FC2ブログ
2019-02-23

刺繍のメッセージ


よく利用している駅のその周辺でも、いつもと違う道を歩いてみると思わぬものに出会ったりします。



P1310004_convert_20190223000617.jpg

大宮駅東口側の商店街のメイン通りではない道をたまに歩くことがありますが、見たことのあるモノを発見。






P1310007_convert_20190223000652.jpg

少数民族モン族の刺繍のクッションカバーです。




タイに住んでいる時にチェンマイに旅行に行ったのですが、その時にもモン族の村に行ったことがあります。


暮らしの様子を刺繍した小物などが有名ですが、まさか、大宮でも見かけるとは・・・。






P1310021_convert_20190223000909.jpg

刺繍が素敵なので、うちではタペストリーなどにして飾っています。







P1310022_convert_20190223000932.jpg

モン族は長い間、山の自然に宿る精霊を信じ、山の斜面に焼畑で米やとうもろこしを作り、山の中で、自然とともに、山とともに生活していました。

そのため、このような絵柄の刺繍が多いのですが・・・




クルクルと丸めて売られていたので、色違いを・・・と買ったのですが、家に帰ってじっくり絵柄を見てびっくり。




P1310011_convert_20190223000724.jpg

あれ?


P1310010_convert_20190223000748.jpg

なんだか物騒な感じの様子ですが・・・。





P1310014_convert_20190223000822.jpg


調べてみると、モン族はベトナム戦争と同時期におこった政権争いのラオス内戦に巻き込まれ、ベトナムや中国が支援する政府側とアメリカの支援する反政府側とにわかれ、多くが反政府側の兵力に組み込まれ戦いました。

そのため、ラオスが社会主義となった1975年以降、多くの人々が難民として、隣国のタイに難民として流出したのです。

今では、多くのモン族の人たちが、難民キャンプを経て、アメリカ、フランス、オーストラリアなどに移り住んでいますが、現在でもタイ国内のターク県、ナーン県、チェンライ県、ピッサヌローク県、ペッチャブン県などに多く住んでいます。







モン(Hmong)族は、もともと文字を持たないため、こうしたモン族の歴史や民話などを、自分たちが得意とする刺繍であらわしました。
ラオスから逃れ、山の中を何日も歩き逃げる様子、国境のメコン川を竹を浮き輪代わりに両脇にはさみ国境のメコン川を渡りタイへ逃れる様子や、モン族の生活の様子(ライフシーン)を刺繍して、タイの難民キャンプで販売するようになりました。
文字の代わりに刺繍であらわすことで、民族の歴史や誇りなどだけでなく、モン族の伝統技術を次の世代に伝えていきました。

(アジアのフェアトレード雑貨 online shop 織り人「モン族の伝統文化と技法」より)




う~ん・・・。

あまりに何も知らず、軽い気持ちで買ってしまってゴメンナサイ




P1310016_convert_20190223003824.jpg

だけど、一針一針縫った大事なメッセージ。

海を越えて手元に来たのだから、飾り物ではなく、日用品として普段づかいにさせていただきます。


スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

絵柄が・・・ モン族の方たちの歴史にはもちろん同感しますが 
この絵柄は・・・ それまでの物と全く違いますね

農作業してる絵柄が良いですね

  駐在おやじ

ラーダさん、復活お待ちしておりました。
これからもラーダさんのペースでゆったりまったりブログを書いて下さいね。

文字を持たずに刺繍で伝える。色々な文化があるんですね。
確かにパッと見ただけでも伝わるものがあるので凄い技術ですよね。
自分だったら迷い過ぎて刺繍にならないかも。
ラーダさんの物との出会いアンテナにはいつも感心します。


No title

モン族という民族のこと、知りませんでした。
世界にはいろいろな民族がいるのですね。

すぐに、その民族のことが
目にはいるラーダさんが
いてよかったです。
そこから世界が広がる。

私、初めて知りましたし。
メッセージが込められた刺繍なのでしょうね。
そうですね、日用品として
使うのがいいですね。

タペストリー素敵

ラーダさん こんばんは。

いつもは通らない違う道を通ると
「こんなお店があったんや」という
ことってありますよね。

特に古い商店街では、掘り出し物も
あるのであなどれないです。

モン族は文字を持たない民族なのね。
勉強になります。
刺繍も細かくて色づかい素敵ですね。

モン族が平和に暮らしていたのに
突然戦争に巻き込まれた悲劇。
刺繍に彼らの心の叫びを感じます。

No title

こんにちは、ラーダさん
この絵柄、気楽には使えない気もしますが
理解しているなら、使う事でメッセージを
受け止めることもいいですね

流石、ラーダさんだと感心しました

駐在おやじさま

>絵柄が・・・ モン族の方たちの歴史にはもちろん同感しますが 
この絵柄は・・・ それまでの物と全く違いますね

農作業してる絵柄が良いですね


モン族の刺繍製品は現地の土産物屋とかボランティアイベントでも手に入るのですが、こういう絵柄は初めて見ました

たぶん、なかなか売れないというか、ちょっと重いメッセージなので表に出しにくいのでしょうね

なので、正直、絵柄をしっかりチェックしないで買ってしまったことにちょっと後悔したんですけどね・・・v-12

しまい込まずにちゃんと大事に使うことが自分の受け取り方かな~と思います

maoさま

>ラーダさん、復活お待ちしておりました。
これからもラーダさんのペースでゆったりまったりブログを書いて下さいね。


ん~、ちょっといろいろあったのよ~
また会った時に話すね


>文字を持たずに刺繍で伝える。色々な文化があるんですね。
確かにパッと見ただけでも伝わるものがあるので凄い技術ですよね。

いろんな経験などを紙に記していたりもしたけど、ネズミに齧られたり火事でなくしたり・・・ってのもあって、だったら身につけられるものに刺繍したらいいのでは?ってのもあったみたい



>自分だったら迷い過ぎて刺繍にならないかも。


いや~
ちょっと今回買ったものの絵のシチュエーションはスゴイよね

お店で売るにしてもメッセージ性というか、訴える力がすごすぎて拒まれそうだけど・・・v-12

でも、それでも伝えたい思いが強かったのかな



>ラーダさんの物との出会いアンテナにはいつも感心します。


増えるばっかりで全然減らせませんわ
シンプルな暮らしにあこがれもあるのに・・・v-356

もりんさま

>モン族という民族のこと、知りませんでした。
世界にはいろいろな民族がいるのですね。


私もタイに住むまでは知りませんでしたね~

バンコクではいろんな国の人たちがタイの地方の伝統工芸品をボランティアで販売する手伝いをしていたりするので、そこで知識が広がったって感じですかね


>すぐに、その民族のことが
目にはいるラーダさんが
いてよかったです。
そこから世界が広がる。


チェンマイにはモン族の他にもアカ族とかがナイトマーケットに製品を売りに来ていたりします。

そういった民族の人たちに触れ合うことで広がる世界もありますねv-22



>私、初めて知りましたし。
メッセージが込められた刺繍なのでしょうね。
そうですね、日用品として
使うのがいいですね。


日本のこぎん刺しも美しいけど、あれにもなぜ刺繍を施すのか・・・という理由があり、驚きました。

麻の薄い野良着の補強の意味もあるし、自己表現の意味もあるし・・・

刺繍とは違うけど、キルトだって意味もありますしねぇ・・・

意味を探っていくといろんな考えや背景にたどり着きますねv-356

ラムネさま

>いつもは通らない違う道を通ると
「こんなお店があったんや」という
ことってありますよね。


そうなんですよ~
たぶん、その筋は何度か通っているはずなのですが全然気づきませんでしたv-12

てっきり最近できた店かと思ったら、なんと20年も前からあったとか・・・



>モン族は文字を持たない民族なのね。
勉強になります。
刺繍も細かくて色づかい素敵ですね。


モン族の刺繍はこういった人物の刺繍もありますが、クロスステッチを重ねたような文様みたいな刺繍もあります。

その形にも意味があるようです。


>モン族が平和に暮らしていたのに
突然戦争に巻き込まれた悲劇。
刺繍に彼らの心の叫びを感じます。


本当にそうですよね
色使いが鮮やかなのに、リアルな残酷さに驚きます。

今まで見て来たモン族の刺繍はのどかな農村風景と暮らしだったので、まさかそんな歴史があるとは知りませんでした。

ただ素朴でカワイイとか、そういうお気楽な感じでしか見てなかったので、見たいものしか見てなかったんだな~と反省ですv-393

ヨッシィーさま

>この絵柄、気楽には使えない気もしますが理解しているなら、使う事でメッセージを受け止めることもいいですね


そうなんですよね~
紫色のカバーの絵を見て他のカバーの絵柄をじっくり見ないまま買ってしまったことを少し後悔しました・・・v-12


ぱっと見、カラフルでカワイイ感じの刺繍ですが、よく見るとメッセージが重すぎるというか・・・

「えらいもん、買っちゃった」というのが最初の正直な感想です

でも、人の手が入り、こめられた心の叫びがありますしねぇ・・・

それを見ないふりして、しまい込んだり、捨ててしまうのは良くないんじゃないかと思いました。


大事に手入れして使いたいと思います



プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア