってもなかなか難しいし。。。
まして仕事につながることなんて皆無ですよね~~~

でもまだまだ何かやってみたいし。。。
ちょっとだけでも向上できる自分でいたいですね~~

No title

おはようございます ラーダさん
若い時は、自分の大きさが分からないので、悩んでいたように思います
進む方向も、才能がないと気づけばそちらには行かないから早く判るのは
良い事なんでしょう・・・行きたいけど行けないのも辛いですがね

歳を重ねて自分の方向や大きさが何となく決まる、諦めもあったりして、
妥協する感じでしょうか 後悔はあるけど、戻れないですから
潔くなることも大切ですね

No title

誰しもある過去のように思います。

本人は裏切ったつもりもないし、努力で得たものなのに、羨ましがられるって可哀そうですね。
そんなに努力してなくても(してないように見えるだけかも)
希望をどんどん成功させると、羨ましいから妬みを買うこともありますよね。。。

嫉妬されずに幸運をつかむ人もいますね。


私の場合若い頃は、そんなにイケてないって思う子がメッチャイケメンと付き合ったりすると
何で!?って思ったりしました~

まうさま

>ここまで来ると。。。
他人をうらやましいとかは思いませんが。。
軽く後悔みたいな気持ちはありますね。。


そうですね~
ある年齢になると他人の行いがどうこうようよりも、自分の歩んできた道が気になりますv-12


>今さらなにかをやろうと思ってもなかなか難しいし。。。
>まして仕事につながることなんて皆無ですよね~~~



う~む・・・。今から何かを極めよう、というのはなかなか難しいでしょうね
趣味レベルの気軽なものならいいだろうけど

仕事につなげよう、と思うモノにはある程度の向き不向きを見極めて「やみくもにチャレンジ」はしんどいかもv-356


>でもまだまだ何かやってみたいし。。。
ちょっとだけでも向上できる自分でいたいですね~~


いやいや、ホントに・・・。好奇心は失いたくないですね~v-22



ヨッシィーさま

>若い時は、自分の大きさが分からないので、悩んでいたように思います


若い頃は目の前の世界にしか目が向かず、狭い世界であくせくしてますねぇ

だからこそ、狭いところで悶々とする・・・v-12


>進む方向も、才能がないと気づけばそちらには行かないから早く判るのは
良い事なんでしょう・・・行きたいけど行けないのも辛いですがね


自分の才能を過信しすぎるのも良くないけど、気づかないで可能性がないのに無駄な努力をするのも・・・。
ひととし行くとある程度自分の適性がわかってきますねv-22



>後悔はあるけど、戻れないですから
潔くなることも大切ですね


結局、自分で選びながらたどってきた道が現在の位置ですもんね

その場その場で選択しての結果だし。

私は後悔はないですね。学生時代に目指していた職業にもつけ、その後はなんとなく「こうなればいいな」と思い描いていた結果になりました

まぁそれでも次から次へと想いは広がりますv-441

シュムックさま

>本人は裏切ったつもりもないし、努力で得たものなのに、羨ましがられるって可哀そうですね。


そうなんですよね~
別に誰かにどうこう言われたり思われたりする事ではないですが、つい自分に「こんなハズでは・・・」みたいな思いがあると余計な目を向けられるのかもしれませんv-416


>そんなに努力してなくても(してないように見えるだけかも)
希望をどんどん成功させると、羨ましいから妬みを買うこともありますよね。。。


いっそ周りが引くくらいの一生懸命さなら羨ましいとか妬ましいとか思われないと思います。「あんなにしてまで・・・よくやるな~」みたいな。v-12

たとえ陰で努力しているにしても、そんな風に見せない・見えないところが引っかかるツボじゃないですかね。


>嫉妬されずに幸運をつかむ人もいますね。


そうですね~
それってどんな人なんでしょうね?

「私、こんなに努力してます!」っていうアピール力が強い人には逆に嫉妬しないですねぇ・・・。


>私の場合若い頃は、そんなにイケてないって思う子がメッチャイケメンと付き合ったりすると
何で!?って思ったりしました~



なによ?あたしの方が可愛いのに!とか?

そういう人、いましたね~
話しやすいとか、面白いとか趣味が合うとか?

どっかツボにはまる魅力があったんですかねぇ・・・

そういう、ぱっと理解しにくい感じが腹立たしいのかも

わかります

同じではありませんが

なんとなく気持ちがわかります。

私もいろいろ、ありましたので。

挫折も多かったので。

封印も多いし、秘めていることも多いから。

No title

うんうん!
このようなお話を上手に記事にできるなんて~
私もだいぶ丸くなったつもりでいましたが
私にはできないかも なんて思いました。
まだまだ どこかで見栄を張ってる感じです。
でも こうして記事にしてくれると
みんな安堵しますよね。
みんな同じなんだと・・
私は 本当にしんどかった時 仏教の「無」と言う言葉に出会い 何事も自分からの欲だと知った時 すごく楽になりました。
歳を重ねることで 理解し
他からの出会いで 楽になったり
人はやっぱり 生きているから 得られるものですよね。
人生 生きて 聞いて 見て 感じて実感してみなくちゃね~

もりんさま

>同じではありませんが

なんとなく気持ちがわかります。

私もいろいろ、ありましたので。

挫折も多かったので。

封印も多いし、秘めていることも多いから。



この年齢になると、つくづく「いろんな人がいるな~」と思います。

つい、自分の尺度で「自分だったらこんな事しないのに」とか「なんで、あの人って○○なんだろう・・・」と、理解できない人も・・・。

でも、私の狭~い世界の狭~い人間関係の中で得た経験なんて、微々たるものなんだな・・・とも思いました。

波乱万丈な人生なら、ドラマでも小説でもなるかもしれないけど、実際にそんな人生なんか歩みたくないもんな~v-356

普通がいいんだけどな~とか思っても、平凡なら平凡で「ああ、なんか刺激が欲しい」とか思う。

刺激があったらあったで「平凡が一番」と、思う・・・。

つくづく、自分の欲深さを「なんだかな~」と思いますv-12

でも、若い頃のヒリヒリした思いや、誰かと比べて焦る気持ちも必要だったと思います。


そういう思いが自分を突き動かし、自分の考えや行動につながったと思います。


いろんな経験をして、悩み、苦しんだ末に得た答えは本当に貴重なものです。

そういう思いをしなければ出てこなかった答えなんだな~と気づきました。

私はまだまだ未熟者なので、この先もウダウダ悩むことはあると思いますが、一度吹っ切れるとまたそこに戻れる気がします。

このたび、もりんさんの記事を読んで、もりんさんのいろんな気づきが、自分にも通じるものがあるな・・・と感じました(勝手に・・・ですが。生意気言ってすみません)

nanami☆さま

>でも こうして記事にしてくれると
みんな安堵しますよね。


前回、記事にした時もそうでしたが、みなさんホントにいろんな経験をして、乗り越えてこられたんだな~と思います。

今は気軽に「自分発信」ができる時代なので、どうとでも演出できますね。

私はSNSなどを利用していないので、ブログくらいしか情報源はないけど、もし、今どきの若い人たちみたいにいろんなところから「私!」「私!」「私!」って他人の充実した様子ばかり見せつけられたら落ち込んでしまいそう・・・v-12


私などは自分の興味のある情報しか選ばないからいいけど、ママ友づきあいとか学生とかだとそうはいかないんですかねぇ・・・


>私は 本当にしんどかった時 仏教の「無」と言う言葉に出会い 何事も自分からの欲だと知った時 すごく楽になりました。


「三法印」というものですかね・・・

すべての作られたものは、苦しみである。


面倒な人間関係で左右されることのない赤ちゃんですら、生まれたときから「腹減った!」「乳くれ!」「おむつ変えろ!」「俺を、だっこしろ!」って泣きますからねぇ・・・

言葉を発しなくても自分の欲を発する手段はあるわけで・・・。

そりゃ、成長するにつれ、無菌状態ではいられないですよね。

無菌状態だと免疫力がなく、ちょっとした細菌(刺激)にも弱くなってしまう・・・。それも善しあしで・・・。

人間は(だけでないけど)、生まれた限りは「無」ではいられないのかもしれませんね(アホな感想ですみません)v-356


>歳を重ねることで 理解し
他からの出会いで 楽になったり
人はやっぱり 生きているから 得られるものですよね。
人生 生きて 聞いて 見て 感じて実感してみなくちゃね~


わざわざ過酷な人生は歩みたくないけど、でも人生の「経験」で得るものはたくさんありますね

どこかで、ふと、冷静になって振り返ることができるのは、積み上げてきた経験が出す答えというか・・・。

まぁ、私もそうは言ってもまだまだこの先があるので(そういうつもりですが)、人生の先輩からしたら「青いのぉ~」な考え方かもしれませんv-393



No title

太宰治と対極の思い・・・と言ったら怒られますか?
大風呂敷を広げるのも、密やかにやっていくのも・・・個性でしょうか?

みんな違ってみんないいと詩人は言いますが、詩のように生きられないので、凡人は迷いますよね。

心の底のオリを汲み出された強さに感心しておりますよ。

cocoさま

>太宰治と対極の思い・・・と言ったら怒られますか?
大風呂敷を広げるのも、密やかにやっていくのも・・・個性でしょうか?


苦悩する姿が絵になるタイプならいいけど、自分の中で思いが煮詰まってしまうとツライですね

もっと若い頃はそんな悶々とした想いを人に悟られたくなかったけど・・・v-35


>みんな違ってみんないいと詩人は言いますが、詩のように生きられないので、凡人は迷いますよね。


みんな違ってみんないい、というのはある程度の年齢になってくると「そうかもな」って思えるけど、人と一緒じゃないと不安・・・っていう年代もある気がします。

でも、そんな仲良し集団の中から煌めく星のように、一人、また一人・・・と飛び出して行くとそういう人が眩しく見えるというか・・・。

まぁでも、自分も年を重ねていろんな経験を積んで少しづつ吹っ切れて来ました



>心の底のオリを汲み出された強さに感心しておりますよ。


前回記事にした時も本当に皆さんのいろんな意見が聞けました。

ブログだけのお付き合いの方が多いですが、日々のブログだけの世界からもう一歩近寄れたような・・・

自分のブログだからってなんでも吐き出したいワケではないけど、時には楽しいだけでなく、想いをさらけ出せる場でもあれば・・・と思いますv-22

それぞれの道

ラーダさん こんばんは。

羨ましい気がする病!!私もありました。
私の場合は、高校で仲の良かった子ですが、声優になり今も第一線で活躍
しています。私がボーっとした高校生活を過ごしている間、彼女は標準語を
マスターし、大変な努力をして声優になる塾に合格したようですが、私は
全く知らなくて驚きました。声優になりたいことは、誰にも言ってなかった
ようですが。ちょっと裏切られた気がしましたね~。

けれど、私があの頃に戻ってやり直ししたとしても、あまり変わらない気が
します。
私は今の平凡な人生で良かったと満足していますよ(^^)

ラムネさま

>羨ましい気がする病!!私もありました。

ラムネさんにもあったのですね~
なんとなく、他人が羨ましいかも病・・・

まぁ、よく考えれば自分の夢があるとして、そこまで一生懸命になってまで叶えたいか・・・そして、それを将来につなげたいか?と問われれば・・・「う~ん、別にそうでもないかな~」なんてv-12

でも、がむしゃらになって叶えるパワーがあるというのはやっぱり、羨ましいかもしれない病・・・


>私の場合は、高校で仲の良かった子ですが、声優になり今も第一線で活躍
しています。


あら~声優ですか!
これまた、誰でもなれるものじゃないですからねぇ

願えば叶う、と言っても「ただし、才能があれば」ってなりますもんね


>私がボーっとした高校生活を過ごしている間、彼女は標準語を マスターし、大変な努力をして声優になる塾に合格したようですが、私は 全く知らなくて驚きました。


あら~・・・私と似てますねぇ・・・
もしも、こっそりとでも実は・・・って打ち明けられていたら気持ちも違ったかもしれないけど、知らないところでの努力ってのが真剣みがありますねv-12



>けれど、私があの頃に戻ってやり直ししたとしても、あまり変わらない気が
します。

う~ん・・・。私もわからないですねぇ・・・
あの頃に戻ったとしても、何かを新たに目指したりしたかな?

とりあえず、学校は卒業して希望した職業に就職できたしな~・・・


>私は今の平凡な人生で良かったと満足していますよ(^^)


私もそうですね
あのころ描いていた夢を叶えたあと、もっと前(子供の頃)に漠然と思っていた夢も叶いました。

叔母が結婚してアメリカに行ったのですが、自分の中でぼんやりと「いつか外国に行ってみたいな~」と思っていました。

学生時代はいろんな国の音楽を聞きまくり、情報を集めたりしたけど、お遊びみたいなものでした。

でも、そんなユルイ日々も無駄でなかったなぁ・・・と後々思えたし、今は今でそれなりに毎日楽しいし・・・

少しづつ軌道修正しながらも自分なりの満足があるから、過去の痛みも薄れてきたのかな
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア