FC2ブログ
2018-02-11

大人の社会科見学 キッコーマンしょうゆ工場

皆さんもご存知のあの場所へ社会科見学に行って来ました(予約制・無料)



P1220046_convert_20180211000928.jpg







P1220025_convert_20180211002930.jpg

受付を済ませて、工場見学の時間になるまで御用蔵を見学。




P1220027_convert_20180211003223.jpg

宮内庁にお納めする醤油の醸造所

昭和14年ごろに使われていた道具や装置が展示されています。






P1220042_convert_20180211004642.jpg


麹室(こうじむろ)

粉合わせした原料を平らに盛り込んで、麹蓋を積み、窓の開け閉めや火鉢で温度や湿度の調整をしながら3日かけてしょうゆ麹を作っていたそうです。




P1220034_convert_20180211003003.jpg

仕込室(しこみしつ)

しょうゆ麹に食塩水を混ぜたものを「もろみ」と呼び、御用蔵では、杉の木桶にもろみを入れ、自然の気候の中で1年をかけて発酵・熟成させます。





P1220032_convert_20180211003125.jpg

仕込桶(しこみおけ)

仕込桶は直径2m、深さ1.7mの木桶です。




P1220037_convert_20180211003156.jpg

圧搾・火入れ・詰め

もろみを搾って、醤油を仕上げる工程で使っていた装置






P1220045_convert_20180211003716.jpg

大豆を煮る匂いがあちこちで漂います。





P1220048_convert_20180211002815.jpg

キッコーマンのしょうゆ工場の中にある「キッコーマンもの知りしょうゆ館」。



最初に、しょうゆの製造工程やしょうゆのヒミツについて約15分の映像で学習します。


その後、係員について製造工程見学。

実際の製造工程の見学や説明を通じて、しょうゆができるまでの流れを学習します。







P1220051_convert_20180211003503.jpg

しょうゆは「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「うま味」「こく・深み」が一体になった、もっとも身近な発酵調味料





P1220056_convert_20180211003400.jpg

開栓直後のしょうゆと開栓後、しばらく常温に置いておいたしょうゆの色と香りの違いを体感。
開封後は冷蔵庫に入れて保存する方が香りや味も長持ちします。






しょうゆの原型といわれる「穀醤(コクビシオ)」は飛鳥時代の文献に記載があり、日本で「しょうゆ」という言葉ができたのは室町時代と考えられています。

全国に行き渡るようになったのは、国民の所得が向上し、ガラス瓶が大量生産されるようになった大正時代だそうです。

ちなみに、今はペットボトルの容器に入ったしょうゆが多いですが「初めてペットボトルに食品」を入れて販売したのは、キッコーマンだそうです。




P1220054_convert_20180211003327.jpg

しょうゆは大きく分ければ5種類。

日本農林規格(JAS)によって、こいくち・うすくち・たまり・さいしこみ・しろしょうゆの5つに分類されています。





P1230100_convert_20180211004015.jpg


古くから日本各地で生産されてきたしょうゆは、それぞれの地域の嗜好や醸造の歴史などにより、さまざまな個性があります。


● 濃口醤油 -こいくちしょうゆ

全国のしょうゆ出荷量の約84%を占める最も一般的なしょうゆ。塩味のほかに、深いうま味、まろやかな甘味、さわやかな酸味、味をひきしめる苦味を合わせ持っています。


●淡口醤油 -うすくちしょうゆ

関西で生まれた色の淡いしょうゆで、しょうゆ出荷量の約13%を占めています。発酵と熟成をゆるやかにさせる食塩を、濃口しょうゆより約1割多く使用。素材の持ち味を生かすために、色や香りを抑えたしょうゆです。素材の色を美しく仕上げる炊き合わせ、ふくめ煮などの調理に使われます。


● 溜醤油 -たまりしょうゆ

たまりしょうゆは、主に中部地方で造られる色の濃いしょうゆです。トロ味と、濃厚なうま味、独特な香りが特徴。古くから「さしみたまり」と呼ばれるように、寿司、刺身などの卓上用に適するほか、加熱するときれいな赤みが出るため、照り焼きなどの調理用や、佃煮、せんべいなどの加工用にも使われます。



●再仕込醤油 -さいしこみしょうゆ

山口県柳井地方で生まれ、山陰から北九州地方にかけて多く造られてきました。他のしょうゆは麹を食塩水で仕込むのに対し、生揚げしょうゆで仕込むため「再仕込み」と呼ばれています。色・味・香りとも濃厚で、別名「甘露しょうゆ」ともいわれ、刺身、寿司、冷奴など、主に卓上でのつけ・かけ用に使われています。


●白醤油 -しろしょうゆ

しろしょうゆは、愛知県碧南市で生まれた、うすくちしょうゆよりさらに淡く琥珀色のしょうゆです。味は淡白ながら甘味が強く、独特の香りがあります。色の薄さと香りを生かした吸い物や、茶碗蒸しなどの料理のほか、せんべい、漬物などにも使用されています

(しょうゆ情報センターHP 醤油の「種類」より)




P1220057_convert_20180211003259.jpg






P1220074_convert_20180211003550.jpg

赤いキャップのガラスの卓上瓶入りしょうゆは1961年に発売されたもの。

当時、大きなしょうゆボトルしかなかったのを、卓上でそのまま使えるものとして考えられました。
また、使いやすさのほかに、女性が瓶を持ったときに自然と小指が上がり、美しい手の形になることを計算して作られたそうです。




P1220089_convert_20180211003623.jpg

工場見学の後はしょうゆのソフトクリーム。

「しょうゆ!」って味ではなく、濃厚な味のソフトクリームって感じ?



P1220091_convert_20180211003650.jpg

生醤油のかかったうどん。

個人的にはもう少し味が濃い方が・・・自由にかけていいポン酢と七味をふったら好みの味になりました。




P1230097_convert_20180211003818.jpg

工場見学で一人一本づつ貰えました。





P1230099_convert_20180211003843.jpg

はっとするほどフレッシュなポン酢。あまりにも驚いたので一本購入。






P1220020_convert_20180211003941.jpg

遠くからも目立つ、あのマーク。






P1220014_convert_20180211003913.jpg








P1220012_convert_20180211014425.jpg








P1220015_convert_20180211014453.jpg








P1220017_convert_20180211002859.jpg







P1230095_convert_20180211003749.jpg

千葉県のご当地フォルムカード(フォルムカードは全国の郵便局で買えます)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

わーー!楽しそう。行ってみたーーい!

醤油は日本人には必須ですもの。

ペットボトルを使用するって、当たり前に考えていましたが
斬新なことだったのでしょうね。

卓上の瓶には、そんな工夫があったのですか。
日本の食卓の風景にもなっている卓上の瓶が美しい持ち方を考えていたなんて素敵な話だなあ。

今、数種類の味の醤油が家にあります。
醤油って、空気のような存在ですが
こうやってあらためると面白いですね。

ご当地フォルムカード、いいね!
私も、今も、たまに買ってます。

もりんさま

>わーー!楽しそう。行ってみたーーい!

醤油は日本人には必須ですもの。


順を追って教えてくれるので、勉強になるし楽しいです(*'ω'*)

身近な調味料だから余計に関心をもって学ぶことができますね


>ペットボトルを使用するって、当たり前に考えていましたが
斬新なことだったのでしょうね。

今では当たり前ですもんね~
ペットボトルは軽いし、処分もしやすいですしねぇ
よく考えたものだな~と改めて思いますv-21


>卓上の瓶には、そんな工夫があったのですか。

昔からどこの食堂や家庭にもある形ですもんね~
海外でもこの形のキッコーマン醤油を見たことがありますよ

そんな工夫があったとは・・・。今は逆にあまり見かけないですねv-356


>今、数種類の味の醤油が家にあります。
醤油って、空気のような存在ですが
こうやってあらためると面白いですね。


うちもいろんな醤油を使ってますね~
こういう風に見学に行くとあれこれ試したくなるけど、あれもこれも・・・と封を開けてしまうと使いこなせないのですがv-12


>ご当地フォルムカード、いいね!
私も、今も、たまに買ってます。

ご当地の有名な観光地や名物がイラストになっているので、旅先だと記念になるし、地元だと贈る相手にギフトみたいな気持ちになるし・・・

ポストに見かけないご当地のポストカードが入っていると嬉しいものですね!(^^)!

No title

ラーダさん こんにちは。
オトナの社会科見学いいですね!!

キッコーマンしょうゆ工場かぁ。
昔展示されている道具や装置が、実際に使われていたと思うと
感慨深いですよね。

ちなみにラーダさん家は醤油何使っています?
私の実家は東マルの薄口醤油でしたが、こちらでは売っていないので
井上醤油店の古式じょうゆや鎌田のだし醤油を使っています。

最近の郵便局は雑貨ショップみたいになっていますよね(^^;)
フォルムカードいいですよね。手軽に買えるし。
大阪は...ぶたまん、お好み焼き、たこ焼き、きつねうどんって
炭水化物ばっかりやん!!!!

近くにせんべい工場があるので、工場見学行ってみようかしらん。
それではまた(^^)

ラムネさま

>オトナの社会科見学いいですね!!

学校で「学習」することって、興味がないとなかなか頭に入ってこないけど、大人になって興味を持ったことは「知りたい欲」が高まりますねv-20


>キッコーマンしょうゆ工場かぁ。
昔展示されている道具や装置が、実際に使われていたと思うと
感慨深いですよね。

千葉の銚子も醤油で有名なんですが、この時は電車の移動で時間がなく見られなかったので今回は見学で来てよかったです(キッコーマンも千葉)

テレビでは醤油蔵を見たことがあったけど、実際に見てみると大きいですね~

昔ながらも作り方も見学できたので、面白かったですv-426


>ちなみにラーダさん家は醤油何使っています?


普段、料理の味付けに使うのはメーカーよりも原料を気にしてますね~
なので、シンプルな原料でその時々で買いやすい値段になったものを買っています。

でも、刺身醤油は関東では使わないのか、全然種類がないので鎌田醤油のさしみ醤油か、九州のフンドーキンです。

フンドーキンはこないだ母が大分に行ったので買って来てもらいました。うちは昔からこれですね~(味が濃い)v-413

こちらでもヒガシマルのうすくち醤油は売ってないですね。実家では使っているけど・・・。


>最近の郵便局は雑貨ショップみたいになっていますよね(^^;)

そうそう、いろんなグッズが売ってますね。待ち時間についつい目移りしちゃう・・・。


>フォルムカードいいですよね。手軽に買えるし。
大阪は...ぶたまん、お好み焼き、たこ焼き、きつねうどんって
炭水化物ばっかりやん!!!!

大阪のフォルムカードはまだ持ってないんですよ~
数年前から集めだしたので、何度も行っている場所でもその時はそれに興味がなかったり・・・もったいない・・・。

いつか大阪に行ったときに買いたいですね~
しかし、食べ物ばっかりですなv-356


>近くにせんべい工場があるので、工場見学行ってみようかしらん。

きっと醤油などのいい香りがするんじゃないですか~?

キッコーマンでも煎餅焼き体験ができましたよ(有料で)

No title

こんにちは、ラーダさん
大人の社会見学ですね
興味がある工場へ行ってみると面白いでしょうね
サントリーの山崎蒸留所と同じく京都ブルワリーには、
2,3回行ったことがありますね

アサヒビールもキリンビールも行きたいと思いながらまだ行けていません
暖かくなったらお出かけしないとね

No title

こんにちは~

キッコーマン醬油の見学をネ!
ホント社会科見学のようですね(^^♪

埼玉、千葉には有名銘柄の醤油会社が有るのは知ってましたが、まだ一度も見学はしてません。

長男の嫁さんの実家が川越なので、美味しい醤油を頂いたことがあり、醤油麹をリクエストしたほどです。

そう、開栓直後のしょうゆと開栓後。。。TVで知り、以後開封後は冷蔵庫に入れて保存しています。そのとおり味が変わらないと確信。

ラーダ・ドゥーナさん、こうした見学も面白いですね(^^♪
友人を誘って行ってみようかなあぁ(*^^)v


No title

はじめまして、こんにちわ。
足跡からお邪魔致しました♪

もし宜しければ、またいらしてくださいね♪

ヨッシィーさま

ヨッシィーさん、体調はいかがですか?
こちらは、日中は暖かいですが、朝はシャレにならないぐらい寒いですv-12


>大人の社会見学ですね
興味がある工場へ行ってみると面白いでしょうね

うちのブログのカテゴリーにもある「大人の社会見学」は、競馬場あり、雅楽あり、赤坂離宮あり・・・です。

子供のころに見学しても意味がわからなかったでしょうね"(-""-)"


>サントリーの山崎蒸留所と同じく京都ブルワリーには、2,3回行ったことがありますね

ビール工場には見学に行ったことがありますよ~
運転手だった父はノンアルコールで気の毒でした。
ちょうどいいビールの注ぎ方を習いました。
私は学生時代居酒屋でバイトしてドリンクのカウンター担当だったので、興味深々でしたv-275


>アサヒビールもキリンビールも行きたいと思いながらまだ行けていません
暖かくなったらお出かけしないとね

工場ってちょっと不便な場所にあることが多いですもんね~
キッコーマンは最寄り駅から乗り換えなしで行けて駅から近いので気軽に行けました。

ビール工場の見学だとほろ酔いでも気持ちよく帰れる距離が望ましいですね。

実家に帰ったら灘の酒蔵へ見学に行ってみたいです。

ノアマルさま

>キッコーマン醬油の見学をネ!
ホント社会科見学のようですね(^^♪

無料で見学できて、記念品も頂けるし、好奇心も満たされるし、大人だからこそ楽しめる気もします。

「学習」として行く子供の社会科見学とはまた違って気楽ですね~v-441


>埼玉、千葉には有名銘柄の醤油会社が有るのは知ってましたが、まだ一度も見学はしてません。


千葉にはキッコーマンの他に銚子にありますね~

埼玉にもいくつかありますね


>長男の嫁さんの実家が川越なので、美味しい醤油を頂いたことがあり、醤油麹をリクエストしたほどです。

あら~、素敵なところにありますね!
川越だと金笛醤油が有名かな?

蔵の街に金笛醤油のお店もあるし、スーパーでも買えます。
金笛醤油のお店はお蕎麦屋さんもあって、そこで食べた「かき揚げうどん」が美味しかったですよ~
ものすごく大きなかき揚げで、一人では食べきれないぐらい(*'ω'*)


>そう、開栓直後のしょうゆと開栓後。。。TVで知り、以後開封後は冷蔵庫に入れて保存しています。そのとおり味が変わらないと確信。

うちも冷蔵庫に入れていますが、いろんな調味料が入っているのでいっぱいいっぱいですよ~

醤油は味だけでなく、香りも大事な調味料の一つですねv-354


>ラーダ・ドゥーナさん、こうした見学も面白いですね(^^♪
友人を誘って行ってみようかなあぁ(*^^)v


そうそう、学校みたいに真面目なレポートを出さなくてもいいし、たいていは無料だし、気楽に行けばいいんですよ~

ちょっとしたレクリエーションと思って、リハビリがてらお友達と出かけてみてはいかがですか?

これから、暖かくなるし、出かけやすくなりますね!(^^)!

NORIXさま

NORIXさん、ようこそ~ (*'ω'*)


>足跡からお邪魔致しました♪

もし宜しければ、またいらしてくださいね♪


コメントありがとうございますv-22

さっそくお邪魔してコメントを残させていただきました

ゆる~いぬるま湯ブログですが、いつでもどうぞ~v-48
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア