FC2ブログ
2019-11-29

たばこと塩の博物館③ たばこの歴史と文化



さてさて、次は3階にある常設展示「たばこの歴史と文化」です。


たばこと塩の博物館



PA270195_convert_20191128220455.jpg


たばこはアメリカ大陸の古代文明の中で、儀式用の植物として利用されたことが文化的な起源と言われており、16世紀はじめには、すでに数種のタバコ属の植物が栽培されていました。



PA270187_convert_20191128220417.jpg

葉巻状のたばこを吸う神(あるいは神官):マヤ中部地方7~11世紀





PA270193_convert_20191128221530.jpg


コロンブスの大航海を経た16世紀以降、嗜好品である「たばこ」は世界中に広まっていきました。


PA270192_convert_20191128221338.jpg






パイプもさまざまな形があるんですね~

PA270197_convert_20191128221846.jpg






PA270201_convert_20191128222357.jpg







PA270202_convert_20191128222553.jpg

嗜好品ってのは、何でもアリのやったもん勝ち?

PA270200_convert_20191128222709.jpg


俺のパイプ、ワイルドだろ~ぉ?





PA270203_convert_20191128223143.jpg

水たばこの器具もありますね~


専用の香り(フレーバー)が付けられたタバコの葉に炭を載せるなどして熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通して吸うという構造。大きさは小さい物で高さ30cmからあり、一般的な物は60–80cmほど、大きい物では1mを超すものも多い。また、フレーバーには果物からスパイス、花、コーヒー、ガムなど多くの種類がある。



PA270208_convert_20191128223551.jpg



1回の燃焼時間が1時間程度と長く、重さもあり気軽に持ち運びはできない。そのため、紙巻きたばこが普及している地域ではあまり知られていないが、煙が水を通る間に多少冷やされることもあって、昼間の気温が高いインドや中近東で人気がある。特に中近東では喫茶店に置いてあることが多く、昼間から喫茶店で男性が水たばこを嗜む姿を良く見かける。
(Wikipediaより)


PA270206_convert_20191128223334.jpg








嗅ぎたばこ入れもありますね~


PA270174_convert_20191128224438.jpg

キンキラしたヨーロッパのものよりも、オリエンタルな雰囲気の中国のものがいいな~


PA270213_convert_20191128224633.jpg

嗅ぎたばこ:着火せずに香りを楽しむたばこ。たばこの粉末を鼻孔の粘膜などから摂取します。




PB030023_convert_20191128224913.jpg

私も一つだけ持ってます♪










PA270223_convert_20191128225358.jpg

ちなみに、日本にたばこが伝わったのは16世紀末。




PA270224_convert_20191128225654.jpg

たばこ入れ屋、なんてあったんですね~





PA270225_convert_20191128225505.jpg

きせるで細刻みたばこを吸っていました。







PA270221_convert_20191128225101.jpg







PA270226_convert_20191128230221.jpg





では、もう少し馴染みのある時代へ行ってみましょうか









PA270228_convert_20191128230444.jpg







PA270234_convert_20191128230648.jpg









PA270230_convert_20191128230931.jpg

たばこは吸わないけど、懐かしいパッケージがいっぱい並んでますね~





PA270231_convert_20191128231003.jpg







PA270232_convert_20191128231028.jpg








PA270235_convert_20191128230837.jpg







PA270236_convert_20191128230903.jpg


入場料100円で意外と楽しめました!(^^)!











たばこのCMはおしゃれなものが多かったですね~






PA300016_convert_20191129002851.jpg





PA300018_convert_20191129003005.jpg

顔が・・・




スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ラーダ・ドウーナさんへ

懐かしいタバコのBOX・・・
チェリー、ありましたね。
CABINは、昔のデザインが好きです。

No title

水タバコありますね~~~ 東南アジアとかでよく数人で回しながらすってますね ><
僕には無理~~~ って思いました

かぎタバコ こんなのもあるんですね
くしゃみでそうです wwww

タバコすいますが、 いつものが一番ですね
ちなみに あのマッチいいですね
見つけたら買うと思います。 ^^

  駐在おやじ

No title

私はたばこは吸わないのですが、若いころはこのタバコのにおいが好きとかありましたね~
なんでそんなこと思ったのでしょう。。。

今はどんなたばこのにおいも大嫌いです。

昔に比べて禁煙場所が増えたので、煙に対する免疫が減ってきて、ちょっとの匂いにも敏感になってしまいました。

嗅ぎタバコなんてあるんですね。
崎陽軒のお醤油入れみたいですね。

容器は集めたくなる気持ち、わかります。

No title

こんばんは、ラーダさん
パイプを見るとシャーロックホームズを思い出しますね
ちょっと憧れていました

30歳まではタバコを吸っていました
(正しくはふかしていました)
初めはハイライトでした それからセブンスターかな?

ラーダさんのコレクション 嗅ぎタバコの容器素敵ですね
大阪の東洋陶磁美術館にも展示してました

ひびきさま

>懐かしいタバコのBOX・・・
チェリー、ありましたね。
CABINは、昔のデザインが好きです。


いい大人が(?)チェリーなんて可愛いらしいたばこを吸っているとお茶目ですね( *´艸`)


>CABINは、昔のデザインが好きです。

今はどんなデザインなのでしょうかね
きっと洗練された雰囲気になっているのかしら

駐在おやじさま

>水タバコありますね~~~ 東南アジアとかでよく数人で回しながらすってますね ><
僕には無理~~~ って思いました


私はイランの観光地で吸いましたが、いまいちよくわかりませんでしたv-12

フレーバーの香りも・・・したっけな?という感じ。水たばこのことをシーシャと言って、お土産屋でもレプリカが売ってますよ。



>かぎタバコ こんなのもあるんですね
くしゃみでそうです wwww


なんつ~か、今の時代で言うヤバイ姿じゃないですか?吸っている姿って・・・。

いったい、どうやって吸ってたんでしょ?




>ちなみに あのマッチいいですね
見つけたら買うと思います。 ^^


あら~、もし駐在おやじさんに会うことがあれば差し上げるのに・・・。

面白い!と思って買ったけど、マッチって今の時代使う事ないな~v-356

シュムックさま

>私はたばこは吸わないのですが、若いころはこのタバコのにおいが好きとかありましたね~
なんでそんなこと思ったのでしょう。。。


タバコを吸う男の人って、なんとなく色気を感じてましたね~v-10

自分が吸わないから余計に・・・。

松田聖子の「赤いスイートピー」でも宇多田ヒカルの「ファースト・ラブ」でも印象的な感じで「たばこのにおい」って出てきますもんね。


>今はどんなたばこのにおいも大嫌いです。


わかります~
家族もたばこを吸わなかったので、免疫がないです。
今の時代はお店でも吸えないところもありますもんね

だから、どこかで臭いがすると「どこのどいつだ?!」とイラっとその主を探します



>嗅ぎタバコなんてあるんですね。
崎陽軒のお醤油入れみたいですね。


実際、崎陽軒の醤油入れでもいいんじゃないですかね~

蓋もできるしぃ



>容器は集めたくなる気持ち、わかります。


ああいうモノは凝りだしたら底なしですね

ミニチュアの香水瓶みたいに並べて飾っても可愛いですしね~

ヨッシィーさま

>パイプを見るとシャーロックホームズを思い出しますね
ちょっと憧れていました


そう言えば、トレードマークですもんね
祖父がいっとき、パイプを吸ってました


>30歳まではタバコを吸っていました
(正しくはふかしていました)
初めはハイライトでした それからセブンスターかな?


ダンナも若いときは吸っていたそうですが、イランに赴任したらタバコが手に入らなくなってやめたそうです。

ヨッシィーさんは何かやめるきっかけがあったのですか?



>ラーダさんのコレクション 嗅ぎタバコの容器素敵ですね
大阪の東洋陶磁美術館にも展示してました


嗅ぎたばこ入れは小さいし、コレクションすると楽しいでしょうね~

私の買ったのは骨董屋の隅でどうでもいい感じで転がってました・・・お値段も・・・ねぇいいの?という価格でしたv-356

はじめまして。

はじめまして。
「たばこと塩の博物館」
こんな博物館が都内にあるなんて知りませんでした。
江戸のたばこ入れ屋から
大好きな
鬼平犯科帳を思い浮かべ
ここ!
行ってみようと思いました。
世界中の怪しい酒
どんな料理でも大丈夫な私ですが
唯一
タバコは吸えないのが残念です。
(笑)

裕治伯爵さま

裕治伯爵さん、ようこそ!(^^)!

>「たばこと塩の博物館」
こんな博物館が都内にあるなんて知りませんでした。


渋谷区にあった時には建物の前を通って知っていました。

でも、入るのは初めてですね~

入場料100円ですが、それ以上の価値はありますよv-218



>江戸のたばこ入れ屋から
大好きな
鬼平犯科帳を思い浮かべ
ここ!
行ってみようと思いました。



深川にある「江東区 深川江戸資料館」って知ってます?江戸の町のテーマパークみたいな資料館です。

鬼平犯科帳好きなら楽しめるかもv-22



>世界中の怪しい酒
どんな料理でも大丈夫な私ですが
唯一
タバコは吸えないのが残念です。
(笑)


タバコは吸えると楽しみもあるんでしょうが、タイのタバコのパッケージって見たことあります?

「吸い続けるとこんな肺になるよ」という、肺がん患者の肺の写真付きです(まだあるのかな?)

まぁ、それを見てしまうと「へたにタバコの味を知らなくてよかった」と思うかも。






No title

なつかしい感じがしますね。
私も、タバコは吸わないのですが
タバコが、堂々と吸われていた
少し前までは
タバコのパッケージも威勢がいい感じがします。
今は、かなり密かな感じ。

トルコで、みたのは、水タバコっていうのかしら
街で吸っているのをみかけて印象的でした。

この展示、楽しそう。

もりんさま

>なつかしい感じがしますね。


そうですね~
今の時代、たばこのパッケージを見かけることが少なくなりました。

スーパーとかのレジの横で専用のスペースに入っていて勝手に買えないみたいだし・・・。

昔のたばこのパッケージはロマンがあるというか、気取って持ちたくなるようなしゃれっ気があった気がしますv-398


>トルコで、みたのは、水タバコっていうのかしら
街で吸っているのをみかけて印象的でした。


そうです。たぶん、水たばこでしょうね~
イスラムの国では男性の社交場のチャイハネに置いている感じです。

観光地では女性も吸えますよ~
私も吸ってみたけど正直「なんだこれ?」って感想ですv-356



>この展示、楽しそう。

中には「やりすぎじゃね?」と思うのもあるし、笑えるものもあります。

武将がかぶっていた兜みたいに・・・
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア