FC2ブログ
2016-08-01

~サスペンス劇場から歴史ドラマの世界へ~ 福島 塔のへつり・大内宿②

さて、塔のへつりを見学した後はまたバスに乗り、今度は大内宿へと向かいます。

P7130106_convert_20160731170943.jpg



大内宿とは、江戸時代に会津若松城下と今市宿を結ぶ下野街道の宿場町として整備されました。

今でも昔ながらの風景が残る、まるで映画のセットのような街です。



P7130108_convert_20160731171100.jpg


さてさて、どんな風景が広がっているんでしょうね~




P7130115_convert_20160731173425.jpg

ここは・・・日光江戸村?










P7130122_convert_20160731172821.jpg

こういう建物がたくさんあります。






P7130146_convert_20160731173809.jpg

昔は洗濯場だったんでしょうかね






P7130120_convert_20160731172912.jpg

冷えたラムネ、おいしそう♪






P7130124_convert_20160731173113.jpg

表はお土産屋さんとか食べもの屋さんですが、でも、生活の場でもあります。





P7130123_convert_20160731173013.jpg

バスツアーは便利だけど、次のバスまで2時間あります・・・。

ここでどうやって時間を潰せと?


・・・・と、いうワケで、ちょこっと高台に登ってみましょう(することないし)




P7130131_convert_20160731172943.jpg

上から見るとこういう景色です。


ここまで完璧な形で保存する住民の方々の努力も相当なものでしょうね・・・。


皆さんは、有名な観光地に住んでみたいと思います?




P7130139_convert_20160731174829.jpg

暑いし、間が持たないのでしばし、休憩・・・。





P7130143_convert_20160731173204.jpg

ここでは「ねぎそば」が有名ですが、ダンナがオーダーしたのは「宿場そば」。


ご興味のある方はこちらをご覧ください↓
大内宿



ねぎそばとは、お箸のかわりに一本のネギで蕎麦をすくって食べるのです・・・。

ううむ・・・。まぁ、話題にはなると思うけど・・・。



宿場そばはキノコや山菜が乗った冷たいお蕎麦でしたが、美味しかったです(昼にも蕎麦を食べたけど)




P7130147_convert_20160731173239.jpg

下郷町・町並み展示館




P7130149_convert_20160731175842.jpg

冬は厳しいんでしょうねぇ・・・





P7130152_convert_20160731173309.jpg

熊の敷物・・・。目玉がくりぬかれ、ペッタンコ・・・。
でも、鋭い爪は残ってました

えげつな~




P7130155_convert_20160731175915.jpg

かやぶき屋根は何年かごとに取り換えるそうですが、古い茅は畑に混ぜて肥料にするそうです。無駄がないですね~







P7130173_convert_20160731173558.jpg









P7130172_convert_20160731173738.jpg








P7130169_convert_20160731180853.jpg







P7130170_convert_20160731180925.jpg









P7130180_convert_20160731173528.jpg







P7130177_convert_20160731173452.jpg







P7130181_convert_20160731173648.jpg

夕方になり、観光客がそろそろ帰ろうと車で去って行く頃、鶯が鳴いてました


ホ~ホケキョ ケキョケキョ ケケケッ



風は冷たく、背中にかいた汗もひんやりと乾きました。
スポンサーサイト



theme : 福島県
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

高台に上がってみる風景がいいですねえ。

私は、観光地から少し離れたところに
住むのがいいかも。
観光地にもよるかなあ・・・
ちょっと真剣に考えたー笑

あの有名なねぎそばが、この地なのですか。
よくテレビでみますが
食べにくいだろうなあと思いつつ
みてました。

その場を去るとき鶯がないたのですか
文学的な一文ですね。
なぜか、志賀直哉の文章を
思い出しました。

「えげつなー」のところは笑えた。

いい旅日記ですね。

No title

ラーダさん こんにちは。

観光としては良いところですね~
福島をちゃんと観光したことがないので、大内宿も
初めてですが、かやぶき屋根を現存しているのですね。
生活もしている・・・
かやぶき屋根を守るには住んでいることが大事なんですよね。
毎日囲炉裏でいぶしているのが、虫除けや保護になるらしく
観光で作っているところは、機械的にいぶすようです。

高台からの風景素晴らしい~~~(^^)
古いものは肥料になるのは知らなかったです。
まさしく山里の風景でしたね(*^_^*)

もりんさま

>高台に上がってみる風景がいいですねえ。


そうなんですよね~
観光用の写真はたぶん、この高台から撮っているようです。全体がきれいに見えますもんねv-212



>私は、観光地から少し離れたところに
住むのがいいかも。
観光地にもよるかなあ・・・
ちょっと真剣に考えたー笑


そうですね~
私も少し離れたぐらいのところがいいです。
神戸の北野坂は素敵だけど、裏路地も観光客が来るし・・・ちょっと生活するには落ち着かないでしょうねv-356


>あの有名なねぎそばが、この地なのですか。
よくテレビでみますが 食べにくいだろうなあと思いつつ
みてました。


そうそう、テレビなどで見ますが食べにくいでしょうね。ねぎをかじりながら食べるんですかね?ちなみに、一応箸はありましたよ


>その場を去るとき鶯がないたのですか
文学的な一文ですね。
なぜか、志賀直哉の文章を
思い出しました。


まぁ、正確に言えばバス停に降り立った時も鳴いてました。帰りも鳴いてたけど・・・・。
鶯の姿って見たことがないですねぇv-22

志賀直哉の文章・・・読んだことあるような、ないような・・・へへへ



>「えげつなー」のところは笑えた。


熊の毛は堅かったです。あのあたりにも熊が出没してたんでしょうねv-525

masumiさま

>観光としては良いところですね~


そうですね~
なかなか見られる景色ではないので、一度は行ってみると楽しいかもしれませんv-22


>大内宿も 初めてですが、かやぶき屋根を現存しているのですね。
生活もしている・・・


昔からそういうスタイルなのか、大通りを歩きながら売っているモノが見える感じ・・・ですかね。お店の中に入って見る・・・という感じではなく。

表側が店で内側が生活スペースって感じかな?


>かやぶき屋根を守るには住んでいることが大事なんですよね。


なるほど・・・。全部の家に囲炉裏がまだ残ってるのかわからないけど、蒔が庭にあったって事はそうなのかな?

国選定重要伝統的建造物群保存地区だそうですが、現代に住むのはなかなか大変そうですねv-12


>高台からの風景素晴らしい~~~(^^)


なんだかホントにドラマのロケ地になりそう・・・。
ちょっとタイムスリップした気持ちになりますよ



>古いものは肥料になるのは知らなかったです。
まさしく山里の風景でしたね(*^_^*)


天然の肥料ですもんね
無駄がないですね~


No title

こんにちわ~

わあ。。素敵なとこですね!
なんだかタイムスリップしたような。。。
映画のセットのような。。。
観光地にはなってるけどフツーに生活されてるんですよね。。。
ねぎそばはテレビとか行かれた方のブログとかで拝見しました。。
あたしだったら絶対食べちゃうだろうな~(笑)

えげつなーな熊さんは敷物?(笑)
鶯が。。。
ちょっと前まで朝目覚めると鶯の鳴き声もしたんですけどね。。。
今じゃ蝉の大合唱(笑)
あちらはまだ春なんでしょうか。。。。

まうさま

>わあ。。素敵なとこですね!
なんだかタイムスリップしたような。。。
映画のセットのような。。。


すごいですよね~
明治以降、鉄道や国道が大きく迂回したおかげで昔ながらの景観が今に残っているそうですv-22


>観光地にはなってるけどフツーに生活されてるんですよね。。。


そうなんですよ
この家並みの裏には小さな小学校がありました。
他の所から通うのはちょっと大変そうだけど・・・v-97


>ねぎそばはテレビとか行かれた方のブログとかで拝見しました。。
あたしだったら絶対食べちゃうだろうな~(笑)

頼んでいる人もいましたよ~
でもねぇ・・・。あれは無理があるんじゃあ・・・。もちろん、お箸もちゃんとありますが。


>えげつなーな熊さんは敷物?(笑)

そうです。敷物です。
眼玉と内蔵などがキレイに処理された敷物になってました。

お金持ちの家に虎とかヒョウとかの敷物があるけど・・・熊の毛は固くてあまり肌触り良くなかったですv-12


>今じゃ蝉の大合唱(笑)
あちらはまだ春なんでしょうか。。。。


そういえば蝉の声は聴かなかったですねぇ~

紫陽花がちょうど旬だったので、あちらでは初夏みたいな感じなのかな?
会津では紫陽花は枯れかけてました。

No title

絵になるキレイなところがまだまだたくさんありますね。
バスツアーは時間の自由がないけど、連れて行ってくれるから楽チンですね。

観光地って言っても人がわんさか訪れるところではなさそうだから、このくらいのところなら住めそう~

ヨーロッパの小さな町で観光客がどっと押し寄せるところがよくありますが、住人はプライベートなんてなさそうです。

No title

大内宿の写真はどこのを見ても同じだなあ。
あたりまえだけど。
でも、家の裏の写真はここだけです。
その家で生活してるのなら、立派だわ!

しかし、次のバスまで2時間もあったんですか~
小さなとこだし、1時間もあれば十分ですよねえ。

最近あちこちで熊に襲われる話もあるし、ここが実際に熊の生息地でもおかしくなさそう。
昔はマタギが猟をしていたのかもしれませんね。
山のど真ん中だから、昔は山歩きなんかも結構怖かったのかも・・・

シュムックさま

>絵になるキレイなところがまだまだたくさんありますね。


そうなんですよ~
建物だけでなく、その周りの風景も昔ながらの素朴な景色で心惹かれましたv-22


>バスツアーは時間の自由がないけど、連れて行ってくれるから楽チンですね。

車で行ける人はいいけど、地方の観光地だとなかなか・・・
乗っていれば着いて、なおかつお手頃な価格となるとあなどれないです


>観光地って言っても人がわんさか訪れるところではなさそうだから、このくらいのところなら住めそう~


そうですね
メインのところは人がいるけど、他は静かなものです

賑やかな観光地も刺激はありそうだけど、暮らすとなると大変そうですねv-356





くろろさま

>大内宿の写真はどこのを見ても同じだなあ。


お土産屋さんも食べ物屋さんもどこも似たり寄ったりですねぇ・・・

メイン通りを抜けると庭に洗濯物を干していたりして普段の生活が見えます。

近くの小学校・・・どのくらいの生徒が通っているんでしょうねv-102


>しかし、次のバスまで2時間もあったんですか~
小さなとこだし、1時間もあれば十分ですよねえ。


そうなんですよ~
正直、一時間くらいで充分です。ぐるっと一回りして、団子屋さんの前でちょこっと食べて・・・とかでやっと一時間かなv-390



>最近あちこちで熊に襲われる話もあるし、ここが実際に熊の生息地でもおかしくなさそう。


緑豊かで人もあまりいないですしねぇ・・・。
塔のへつりから向かって来る時も深い山の中を通ってくるし。餌も豊富にありそう・・・



>昔はマタギが猟をしていたのかもしれませんね。
山のど真ん中だから、昔は山歩きなんかも結構怖かったのかも・・・


そうかもしれませんね。
今は道もキレイに整備されているし、バイクでツーリングに来る人も多いです。

道も広くて走るのも気持ちいいでしょうね。

高台に登って昔の風景を見ているとどこかからバイクが集団で走る音がします・・・。

今、熊は近寄らないだろうけど、昔は静かだったでしょうね

No title

こんにちは、ラーダさん
茅葺きの家、タイムスリップしたようですね
高台からの風景は、圧巻です

観光地は住むのではなくて行く所ですね
観光地の近くに住みたいです(わがままですね)

ねぎそば、テレビで見ました
せっかくのチャンスではないですか
おネギが苦手ならしょうがないですけど

お昼は、食べていたのですね(笑)

ヨッシィーさま

>茅葺きの家、タイムスリップしたようですね
高台からの風景は、圧巻です


そうなんですよ~
なかなか見られない景色ですね。
ここまで保存するのは大変でしょうね

高台からの景色、街並みが全体的に見えていいですね。夏の夜などどんな感じなのかな(お祭りが開催されるようです)v-354


>観光地は住むのではなくて行く所ですね
観光地の近くに住みたいです(わがままですね)


そうですね~
自分にとっては生活の場の観光地は人が多くて落ち着かないでしょうねぇ・・・

入って来て欲しくないところまで侵入してきたりとか・・・v-12



>ねぎそば、テレビで見ました
せっかくのチャンスではないですか
おネギが苦手ならしょうがないですけど


いや~
オーダーしている人もいたけど、全然蕎麦がすくえないですよ

まぁ、でもなかなかない体験だし、チャレンジしたら良かったかな



>お昼は、食べていたのですね(笑)

そうそう、お昼も蕎麦ですよ
あ、食べたのはダンナだけですよ。私はアイスコーヒーでした。
一緒に「饅頭の天ぷら」がついてました。

お饅頭に衣をつけて揚げているような・・・これは美味しかったですv-10
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア