FC2ブログ
2008-07-11

思い出に残る旅・・・?

夏休みで鬼怒川温泉に行ってきました。
kinugawa.jpg


久々の旅気分♪
tokkyu.jpg

「きぬがわ5号」
帰りはスペーシアきぬがわ6号に乗る予定でした、が・・・。

kinueki.jpg


ああ、ワタクシ、この時ほどブログを書いている事を後悔した事はありません・・・。

旅行に行ってきま~す♪などと書いた手前、今回のこっぱずかしい話をしないワケにはいかないでしょう・・・。

旅慣れている皆さま、ホテルで過ごすのをこよなく愛している方々。旅のプランをきっちりと立て、素敵な旅を満喫されている皆さま、これから始る話に怒らないで下さいね・・・


そもそもの失敗は、安いプランを利用したからでした。
往復の電車代とホテル代+食事代込みでなんと1万円のプラン(ただし、平日のみ)。
しかし、ホテルななかなか素敵なところで、温泉も大露天風呂、古代檜風呂、庭園貸切風呂、屋形船の形の風呂など、温泉も充実していました。高級旅館のようなたたづまいのホテルで、庭園もあり、趣があります。

robi.jpg

ガラス張りのロビーからは、鬼怒川の風景が全面に見えます。

「こんな素敵なところで、1万円ってお得なプランだね」と浮かれていたのはここまで。

私たちが今回宿泊する予定の部屋は本館から独立した「コテージ」。
鬼怒川渓谷添いに建てられた、モダンな造りのコテージ・・・らしいが・・・。

「こちらで、ございます」
・・・と、素敵な庭園を通り抜け、案内された部屋。

keikoku.jpg

なるほど、渓谷添いに建っているだけあって、風景はいい。

だが、しかし・・・。

なんなの、このジトッとした雰囲気は・・・。カラーインテリアが個性的・・・などと言う部屋だけど、床と腰上の高さまでグレー交じりのブルーで塗られている。壁はもともとクリーム色だったのかもしれないけど、天候のせいか、グレーに見える。

ライトは全部つけても薄暗く、外を覗けばまるで、サスペンス劇場に出てきそうな風景。
ちょうどいい吊橋もあるし・・・。

しかも、ベットカバーもジメっとしている。コテージ内に入る時はビニールのスリッパに履き替えないといけないし、足の裏も不快。置いてある浴衣やタイル類などにも手も触れたくない感じ。

どんより天気。薄暗い部屋。滅入る色彩。古びた印象のインテリア。比較的新しい洗面所には小さな蛾がいた・・・。そして、ちょうど風景を邪魔する位置にある、白い蜘蛛の巣・・・。ああ・・・。


「・・・気晴らしにお風呂にでも入る?」
「あの、素敵な庭園を通って、この部屋に帰ってこないといけないんだよね・・・?」
「鍵が一つしかないけど、どうする?一人でこの部屋に居れる?」
「ホテル内のゲームセンターで待っててもいいけど・・・」
「・・・あの、さびれたゲームセンターで?」

唯一、旅行気分になれるはずの風景を見ようにも、目に入る蜘蛛の糸・・・。

「ここ、今日しか空いてなかったんだよね?・・・てことは、他の日はいっぱいって事だよね」
「この環境で満足している人たちっているのかな?」
「でも、ロビーにはお客さんが何組もいたしね」

利用する電車も時間も決まっているプラン。だからこそ安いのだろうけど・・・でも・・・。

あまりにも私は眉間にシワを寄せ、落ち込んでいるように見えたらしい。
どよ~んとした表情が早くも張り付いてしまった。

部屋に入って30分。

「ホテル代も交通費も捨てる事になるけど、帰ろうか・・・?ウチに・・・」
「・・・え?」

交通費をかけ、1時間半かけて来た旅行に日帰りするなんていう考えなどなかった私は、ダンナの思わぬ提案に驚いた。

「特急に乗れなくても一回乗り換えれば夕方には帰れるよ」

時計を見たら4時25分。

「でも・・・。やっぱり・・・。もし、そうしたとしたら怒らない・・・?」

・・・と、※印の会話を何度もして、結局帰る事に・・・。

とにかく、一刻も早く出たい!ここで夜を過ごすのは耐えられない!こんな湿ったベットで寝たくない!夜に一人でトイレに行けない!

・・・滞在時間、30分。文句の一つでも言って帰りたかったけど、価格につられてこんなところまで来てしまったのはこちら側のミス。もしかしたら、他の人は満足なのかもしれないし・・・という事で、急用が出来たから帰る、と言ってホテルを出ました。

ホテルの人よ、ぜひ、察して欲しい。
自分達のホテルを気に入らないばかりか、悲しい気持ちになった客がいた事を・・・。
滞在時間30分で、見切りをつけられた事を恥だと感じて欲しい。
せめて「ホテルは人を楽しい気分にさせるおもてなし」ができてこその施設だ、という事をもう一度思い出して欲しい。また、次の客のために、窓側の蜘蛛の糸をとっぱらってやって欲しい・・・。
あえて、ホテルの名前と部屋の写真は載せないけどさ・・・。

皆さま、ゴメンナサイ。
無知な私たちでした。
贅沢モノかもしれません。
軟弱かも・・・。スミマセン・・・うううう

で、結局どうなったかと言うと・・・。

なんと、快速は1時間に1本。
「青春18きっぷ」のように、途中の乗り換え駅まで各駅停車で帰ることに。

楽しんでもいない旅先で土産の饅頭を買うのは空しかったけど、あの部屋から出られてホッとして身体も気持ちも軽くなっていた。

yuuji.jpg

「来る時は特急で早かったから、風景もじっくり見られなかったけど、帰りはいろいろな風景を楽しめるからいいね」
・・・なんて、慰めなのか、本心なのか(慰めだな、きっと)ダンナの言葉に救われる。
akaruimado.jpg

売店で買ったビールを飲みながら、少し旅行気分を取り戻す。
「怒ってない?」
「今回は、こういう風景を見に来たと思えばいいじゃん」
「・・・ゴメンネ」
aoyane.jpg


tanbo.jpg

こんな風景がず~っと続く

michicar.jpg

途中で各駅に停まるので、一駅ごと写真を撮っていこうかと思いつき、撮り出した。
しかし、停車場所によっては駅名が入らない。
また、なぜか、駅前や田んぼの真ん中にお墓があったりするので、取りやめ。
また、ひたすら風景を楽しむ旅に・・・。

aoihashira.jpg


yuuhinomori.jpg

結局、各駅停車で2時間を費やし、途中で乗り換えて帰ってきました。
聞き覚えのある駅名を聞いた時はうれしかったです。

文句も言わず、付き合ったくれたダンナに自分の小遣いから韓国料理をおごり、重い気持ちも捨ててきました。

そして、夜は熱いお風呂に「森のかおり」の温泉の素を入れ、お気に入りの布団でぐっすり眠りこけましたとさ





スポンサーサイト



theme : ぼやき・・・
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

拍手!!!ダンナ様にも!

素敵なダンナ様。勇気ある撤退、時には必要です。
ジドっとした部屋、サスペンス劇場、想像してしまいます…。
例え缶ビール1本でも幸せを感じることができたことが、何より贅沢な旅だったかもしれませんね。
私も、最近は変なところでコーヒーが来ない、会計が来ないと気をもむより、自宅で自分で美味しいコーヒー(あっ、お茶じゃないといけなかった…)を淹れて、自分で食器洗うほうがいいなと思います。
下手な店で、変な食器やカトラリーで食事をするよりも、自宅の方がよっぽど。
こうやって、家事を増やしていくのかもしれませんが…。

つい先日、我が家で過去にも将来にも恐らく1番高価な夕食をしてしまい、その満足度が値段に見合っていないことが尾を引いています。(フランスの「食文化」の発展に寄付した感じでしょうか…)

TTDKさま

ありがとうございます!我がままなんじゃないか、とか、軟弱なんじゃないの・・・とかちょっと葛藤したのですが(とは言え、滞在時間が短いですが)、やっぱり「快適で、楽しいはず」である旅行が、これでは全部が台無しだと思い、決断しました。

喫茶店でもレストランでもそうですが、快適でないお店ってありますよね~。私もTTDKさん同様で「なんだかな~、イヤだな~」と思うようなところではかえってストレスがたまってしまうと思うのです。

お金を払ってわざわざ嫌な思いをすることほど腹立たしく、情けない事はありません。

私は自分の家が快適だと思っているので、やっぱり、それ以下だと気持ちが落ち込んでしまいます。しょせん、もう、このレベルのお店やホテルしかないのか・・・なんて。

でも、高い金額でそれに見合っていないこともあるのですね~。ちょっと驚きですv-12

高い授業料と思うのもシャクにさわりますが、私も気をつけなければ・・・と思いました。

ご主人に拍手!!

多分、ホテルの人は察しないと思いますよ、そういう部屋を用意できるくらいですから。(^_^;) 部屋、備品が古かったりするのは格安料金の場合は、譲らなくてはならないと思いますが、布団、浴衣が清潔に感じられないのは、プライドのある御宿だったらやってはイケないことだと思います。多分、そこまでのプライドは無いのでしょうね・・・

長距離で各駅停車の電車に乗ることってあまりありませんよね? やっぱり田舎の風景を見ながらの各駅停車の旅、捨てたものではなかったのではありませんか・・・?
払ってしまった10,000は、勉強代とでも思われてはどうでしょう? 
ご主人、ホント素敵な方ですね!! そして、素敵なご夫婦ですね!! (^。^) その決断、正しいと思いますよ!!

因みに、私は鬼怒川の温泉宿で、廊下、部屋の寒さで風邪をひいてしまった経験があります。お風呂は素晴らしかったのですが、部屋(暖房入れても効かない・・・)も廊下も、それは寒くて・・・ (-_-;)

Noraさま

ほんと、プライドなんて・・・ないのかも・・・。一応、人が集う場所はそれなりに綺麗なのです。それなりに、洒落ている・・・。

しかし、個室になるとどうなのだろう・・・?という感じ。他の部屋は見てないけど、どこも似たり寄ったりじゃないのぉ?と思ったので、部屋も変えてもらわず帰りました。

よくありますよね~、部屋は綺麗で飾り立ててるけど、トイレが汚いとか、他の部屋にモノを押し込んでいるとか・・・。なんか、そんな感じでした。

川沿いなので、湿気もあるだろう・・・という事はしょうがないけど、それを感じさせるのはダメですね。1万円の授業料、安かったのか高かったのか・・・。
とりあえずは、ダンナに感謝・・・。

でも、久々に見た田園風景はいいものでした。ウチの近所では田んぼとかないので、緑一色という世界にほのぼのとしたものを感じました。

タイやイランの田舎にも行きましたが、生えている木が違うだけで、同じ田舎でもお国柄が出るものなんだな~と思いますね。

Noraさん、確か今月末に旅行ですよね~。楽しい旅になりますように・・・とホントに思います。

ウチの分まで楽しんできてくださいねe-271

いい経験?

文句も言わずなぐさめてくれた旦那さま、エライ!!
一度失敗すれば、次は大丈夫~。

私も「平日1万円」に釣られて失敗した事が2回あります。結婚直後の佐渡島と、一時帰国時の宮下温泉。ホテルだけは「安かろう悪かろう」だと身に染みました~。あの時は二人で文句言ってました。

鬼怒川温泉はもうコリゴリだと思うけど、鬼怒川からバスで30分のところに、お気に入りの湯西川温泉があります。宿は「本家伴久萬久」。そんなに高くないので、機会があったら行ってみてね。

これは、

思い出に残りますね~。
ガッカリ具合が目に浮かぶようですよ。
ワンともに呆れられるって拍手コメントを頂きましたが、事前に調べても失敗はしますよ~(^_^;)
だってホテルの紹介画像は実物よりよく撮って載せてますもん。実際に行ってみてガッカリなんてこともありますよ。
さすがに即、帰ってきたことはありませんが、海外で泊まったいくつかのホテルは、できれば変えたかったことがあります。どっちも格安ツアーだったので、安かろう悪かろうはある意味仕方ない部分もありましたね。

帰りのスペーシアが勿体なかったので、差額を出して本館に変えてもらうか、他のホテルに帰るっていう手もあったかなぁとは思いますが、よっぽどショックだったんですね…。
今回はNoraさんの言われるとおり、お勉強代だと思った方がいいですよ。逆にこれから期待してなかったのにいいホテルに出くわすことがあるかもしれませんしね。

各駅列車の旅☆

ラーダさんとご主人、とっても素敵なご夫婦ですね!!ご主人の愛情が伝わってきました。しかもさりげなくラーダさんを守るようなご主人の心遣い。素晴らしい夫婦愛です。
しかし情けない宿ですよね・・・。きっと私も同じ決断をすると思います。
勇気を持って決断することって、大事ですよね!
各駅列車の旅、いいじゃないですか☆私も学生のころ18切符でいろいろ行きましたヨ。夜行も多かったですが、のんびりと車窓を眺めながらの旅、実はとっても贅沢なのでは?と思います。とっても素敵な一日になったのではないでしょうか('-^*)/

思い出☆

お帰りなさいませ♪
なんだか旅館では残念…ではあったと思いますが、何よりも、ご主人さまの優しさと決断力に感謝&うっとり~な旅になったのではないでしょうか♪

どんなに調べても、旅館やホテルって、着いてみるまで分からないものですよね・・・。

でもでも、きっと「せっかく旅行にきたのにー!」とストレスをためながら我慢するより、きっとお二人でのどかな景色を眺めながら電車の旅をできたことが、何よりも思い出ですね♪まさに、思い出はPricelessですよ♪

みわさま

いつもしっかりリサーチしている、みわさんでも失敗経験アリですか・・・。

やっぱり、宿に関してはあまりにも安いところはダメですね~。もしかしたら、めっけモン!という宿もあるかもしれないけど・・・。

海外旅行では比較的安くていいホテルに当ることが多かったけど、難しいねe-445

さすがに、鬼怒川はもうイヤだな~。
川沿い、海のそばのホテル(崖の上にあるホテルとか)はちょっとダメかも。
あと、古いホテル・・・例えば、ヨーロッパでも古城を改装しているようなところもダメかな~。

少々趣がなくても近代的で明るいホテルがいい・・・!と、まぁ、今回の旅はいろいろな面で勉強になりましたv-393

ワンともさま

そうですか~、ワンともさんでも「これは・・・ダメかも」というホテルに当った事があるのですね・・・。ちょっと、ホッv-286

確かに、HPとかパンフレットに載っている写真ってのはプロが撮影していますからね~。どこがやねん!とツッコミを入れたいとこですが「よくぞ、こんなにうまく撮ったものだ・・・」と感心してしまいます。

今回は他の部屋に変えてもらうとか、他のホテルに泊まるとかいう気分になれなかったです。

なんちゅ~か、駅の改札を出て外に出た時から何となく「ツインピークス的」な印象がありました。天気も悪く、色彩もあまりなく、古びた建物が多いせいですかね・・・。

気持ちが打ちひしがれていたせいもあるのですが、一刻も早くここから立ち去りたい!という気持ちでした。

海外で他に選択肢のない場合だとガマンして泊まるしかないのでしょうが・・・。

でも、ほんと、Noraさんもワンともさんもおっしゃるように、今回は勉強代だと思う事にします。

次回の旅は巻き返したいです!

ikkenさま

各駅停車の旅・・・。普段なら気が遠くなりそうで絶対に実行しないでしょうが、今回は一駅一駅家に近づいている・・・という思いで幸福になれ、絵に描けそうな風景を見ることができて良かったです。

最初は一両に3人しか乗っていなかったのですが、平日で学校帰りなのかだんだん混んできました。

こんなところで育った人はどんな人になるのかな?とか、ゴルフ帰りらしき陽気なオジサマ4人組とか、サラリーマン風の人とかを時どき観察しつつ、思いめぐらせ帰ってきました。

ほんと、夜でなくて良かったです。夕日が沈むのも見られたし・・・。

ホテルに対しては不満もあるけど、ほんと、皆さんのおっしゃるように、いろいろ勉強しました。

ikkenさん、いよいよバンコクですね!
大丈夫、シェラトンはいいホテルですよ~!楽しんできてくださいねv-218

みほさま

ほんと、今回の旅はある意味、印象深い旅となりました。

タイのサメット島のバンガローでは(バンガローって曲者ですね)、チンチョ(ヤモリ)が遊びに来たり(しかも、ツガイで)、アリが地面を行列で歩いていたり・・・と散々だったのですが、周りの風景が陽気で「まぁ、たまにはしょうがないっか!」・・・と思えるところでした。

今回のホテルはもう、ブログネタにしてもとを取ったしぃ~ということで、良しとします。

みほさんも、しんさんとPricelessの思い出作りをしてくださいねv-238

また、イエメンで結婚式を開催した際にはレポートも楽しみにしています♪

イエメンで結婚式はやっぱり、ホテルですか?うふふふ・・・v-82

おかえりなさいませ~!

忙しくてなかなかPCを触れなかったので、ラーダさんのご旅行はどうだったかな~と思って遊びに来てみたら・・・
大変だったんですね~!!

ジメっとしたベッドカバーに蜘蛛の巣・・・

うぅ・・・絶対楽しめましぇんi-195

しかし旦那様かっこいいです!
旅行先でケンカするカップルの話をよく聞きますが、こういう時に頼りになる人が理想の旦那様です~!!
そしてそんな旦那様に韓国料理をごちそうするラーダさんも素敵です!

最初は記事を読みながら「ありゃりゃ~・・・」と思っていましたがなんだか素敵なお二人にすっかり癒されましたe-420

いづみんこさま

ほんと、散々な夏休みでした。
土日も個人的な用事でつぶれ、結局あの各駅停車の旅だけが、唯一の「旅行気分」でした・・・。

私は性格的に後までウジウジ引きづるほうで、ダンナの方はある程度さっぱりしてますね・・・。こんな面倒な私の世話をするのは大変だ~、やれやれ・・・ときっと思っていると思います。

そんな彼が風邪ひいたりしてクシャミとかしているとつい、イライラしてしまう私はなんと、心の狭いオンナ・・・。

ダンナの読んでいるプロレス雑誌で北斗晶さんの「鬼嫁」と書いてあるTシャツが売っててダンナに「これ、買ってあげようか?」と言われてしまいました。とほほe-263

No title

旦那さまの機転がなければ、今頃、悪夢をみて 魘されていたかもしれませんよ~。
本当に感謝ですね。
折角の温泉旅行なのに、残念でしたね。
緑多い田園地帯の風景をゆっくり眺めながら帰ったことは唯一の救いかもしれません。
これも、いい経験だったかもしれません。

Blue Blueberry さま

ほんと、駅を出たところから「ツインピークス的」だったので、ヘタに泊まらず帰ってきて良かったのかも・・・。

夜も・・・考えただけでコワイです。

日本の田園風景、意外といいものでした。田んぼも緑が生え揃って綺麗な緑の絨毯という感じで。道も一本す~っと通っていて、まるで絵みたいでしたよ~。

ダンナはあの各駅停車の旅が面白かったのか、今度は海でも目指して各駅で行こう!なんて言ってます・・・。

今度は目的のある旅っていうのもいいかも知れません。今度は白ワインでも買って行こうかなv-22

あらぁ・・・

それは災難でしたね☆
でも、だんなさんの気持ち、とっても愛情こもってて素敵で優しい(〃∇〃人)

せっかくの旅行なのに、宿のおかげでとんだことになってしまって残念でしたね。
いくら格安だからといっても、最低限の心配りや清潔さを忘れないでほしいものです。
私も以前似たような経験がありました。
食事などはすごく美味しく満足だったのですが、温泉がさびだらけだったりタイルがはがれたりで、とても朽ちてたのです。硫黄成分だから仕方ないのかもしれませんがもう少し何か出来るのではないかと・・・。
不快な環境は落ち着かないですし、休まるものも休まれませんよね。
いつか今度行く旅先は素敵でありますように(^-’)☆

るりさま

るりさん、ありがとうございます。格安旅館でいい思いをした人もいるでしょうが、やっぱり値段なりのサービスかそれ以下だという感想の人が多いですね・・・e-263

お客さんが来ないだのどうだの言う前に、そういう態勢ができていないところが多いですねぇ・・・。たとえ少しくらい高くても快適で素晴らしい心遣いのできる宿なら人は行くのに・・・。

安さで人を呼び寄せて、それで見切りをつけられるなんて、もう救いようがないですね・・・。

次は今回の旅がかすむくらい、いい思い出を作りたいですe-280
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア