FC2ブログ
2017-10-29

花は花なれど、華になる。 日本橋高島屋 草月いけばな展

PA120014_convert_20171029004948.jpg

草月流家元 勅使河原 茜 先生の作品



日本橋高島屋で開催中の草月いけばな展の招待券を頂いたので、行って来ました。


私もタイで4年、草月流の生け花を習いましたが、今やすっかり基本すら忘れてしまいました・・・。




初代家元・勅使河原蒼風が形式主体のいけばなに疑問を持ち、「個性」を尊重した自由な表現を求めたことから草月のいけばなは始まりました。
草月のいけばなは「型」にとらわれることなく、常に新しく、自由にその人の個性を映し出します。いけ手の自由な思いを花に託して、自分らしく、のびやかに花をいけていきます。また、時代と共に変化してきた草月のいけばなは、それぞれのご家庭で楽しむことはもちろん、ウインドーディスプレーや舞台美術など、社会のあらゆる空間に植物表現の美と安らぎをもたらしています。

(草月流のHPより抜粋)



生け花の流派は数あれど、草月流は花材も自由で、あまり厳しい制限もなく華やかに活けるイメージです。


それは知っていたけど、いや~、まさに「芸術は爆発だ!」な会場でした。





めっちゃスゴイ人やん!

てっきり写真撮影はダメでしょ?と思っていたら、あちこちで撮影大会。

ホントのお花好きな人もいるだろうけど、お教室の先生や仲間が出展しているのでご挨拶に・・・みたいな人も多かったです。


う~ん、それも大変だな~





それでは、数ある中で心惹かれた作品や驚いたもの、斬新だな!と感じた作品を紹介します。



PA120017_convert_20171029005015.jpg

葉っぱをいろんな角度に折り曲げて、面白い動きを演出しています。








PA120019_convert_20171029005404.jpg

紫陽花は乾燥させて色をつけているようです。








PA120025_convert_20171029011815.jpg

こういう形の照明器具がありそう・・・。








PA120028_convert_20171029005112.jpg









PA120031_convert_20171029005338.jpg

葉っぱだけってのが潔いですね。どうやって固定させているんだろう?








PA120033_convert_20171029005314.jpg









PA120036_convert_20171029005210.jpg









PA120039_convert_20171029005457.jpg










PA120041_convert_20171029005246.jpg









PA120027_convert_20171029012807.jpg









PA120043_convert_20171029005431.jpg








PA120045_convert_20171029005556.jpg

栗のイガ!

PA120046_convert_20171029005627.jpg

発想が面白いですね。刺すのは大変だろうけど・・・。






PA120049_convert_20171029005658.jpg







PA120052_convert_20171029005741.jpg

テーマは何だろう?

PA120053_convert_20171029005808.jpg

作品のタイトルは何?斬新だわ~







PA120048_convert_20171029012738.jpg

個人的にはこういうシンプルな(?)作品に惹かれます







PA120057_convert_20171029005848.jpg








PA120047_convert_20171029012832.jpg










PA120059_convert_20171029012906.jpg









PA120040_convert_20171029013522.jpg










PA120060_convert_20171029012934.jpg










PA120063_convert_20171029005920.jpg










PA120062_convert_20171029013011.jpg









PA120067_convert_20171029013041.jpg










PA120068_convert_20171029013111.jpg






花は一本でも綺麗だし、可憐だったりするけど、生けようによっては女性が化粧をするように化けるのですね。





いや~

いいものを見せて頂きました。




眼を堪能した後は、胃袋を満たしましょう♪



PA120070_convert_20171029010027.jpg

上野に出たら行く焼肉屋さんでランチ!(^^)!




PA120075_convert_20171029010138.jpg

上野でパンダ!

PA120079_convert_20171029010215.jpg

モフモフであったか(*´ω`*)



雨は降ったけど、結局傘もほとんどささないで家に戻れました。





PA120010_convert_20171029015600.jpg

またまた四季島に遭遇!(2度目)





スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

お久しぶりです。

ラーダさん こんにちは。

招待券いいですね。
私も昔、生け花習っていましたが、もうすっかり忘れましたよ(^^;)
生け花ってセンスいりません??!
焼肉ランチ美味しそう!!!

あ、とうとうコタツ出されましたか~。
ぬくぬくでいいですよね♪コタツ最強!!

NHKの番組好きです。ツボおさえてるし。
今日の18時半からの「レイチェルのパリの小さなキッチン」
ラーダさん見てます?

いろんな記事のコメントをごじゃごじゃ書いてすみません(^^;)
これから寒くなりますね。
ラーダさんも風邪には気をつけて(*^_^*)

No title

こんにちわ~

生け花は習ったことはありませんが。。
観るのは好きです。
詳しいことは何にもわかりませんが。。
スゴイ芸術だな~って思います。
こんな発想どこからくるんだろう。。

生花を使うわけですから。。
時間と共に変化もしていくだろうし。。
いずれは終わりの時を迎えるのですよね。。
それゆえの美しさもあるのでしょう。。

パンダさんはひざかけですか?
カワイイですね~~ あったかそうだし。。
焼き肉もいいな♡

No title

こんばんは、ラーダさん
書道も同じように出品者には、沢山の招待券をもらえますね 出品代金に入ったいるのでしょうね
先生が出品していたら、展覧会にいきますね
作品を見る事も勉強になるのでしょうね

ある程度お花を活けると、前衛的になるのでしょうか? 良さがわからないです(笑)

ラムネさま

>招待券いいですね。
私も昔、生け花習っていましたが、もうすっかり忘れましたよ(^^;)
生け花ってセンスいりません??!


ラムネさんも生け花を習っておられたのdすね(*´ω`*)

私は日本に帰ってからは習ってないですね~
花代がいったい幾らになるのかわからず怖いです。習ったところで披露する場所もないしな~v-356

また、そっちのセンスが自分にはないって悟ってしまったのも大きな原因かも。


>焼肉ランチ美味しそう!!!

ふふふ・・・。知る人ぞ知るお店なんですよぉ

お手頃価格でいいお肉を食べられるので、家で焼き肉をしなくなりました


>あ、とうとうコタツ出されましたか~。
ぬくぬくでいいですよね♪コタツ最強!!


炬燵は最強ですねぇ
ほんわかとあったかいのがシアワセです。
ただ、いったん寝入ってしまうとそこから抜け出すのがめちゃ大変ですv-12


>今日の18時半からの「レイチェルのパリの小さなキッチン」
ラーダさん見てます?

見た事がありますよ~
イギリス人のレイチェルがパリの自分のアパートの小さなキッチンで料理を作っておもてなしするって番組じゃないですか?

あんな小さなスペースでこじゃれた料理やスィーツが作れるなんて・・・ファンタジーの世界ですねv-20


>いろんな記事のコメントをごじゃごじゃ書いてすみません(^^;)

いえいえ~
過去記事も読んでくださってありがとうございますだ~v-421


>これから寒くなりますね。
ラーダさんも風邪には気をつけて(*^_^*)


先週、インフルエンザの予防注射を打ちましたよ

電車でもマスクをしている人が増えましたね

お互い、気をつけましょうねv-441

まうさま

>詳しいことは何にもわかりませんが。。
スゴイ芸術だな~って思います。
こんな発想どこからくるんだろう。。


私はいろんなモノを組み合わせてアクセサリーなどを制作しますが、それとはまた違ったセンスですねぇ

足したり差し引いたり、角度を整えたり・・・。全体をイメージして創り上げて行く想像力・・・。すごい集中力とパワーを感じますv-254


>生花を使うわけですから。。
時間と共に変化もしていくだろうし。。
いずれは終わりの時を迎えるのですよね。。
それゆえの美しさもあるのでしょう。。


今回の展示会は1期・2期・3期と2日間づつ展示されました。招待券を下さった方は1期に出展されたので今回はタイミングが合わず拝見できませんでしたが、2日間花をベストな状態で保つのはなかなか大変なんでしょうね。
終ったら即撤退して、次の人のために会場をあけないといけないし・・・。

しかし、花や植物にはいつか終わりがあるとは知りつつも、そういう儚さは感じませんでした。

う~ん、なんというか「花の宝塚」みたいな、花が主役のショーみたいな・・・。

選ばれた花は誇らしげでしたv-354


>パンダさんはひざかけですか?
カワイイですね~~ あったかそうだし。。
焼き肉もいいな♡


これは膝掛けにもポンチョにもボレロにもなるんですよ~

書斎にはエアコンを設置してないので寒いんですよね~(電気ストーブはある)

パンダ柄とモフモフに惹かれました♪

焼き肉は知る人ぞ知るお店で、先着順で限定メニューがあるんですよ
それを狙っていたので、花を見ててもどこか心が焦ってましたv-356

ヨッシィーさま

>書道も同じように出品者には、沢山の招待券をもらえますね 出品代金に入っているのでしょうね


そうでしょうね~
たぶん、何枚か割り当てられているんじゃないですかねぇ


>先生が出品していたら、展覧会にいきますね
作品を見る事も勉強になるのでしょうね


私も絵画を習っている時は先生の個展に挨拶に行ってましたよ

あと、合唱を習っている人はコンサートのチケットをくれたり・・・。

まぁ、タダで頂けるのでいいけど、正直「アナタが習うのは勝手だけど、こっちまで巻き込まないで~」とも思います。手ぶらじゃいけないしぃv-356


>ある程度お花を活けると、前衛的になるのでしょうか? 良さがわからないです(笑)

流派で「野に咲く花のごとく」みたいなシンプルなものもあれば「箱庭みたいな」とかいろいろありますね

草月は外国でも受けやすいハデな感じですかねぇ

なので、なかなか「これぞシンプル」ってのは難しいのかな

中には大きな鉢に白い砂がなみなみと盛られ葉っぱが一枚とか羊毛をグルグル巻きにしたモノに花を生けたものとか「これもアリなんだ~?」と思うモノもありました。

個人的には床の間に掛け軸に凛とした数本の花の生け花みたいなのが好みですv-297

No title

なかなか斬新ですね。

たまには、花や
花にまつわる、こういう芸術を鑑賞するのは
いいですね。

そして、そのあとに焼き肉!!
私の憧れコースだなあ。

そうですね、私も個人的にはシンプルなのが
好きですが
斬新な華麗な空気もたまには
いいですね。

私も若いとき、花を習ったのですが
基本さえ忘れてしまいました。
お茶も習ったのに
それも基本さえ忘れました。

もりんさま

>たまには、花や
花にまつわる、こういう芸術を鑑賞するのはいいですね。


そうですね
絵画とか彫刻とか映画とか、普段の生活とはちょっと線引きするようなセンスに触れるのは刺激があっていいですねv-254


>そして、そのあとに焼き肉!!
私の憧れコースだなあ。


お店で食べる焼き肉ってなんで家で焼くのと違うんでしょうね~

お得なランチのワンダフルプランですね



>そうですね、私も個人的にはシンプルなのが好きですが斬新な華麗な空気もたまにはいいですね。

皆さん、発想がすごいですね
お花には馴染みがあってもまったく想像のつかない生け方で目を見張る想いですv-353


>私も若いとき、花を習ったのですが
基本さえ忘れてしまいました。
お茶も習ったのに
それも基本さえ忘れました。


茶道も華道も習ったけど、結局極めようと思うまではハマりませんでしたねぇ

お茶はたまにお菓子に合わせて点てる事はあってもいい加減なものですしね

でも、習ったことじたいは無駄ではなかったかなv-257

No title

生け花ってこんなに自由だったんですね~
ドイツに住んでた頃に、ミュンヘンでは毎年日本祭りが開催されてましたが、その中で生け花教室の作品展示がありました。
確か草月流だったと思うのですが、
玉ねぎが棒に突き刺さってるのが並んでたりして、ドイツ人が日本の華道を愚弄しているって思ったけど、あれはあれで有りだったんですね。

シュムックさま

>生け花ってこんなに自由だったんですね~

他の流派はもっと決まりがあるんでしょうが、草月はわりと自由な感じかも・・・。

私はタイで初めて習ったのですが、竹を割って裂いて紐を編み込んで花器を作ったり、なんだか工作みたいな事もしましたね~v-254

>確か草月流だったと思うのですが、
玉ねぎが棒に突き刺さってるのが並んでたりして、ドイツ人が日本の華道を愚弄しているって思ったけど、あれはあれで有りだったんですね。

玉ねぎが棒に刺さっている・・・。すごい発想ですね~
でも、今回の作品を見るとなんでもアリなんだな~と思いました。

あまりにも突飛すぎるアイデアに華道展というよりもなにか別のアートを見ているような・・・

でも、それはそれで面白かったですv-353
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア