FC2ブログ
2019-04-24

シンガポールに行ってから、トルコ  

久々に、タイ駐在時代の友達Hさんと会って国立新美術館で開催中の「トルコ至宝展~チューリップの宮殿 トプカプの美~」を見て来ました。


Hさんとはタイ時代は習い事も一緒で、ランチに行ったり中華街やインド人街に買い物に行ったり、第二の(?)多感な時期(?)を一緒に過ごせました。




そんなにしょっちゅうは会えないけど、話題を選ばすざっくばらんに付き合える友人です。









まずは、恵比寿で待ち合わせしてシンガポールチキンライスのお店に・・・。


P3300004_convert_20190424170050.jpg


タイにも「カオマンガイ」という、似たようなチキンライスがあります。




シンガポールのチキンライスも似たような感じで、鶏肉を入れて炊飯器でご飯を炊きます。


違いと言えば、つけダレが少し違うぐらいみたいです。







P3300003_convert_20190424170116.jpg


こちらが、Hさんがオーダーした「ココナツ・チキンカレー」。

ココナツにトマトの酸味が利いた洗練された味のカレーって感じ。








普段は恵比寿も六本木もまったく縁がなく、行かない場所なので、いろいろなお店に連れていってもらい良い刺激を受けました。



P3310021_convert_20190424170341.jpg

ベトナムのバインミー(サンドイッチ)の屋台で売っていた、ベトナムコーヒー味のラスク。


ベトナムコーヒーは濃いコーヒーにコンデンスミルクをたっぷりと入れた甘いコーヒーですが、

とても良いコーヒーの香りがして美味しかったです







P3300005_convert_20190424170140.jpg

恵比寿から六本木まで電車で移動します。




P3300006_convert_20190424170201.jpg






P3310012_convert_20190424170225.jpg


今回は真面目に勉強のために見る、というよりは、貴重で珍しくてキラキラしたものを楽しんで見る・・・というスタンスです。


なので、会話も



「せっかく宝石をふんだんに使っているのに、研磨技術が今ほど完成されてないせいか、輝きがイマイチだね」


「今の時代に作ったら、もっと違う印象になったかもね」



と~か~





P3310014_convert_20190424170246.jpg


「この短剣の取っ手だけでも欲しいわ~(エメラルド)」



「でも、なんか、舐めかけの飴玉みたいじゃない?」






と~か~






貴重な織物を見ても


「こんなタペストリーほし~い!」






と~か~





中国製の貴重な大皿を見ても




「あんまり絵がうまくないね」



「タダでくれるって言ってもいらん」


・・・・とか、です





P4020002_convert_20190424170409.jpg

さて、チューリップですが、オランダが有名ですよね?


でも、実はチューリップの原産国はトルコ。




その語源は「チュルバン(tülbend)」で、トルコ人がかぶっていたターバンのことです。



250px-Gentile_Bellini_003.jpg

オスマン帝国スルターンであるメフメト2世(Wikipediaより)



トルコ駐在のオーストリア大使オージェ・ギスラン・ド・ブスベックが現地でチューリップを指し「これは、何の花か?」と尋ねたところ、通訳の方が勘違いして「花のかたちがターバンに似ている」と答えました。


そこでまた、勘違いしたのか「この花の名前は“チュルバン”」と伝わり、のちに「チューリップ」になったそうです。







展覧会の感想としては、最初に宝石をふんだんに使った装飾品など、きらびやかなモノを見たせいか、近代に近づくにつれ豪華さが薄れていった印象ですかね・・・。





外国との貿易で手に入れたヨーロッパの食器とか日本の甲冑とか焼き物なども展示されていますが「宝石ギラギラ時代はもう古い」って感覚になって来たのかな~?みたいな。


当時としては、それらの品々が珍しく、貴重なモノだと大事にされたでしょうが、今の時代の感覚で見ると「え~、地味ぃ」とか「お金、なくなったの?」という感じ。



そういう面では、時代や思考の変化を順を追って見ることができて面白いのかもしれません。






P3300007_convert_20190424173223.jpg

桂由美のウエディング・シャトー(って名前ではないと思うけど)

赤富士のドレス



P3300008_convert_20190424173249.jpg

浮世絵のドレス




たまには刺激を受けに大都会に出るのもいいものですね~



















スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは、ラーダさん
シンガポールからトルコ 言葉選びのセンスが良いですね

これは、展覧会あるあるなんでしょうか
「タダでくれるって言ってもいらん」
ヨッシィーもよく言っています
でも、家内にしか聞こえない小声です

時々、大きな声で話している人がいますが
間違っている時は、教えたくなりませんか
教えたことはないですけどね(笑)

鍵コメさま

お忙しいところ、コメントありがとうございました!(^^)!

いや~、ホントにいくつになっても驚きはありますねぇv-356

できるなら経験したくない驚きも、いつかは良い経験になるのかなv-354

ヨッシィーさま

>シンガポールからトルコ 言葉選びのセンスが良いですね


ふふふ・・・。
これがホントに飛行機で行ってたら面白いですよね

朝は中国で昼はインドで夜はイタリア・・・v-233


朝食は中華粥で昼はインドカレーで夜はパスタ・・・みたいな

こうやって考えると日本にいながら旅行してますね!(^^)!


>これは、展覧会あるあるなんでしょうか
「タダでくれるって言ってもいらん」
ヨッシィーもよく言っています
でも、家内にしか聞こえない小声です


あはは~
結構でかいつぶやきだったかも・・・。

「こんだけデカいと宝石というよりも飴玉にしか見えないね」と言ったら、そばで見ていたおば様方に「そうよね!あっはっは!」と爆笑されましたv-408


>時々、大きな声で話している人がいますが間違っている時は、教えたくなりませんか教えたことはないですけどね(笑)


今回は年齢層の高い方々のお客さんが多かったせいか、結構話題に入って来る人が何人かいました。

なんだか、大人数で社会科見学をしているようで楽しかったですv-414

No title

チキンライスって言うのがあるんですね
チキンを煮たスープでご飯炊いたらおいしそうです ^^

いつもまじめなラーダさんぽく無い発言が www とっても楽しく読ませていただきました

確かに 研磨技術など 近代の方が上手に決まってますもんね ^^

  駐在おやじ

駐在おやじさま

>チキンライスって言うのがあるんですね
チキンを煮たスープでご飯炊いたらおいしそうです ^^


そうそう、わざわざシンガポールチキンライスの専門店があるぐらいですからね~

いろんな国の文化が混じった国だから、なかなか珍しい食べ物も多いです

作り方ですが、鶏肉の生肉をお米と味付けした出汁と一緒に炊飯器で炊き込むようです(勘違いしてました)

お肉もジューシーでぱさぱさせず、いい味付けになっていて日本人にも好まれそうな味ですv-426


>いつもまじめなラーダさんぽく無い発言が www とっても楽しく読ませていただきました


あはは~
いつものワタシはこんな感じです。

オスマントルコ文化だとか調べるとなるとややこしいので、ただ単純に綺麗なモノを見よう!って思いましたv-356



>確かに 研磨技術など 近代の方が上手に決まってますもんね ^^


それなりにカットはされているけど、現代のものと比べてしまうと輝きはイマイチですね

今の多面カットや研磨の技術だともっと「まばゆい」かもv-257v-353

No title

チューリップがトルコ?

イメージがわかないなあ。
でも、面白い流れですね。
こういう話が、大好きです。

いろいろ見るのって、楽しいですねえ。

「チュルバン(tülbend)」が語源ですか。
ターバンを見ると、何かしら
別世界を感じて興味深いので
それが、チューリップにつながるのが
面白いなあ。

もりんさま

>チューリップがトルコ?


「チューリップは、アラビア文字で『LALE(ラーレ)』と綴ります。文字を組み替えれば『アッラー』、反対から読むと『ヒラール』と三日月を意味する言葉になるそうです。

また、三日月はオスマン帝国のルーツのトルコ系遊牧民族のシンボルだそうです。

チューリップはトルコ原産でその美しさもあり、オスマン帝国で非常に愛されたそうですよ~v-298



>「チュルバン(tülbend)」が語源ですか。
ターバンを見ると、何かしら別世界を感じて興味深いのでそれが、チューリップにつながるのが面白いなあ。


昔のトルコでかぶっていたターバンって絵で見ると縦に長く少し膨らんだ形になっています。

まぁ、それがチューリップに似ているかと言われると、そうかな~?とも思いますけどね・・・。

ただ、トルコの食器などでもチューリップの絵が入ったモノとかはよく見かけますv-273






プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア