FC2ブログ
2017-10-07

グローバルフェスタ2017

今年もグローバルフェスタに行って来ました。


P9140014_convert_20171006125955.jpg

グローバルフェスタ2017





グローバル・フェスタとは、国際協力活動を行っている政府機関、NGO、企業などが一堂に会する国内最大の国際協力イベントです。本年の開催で27回目。


今年の開催テーマは「Find your Piece!~見つけよう、わたしたちにできること~」



去年の記事はこちら↓
グローバルフェスタ2016









P9140027_convert_20171006130352.jpg











P9140028_convert_20171006130417.jpg











P9140017_convert_20171006133118.jpg



レインボー国際協会は、病気や貧困のために親の養育を受けられない子供たちを引き取り、自立に向けた具体的活動を行う自立支援施設「ひまわりホーム」の運営を支援し、子供たちが安心して生活し、教育を受けるための資金を援助しています。


また、学費を払えない極貧家庭の子供たちの教育費を支援しているのだとか。







P9190110_convert_20171006131656.jpg



数年前に買った子供たちが作った革の定期入れを愛用し、それから毎年、小銭入れとかカード入れなどを購入させて頂いています。



NPO法人 レインボー国際協力







P9140047_convert_20171006130904.jpg


めっちゃインドな服







P9150069_convert_20171006130956.jpg


柄が・・・ファンキー



P9150070_convert_20171006131025.jpg








P9150072_convert_20171006131111.jpg

スタンドカラー


P9150075_convert_20171006131210.jpg

袖などの柄も素敵♪







P9150076_convert_20171006131253.jpg

スパンコールつき


P9150080_convert_20171006131329.jpg




しかし・・・。


「パンジャビ・スーツらしく本気っぽく着るスタイル」はわかるけど、「マジっぽくなくて、あくまでオシャレで着てます」ってコーディネイトはどうすればいいんだろう?

※パンジャビ・スーツ:インド女性が着るワンピースタイプのシャツにくるぶしまでのパンツ、首にストールを巻くスタイル(サリーよりも身軽)





P9190119_convert_20171006131739.jpg



服を買ったらオマケで頂いた「ターバンおじさん」



P9190117_convert_20171006131812.jpg

後ろ姿もいいわぁ









さくらプロジェクトは、タイ北部の山岳地帯で暮らす少数山岳民族の子供たちの生活と教育を支援するNGO団体です。


NGO さくらプロジェクト




P9140023_convert_20171006130220.jpg

作品を作った子供たちの写真つき







P9140020_convert_20171006130136.jpg

クッションカバー






P9140019_convert_20171006130103.jpg


暮らしの様子などを刺繍しています(ラオ族)







P5270002_convert_20171005083641.jpg


これは、2013年のグローバルフェスタで買ったクッションカバーに突っ張り棒に紐をつけてタペストリーにしました。






P9140022_convert_20171006131930.jpg


タイだけでなく、いろんなところに少数民族がいます。



その民族ごとに着ている服装や作るものも違うのですよ↓
タイ北部山岳少数民族フォトギャラリー

ちなみに「首長族」もタイの少数民族です。





P9190091_convert_20171006131412.jpg


リス族のもの


P9190093_convert_20171006131444.jpg


縫い目が表に出ないようになっています







P9190168_convert_20171006132738.jpg



ペットボトルホルダー



P9190170_convert_20171006132704.jpg

これは何族かな?ヤオ族かな





私もタイに住んでいた時は職場の婦人部でドネーション活動などをお手伝いしました。


日本人会とかYWCAや赤十字のバザーなど、年に何度かバザーがあったので、企業ごとにいろんな製品をバザーに出します。



私たちの場合は手作り品が担当で、手縫いの布の知育絵本とかビーズのアクセサリーとか石鹸にペーパーナプキンを張り付けたデコパージュとか(今、日本でも流行ってますね~)夫人みんなで集まって作り、その売り上げはタイの医療に使われたりしました。


私の行った時代はまだマシで、もっと前の世代は少数民族の村にヤギを寄付しに行ったり・・・と大変だったようです。





P9140031_convert_20171006130522.jpg


NPO法人わぴねすは、インドハンセン病快復者を中心とした、マイノリティの自立支援事業を行っています。


NPO法人 わぴねす





P9190099_convert_20171006131609.jpg



アクセサリーはネットでも購入できます↓
インド雑貨屋さんOAKS





P9190166_convert_20171006132627.jpg

ピアスをネックレスにしました。








P9140043_convert_20171006130831.jpg


NGOアフリカ友の会のエコバック。


素材はナイロンみたいな感じですね~
アフリカのものらしく、鮮やかな色彩です。




P9190095_convert_20171006131522.jpg


長袖のシャツがずり落ちてこない、便利な腕カバー





NGOアフリカ友の会の活動地域は、中央アフリカ共和国。


中央アフリカ共和国は赤道直下に位置し、資源にも恵まれず、世界の中でも最貧国の一つと言われています。

多くの人々の生活は1日1ドル以下。


医療・社会福祉・食糧の面で一刻も早い援助を必要とし、5人にひとりがHIV感染者なのだとか。


NGOアフリカ友の会では、医療支援・栄養支援・自立支援・孤児支援などを行っています。

NGOアフリカ友の会





P9190096_convert_20171006143401.jpg


停電が多いので、電気のある時にアイロンをかけ、手回しミシンで縫製しているそうです。







P9140036_convert_20171006130628.jpg


J2netはインドネシアの困難な状況で暮らす子どもたちを支援するボランティアグループです。

ジャカルタ・ジャパン・ネットワーク J2net






P9190144_convert_20171006132434.jpg

バティック柄のエプロン





P9190153_convert_20171006132545.jpg


ボタンや結び紐なしで被るだけでOK

なで肩なので、こういうタイプのエプロンが使いやすいです。





P9190149_convert_20171006132514.jpg



インドネシアでは、公立学校に通うための1ヵ月の費用は

小学校:約50,000ルピア(約500円)

中学校:約150,000ルピア(約1500円)

高校:約250,000ルピア(約2500円)かかるそうです。


2009年度より、小中学校の授業料は無料になったそうですが、実際はそうではなく、教科書や体操服、副読本等の経費がかかるそうです。



困難な状況で暮らすインドネシアの子供たちのための様々なボランティア活動に取り組むジャカルタ在住の日本人ネットワークが1999年に誕生。ジャカルタが中心となり、日本でも活動を行っています。






P9140038_convert_20171006130701.jpg


NHKワールドはNHKの海外向けサービスです。日本とアジアの今を伝えるニュースや 番組を世界に発信しています。

NHKワールド




P9190139_convert_20171006132325.jpg

ペルシャ語版の使い方説明書






P9190120_convert_20171006132006.jpg


英語版とヒンディー語版






P9190122_convert_20171006132049.jpg








P9190123_convert_20171006132120.jpg


日本人が聴いたら英語の勉強になるかも・・・




P9190127_convert_20171006132207.jpg








P9190131_convert_20171006132239.jpg

ヒンディー語版は無理だな・・・








P9140040_convert_20171006130800.jpg



政府のブースもあります


P9190141_convert_20171006132359.jpg







いかがでしたか?

毎年行っていますが、毎年いろんな発見・気づきがありますね





私たちは 大きいことはできません

小さなことを 大きな愛をもって行うだけです

マザー・テレサ
スポンサーサイト

theme : 生き方
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは、ラーダさん
今年もこの時期になりましたね
毎年、楽しみに記事を読んでいます

パンジャビ・スーツですが、
下はジーンズでしょうね
面白みはないけど合う気がしますね

リス族の小物入れ、色づかいが個性的ですね
1つ持っているとテンションが上がりますね

No title

こんにちわ~

今年も行かれたのですね。
色合いや柄が日本では考えられないもので素敵♡

バンジャビスーツ。。。。
今流行りのコルセットベルトなどでウエストマークして見たらどうでしょう?

ピアスをペンダントに。。。
こういうのってセンスがないとできないですよね。。。
なかなか思いつかないですわ。。。

ヒンディー語やアラビア語やペルシャ語ベンガル語とか。。。
いや~~~~想像のつかない言葉ですね。。。
読めなくても意味が解らなくても英語っぽい文字ならなんとかなりそうな(笑)

No title

ラーダさんの風物詩ですね。

めちゃインドな服はどうやって着こなされるのでしょうか~

バティック柄のエプロン。
植物柄じゃなくて扇っていうが珍しいですね。
シンガポールでもバティックプリントいっぱい売ってました。

ネットでも買えるアクセサリー見てみました。
安くてビックリしました。

ラーダさんみたいにリメイクしてもいいですね。
あまりピカピカしてない金色がエスニック感出てていいです。

No title

ラーダさん こんにちは。

毎年、この季節が来たんだぁ~と記事を拝読して思います。

毎年国際協力活動に参加されて、ホント小さな事を大きな愛を持って
行うとはこういうことですね!

インド柄のお洋服、きっとラーダさんお似合いだろうなぁ~

腕カバーは便利そうですね!制作の苦労を知ると活用したいと思いますね!(^^)!

No title

私はエプロンが欲しいなあ。

アクセサリー、いいですね。
ピアスをネックレスにしているのも素敵。
こういうアイデアを真似っこしたいです。

様々な形の支援があるのですね。
こちらでも
大学内で留学生と日本人が協力して
店を出していました。
料理好きの私の友人の誘いで
行ったことがあります。
その時は、それぞれの国の料理が中心でした。

小さなことを大きな愛で・・・
素敵ですね。

ヨッシィーさま

>今年もこの時期になりましたね
毎年、楽しみに記事を読んでいます


1年は早いモノですね~
毎年、みなさんにとってもお馴染みのイベントとなりましたv-22


>パンジャビ・スーツですが、
下はジーンズでしょうね
面白みはないけど合う気がしますね

そうですね~
これ一枚ではさすがに着れないです。ジーンズなら安心の組み合わせですねv-62


>リス族の小物入れ、色づかいが個性的ですね
1つ持っているとテンションが上がりますね

一つ一つ作り手の感性で色を組み合わせているようで、まったく同じ作品がないです。
日本ではなかなか見ないカラフルで、素朴な作品ですねv-414
鞄の中に入れてもすぐわかりますよ

まうさま

>色合いや柄が日本では考えられないもので素敵♡


暮らしている環境も影響しているのかもしれませんね

深い山に囲まれた村で自然の色彩とか感じ方も違うのかな~v-485


>バンジャビスーツ。。。。
今流行りのコルセットベルトなどでウエストマークして見たらどうでしょう?


なるほど~!これは思いつきませんでしたねぇ

ベルトでちょっとアクセントをつけたり・・・とか、言いつつももう寒いので衣替えで冬物と入れ替えてしまいました・・・v-356

春や初夏などにも良さそうですね



>ピアスをペンダントに。。。
こういうのってセンスがないとできないですよね。。。
なかなか思いつかないですわ。。。


私自身、ピアスの穴を開けてないので、ピアスはだいたいアクセサリー作りの素材と思って見てます。簡単に穴の部分にマルカンを通してネックレスにしてもいいかもv-218


>ヒンディー語やアラビア語やペルシャ語ベンガル語とか。。。
いや~~~~想像のつかない言葉ですね。。。

いやいや、ホントに・・・。
アラビア語やペルシャ語なんて右から順番に読みますしね・・・
でも、どっから見ても想像がつかないですねv-12


>読めなくても意味が解らなくても英語っぽい文字ならなんとかなりそうな(笑)

わかります~
アルファベットじゃないけど、ロシア語とかも根性で読めそうな気が・・・(しないか)

シュムックさま

>ラーダさんの風物詩ですね。

そうですね~
2008年から欠かさず行っているけど、そのたびに欲しいモノやためになる情報がありますねv-219


>めちゃインドな服はどうやって着こなされるのでしょうか~

下に薄手のタートルネックを着て重ね着するか、薄手の同じくらいの丈のコートと合わせるか・・・

とか言いつつも、結局寒くなって着ないまま衣替えしてしまいましたv-276


>バティック柄のエプロン。
植物柄じゃなくて扇っていうが珍しいですね。

そうなんですよ~
ちょっとジャパネスクな感じですよね

私もシンガポールでバティックのワンピースを買いました。しかも、マーライオンのあるそばのお土産屋で・・・。
でも、夏場は風が通って涼しいので長年活躍しています。


>ネットでも買えるアクセサリー見てみました。
安くてビックリしました。


そうでしょ?
たくさん買ったな~ってあのお値段ですしね・・・


>ラーダさんみたいにリメイクしてもいいですね。
あまりピカピカしてない金色がエスニック感出てていいです。


落ち着いたゴールドなので、悪目立ちしないし、デザインもいいのでリメイクにもピッタリですよ!v-353

masumiさま

>毎年、この季節が来たんだぁ~と記事を拝読して思います。


秋になると、ソワソワしますよ~
他にも行きたいイベントはあるのですが、ちょうど同じぐらいの時期で重なってしまうんですよね・・・v-393


>毎年国際協力活動に参加されて、ホント小さな事を大きな愛を持って行うとはこういうことですね!


チャリティだからと言っても欲しくないものは買わないけど、気に入ったものはリピート買いですね。

それは、毎年イベントに行ったら愛用していることをお店の方に伝えます。
支援する側もされる側も励みになるといいですよねv-434


>インド柄のお洋服、きっとラーダさんお似合いだろうなぁ~


めっちゃマジな感じになるんですよ。
コスプレ風にならないように気をつけよう・・・v-356



>腕カバーは便利そうですね!制作の苦労を知ると活用したいと思いますね!(^^)!

これはとってもいいですよ!
生地もしっかりしているし、煩わしい袖がちゃんと固定されるので良い買い物でした。

日本でもこういう袖カバーは見た事があるので、きっとボランティアスタッフさんの指導もあるのでしょうね

売れるモノを作り続けられ、それが収入になる。というのも大事な事ですもんね

もりんさま

>私はエプロンが欲しいなあ。

これはオシャレだし、とっても軽く、濡れてもすぐ乾きそうですv-20

なかなか、こういう被るタイプって見かけないですね~


>アクセサリー、いいですね。
ピアスをネックレスにしているのも素敵。
こういうアイデアを真似っこしたいです。


アクセサリーにしたり、バックチャームやキーホルダーにしたり、ブックカバーやスリッパなどに縫い付けてワンポイントにしても素敵ですよv-344



>こちらでも大学内で留学生と日本人が協力して店を出していました。


私も大学の留学生が出店しているところに行った事がありますよ。

皮からこねる餃子とか美味しかったですv-218


>小さなことを大きな愛で・・・
素敵ですね。

大げさな支援でなくても、それぞれが小さな事でも出来る事をする・・・というのが大事なんでしょうね

皆が人と人との繋がり、相手を思いやれば世界は変わっていくはず・・・
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
フリーエリア