FC2ブログ
2016-02-20

猫なオンナ・犬なオンナ

皆さんは、猫派ですか?犬派ですか?

個人的には愛想のよい犬派ですが(かまって貰えないとサミシイ)、最近の猫人気はスゴイですね~

いろんなところで猫グッズを見かけます。



さて、2月22日は猫の日です。

猫の日(ねこのひ)は日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日だそうです。猫の日は世界各国で制定されていて、ロシアでは3月1日、アメリカでは10月29日。International Cat Day (World Cat Day) は8月8日。


こんな扱いの国もありますけどね・・・↓
ニャンコにお願い




日本における猫の日は、愛猫家の学者・文化人が構成する猫の日実行委員会が一般社団法人ペットフード協会と協力して、「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日をという趣旨で1987年に制定した。2月22日を“猫の日”として、猫に関する各種のイベントやキャンペーンが行われるほか、猫に関する啓発活動も行われる。2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定した。

(Wikipediaより)



どこの国でも猫好きはいるんですね~

ちなみに、犬の日ってあるんですかね?


犬の日(いぬのひ)とは、社団法人ペットフード協会により1987年(昭和62年)に制定された日本の記念日である。犬の鳴き声である「ワン (1) ワン (1) ワン (1) 」にちなみ11月1日と決められた。

犬についての知識を身につけ、犬をかわいがる日とされている。

(Wikipediaより)





やっぱり、あるんですねえ・・・

しかし、鳴き声にちなんで・・・って、日本ではそういうの、多いですね




猫

猫派、犬派ってやっぱり「自分ちで飼っている」場合はそっちに軍配があがるんでしょうかね?



猫好きな著名人は多いですね。

なんとなく、気難しいイメージの内田百聞。

「ノラや」という本では、猫愛に溢れすぎていて気の毒なほど・・・。


ふとした縁で家で育てながら、ある日庭の繁みから消えてしまった野良猫のノラ。ついで居つきながらも病死した迷い猫のクルツ―愛猫さがしに英文広告まで作り、「ノラやお前はどこへ行ってしまったのか」と涙堰きあえず、垂死の猫に毎日来診を乞い、一喜一憂する老百聞先生の、あわれにもおかしく、情愛と機知とに満たち愉快な連作14篇。
(Amazonより)


今日でノラが失踪して○日目・・・。お前はいったい、どこにいるのか?ちゃんと飯は食えているのか?
今日で失踪○○日目・・・
今日で○○○日目・・・

んもぅ、仕事どころじゃなく、挙句の果てには外国人の家に迷い込んでそのまま飼われているかもしれぬ!と、英字広告まで作って猫を探す・・・。


なんとな~く、とっつきにくかったイメージが変わると思いませんか?


東京都立川市に別名「猫返し神社」という神社があるそうです。

ジャズピアニスト山下洋輔さんが命名されたそうで、愛猫の無事や健康を祈りに多くの方が訪れるそうです。
お参りし、絵馬に願いを書いたら「行方不明の猫が無事に帰ってきた」とか「亡くなった猫とうり二つの猫が現れた」などという報告が数多くあるのだとか。お参りした翌日に猫が帰って来たとか・・・。

境内には「ただいま猫」の石像があるそうですよ~

阿豆佐味天神社







猫すわり



作家以外では、映画化された画家「レオナール・フジタ」も猫好きで有名で「オンナと猫の画家」とも言われました。

フジタは売れないパリでの画家時代から猫を飼っていて、絵画にもよく登場しています。


フジタの描く女性の肌は独特で「乳白色の画家」と言われますが、横たわる裸婦と猫など、自分のサインがわりに猫を登場させたり・・・。


レオナール・フジタと言えば、奇抜な髪型とへんてこな丸メガネ、妙な服装のイメージしかなかったけど・・・。

白人女性の肌の「乳白色」はカンバスにベビーパウダーを塗り込み、水性の墨をはじかないようにしているのだとか。油性のカンバスにベビーパウダーを塗りこむと、ベビーパウダーを塗りこんだ部分は滑らかな墨が引けるそうです。

ベビーパウダーには、タルクという成分が入っていて、昔の西洋画にも使われていた手法だそうですが、フジタの時代にはたぶん、それはもう廃れていたのですかね~

また、フジタは浮世絵を描く時に使う筆を愛用しており、その独特な繊細さも好まれたのかも?


とにかく、フジタにとって大事だったのは絵とカワイイ飼い猫・・・。

なんと、5回も結婚しているのです。

1人目は日本人
2~4人目はフランス人
5人目に日本人


どの人もフジタに尽くしたけど、絵と猫にしか興味のないフジタに愛想を尽かしています。


フジタが知っていた西洋画は静物画が多かったのですが、猫のような想像もつかない動きをする対象物は新鮮だったのでしょうね。






こんな言葉を残しています。



可愛がれば おとなしくしているが

そうでなければ 引っかいたりする


ごらんなさい

女に髭と尻尾をつければ

そのまま 猫になるじゃないですか



084_convert_20130201170437.jpg





また、英国の作家 ジョルジュ・ミケシュはこんな言葉を残しています。



犬を飼うことはできる

だが、猫の場合は

猫が人を飼う。

なぜなら、

猫は人を役に立つペットだと思っているからだ




033_convert_20130201165620.jpg




ふふふ・・・。


アナタはどちら派ですかね?


忠実な犬派?


それとも・・・?



niyan.jpg


わたしゃ、猫のようなオンナって言われたいにゃ









スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんばんわ~~

どちらか選べと言われれば猫ですが。。。
生き物全般大好きなんで。。決めかねますわ~
ただ。。
子供のころから犬が飼いたかったけど飼えなかったけど。。
猫ならなんとなく住み着かせて結果的に飼ったような。。(笑)

最近はすごい猫ブームらしいですけど~~
その理由の一つに「ラク」てのがあるんです。
犬のように寒かろうが暑かろうが雨であろうが。。
散歩に行かなくていい。
トイレのしつけがラク。。なんて理由です。
それって何だか違いますよね。。。

犬も大好きで。。
お客様のお宅とかにいればめっちゃ遊んでしまいます(笑)

しかし。。
猫グッズもつい買ってしまうし。。。
自分も猫になりたいとか思ってしまうし。。。
浮世絵とかでも猫の絵に魅かれたり。。
ネット動画の猫系。。めっちゃ見てるし~~
やっぱ猫派なのかも。。。

内田百閒氏の小説は大好き~~~
一時めっちゃ読んでました~~~
もう忘れるほど前ですが(笑)
また読もうかな。。。。

レオナールフジタ氏の絵は特に好きってワケではないですが。。
不思議な世界観ですよね。。。

猫のようなオンナ。。犬のようなオンナ。。
う~~ん自分はどおなんだろうか~~

犬のようなオトコが身近にほしいかも(笑)

あ、
犬の日。。1月11日だと何かで知りました。。
11月1日なんですか?
それは。。
プリッツ&ポッキーの日。。
キティちゃんのお誕生日。。って認識でした(笑)

まるごと一冊猫が帰ってこない話

ラーダさん こんばんは。

私も百聞先生大好きですね。
[ノラや]で先生は仕事も手につかず、ずっと泣いてましたよね。捜索願も。
そこまでするか~と驚きましたよ。

そういえば先日の新聞に探し犬の記事が載ってました。
犬も猫も家族ですからね。
皆さんいなくなったら必死に探されていますよね。

キャラとしては、阿呆列車のヒマラヤ山系が好きです。

フジタはオダジョーが演じているんですね。
フジタは5回も結婚しているのですか。
映画面白そうですね(^^)

まうさま

>どちらか選べと言われれば猫ですが。。。
生き物全般大好きなんで。。決めかねますわ~


私もどっち、とは言えませんね~
犬はちょこっとだけ飼った事があるけど、猫は全然触れ合う機会がなくて・・・。

でも、周りには猫を飼っている人が多いんですよね。写真とか見せてもらうと猫もいいなぁ~なんて思ったりv-283


>最近はすごい猫ブームらしいですけど~~
その理由の一つに「ラク」てのがあるんです。


そうらしいですね~
高齢者は犬の散歩も大変でしょうしね・・・。
いろいろ比べると犬よりは飼いやすいって事で猫派が増えていると聞きましたが・・・。
それだけじゃないですもんねぇ・・・魅力うんぬんは・・・



>浮世絵とかでも猫の絵に魅かれたり。。
ネット動画の猫系。。めっちゃ見てるし~~
やっぱ猫派なのかも。。。


猫は古くから絵画や書物などにも登場しますね~
エジプトでも猫の形の神とかいるし(違ったっけ?)

いつの世の猫も愛らしく、自由・・・。
描く人が感じている愛おしさが表現されている絵には惹かれますね~


>内田百閒氏の小説は大好き~~~
一時めっちゃ読んでました~~~


国語の授業で習ったくらいであまりなじみがないんですよね~

でも「ノラや」で、人間らしさに触れちょっと興味が出ました。
たかが猫、されど猫。
偉いセンセでもあんな風になっちゃうんだ~って



>レオナールフジタ氏の絵は特に好きってワケではないですが。。
不思議な世界観ですよね。。。

私も特に好きってワケでもないけど、当時のパリの人は「なんかわからない異国風」に惹かれたのかも・・・。

伝統的な西洋画とはちょっと違うテイストですもんね


>猫のようなオンナ。。犬のようなオンナ。。
う~~ん自分はどおなんだろうか~~


尽くすタイプの犬っぽさはないな~
でも、ダンナの見送り・出迎えしている様子は飼い主が帰って来るのを待っている犬っぽい・・・

マイペースなところは猫っぽいか・・・?
う~ん、どっちもどっちですね



>犬のようなオトコが身近にほしいかも(笑)

う~ん、確かに猫っぽいオトコでは困るなぁ・・・。
しかし、ずっとじっと傍にいるのもウザいしな~v-12




>11月1日なんですか?


ウィキペディアではそうでしたね~

ま、はっきり言えば「ワン」がつけばどっちでもええわ!って感じv-441

ラムネさま

> [ノラや]で先生は仕事も手につかず、ずっと泣いてましたよね。捜索願も。
そこまでするか~と驚きましたよ。


飼っていたオカメインコが飛んで行ってしまったとき、やっぱり同じように私も落ち込みました。だから気持ちはわかるけど、そこまでか・・・!って驚きですね

またそして、それが本になるってねぇ・・・v-12



>そういえば先日の新聞に探し犬の記事が載ってました。


電柱に迷い犬の写真付きチラシが貼ってありました。今の時代、個人情報うんぬんも気になるけど、それどころじゃないんでしょうね。

でも、ペットの体調が悪いから会社を休みたいって電話してくる人もいるそうですよ~
それは・・・どうなんでしょうかねぇ・・・
まぁ、家族と言えばそうなんだろうけど・・・v-394


>キャラとしては、阿呆列車のヒマラヤ山系が好きです。

読んだことはないけど、鉄道紀行のようなものですかね
でも、今の鉄っちゃん的なものじゃないんですね

バリバリの旅行記でもなさそうだし・・・。高齢のセンセとお弟子さん(?)の旅、なかなか面白そう



>フジタはオダジョーが演じているんですね。
フジタは5回も結婚しているのですか。
映画面白そうですね(^^)


スゴイですね~
フランス語を話し演じるなんて・・・。

そうそう、5回も結婚しているんですよ。
どこにそんな魅力が・・・って、見た目とかで判断しちゃいけないんだけど、それでもスゴイですねぇ・・・

5人目の奥さんはフジタが亡くなった後、犬を飼ったそうです。
自分よりも猫を大事にしている夫への抵抗かな?

No title

猫の日もあるのね~
それにしても猫好きな方は多いと思います。
「猫返し神社」ですか!すごいですう~
猫は死ぬ時は 姿を隠すといいますが それは昔のことで
最近はきっちり最後まで看取られるってことにもなるのかな?笑

私は ここだけの話ですが 猫とか犬とか 
そこまで好きじゃないと思っているので
我が家のわんこはどう思っているだろうか?って気になったことがあって
動物の心が解るセラピーさんに聞いたら
家のわんこは あまりかまわれるのは好きじゃないから、今くらいの距離がいい!だって・・笑
わんこも私と性格が似てたと思うと安心しました。

わあ~猫の話しでしたのに このコメ・・汗
この性格なので レオナール・フジタの絵も心に入ってこない・・・
ラーダさんはフジタ氏のお好きな絵な部類ですか?

猫記事にへんてこなコメでしたが
今日も知らないことばかりの記事で楽しかったです。

こんにちは

私は、どちらも
合っているように思います。

飼ったのはワンコちゃんですが。
それにしても、今のネコちゃんブームは
すごいですね。

藤田の絵、ずいぶん前に、上野でみました。
あの肌の色合いがみたくて。
やっぱり、漆喰のような
独特の肌色にくぎ付けになりました。

フジタのヘアースタイルや、ピアスは
パリで目立つために
わざわざしたとテレビでみました。
そうなんでしょうかねえ。

nanami☆さま

>最近はきっちり最後まで看取られるってことにもなるのかな?笑


そうかもしれませんね~
ずっと家の中で飼われている猫は最後に姿を消す・・・とかってないかもv-283



>私は ここだけの話ですが 猫とか犬とか そこまで好きじゃないと思っているので


なるほど・・・。私も犬は短期間だけ預かったくらいで長く飼った事もないし、猫は触れ合う機会もないし・・・っていうので、どちらともアッサリとした付き合いかも・・・。動物としては好きだけど。


>わんこも私と性格が似てたと思うと安心しました。


な~るほど、犬にも性格があるんですねぇ・・・。そうか、犬はかまってあげないといけない・・・って思いがちだけど、そうでもない場合もあるんですね~

でも、よかったですね。飼い犬の性格を知ることができて、ちょうどいい距離感でお互い楽でv-22


>この性格なので レオナール・フジタの絵も心に入ってこない・・・
ラーダさんはフジタ氏のお好きな絵な部類ですか?


いや~・・・別に好きでも嫌いでもないって感じですかねぇ
でも、猫たちが数匹取っ組み合いをしている絵はすごい観察力だな~と思いましたv-416




もりんさま

>飼ったのはワンコちゃんですが。
それにしても、今のネコちゃんブームは
すごいですね。


猫人気、すごいですね~
猫グッズに猫雑誌に写真集に・・・。
表情豊かで自由奔放な動きがまた惹かれるんですかね~v-10


>あの肌の色合いがみたくて。
やっぱり、漆喰のような
独特の肌色にくぎ付けになりました。


絵具を上に重ねて塗り込んでいく西洋画とはまた違った肌質ですね

あんなに女性の肌にこだわっているのに、そんなに女性にはまらないなんて・・・(5度も結婚はしてるけど)

でも、そういう静かな熱さがいいのですかねv-12



>フジタのヘアースタイルや、ピアスは
パリで目立つために
わざわざしたとテレビでみました。
そうなんでしょうかねえ。



髪型に関しては、パリ時代の極貧の生活の中で節約のためだったそうです。前髪が伸びるので,前が見えるように自分で少しずつ切っていた結果生まれた髪型だったとか。


有名になっても、その時の貧乏時代を忘れないようにとその髪型を守っていたそうです。

奇抜なファッションは、ああいう色彩にあふれた国に住んだらそういうのを求めたくなるのかな~

当時の日本では見かけない鮮やかさだったでしょうねv-353

No title

こんにちは、ラーダさん
今日2月22日は猫の日だそうですね
ペットは犬を飼ったことがあります
猫もあるようですが、記憶がないぐらい幼い時です

「猫」ってエジプトで飼われ始めたそうです
蛇をとるのは「へこ」鳥をとるのが「とこ」
寝ているのが「ねこ」とか本で読みました

ネットでみたらね ネズミをとるから「ねこ」だそうです
寝ているから「ねこ」の方が良かったです

No title

ラーダさん こんばんは。

私はどちらかというと犬派ですが、亡くなった祖母と叔母は寅年?だからか
猫が大好きで、物心ついたときにペットとしていたのは猫です(^^)
因みに母は、ねずみ年生まれで猫が嫌いとぼやいていました(笑)

自分でペットを飼うようになっては、犬が多いですが猫もいました。
どちらもそれなりに可愛いというか、面白いと思っています。

今はどちらもいませんが、最近恋しく思います・・・。

猫のようなオンナ・・・なってみたい(笑)

ヨッシィーさま

>今日2月22日は猫の日だそうですね

いろんな記念日がありますね~
探せば馬の日とかゾウの日とかあるんですかね~v-524



>「猫」ってエジプトで飼われ始めたそうです

エジプトにはバステトという猫の女神がいるそうです。

猫は古代エジプト人が初めて家畜化した動物と言われていて、エジプト先王朝時代の遺跡の墓より猫の骨が発見されていることから、紀元前4000年紀後半には家畜化されていたと考えられているそうです。


>ネットでみたらね ネズミをとるから「ねこ」だそうです
寝ているから「ねこ」の方が良かったです


なるほど・・・。可愛がるペットというよりもネズミよけで飼っていたのですかね~

エジプトのトム&ジェリー・・・仲良くケンカしてたかしらv-283v-287

masumiさま

>私はどちらかというと犬派ですが、亡くなった祖母と叔母は寅年?だからか
猫が大好きで、物心ついたときにペットとしていたのは猫です(^^)


ははは・・・寅年だからか猫好き・・・かな?
でも、あんな大きな寅でもやっぱり猫っぽいしぐさをしますもんねv-283

東武動物公園のホワイトタイガー、寝顔が可愛かった♪


>因みに母は、ねずみ年生まれで猫が嫌いとぼやいていました(笑)


あらら・・・。前世はネズミで猫に追いかけられた過去が・・・?な~んて(^.^)/~~~


> どちらもそれなりに可愛いというか、面白いと思っています。


セラピードッグがいるところもありますね。セラピーキャットとはあまり聞かないけど・・・。猫だとダメなんですかね?



>猫のようなオンナ・・・なってみたい(笑)


なんとなくイメージが猫=自由奔放ないい女で犬=重い女・・・のイメージですねぇ

まぁ、実際に猫のようなオンナだと困るかな

ちょいお久~

日本の友人と電話してて、今日本は猫ブームで、猫グッズがたくさん売ってると聞きましたが、それを聞いた私は猫用のグッズがたくさん売ってるんだと勘違いしましたよ。

でも、猫を飼うのもブームなんですか?
猫は世話が楽だし、スペースも犬ほど要らないのが原因かしら。

探し犬や探し猫の張り紙はこっちでも良くあります。

うちの猫が1日行方不明になったときは、家族全員むちゃくちゃ心配しました。
緊急時には仕事休んででも病院に連れて行くと思います。
一度猫を交通事故で失って辛い思いをしたから、後悔はしたくないですし・・・
ペットを子供の代わりにしている人たちは、特にそういう思いが強いかも。

うちの猫たちは、自分をペットだとは思ってませんね。
ミミなんか、人間を顎で使ってますよ。
2階にいる私を1階から呼ぶし、文句は言うし、あれしろ、これしろ、って言うし。
人間は自分の世話をする召使だと思ってるんじゃないかしら。

くろろさま

くろろさん、ちょい久で~す!(^^)!


>それを聞いた私は猫用のグッズがたくさん売ってるんだと勘違いしましたよ。


いやいや、猫モチーフの雑貨や写真集がたくさん出ているんですよ

なんか「猫の時代」って感じ。CMにもよく出ているしv-283



>でも、猫を飼うのもブームなんですか?

まぁ、好きでも飼えるかどうかは別ですが、今は「猫カフェ」がありますしね

お金を払って猫と戯れる事ができるカフェが流行っているけど、けっこういいお値段でしたv-12


>緊急時には仕事休んででも病院に連れて行くと思います。


新聞の相談コーナーで「部下が飼い犬の調子が悪いから休みたいと言ってきたが、許可するべきかどうか」というのがありましたよ・・・

それでも出社して来い!って言ったら「この人でなし!」と言われそうだし、でもなぁ・・・って感じじゃないですかね。

まぁ、何かペットを飼っている人は気持ちがわかるかもしれないけど・・・v-393


>人間は自分の世話をする召使だと思ってるんじゃないかしら。

ははは・・・。まぁ、でもそれがまた飼い主にとっては「しょうがないなぁ~、もぉv-10」って感じなのかな?
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア