FC2ブログ
2020-07-11

究極の栄養源







「少し前から、情報としては聞いてはいたんです・・・。でも、まさか、ここまでとは・・・」








これって、何の話だと思います?







ズバリ。











昆虫食です。







初めてその話を聞いたのはラジオ番組でした。



なんでも、ヨーロッパではスーパーで昆虫スナックが売り出されており、売り切れているとか!


今や、ヨーロッパでは、“新食品”として昆虫食が注目されているそうです。


昆虫食は、たんぱく質が豊富で環境への負荷が少ないすぐれた食品というふれ込みです。





そのきっかけの一つが、EU(欧州連合)加盟国で2018年1月1日に施行された「Novel Food(ノヴェルフード)に関する規制」と言われています。この中で、昆虫が“ノヴェルフード(新食品)”に規定されました。




●ノヴェルフードとは?

ノヴェルフードとは、最初の新食品法令が発効された1997年5月以前にはEU加盟国において消費されてこなかった食品や食品原料。新たな技術や製造工程で作られた食品、EU外で伝統的に食べられてきた食品なども含まれます。これに該当する食品・食品原料は、EU議会および理事会の定める法令に従い、安全性の承認を得なければなりません。



昆虫が“食品”として承認されるようになったことで、安全性が認められた昆虫は、EU加盟国で自由な取引や販売ができるようになりました。これを機に、昆虫の養殖や流通が盛んになり、“昆虫食”がさらに大きなビジネスになるのではないかと注目されています。

(BOGS GROOVE “新食品”としてヨーロッパで注目される昆虫食より)








タイでは街の屋台でも昆虫の素揚げとかのスナックが販売されており、「今さらですか?」的な、定番の食品です。






日本でも、イナゴの佃煮とか蜂の子とか食べていたんですよね?


なんで、今さら・・・?








とか、思っていたのですが・・・。


牛の体重を1キロ増やすのに必要な水が1500リットルなのに対し、コオロギは1リットル。CO2(二酸化炭素)排出も少量で済みます。

しかし、コオロギは100グラム当たりのタンパク質量は牛とほぼ同じ・・・。


カタチは違うけど、栄養価は同じじゃ~ん?コオロギってエコじゃ~ん?!(か?)









欧米では昆虫食の関連企業が次々と登場しており、EUも食用昆虫の取引を自由化(ヨーロッパイエコオロギ、ミツバチ、トノサマバッタなど)・・・。





虫を食べることについての許容度が比較的高いのは、飼育・販売が許可されたフィンランドだそうです。







この代表的企業が、コオロギを使った食品や昆虫食に注目したのは、2012年に火星移住計画「マーズ・ワン」に応募し、火星での食料確保について考えたときだったとか。


「地球の資源枯渇や人口増加による食料不足の問題に通じると思った」と語った。「コオロギは飼育場所も取らず、餌は食料廃棄物でフンは有機肥料にできる」

(ニューズウィーク日本版 昆虫食は人間にも地球にも優しい(食糧危機対策になるだけでなく)より)






新聞



そこで、昨日読んだ記事がこれ。




食料増産、急ぐシンガポール 9割以上輸入に依存、コロナで危機感


世界有数の貿易拠点として発展してきたシンガポール。いま、官民で力を入れているのが国内での食料増産だ。もともとは気候変動による将来の食料不足をにらんだ戦略だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による各国の国境封鎖で、さらに危機感を強めている

(朝日新聞 2020年7月10日(金) 世界発2020より)








シンガポールの国土は東京23区とほぼ同じくらいで、そのうち農地は1%以下という都市国家です。





農地が少ないことから食料自給率も低く、2019年の食料全体の自給率は生産額ベースで10%以下で、食料は周辺国からの輸入がメインということに・・・。





シンガポールは、なんと約170の国から食料を輸入しているそうです。




シンガポールは今のところ、食料不足に直面しているわけではないそうですが、将来、気候変動や都市化などで食糧不足が現実になる可能性が否定できないところです。





また、新型コロナウイルスによる食料確保への不安もあります。





シンガポールは食料の9割以上を輸入に頼っているという現実。




政府が「心配はない」と国民に呼びかけつつも、それでも不安はぬぐえずスーパーなどはたびたび食料を買う行列ができるとか。









そこで、政府が打ち出したのは「30年までに30%戦略」。






今、10%に満たない栄養ベースの自給率を2030年までに30%引き上げられる計画だとか・・・。






特に、力を入れるのが卵や魚、葉物野菜の生産を増やすこと・・・。






6月には政府が希望者に野菜の種を配り、自家栽培を促したとか?




う~む・・・。







この際、昆虫食も検討してはいかがでしょう?





粉末コオロギを食べると腸内環境が改善するとの研究結果もありますし、揚げたコオロギは小エビのような風味だとか。




香ばしく炒れば干しエビのような美味しい出汁が出るかもしれないし、粉末にして海苔とか玉子とか混ぜてフリカケにすれば、ご飯を食べるシンガポールでも新しい「名物」に!(か?)





高温多湿で自然栽培でもどんどこ増えそうだし、工場管理するにしてもシンガポールの徹底した衛生管理で育てれば、いずれ「シンガポール・ブランド」として世界に売りさばけるのでは・・・?








ここまで読んでも皆さんは「それでも・・・昆虫食?ありえね~!」と思うでしょ?




でも・・・。





なんと、あの無印良品でも「コオロギせんべい」が売りだされて即日完売なほど人気なのです・・・(見たことないし、存在も知らなかったけど)





昆虫食・・・





アナタのすぐそばまで来てますよ・・・・




へっへっへ・・・






ちなみに「昆虫料理研究会」のHPによる

美味しい昆虫ベスト10



1 カミキリムシ【幼虫】:直火で焼くと皮はパリパリで中身はトロリと甘い。コクがありクリーミーなバターの食感。マグロのトロの味にたとえられる。ファーブルも絶賛。

2 オオスズメバチ【前蛹】:しゃぶしゃぶ風にさっとゆがいてポン酢でいただく。甘味と旨みが濃厚で、鶏肉や豆腐に似た風味。繭を作った直後の前蛹が一番旨いとされ、「フグの白子以上」と賞賛される。

3 クロスズメバチ【幼虫・蛹】:小粒ながら旨みが強く、甘辛く煮てご飯に混ぜると、うなぎ丼の風味。長野や岐阜、愛知の伝統食。

4 セミ【幼虫】:肉厚で歯ごたえ満点。ナッツ味。燻製もオススメ。

5 モンクロシャチホコ【幼虫】(通称=サクラケムシ):毛虫という外見からは想像できない上品な桜の葉の香りに驚かされる。旨みも濃い。

6 タイワンタガメ:強面に似ず優しい洋ナシの匂いがする。この匂いはオスが発するフェロモンで、果実やハーブなどに含まれる人にとってリラックス効果のある天然成分。

7 トノサマバッタ:大きいので食べごたえがある。飛翔能力が高く、捕るのも楽しい。揚げるとピンクに染まり見た目にも食べやすい。エビ・カニに近い食感。

8 ツムギアリ【卵・幼虫・蛹】:ほのかな酸味、はじける食感、見た目は白いご飯粒

9 コオロギ(ヨーロッパイエコオロギ、フタホシコオロギ):身が柔らかで淡白なイエコ、硬く締まって歯ごたえ十分なフタホシ

10 イナゴ:稲作とともに食べられてきた国民的伝統食。江戸時代には「陸(おか)エビ」と呼ばれた。小エビに似たサクサクした食感。









スポンサーサイト



theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは♪

食わず嫌いですが
食べられるような気がしてきた〜。
ちなみに子供の頃、母が作った
イナゴの佃煮を食べたことがあります。
子供の頃に食べたものは
大人になっても食べられます。
居酒屋でも食べたことがあります(´ω`)

はぴわんさま

>食わず嫌いですが
食べられるような気がしてきた〜。



いや~・・・
タイの屋台で売ってるのを見た時もなるべく見ないようにささっと通り過ぎました・・・

あれをわざわざ食べる気が知れないけど、香ばしくて美味しいって話も・・・v-12


>ちなみに子供の頃、母が作った
イナゴの佃煮を食べたことがあります。
子供の頃に食べたものは
大人になっても食べられます。
居酒屋でも食べたことがあります(´ω`)


一度でも食べたことがあればハードルは低いかもしれませんねぇ

大人になって居酒屋でも食べたんですよね?

ううむ・・・

そのうち、サバ缶が流行ったように昆虫缶とか出てきてブームになるのかなぁ?

まぁ、あの「姿」が見えないよう加工されていれば・・・ミドリムシ(ユーグレナってそうでしたっけ?)みたいに・・・

No title

こ、昆虫!
メキシコのお土産でバッタかなにかを瓶ごと会社に持ってきた人がいて、誰も食べなかったので、カップケーキの飾りに乗せて出したことはありましたが、みんな「飾り」は残してました(笑)
う~ん...考えちゃいますね。

昆虫食

タイの屋台名物ですね。
(笑)
色々と食しましたけど
好みは
タイ語がイマイチ分からないのですけど
「タケ虫」です。
芋虫を小さくしたような
香ばしくて
大好きです。
もちろんビールにも合います。
日本だと
長野だと
「イナゴ」が有名ですけど
好みは「ザザ虫」
日本酒に合います。
昆虫ではないのですけど
タイでは
「オタマジャクシ」食べます。
香草と炒めた「オタマジャクシ」
絶品ですよ。

sakulanboさま

>メキシコのお土産でバッタかなにかを瓶ごと会社に持ってきた人がいて、誰も食べなかったので、カップケーキの飾りに乗せて出したことはありましたが、みんな「飾り」は残してました(笑)


あはは
私は学生時代にバイト仲間の男子にバレンタインチョコとメキシコの芋虫キャンディをあげたことがありますよ(ウケ狙いで)


ペロペロキャンディの中にあの芋虫ちゃんが丸ごと入ってます。

舐めていればいつか、芋虫ちゃんにたどりつく・・・v-37


お土産でバッタの瓶詰(?)をもってくるなんて、スゴイひとですねぇ
これもウケ狙いだったのかしら

しかし、カップケーキの上にトッピング!というさらにツワモノが・・・sakulanboさぁん!

鬼、悪魔ぁぁぁぁぁ~!v-356


出された人はみな「なんちゅ~こと、してくれんねん!」と思ったことでしょう

裕治伯爵さま

>好みは
タイ語がイマイチ分からないのですけど
「タケ虫」です。
芋虫を小さくしたような
香ばしくて
大好きです。
もちろんビールにも合います。


芋虫を小さくしたような・・・?
カラッと炒ったヤツですかね?
なんか、スナックとして食べるとか・・・。
見た目がアレじゃなきゃあねぇ・・・v-12


>好みは「ザザ虫」
日本酒に合います。


日本酒に合う虫?
ざざ虫・・・どんなのだろう?
でも、検索してみるのも怖い・・・

日本酒に合うってことは佃煮とか、イカのしおから的なものに加工しているんですかね?



>昆虫ではないのですけど
タイでは「オタマジャクシ」食べます。
香草と炒めた「オタマジャクシ」
絶品ですよ。


オタマジャクシ!いや~!
きっと、タイのは大きいのでしょうねぇ
お腹がぽっこりしたオタマジャクシですか・・・?

香草と一緒に炒めれば泥臭さも消える?


昔「ウルルン滞在記」って番組があって、南米とかの少数民族の村に行って「歓迎の印」というので腐った木の間に住んでいる芋虫とかを涙ながらに食べてたなぁ・・・

ラーダ・ドウーナさんへ

イナゴの佃煮。
蜂の子・・・・
実際、食べている地域ありますよね。
なので、食えると思うが・・・
悩みます・・・・
過去に、さそりの素揚げを食べた事ありますけど・・・

こんにちは♪

ハッキリ言って食べられ物でも食べたくない。。
今更~って感じです。
子供のころから食べていれば抵抗はないでしょうが・・
あとは原型をとどめないなら大丈夫かも?
ところでゴキブリは?
そのうち出るかもよ。ゾゾォー

※ヒマワリの迷路、見たことありますねェ
あんまり迷路というのは通ったことありませんが・・花の迷路は楽しいかも^^

No title

あはははは さすがの僕も 昆虫は・・・
別に食べますけど (韓国では、カイコのさなぎを食べます) このんでは食べないです。
粉になってれば 全く気にしないと思いますが 丸のままは さすがに少し抵抗がありますね

  駐在おやじ

ひびきさま

>イナゴの佃煮。
蜂の子・・・・
実際、食べている地域ありますよね。
なので、食えると思うが・・・
悩みます・・・・


いや~・・・
昔は貴重なたんぱく源だったんでしょうが、今の時代に好んで食べようとは思いませんねぇ

しかし、無印良品、なぜにコオロギ煎餅を?v-12




>過去に、さそりの素揚げを食べた事ありますけど・・・


きゃ~!どこで?!なぜに?
サソリ漬けのお酒とかありますけどねぇ・・・素揚げ?

ど、どんな味でした?
カニっぽいのかしら?(なんとなく)v-40

miyakoさま

>ハッキリ言って食べられる物でも食べたくない。。
今更~って感じです。
子供のころから食べていれば抵抗はないでしょうが・・


そうですよね~
なんで今さら?って気がします。
いくらでも美味しくてもっと栄養があるものがあるだろうに・・・v-12


>あとは原型をとどめないなら大丈夫かも?

ユーグレナドリンクとか?(あるのか?)
こうばし~く炒った蝉のふりかけとか(あるのか?)v-39



>ところでゴキブリは?
そのうち出るかもよ。ゾゾォー


きゃはっ
調べてみましたよ~ん♪

食用ゴキブリってあるらしく、アルゼンチンモリゴキブリとマダガスカルオオゴキブリは食べられるそうです・・・
うっかり検索するとブツの写真が出て来るのでご注意(+_+)

しっかし、なぜにわざわざ・・・ゴキ・・・?


>※ヒマワリの迷路、見たことありますねェ
あんまり迷路というのは通ったことありませんが・・花の迷路は楽しいかも^^


向日葵の迷路ってメルヘンに思うでしょ?背の高い頭を垂れた向日葵にじ~っと監視され(?)ちょっとした不思議の国のアリス気分を味わえます・・・。

いや「ラビリンス・魔王の迷宮」か?

駐在おやじさま

>あはははは さすがの僕も 昆虫は・・・
別に食べますけど (韓国では、カイコのさなぎを食べます) このんでは食べないです。


食べるんかい!
まぁ、どんなに美味しくてもすすんで食べたいとは思いませんねぇv-356



>粉になってれば 全く気にしないと思いますが 丸のままは さすがに少し抵抗がありますね


粉になってたら気にならないですか?
ほほう・・・

ハムなどの赤い着色料がサボテンの表面にくっついている虫を粉にしたものだと知ってから複雑な気持ちになりましたねぇ(コチニール色素)

自分が知らないだけで食用虫は添加物などで使われているかもしれませんねv-12

No title

昆虫にもよりますが
から揚げだったら、
私は、食べられるかも。

テレビ「ナイトスクープ」で、
何度か、昆虫を食べるというのを
していました。

望んではいないけれど、食べられるかもしれない可能性を秘めている私です (笑)

もりんさま

>昆虫にもよりますが
から揚げだったら、
私は、食べられるかも。


おお~!たくましい!
もりんさんはタイやミャンマーなどで暮らしていけますよv-20

まぁ、佃煮とかよりは素揚げの方が・・・。す、姿を見えなくしてくれれば・・・



>テレビ「ナイトスクープ」で、
何度か、昆虫を食べるというのを
していました。

あ~、探偵ナイトスクープですね!
いつだったか、田んぼの稲だか、畑の草だかにショッキングピンク色した何かの昆虫の卵らしきものがあるけど、それを食べられないか?という依頼がありました・・・。

辻料理専門学校の先生が調理したと思うけど、すっごくドブ臭かった・・・とかいう・・・。

よくそれを「食べられるかも?」と思ったものだなぁv-12


>望んではいないけれど、食べられるかもしれない可能性を秘めている私です (笑)


なんと素晴らしい可能性・・・!
食べたくない、ではなく「食べられるかも」という前向きな姿勢!

だいじょうぶ、もりんさんは長生きできますってv-354

No title

最近よく聞きますよね、昆虫食。
正直今はちょっと抵抗あります。。
いざとなったら食べます、ありがたく食べさせていただきます!
でもイナゴは別です。
子供の頃はおやつやお弁当にも入っていたお馴染みの味です。
小学校では年に一回、イナゴ取り大会があり農協に買い取ってもらったお金で備品購入してました(ボールや卓球ネット等)
懐かしくてイナゴの佃煮を見つけた時は購入するのですが、なんか違うのです。
母親が作っていたのはカラッとしていてとっても美味しい。
夫にイナゴも昆虫って言われるのですが、イナゴは食糧、バッタは昆虫って言い返しております。
でも、イナゴの佃煮って何百匹ものイナゴを鍋で長時間調理するのですが、ちょっとホラーかも、、
食べ慣れない人にとっては悲鳴をあげる光景ですよね。

去年ですが小学生の夏休みの研究で、昆虫食の研究をした子供の作品を見ました。
世界的に昆虫食が勧められているが地球環境の変化で絶滅危機の昆虫が多く、食糧が無いなら昆虫食って安易に考えて人間は大丈夫なのか?そもそも昆虫が居なくなれば人間も生きていけないって言うのを見ました。
食べられる昆虫は決まっているだろうし養殖もするだろうから極端な話しかもしれませんが、昆虫食が気になって調べて上手にまとめた研究に感嘆しました。
この子はどんな大人になるのかなあって読んでいてワクワクしたのを思い出しました。

maoさま

>最近よく聞きますよね、昆虫食。
正直今はちょっと抵抗あります。。


ここ何年か昆虫食の話題が出て来たね~

デンマークの高級レストランがアリのスープを出したりとか、日本のメーカーでも京野菜を食べさせたコオロギの煮干しとか出してるらしい・・・。

タガメサイダーってのもあるらしいよぉv-12


>でもイナゴは別です。
子供の頃はおやつやお弁当にも入っていたお馴染みの味です。


いや~、イナゴ?!食べたことないなぁ
でも、おやつや弁当に入っているって日常に溶け込んでいるのね・・・



>小学校では年に一回、イナゴ取り大会があり農協に買い取ってもらったお金で備品購入してました(ボールや卓球ネット等)


学校行事にまで入り込んでいるとは!イナゴ、すげ~!

しかし、イナゴ取り大会?地獄絵じゃ~っv-356



>懐かしくてイナゴの佃煮を見つけた時は購入するのですが、なんか違うのです。
母親が作っていたのはカラッとしていてとっても美味しい。


お母さんはどうやって作ってたんだろう・・・。鉄鍋で乾煎りとか?


>夫にイナゴも昆虫って言われるのですが、イナゴは食糧、バッタは昆虫って言い返しております。

似たような感じだけど、食べる部分が少ないのかな~?
それか、とても苦いとか?(そもそもバッタって食べられるの?食べられるならインドに飛んで来た大量のバッタも今頃食べられているはず・・・?)


>でも、イナゴの佃煮って何百匹ものイナゴを鍋で長時間調理するのですが、ちょっとホラーかも、、
食べ慣れない人にとっては悲鳴をあげる光景ですよね。


う~む、見たくないねぇ
熱さに耐え切れず、鍋からびょ~んと飛び出してきたりして・・・


>世界的に昆虫食が勧められているが地球環境の変化で絶滅危機の昆虫が多く、食糧が無いなら昆虫食って安易に考えて人間は大丈夫なのか?


なるほどねぇ・・・

確かに蜂とか蝶とか蜜を媒介する虫がいなくなると野菜が育たないとか言うね
花も咲かなくなるし・・・


食料としては近年、食材としての虫が話題になっていて国連の食料専門機関であるFAO(国連食糧農業機関)では、タンパク質を虫からとろうという報告書を2013年に出してるんだって。


家畜と違って餌も水も少なくてすんで発生するCO2も少なくてすむし・・・。

かんたんに増やせて、環境にやさしく、栄養価が高いし。

でも、イエコオロギの粉末13g摂るのに100数十匹はいるらしいから、まだまだ実現化は難しいのかもね



>昆虫食が気になって調べて上手にまとめた研究に感嘆しました。
この子はどんな大人になるのかなあって読んでいてワクワクしたのを思い出しました。


小学生にとっても昆虫食は衝撃的だったんだろうねぇ

いろいろ調べていくうちに昆虫界の現状(?)にもいろいろ思う事があったんだろうしねぇ

将来、どんな大人になるのか楽しみだね!(^^)!





No title

昆虫は食べる習慣がないだけで、機会が増えたら一般的になるかもしれないって思います。

海老やアワビを初めて食べた人の勇気に改めて感動します。

生で食べた人にも。

No title

私が食べた事あるのは乾燥バッタとノパル
(団扇サボテン)の芋虫のサルサだけですが
メキシコにもたくさん「珍味」がありますよ。(笑)
ノパルの芋虫は処理をしたものですが炒めて
タコスの具になりますし、ありの卵~もあります。
どちらも高級料理ですよ。

ごちゃごちゃ言う人がいるけど日本の寿司の具なんて
外国から見たらうぇ~っ(笑)
私は未だにエスカルゴ御免です。ただでも要らない。(>_<)
そう言えば九州の方がブログで紹介していましたけど
昆虫の自販があるようですよ。物好きが多いのでしょうかね~

かぐや姫さま

>私が食べた事あるのは乾燥バッタとノパル
(団扇サボテン)の芋虫のサルサだけですがメキシコにもたくさん「珍味」がありますよ。(笑)


あはは
そうでしょうねぇ
メキシコにはたくさん珍味な虫料理(?)虫具(?)がたくさんありそう・・・

芋虫のサルサかぁ・・・
マカロニと交じってたらうっかり食べちゃうかも・・・v-12


>ノパルの芋虫は処理をしたものですが炒めて
タコスの具になりますし、ありの卵~もあります。
どちらも高級料理ですよ。


アリってめっちゃすっぱいそうですね~
蟻酸?
レモンの酸味ぐらいきっつい酸だそうですが、なぜにわざわざ・・・?

芋虫入りのタコス・・・。
他にも美味しい具があるだろうに・・・v-40


>ごちゃごちゃ言う人がいるけど日本の寿司の具なんて
外国から見たらうぇ~っ(笑)


ええ~?ウニとかイクラとかですか?
なんかキモイねた、あったっけ?
生シラスの軍艦巻きとか?



>私は未だにエスカルゴ御免です。ただでも要らない。(>_<)


まあねぇ・・・
わざわざカタツムリの中身ほじくってバターでソテーした何かを詰めているんですもんね

フランスに行った時、スーパーの冷凍食品コーナーでエスカルゴを見たときに「さすが~!」と思いました。

今や、日本のファミレス(?)サイゼリアでもメニューにありますよ
しかし、本物かなぁ?
食感が限りなく、エリンギに似てるけど・・・


>そう言えば九州の方がブログで紹介していましたけど
昆虫の自販があるようですよ。物好きが多いのでしょうかね~


昆虫の自販機?
いったい、何の虫を売ってるんでしょ?
生きたまま?
それとも、乾燥したやつ?
標本?
三葉虫の化石とか?

どっちにしても「いっらね~!」

シュムックさま

>昆虫は食べる習慣がないだけで、機会が増えたら一般的になるかもしれないって思います。


外国ではシリアルとかチョコレート、パンとかに混ぜて販売されているそうですよ

味にも特に違和感がないそうです。

こういった食べ物に含まれてしまえば受け入れやすいんでしょうねぇ

「虫そのもの」を食べるには勇気がいるけど・・・v-12


>海老やアワビを初めて食べた人の勇気に改めて感動します。

生で食べた人にも。


平安時代までは川魚とかを食べていて、鎌倉時代あたりから海のモノを食べだしたとか・・・。

でも、海の近くに住んでいればもっと以前から食べていたんでしょうかね~

淡路島に日本発祥の地とかいう絵島があるんですが、そこは絶好の魚釣りポイントなので昔からいいもの食べていたのかな~

エビやタコなどもよく食べようと思いましたねぇ・・・

当時の調理法として「とりあえず焼いて食べてみたらうまかった」・・・のが最初だったりしてv-41
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア