FC2ブログ
2018-05-28

ふらっと両毛 東武フリーパスで桐生・足利のてくてく旅①

お隣さん(鳩同志じゃない方)が一日かけてキッチンのリフォームをするということになり、騒音逃れのために出かけることに・・・。


しっかし。

夕方まで時間をつぶすとなると、近場じゃ家に帰って来てからもうるさいし・・・。

かと言って、泊りがけだとお金もかかるしな~・・・と、なかなかプランが決まらず



そんなとき、ダンナが「ふらっと両毛 東武フリーパス」というプランを見つけました。


P5070002_convert_20180527174627.jpg



「ふらっと両毛 東武フリーパス」(大人1800円 うちは埼玉県の久喜から鷲宮駅間を利用のプラン)は、東武鉄道が発売する電車・バスの企画乗車券で、栃木・群馬の指定区間で有効。しかも、フリー区間内は3日間乗り放題!


P5070006_convert_20180527174554.jpg


今回はとにかく、時間をつぶさないといけないので、最初に群馬県の新桐生に行き、その後移動して栃木県の足利市に入ることにしました。



P5060001_convert_20180527174158.jpg

埼玉県の久喜駅から新桐生まで特急りょうもう号を利用(別途 特急券が必要)




P5060002_convert_20180527174224.jpg

駅に降り立ってみたところで、まったく何もない・・・。

ここからバスで見どころの伝統的建造物群保存地区へと向かいます。



そこで、バスの時刻表を見ていたら気になるモノが・・・。

P5060003_convert_20180527174253.jpg


「低速電動コミュニティバスMAYU」

なんと、土日祝は無料で運行!


P5060004_convert_20180527174319.jpg

最高速度 時速19kmなので、急いで行きたい人には向きませんが、特に急がない観光客にはいろんな見どころを経由して行くのでお勧めです



「低速電動コミュニティバスMAYU」

低炭素型スローモビリティとして全国的に注目を集める「MAYU(まゆ)」。

現在群馬県桐生市では「MAYU-Green」「MAYU-Blue」「MAYU-Pink」の愛称で親しまれ、群馬県みなかみ町や富岡製糸場エリアでも走行中。マレーシアにも3台走っているそうです。

環境にやさしいだけでなく、ゆっくりとしたスピードなので、写真も撮りやすいです。車内では観光ガイドも。

(平日は過疎地にお住いの方のために運行しているそうです)




P5060008_convert_20180527174347.jpg

この日は風も涼しく、暑くもなかったのでとっても快適でした♪



桐生市(きりゅうし)

群馬県の東部に位置する市の一つ。

日本を代表する機業都市であり、奈良時代から絹織物の産地として知られ、桐生織は京都・西陣の西陣織と並び称された。その歴史を物語るように、市域には数多くの歴史的建造物、史跡などの文化財が残されている。1921年(大正10年)の市制施行当時の区域は旧山田郡。現在の市域は、旧山田郡・足利郡・安蘇郡・勢多郡の区域で構成される。2015年(平成27年)国勢調査人口は114,714人。
(ウィキペディアより)




P5060007_convert_20180527175801.jpg






P5060011_convert_20180527175848.jpg






P5060020_convert_20180527180030.jpg






P5060022_convert_20180527180129.jpg

桐生市は古くから織物の街として発展してきました。




P5060019_convert_20180527175952.jpg

女工さんたちが「もらい湯」に通った銭湯(現在も営業中)






P5060021_convert_20180527180101.jpg







P5060024_convert_20180527180215.jpg






P5060017_convert_20180527233652.jpg


P5070066_convert_20180527233725.jpg



低速電動コミュニティバスMAYUでゆったり30分かけて見どころを見学しつつ移動できたので、桐生天満宮をお参りした後は歩いて駅まで(JR桐生駅)まで向かいます。



そして、栃木県の足利市へ・・・。


しかし、まさか、この後にあんな事になろうとは・・・




P5060013_convert_20180527180312.jpg

日頃の行いが悪いのかニャ?







至る所に桐生市の観光大使の「篠原涼子さん」のポスターが・・・。

地元のスターだもんね
スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは、ラーダさん
そうですね 1日家から出るとなると
図書館でしょうかスーパーで買い物をプラスして
旅行好きのご主人ならでは、
「ふらっと両毛 東武フリーパス」というプランを
見つけられたのですね

ラーダさん家が、好きそうな町並みですね
「低速電動コミュニティバスMAYU」も
今回の目的にピッタリですね

続きが気になる(笑)

No title

時速19キロには笑いました www
ゆったりと観光できそうですね
それに一の湯よりも キリンビールの看板にびっくりしました
こんな町がまだあるんですね ゆっくり見てみたいです

  駐在おやじ

ヨッシィーさま

>そうですね 1日家から出るとなると
図書館でしょうかスーパーで買い物をプラスして旅行好きのご主人ならでは、
「ふらっと両毛 東武フリーパス」というプランを見つけられたのですね


映画ということも考えたのですが、別に見たいものもなく・・・。
図書館は近くにあって普段から行けるし・・・。

「行ったことのないところに行きたい」ということで探しましたv-234


>ラーダさん家が、好きそうな町並みですね
「低速電動コミュニティバスMAYU」も
今回の目的にピッタリですね


いや~
正直言うとこれぐらいしか見るところがないんですよね~

思いがけず、無料で長距離観光ができたのでラッキーでしたv-219


>続きが気になる(笑)

他の人はたぶんこんなミスをしないと思いますよ~

まぁ、いい思い出(?)ですがv-356

駐在おやじさま

>時速19キロには笑いました www
ゆったりと観光できそうですね

まぁ、無料ですしね~
自転車よりはちょっと早いぐらい?
運転手さんがいろいろと見どころを通る時に解説してくれるので、わざわざ歩いて回る手間がはぶけました

平日は過疎地にお住いのお年寄りのために運行しているそうなのですが、あのスピードなら狭い道も安全に走れそうですv-104


>それに一の湯よりも キリンビールの看板にびっくりしました
こんな町がまだあるんですね ゆっくり見てみたいです


このキリンビールの看板のお店は今はお茶屋さんですね

つい最近、女優の藤田朋子さんが3ヵ月群馬県の桐生市に移住してみるという「イチから住」という番組の企画でこのお店でバイトしていました。

他にもレトロな建築物がいくつか残っていましたv-212

No title

そっかー、地元のスターでしたねえ、
「篠原涼子さん」

テレビで篠原涼子さんが観光大使というのはよく聞いていましたが
なかなか素敵なまちですねえ。

ああ、銭湯のたたずまい、好きだなあ。



もりんさま

>そっかー、地元のスターでしたねえ、
「篠原涼子さん」


素敵な街ではありますね~
しかし、住んでいる人が「県庁所在地以外は全部過疎地」って言ってたのはわかる気がしました。

そういう中でのスターはそりゃ、自慢だろうなって思います。

どこの店も同じポスターを貼ってました。

「みんなで応援しよう!」って配られたものなのかな?v-390



>ああ、銭湯のたたずまい、好きだなあ。

歴史ある町ですもんねぇ
そのストーリーを聞くと何らかのドラマがあった気がします。

「女流作家もりん」さんなら、どんな物語を書きますか?v-352

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア