FC2ブログ
2017-03-23

アレルギーは突然に

ある記事でこんな事が書いてました。

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意」




なんでも、果物アレルギーになる人が最近増えているのだとか。

果物アレルギーは花粉症との深い関係も指摘されており、中には「アナフィラキシー・ショック」を引き起こし、深刻な事態を引き起こす場合もあるそうです


例えば、ある日リンゴを食べていたら、口の中や喉の奥がかゆくなった。あまり気にしないでいたら、桃やさくらんぼでも同じような症状が起こった・・・とか。



このように果物で「連鎖的に」アレルギーが発症するケースが今、増えているそうです。


考えられる理由としては、果物や野菜には花粉と似た構造のアレルゲンを持つものが少なくないからだとか。



シラカバやハンノキの花粉にアレルギー反応を持つ人は、似たアレルゲンを持つリンゴや桃、さくらんぼ、キウイフルーツ、マンゴーなどにアレルギー反応を起こす可能性があります。

同じように、ブタクサの花粉症の人はメロンやスイカ、バナナなどに、イネの花粉症の人は、オレンジやトマトなどに反応することが考えられます。果物だけでなく、セロリやパセリなど一部の野菜でも同様のアレルギーになる場合があるそうです。



ただし、果物のアレルゲンは熱に弱いため、多くの場合は加熱処理することで食べられるようになります。ジャムやパイにしたり、ジュースは一度加熱するなどの対策が効果的だそうですよ~


(執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士)の記事より)





ところで、世界には人から理解されにくい「恐怖症」を持った人がいるそうです。

皆さんは「コレがダメ」とかあります?


私は尖ったものの先端、ブツブツしたもの(ドッチボールの表面とか)、極端に狭い密室、グロイ画像・・・かな~


目の前で勢いよく傘の先端を左右に振りながら歩いている人のそばを歩けません

なんか、傘の先端が目に刺さりそうで・・・。

できれば、その人から傘を奪い取ってへし折ってやりたいくらい。



さて、その「恐怖症」ですが、他人には理解できないような恐怖症が世の中に存在するのも事実で、その数およそ数百種類もの恐怖症が精神医学の進んだアメリカにて認知されていると言われています。




恐怖症は誰もが感じるような高所とか狭い場所とか昆虫などに対しての「怖い」とは違い、その恐怖心の「程度」が過度であったり、著しい恐怖反応を起こしたりし、日常生活に支障をきたすものだそうです。



●美人恐怖症(美人を見ると吐き気や不快感がおこる)

主に男性に発症することが多いそうで、「美人に対して」感じる恐怖心のこと。

「原因は過去に美人との関係上で大失敗した経験などがトラウマになっている」、「自分の容姿に自信がない」という2つだそうです。

この恐怖症の人の場合には、美人が周囲にいるだけで極度のストレスや恐怖心を感じ、呼吸が速くなり吐き気などの症状が起こるのだそう。

また、まともに顔をみることができない、挙動不審な行動を取る、頭が真っ白になるといった症状も見られ、かなり激しいストレスを感じるようです。




● ピーナツバター恐怖症

ピーナツバターとジャムサンドが常食のアメリカでは実在する恐怖症で、ピーナッツバターが口蓋にひっついたり、上あごにくっついてしまうのを怖れるという心理だそうです。

症状としては、ピーナッツバターがそばにあると、異様に汗が吹き出して身体が震え出し、上あごがざらざらして不快な気分になるといったものだとか。




●失笑恐怖症(絶対に笑ってはいけないと思えば思うほど笑ってしまう恐怖症)

この恐怖症は「笑ってはいけない場面で笑いがこみ上げてきて我慢ができなくなる」といった状況に陥ることに対して恐怖感を覚えるといったものだそうです。


私はちょっとあるかも・・・。

子供の頃、こういう場面でよく弟とふざけ合っていて「笑ったらいけない場面でおもろい事を言って笑かす」というのが2人の中の“お約束“でした。


例えば、エライ坊さんの有難い話を聞いているような時に、こっそりと「あ、坊さんが、屁ぇこいた」とか「ぷぅ~」って言ってみたり。


学校の給食の時間になると同じ班の男子が牛乳を飲む時にヘン顔をして、牛乳を噴き出させるとか。


「あかん、ここで笑ったらアカン」という焦りが、大人になった今でも時々こみあげてきて「落ち着け、落ち着け自分」とヒヤヒヤする時があります。


この恐怖症は、同様の事が繰り返し起こるにつれて、そういった状況に自ら出向くことに不安や恐怖を抱き始めるのが典型的な症例だそうです。



●左側恐怖症・右側恐怖症

ずっと左折ができないなんてことも。左側恐怖症

子供の頃に左利きから右利きに矯正されたという方に発症する可能性がありそうなのが、左側恐怖症だそうです。

今はわりと左利きの人を見かけますが、私が子供の頃はあまり良いふうには言われなかったような・・・


原因はこれだけではないそうですが、過去に強引に矯正されたという観念が強い場合には左側に対して「異常、悪い、危険」といった思い込みが生じるのです。

そのことによって「身体の左側にあるもの」、または「左利きであることや人」に対して恐怖を感じるようになるのだとか。

さらに、道を歩いていても「左側に曲がる」ことに恐れを抱き、目的地に着くまで右折をし続けるといった非効率的な方法をとって回避するような場合もあるそう・・・。


他には「長い単語恐怖症」(長い単語に恐怖を抱く恐怖症)

「恐怖症恐怖症」(恐怖自体に恐怖を感じてしまう恐怖恐怖症)

「集合体恐怖症」(多数のものが密集しているものに対して恐怖を感じる)




「恐怖症」と言っても、いろいろあるのですね・・・

ええ~、なんで?と思うような事でも本人にとっては深刻な問題ですもんね








突然始まるならアレルギーとかじゃなく、「恋」がいいなぁ

※星野源さんの歌に合わせて踊ったワケでもないのに、ぴったり合ってますね~
いったい、どんな曲で踊ってたんでしょ
スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

おはよございます~

アレルギーは軽~くタマゴ牛乳に反応する程度ですが。。
花粉症も今のところないようですね~

恐怖症。。
高いとこはマッタクだめ。 尖ったものもダメ。
狭いとこってか窓がない部屋とかだめ。
締め切ったじょうたいがダメ。

尖ったもの。。
以前の会社でビスや釘が大量に入った箱があって。。
仕訳してたんですが気持ち悪くなった。

なんていうか。。理由がないんですよね~
刺さるコワさとか落ちるコワさではないんですよ。
高いとこなんてビルの中だとかだと落ちる心配もないんですが~~
この高さにいる自分。。それがコワいのかな~
8階に住んでますが。。
慣れたってより。。高さは意識しないようにしてるのかもしれません。

左側恐怖症って。。運転でも左折できないのかしら。。
左利きの人はカラダの機能がそうなってるから無理に治しちゃいけないと。。
そう聞きました。
だから無理に治すと一時的だったとしても弊害が起きると。。
例えば吃音がでたりとかね。。

そおですよね~~
突然始まるなら恋がいい♡ 春だしね~~うふふ。。

No title

わたし、実はかなり重症な恐怖が二つあります。
これはかなり重症で困っています。
私はネズミが苦手です。
実は、この字さえ、苦手です。
ミッキーマウスがかろうじて直視できるだけ。
テレビで映っても失神しかけます。
ですから、家も窓は、絶対に網戸、
直接、窓を開けたら、どこかからはいってきそうで怖いのです。

もうひとつは高所恐怖症。
これも徹底しています。
飛行機が苦手。
乗ったら、必ずアルコールで酔わないと
乗れない。

以前、真冬にかなり高いロープウェイに
乗ったとき、家族で一人だけ
寒いのに、ビールを飲んで酔ってから
乗りました。
難儀な恐怖症です。

No title

こんにちは、ラーダさん
子どもの頃は、アレルギー体質だったようで
湿疹が出やすかったですね
今は、治って来ている? 出なくなりました
何が変わったのかな?

恐怖を感じるのは、「蛇」ですね
道にロープが落ちていても避けて歩きます

高いとことも、苦手です
吊橋とかが、駄目ですね
観覧車、ロープウェイは、大丈夫なんですけど

突然、恋が始まるなら、淡い恋を希望します
命がけの恋はちょっとね

まうさま

>アレルギーは軽~くタマゴ牛乳に反応する程度ですが。。
花粉症も今のところないようですね~

私は蕎麦とすりおろしたとろろ芋、ウズラの卵の組み合わせがダメですね~v-393

それぞれ単品で食べる分には問題がないのですが、組み合わせで反応するようです。

花粉症は目にきますね~v-416


>なんていうか。。理由がないんですよね~
刺さるコワさとか落ちるコワさではないんですよ。


理由なきダメなものってありますね。人って結構神経を張り巡らせて生きているんですかねぇ・・・。

そのちょっとした異変に自分の気持ちがどうとかいう前に身体が反応しちゃうとか?


>左側恐怖症って。。運転でも左折できないのかしら。。


そうみたいですよ~
でも、そうなった場合目的地にどうやって行くんですかね?
すべての道はローマに通じる・・・いつかは目的地へ・・・とか?


>左利きの人はカラダの機能がそうなってるから無理に治しちゃいけないと。。


そうなんですか~
時代なのかもしれないけど、強制的に直されている人もいましたねぇ・・・
私はもともと右利きだからそんな経験はないけど、苦労したでしょうねv-390


>そおですよね~~
突然始まるなら恋がいい♡ 春だしね~~うふふ。。


ラブストーリーは突然にってか?ふふふ・・・。

ああ、ときめきたいわぁ~

例えばすっごく好きな俳優さんを見つけたとか、めっちゃ変わった音楽にはまる・・・とかでもいいなぁv-415





もりんさま

>私はネズミが苦手です。
実は、この字さえ、苦手です。


ほほう。。。もりんさんの前世を当ててみましょう!もしや、アナタは「ドラえもん」では???

昼寝中にネズミに耳を齧られた過去がトラウマになっているのです!!!v-62

な~んて・・・。

かなり前にドキュメンタリー番組で「前世を覚えている子供たち」ってのを見ましたよ。

前世の記憶が残っている5歳くらいまでの子供が出てました。確か、本も出てますよ~

例えば、ネズミがダメというのは前世にネズミによる伝染病で家族や自分が亡くなった記憶があり、その恐怖心が残っているとか、すごく不潔な状態に対しての恐怖感があるとか・・・v-12

前世セラピーとかありますけどねぇ・・・。

あれも、ホントにどこまでわかるのか知らないけど、ちょっと興味はあります。
以前、前世の記憶がよみがえるとかいうCD付きの本を読んだことがあるけど、私は聞いていても雑念が多すぎるせいか全然わかりませんでした


>もうひとつは高所恐怖症。
これも徹底しています。
飛行機が苦手。


高い場所プラス、地に足がついてない恐怖、乗り物として飛行機やロープウェイが怖いって事もあるのかもしれませんねぇ

あと、高い所に行く事で神経が過敏になって血がざわめくとか・・・


>難儀な恐怖症です。

ホントですねぇ・・・
まぁ、高いビルに登らないとか飛行機に乗らないなど防げる手立てはあるけど、そこまで恐怖心があると困りますね・・・

ヨッシィーさま

>子どもの頃は、アレルギー体質だったようで 湿疹が出やすかったですね
今は、治って来ている? 出なくなりました
何が変わったのかな?


私も昔はアレルギーが出てましたね。今は食べ物でちょっと出るくらいですかね・・・。

住む環境とか食べものの志向とかで変化がでるのかな?

ペットを飼ってる飼っていない、喫煙するしない、高速の近くに住んでいる、飲み水の水質とかいろいろ・・・v-12


>恐怖を感じるのは、「蛇」ですね
道にロープが落ちていても避けて歩きます

蛇はただ見る分にはいいけど、こっちに来るようだと怖いですねぇ

私は「放し飼いの野生の動物」かな~
奴らのアンテナに引っかかるのか、なぜだか、こっちに目がけてやって来ようとするんですよねぇ

放し飼いの台湾リスや野良猫に追いかけられたことがあって、それ以来怖いですv-406

なので、なるべく目を合わせないようにしています。


>高いとことも、苦手です
吊橋とかが、駄目ですね
観覧車、ロープウェイは、大丈夫なんですけど


高いところが苦手な人は多いですね~
私は吊り橋とか大好きです。ただ、やっぱり橋の状態によりますね。

誰もいない、朽ちたような手入れされていない橋は怖いですv-356



>突然、恋が始まるなら、淡い恋を希望します
命がけの恋はちょっとね


ははは~
確かに、ほんのりと心が浮き立つくらいの淡いものだと楽しそうですね

激しい恋はさすがにちょっとしんどそう・・・。

そういうのはドラマの中だけで十分ですね~

今まで興味のなかったものに興味を持って趣味が増えるとか、好きなアーティストが見つかるとか、そういう害のない「恋」がいいですv-282
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア