FC2ブログ
2016-10-18

龍の足元へ 龍王峡

栃木県にある川治温泉に行って来ました。

埼玉から行く場合は春日部で東武電車に乗り換えます。



その前に、鬼怒川温泉駅で乗り換え、龍王峡駅で途中下車・・・。



PA020005_convert_20161018174442.jpg

ひとけのない、日の暮れかけた寂れた駅・・・。







PA020006_convert_20161018173836.jpg

ホームにはひっそりと錆び付いたコインロッカーが放置されていました。






PA020007_convert_20161018174409.jpg

まぁ、時間も時間だしな~






PA020017_convert_20161018174052.jpg


次の電車が来るまで30分・・・。


川のそばに降りて戻って来れるんでしょうか・・・。




PA020012_convert_20161018173952.jpg

か~なり、鬱蒼としてますが?





PA020013_convert_20161018175056.jpg

日は暮れかけ、寒々として心細い






PA020022_convert_20161018174123.jpg

ふか~い青です






PA020023_convert_20161018174258.jpg

写真にはうまく撮れなかったけど、まるで、この地の名のように龍が眠っているかのような神秘的な場所でした。

時間があれば、もっと下まで降りたかったけど、次の電車を逃すとまた一時間待たないといけないので撤収です。



残念だけど、今度はもっといい状態で行けるチャンスがいつかあるかも。


「今はその時じゃない」


そういうタイミングだったのでしょうね



この日は私は朝から胃カメラを飲んで、ダンナは前日の晩にコンタクトレンズを落とし、電車の時間に間に合うように買いに行くという、綱渡りな日でした(>_<)



龍王峡(りゅうおうきょう)

栃木県北部、鬼怒川上流部に発達する峡谷。鬼怒川温泉と川治温泉の中間に位置し、日光国立公園に属する景勝地である。火山岩が約3kmに亘って浸食されてできた峡谷で、険しい岩盤が露出し、さながら竜が暴れ回ったような形跡を残すことから龍王峡と名付けられた。至る所に奇岩や瀑布が連続する。岩の種類と色によって紫竜峡、青竜峡、白竜峡と呼び名が分かれているのが特徴。流紋岩が際だつ白竜峡は瀑布が多く、虹見の滝、竪琴の滝、白竜ヶ淵、岩ノ原、大観石、五光岩、兎跳などの名所がある。青竜峡は凝灰岩が中心で、材木状にとがった材木岩、獅子岩、白岩などが知られる。紫竜峡は安山岩が中心。

一帯は関東有数の温泉地であるため訪れる人は多い。特に紅葉のシーズンには人混みでごった返す。散策遊歩道が設けられており、中でもむささび橋から眺める風景が知られる。

(ウィキペディアより)




Ryu-o-kyo_(Tochigi)-1.jpg

龍王峡(ウィキペディアより)






PA020029_convert_20161018174324.jpg

誰もいないけど、猫はいる。





PA020004_convert_20161018174226.jpg




PA020030_convert_20161018180450.jpg






PA030090_convert_20161018180641.jpg


閉店しかけのお店でお手洗いを借りたので、湯葉のお吸い物を買いました・・・。

湯葉は栃木名産なんですよ~





P9080047_convert_20130909234037.jpg


ちょうど3年前・・・。

使おうと思っていたコンタクトレンズがケースの中で半分に割れてました・・・↓

発想をくるり★





このところ、少し前から「そろそろ、新しいコンタクトレンズを買わなきゃ~」と言いつつ、引き伸ばし引き伸ばししていたダンナ。


旅行に行く前日の夜にポロリ、と落としました。

たいして広くもない洗面所の角を向いていたので、落ちていても見つかるだろうに、どれだけ探しても見つかりませんでした。


神様が「もう、レンズやばいよ!やばいよ~!目に入れたらダメだよ~!」って隠してくれたんじゃないですかね



「大難が小難になった」と、いうことかな




PA020003_convert_20161018174017.jpg

紅葉までもう一息
スポンサーサイト



theme : 栃木県
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんばんは、ラーダさん
神秘的な青緑の川 龍が寝ているようですね
緑の色、青の色川もありますが、この青緑が何とも言えないですね

1時間の1本の電車、乗り遅れると大変ですね
無理はしないで、良かったですね

ヨッシィーさま

>神秘的な青緑の川 龍が寝ているようですね

川のそばまで降りていけば全体が見えたのでしょうが、思っていたよりもジグザグ階段が多くて時間内には無理でした(>_<)


でも、深い青緑色はキレイでしたよ~
日が傾いた頃だったから余計に深い色に見えたのでしょうかね



>1時間の1本の電車、乗り遅れると大変ですね
無理はしないで、良かったですね


駅の前の土産物屋が閉店してしまう時間にここで一時間過ごすのは無理ですね~

タクシーも呼べないし・・・。
またリベンジしますv-353

No title

ラーダさん おはようございます。

おぉー。温泉までの途中下車の旅。
龍王峡、神秘的な場所で癒されそう。
滝からのマイナスイオンもいいですね。

コンタクトレンズ、きっと神様からのお告げですね(^^)

No title

こんにちわ~

なんだかさびれた静寂感とか空気が感じられました。
春や夏の晴れたお昼間なら全然違ったでしょうね。。。
でも不思議な雰囲気もステキです。。
一人だったらコワいけど~~~~

「今はその時じゃない」
そんな風に感じるときってありますよね。。
気のせいとか思い過ごしとか。。
そおなのかもしれないんですけどね~~
それを強行して何かがあったりしたら。。。
めっちゃ後悔しそうだし。。
直感は信じたほうがいいですね。。。

No title

旦那様のレンズのお話
ありますね、そういうこと。
逆によかったのでしょうね。

ラーダさん、いいところに行かれましたね。
神秘的!
龍は、そこにいるはずですよ!

全く知りませんでした。
機会があれば行ってみたい。



No title

埼玉から結構あちこちに行けるんですね。
週末の小旅行もなかなかいいんもんです。

水の色といい、風景といい、龍の伝説があるんでしょうね。
そんでもって、絶対村の娘が出てきて~
悪さをする龍なのか神様の龍なのか、ちょっと気になるな~

ここの駅、猫駅長さんが自主的にご出勤ですか~
帽子かぶせてみたいよ~v-283

ところで、息子がコンタクトレンズを時々するんですけど、最近は1回限りの使い捨てばかりだと聞きました。
まだ昔のようなコンタクトレンズをしてる人ってたくさんいるんでしょうか?

ラムネさま

>おぉー。温泉までの途中下車の旅。

なんか中途半端な時間が空くので途中下車しましたが、夕暮れで寒かったですv-35

でも、電車つきのプランじゃないから気楽に行けました


>龍王峡、神秘的な場所で癒されそう。
滝からのマイナスイオンもいいですね。


そうですね~
深い林の中をどんどん階段で下っていくんですよ・・・

一人だとちょっと行くのは躊躇しますが、バスで来る観光客も多いようですよ。

人がいなかったぶん、余計に静かで神秘的でしたv-353



コンタクトレンズ、きっと神様からのお告げですね(^^)

まうさま

>なんだかさびれた静寂感とか空気が感じられました。


平日のたそがれ時にこんな秘境っぽい駅に降りる人はいないですねぇ・・・

んもう、鳥の鳴き声しか聞こえない静けさよ・・・v-35


>春や夏の晴れたお昼間なら全然違ったでしょうね。。。

翌朝、ホテルの人に鬼怒川駅まで送ってもらう時に龍王峡駅の前を通ったらわりと車とか観光バスがとまってましたよ~
電車ではなく、車で行くような場所なんでしょうね

まだ紅葉には早いけど、気持ちの良い青空で川も良く見えたでしょうねv-353


>「今はその時じゃない」
そんな風に感じるときってありますよね。。
気のせいとか思い過ごしとか。。


なんか、いろんな事が綱渡りでたどり着いたのですが、また縁があると思います。

物事にはタイミングってありますね

次はきっとベストな状態で行けるでしょうv-485

もりんさま

> 逆によかったのでしょうね。


そうですね~
もし、見つかったらやっぱりずっと使い続けたと思います。
目の中に入れるものだし、何かあってからでは大変ですもんねv-282



>ラーダさん、いいところに行かれましたね。
神秘的!
龍は、そこにいるはずですよ!


なんか、そういう伝説が生まれるのもわかるようなところなんですよ

深い青緑は静かだけど、目の覚めるような色でした。

行った時間はもう龍のお休みの時間だったのでしょうねv-482


>全く知りませんでした。
機会があれば行ってみたい。

私も知りませんでした
バスツアーのプランに組み込まれているみたいですよ。
翌日、駅の前を通ったら何台か観光バスを見ましたv-104

くろろさま

>埼玉から結構あちこちに行けるんですね。
週末の小旅行もなかなかいいんもんです。


そうなんですよ~
東武電車だと浅草からも行けますが、埼玉だと春日部からですね。

帰りはJRで鬼怒川から大宮まで一本で帰る電車にしました。
なんでも、昔の成田エキスプレスを再利用しているそうですよ


>水の色といい、風景といい、龍の伝説があるんでしょうね。

若くて美しい村の娘を生贄にとか花嫁に・・・みたいな?
ははは・・・なんだかそういう雰囲気のところですよv-353

場所によって紫やら青やら白の龍が・・・ってなっているから、3匹の龍の伝説とか?


>ここの駅、猫駅長さんが自主的にご出勤ですか~
帽子かぶせてみたいよ~


この駅の飼い猫ではないそうですが、寒くなると毎日通ってくるそうです。

座布団は誰かが用意したのでしょうかねv-344


>ところで、息子がコンタクトレンズを時々するんですけど、最近は1回限りの使い捨てばかりだと聞きました。


うちのダンナはハード・コンタクトレンズなので約3年くらいの周期で交換ですね。

それ以前は2週間で使い捨てのを使っていたのですが、雑菌が入ったのか目が真っ赤になって光が眩しくて目が開けられない!ってなったんですよ。

慌てて眼科に行って、プラスチック製のハード・コンタクトレンズを買いました。

1日使い捨てタイプのものもあると思います。でも、その方が目にとってはいいのかな



プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア