FC2ブログ
2020-01-31

鬼も戸惑う?

早いもので1月も終わりですね~



来月には節分が来て春が来るんですねぇ・・・しみじみ




ところで、この節分ですが、岐阜県美濃加茂市周辺には「十三月」と書いて柊鰯とともに門口に貼る習慣があるそうです。




「ひいらぎ」に「イワシの頭」をつけて、習字紙を細く切った物に『十三月 鬼』と書くそうです。




節分の日に鬼が山からやってきた時、家の周りにあるこの「十三月」という札を見て驚き、鬼がびっくりして山に帰っていくのだとか・・・








調べてみると、あるおまじないがありました。




用意するもの


・短冊2枚(俳句や短歌などを書く厚いもの。なければ白い紙)

・黒いペン

・画びょう2つ




おまじないのやり方

(1)1枚の短冊に、ペンで「立春大吉日」と書く

(2)この短冊を玄関に画びょうで留める

(3)もう1枚の短冊に、ペンで「十三月」と書く

(4)この短冊を窓の近くに画びょうで留める

※短冊は来年の節分の日まで貼っておきます。来年の節分には、また新しい短冊を書いて交換しましょう。





「立春大吉」とは、厄除けのお札で、禅宗のお寺様の習慣からきているものです。


縦書きに書くとこんな感じ














真ん中に線を引くと、4つの文字すべてが、左右対称になっていますね。

表から見ても、裏から見ても、立春大吉と読むことができます。


なぜ、厄除けなのか?



鬼が玄関に立春大吉のお札が貼ってある家に入ってふと振り返ると、同じように立春大吉と書いてあるお札が目にとまります。
(裏から見ている状態)

鬼は、まだこの家には入っていなかった!と思い込み、逆戻りして出て行ってしまいます。


こうして鬼がやってきてもまたすぐに出て行ってくれるので、一年間、平穏無事に過ごせる、ということです。





また、「十三月」の短冊は、「十三月」という『架空の月』を設定するということ。


それには、十二月までにあった悪いことは十三月に流れて、新しい年には持ち越さないという意味があるそうです








さて、戸惑うのはなにも鬼だけではありません。



13月はある国には存在しています。



それは、エチオピア。


エチオピアにはエチオピア暦があり、西暦の12ヶ月と違い、13ヶ月あります。

ただこれは、1年を13分割したものではありません。







エチオピア暦は4世紀ごろに起源を持つとされる古い暦ですが、エチオピアでは今もこの暦を日常的に使っているのだとか。


1年365日というのは他の国と同じですが、エチオピアのニューイヤーは、エチオピア暦において9月11日にはじまります。


毎月30日きっかりで月が変わり、余った5~6日が13月。


エチオピアの1ヶ月はすべて30日タームです。最後に5日間ほどの13ヶ月目があたるのですね~



さらに、イエスキリストの生誕年について異なる解釈を持っているために、西暦とも7~8年のズレが生じています。




こりゃ、鬼でなくても初めてエチオピアに行ってこの常識に触れた人は戸惑うでしょうね





ちなみに、イランにもイラン暦(ペルシャ暦)があります。



例えば、西暦で2020年1月31日は、イラン暦では1398年11月11日です。





私がイランに住んでいたのは、イラン暦で1379年でした~




イラン暦(ペルシャ暦) 

ペルシャ暦は、ペルシャ語が話されるほとんどの国で使用されています。
ペルシャ暦はイランとアフガニスタンにおける公式な暦であり、カザフスタンやタジキスタンなどの地域では代替暦の 1 つとして 使用されています。





































































スポンサーサイト



theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

いつもながら よくご存知ですね ^^
韓国でも 節分はあります。 ほとんどおんなじ感じですが、 豆をまくのではなく 殻の有る実を食べます。 クルミとか
この殻を割る音で鬼が逃げていくとか ← 効いた話です ^^

福を呼ぶ?かき集める 熊手も少し違って、韓国のは すくう方です。 ちりとりみたいな形です。

お隣の国ですが、 ちょっとずつ違いますね ^^

  駐在おやじ

No title

ラーダさん こんにちは。

いつもながら博学ですね~(^^)
ふむふむ・・・へぇ~ヘェ~・・・そうなの(°°)
と読んでしまいました(笑)

立春大吉は凄い!そういうこと~~~

エチオピアやイラン曆・・・戸惑いますね。
今日も参考になりました!

No title

こんにちは、ラーダさん

立春大吉は聞いたことはありますね
13月は、知りませんでした
セットで使わないと効果がないのかな?

節分がそこまで来ましたね
我が家は「磯豆」とフジッコさんの「いわしの生姜煮」を
買って準備しています

恵方巻は節分の日に買います
予約はしていないのです
食品ロスを考えると予約が正しいのでしょうが
予約してまで恵方巻と思えないのです

駐在おやじさま

>いつもながら よくご存知ですね ^^


いえいえ、ブログねたがなくて探しました。
探すとネタが結構、芋づる式に出て来るので、それに知っているネタも足して・・・という感じですv-12


>韓国でも 節分はあります。 ほとんどおんなじ感じですが、 豆をまくのではなく 殻の有る実を食べます。


韓国にも節分があるのですか?それに、鬼が逃げていくというくだりまで同じなんですねぇ

こうなると、中国や台湾にもあるのかな?とか気になりますね~(来年、ネタに困ったら調べよう)


殻のある実を割ってその音で邪気祓い、みたいなことなんですかね

炒った大豆を年の数だけ食べるだとか木の実だとか、ナゼ?と考えると面白いですv-218


>福を呼ぶ?かき集める 熊手も少し違って、韓国のは すくう方です。 ちりとりみたいな形です。

熊手まであるんですね~
関東と関西でも違うけど、韓国にもあるとは・・・

アジア的な発想なんですかね


masumiさま

>いつもながら博学ですね~(^^)
ふむふむ・・・へぇ~ヘェ~・・・そうなの(°°)
と読んでしまいました(笑)



いや~、もうブログに書くネタがなくて調べましたよv-356

昔と違って調べ方によっては変わったキーワードが出て来るので、発想は広げやすいですね



>立春大吉は凄い!そういうこと~~~


簡単に誰でも作れる魔除けの札で、これは意外と知っている人は多いですね



>エチオピアやイラン曆・・・戸惑いますね。
今日も参考になりました!


国によって歴史も違えば常識も違うんですね~

イランではカレンダーもアラビア数字じゃなかったので、理解するまで大変でしたv-12

ヨッシィーさま

>立春大吉は聞いたことはありますね
13月は、知りませんでした
セットで使わないと効果がないのかな?


どうなんでしょ?
画像で見たものには立春大吉札とセットではなかったですが・・・。

立春大吉のお札はわりと聞く風習ですね


>節分がそこまで来ましたね
我が家は「磯豆」とフジッコさんの「いわしの生姜煮」を買って準備しています


スーパーで鬼の面とセットの大豆を売ってますね

子供の頃はフライパンで炒って自分たちで折った折り紙の箱に数えた大豆を入れて食べていましたが、大人になってからは落花生ですね~v-356


フジッコさんの「いわしの生姜煮」、これはおかずにもなっていいですね!(^^)!


>恵方巻は節分の日に買います
予約はしていないのです
食品ロスを考えると予約が正しいのでしょうが
予約してまで恵方巻と思えないのです


あはは
うちでは翌日に安くなったのを買ってますね~

あ、お惣菜コーナーで「鬼に金棒メンチカツ」は買いました。これは金棒型に作ったメンチカツ(ミンチカツ?)ですが、ジューシーで美味しかったです

実は…私の名前も、縁起担ぎみたいなのを聞いたことがありまして。。。
村がちょっと、あれですが。。。
半分に割れる字を選んで付けられた名前なんですってよ。
f^_^;)
旧姓も今も、村が。。。(笑)




キューカンバさま

>実は…私の名前も、縁起担ぎみたいなのを聞いたことがありまして。。。

>半分に割れる字を選んで付けられた名前なんですってよ。


なるほど~
思わず書いて確認してしまったわ

うま~いこと、半分に割れる字が並んでいるねぇv-352


紙を半分に折って文字を切り抜いてみたいわ~



>旧姓も今も、村が。。。(笑)


ホントよね~
なかなかないよ、「村」つながり

今の方がもっとハッピー度が上がるような苗字じゃない?

四柱推命で調べたら運気も上がっているかもよ

エチオピア暦

エチオピア暦
そんなのが存在したのですね。
でも
こんな世界の「歴」大好きです。
海外では
一番多く訪問している
タイでは
鉄道の切符とか
西暦ではなく
仏歴ですからね。
そして
日本
令和2年を知っていても
皇紀2680年
これ知らない人の方が多いかも。

私がイランに住んでいたのは、イラン暦で1379年でした~

イランは行ってみたいのです。
イランから
トルクメニスタンに抜ける旅
・・・・・
・・・・・
・・・・・
でも
アル中なので
悩んでます。
(笑)


裕治伯爵さま

>エチオピア暦
そんなのが存在したのですね。
でも
こんな世界の「歴」大好きです。



エチオピア、なんの馴染みもないな~
でも、これだけ独特な暦があるとはちょっと興味が出て来ますね~


>海外では
一番多く訪問している
タイでは
鉄道の切符とか
西暦ではなく
仏歴ですからね。



ああそうそう、ありますね~
雇っていた運転手さんが期間限定で仏門に入ってました。

タイも独特な文化がありますね。
数字もアラビア数字じゃないのもあるし。
地方に行くと看板の数字が全然読めないんですよ(日本で言う漢字みたいな?)v-12



>そして
日本
令和2年を知っていても
皇紀2680年
これ知らない人の方が多いかも。


皇紀2680年?!これは初めて知りました
いや~・・・たぶん、ホントにほとんどの人が知らないでしょうねv-356


>イランは行ってみたいのです。
イランから
トルクメニスタンに抜ける旅
・・・・・
・・・・・
・・・・・
でも
アル中なので
悩んでます。
(笑)


国によっては外国人はOKとかってあるけど、イランはがっつりダメです。

でも、ノンアルのビールはあるんですよ~

No title

世の中、面白いというか、
自分の想像できない文化があるのですね。

そういえば、旧正月とかいうのも
そういうものでしょうか。

それにして13月は、面白い。
発想が、広がるので、
私、早速、次の俳句の会に
このコトバを使わせてもらいます。

もりんさま

>世の中、面白いというか、
自分の想像できない文化があるのですね。


そうですね
当たり前だと思っていることが国によっては全然違うこともあるんですね~


>そういえば、旧正月とかいうのも
そういうものでしょうか。

旧正月は現在の太陽暦ではなく、旧暦の時に使用していた中国暦で、閏年などの関係によって毎年日にちが変わるそうです。


>それにして13月は、面白い。
発想が、広がるので、
私、早速、次の俳句の会に
このコトバを使わせてもらいます。


ちょっと面白い発想ですが、頭の固いあの方々に通じるかな~?v-356
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア