FC2ブログ
2020-09-06

空の大劇場

4日の夕方は天気が急変して、空が物凄いことに・・・!



P8090159_convert_20200905163001.jpg

まるで、CGみたいな空でしょ?








P8090164_convert_20200905163200.jpg

雲の流れが速いです














P8090176_convert_20200905163411.jpg

白くなが~い雲が現れました








P8090183_convert_20200905163458.jpg

いったい、どこまで続くの?という巨大な龍のような雲です。


この後も長~い、長~い白い雲がどこまで前進していきます。


時折、もの凄い稲妻が光り、爆音が轟きます。










龍なんて絵画でしか見たことがないのに、こうやって目の前で普段目にしない摩訶不思議な雲見ると「もしかして、龍ってホントにいるんじゃ?」と、恐怖を覚えます。





それと同時に、なんというか“大きな存在の者”から「時代がいくら便利に進化したからと言って、なんでもコントロールできると思うなよ」と見せつけられている気が・・・。







金環日食

2012年に撮影した金環日食です。

金環日食②



日食とは、月が太陽の前を横切るため、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。



今となれば、摩訶不思議だと思われた自然現象のメカニズムがわかりますが、わからなかった時代の「ありえない自然現象」は『神のしわざ』や『神の意志』と受け取られ、信仰につながっていったのではないかと思います。






たとえば、神話では高天原の最高神として君臨し、皇室の祖先であり、国民すべてを守る日本の総氏神の天照大御神(アマテラスオオミカミ)。





両親は、神話に登場する夫婦神:父・イザナギノミコトと母・イザナミノミコト。





その娘が太陽神の天照大御神(アマテラスオオミカミ)で、弟は須佐之男命(スサノオノミコト)



この、須佐之男命が泣き虫の暴れん坊で周りを巻き込むホトホト迷惑な弟・・・。



伝説の数々を読むだけでも



あ~!嫌だわ、こんな弟!そりゃ、姉ちゃんもグレるわ!


・・・って感じ。






そんな、弟の大暴れに嫌気がさし、呆れて、姉の天照大御神は天岩戸に隠れてしまいます。




太陽神の天照大御神が隠れてしまったことで、世の中は真っ暗闇になり、



悪神や悪霊が大暴れして、世の中が滅茶苦茶になってしまうのです。







これが、現代で言う日食という現象なのかな~?と思います。



月は・・・夜の世界を治めるという、月読命(ツクヨミノミコト)?
古事記には記述の少ない謎の神様だそうですが





ちなみに、そんな真っ暗闇の世界をなんとかしようと神々が話し合って出した解決策は、ダンス!




天照大御神が天岩戸に隠れた時に、アマノウズメノミコトが岩戸の前で半裸で踊り、観衆の神様たちを大笑いの渦に巻き込みました。




その賑やかな声に「いったい、何ごと?」と岩の隙間からこっそり出て来た天照大御神を皆で引っ張り出したことで、世の中に明るさが戻ったとか。







ちなみに、この時に踊っていたアマノウズメノミコトは、芸能の神様として信仰されています。





そして、さらに結界の神・猿田彦と夫婦になるのです。



猿田彦の別の姿は道祖神で「道開きの神様」として、今も信仰されています。







話がそれましたが・・・。


便利な時代になって情報をキャッチしやすくなったので、避けられる災害は避け、でも、気候の変動を軽く考えず、できる備えをすることだと思います。




しっかし。



伝説とは言え、神様界でも人間関係(?)が複雑で「いつの世も悩みは変わらぬものよぉ」と、思うのでした。







ちなみに、次に日本で日食が起こるのは2023年4月20日で、このときオセアニアなどの一部地域では皆既食が、日本では一部地域で部分食が起こります。




また、次に日本全国で部分日食が起こるのは2030年6月1日です。




このときは北海道の大部分で金環食となるそうですよ~


























スポンサーサイト



theme : 思うこと感じること
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは♪

ほんと、曇って凄い表情を見せることがありますね。
それにしても凄い雲を見ましたね。
映画を観ているみたいな雲です。
昔の人はこのような雲を見て
龍の存在を信じたのかも知れませんね。
そして日食は天照大御神が隠れたのだと思ったのかなぁ。

2012年の金環日食、僕も撮りましたよ。
https://happy04020728.blog.fc2.com/blog-entry-1350.html

次の日食は2023年4月20日と2030年6月1日ですね。
楽しみにしてます( ´ ▽ ` )

はぴわんさま

>ほんと、曇って凄い表情を見せることがありますね。
それにしても凄い雲を見ましたね。
映画を観ているみたいな雲です。


日中は天気が良かったのに、夕方から雲行きが怪しくなり、あれよあれよ・・・という内にこんな空に・・・。

空が見たことのない恐ろし気な青になり、夢中で写真を撮りましたが、撮影が下手なのがもったいない((+_+))



>昔の人はこのような雲を見て龍の存在を信じたのかも知れませんね。
そして日食は天照大御神が隠れたのだと思ったのかなぁ。


日食になると、周りが暗~くなりますもんね。

今ならその暗さも一瞬のことだとわかるけど、わからなかった時代は突然のことにパニックになったでしょうねぇv-12

龍だって架空の生き物なのに、なぜに、あの姿で今でも語り継がれているんでしょう



>2012年の金環日食、僕も撮りましたよ。

拝見しましたよ~
さすが、はぴわんさん!
いろんなパターンを綺麗に撮影されていますね

私はいけないけど、雲に隠れた隙に写真に撮りました。雲がなければ撮れなかったでしょうね



>次の日食は2023年4月20日と2030年6月1日ですね。
楽しみにしてます( ´ ▽ ` )


この時も綺麗に見られるといいですね~

ラーダ・ドゥーナさんへ

昨日の夜は、雷が凄かった。
そしていきなりの大雨、そして短時間で警報が出ました。
で、今日は、朝からいい天気。

台風も近づいておりますので、また、夜、急変するのでしょうかと・・・

みとのまぐわい

両親は、神話に登場する夫婦神:父・イザナギノミコトと母・イザナミノミコト。

これだ!

今度SNKが入浴中

勝手にドアを開け

「あなたの身体はどのようにでき上がっていますか」

こう聞けば結婚してもらえますね。

(笑)

しかし

この話し

産まれてきた子供に障害があったから

船に乗せて流してしまうとか。

かなりヤバい話もいっぱいですよね。


No title

ホントにCGみたいな空ですね。

私も空を見るのが大好きで、毎日変わる雲や空は面白いです。

星占いの世界では有名なのでご存じかもしれませんが、今年星たちは大荒れです。

だいたい200年単位で世の中が変わるのですが、今年がその変わる年。

約200年前に産業革命が起こったころから「土」にあらわされる経済、物、確かなものが重要だった200年が終わり、「風」があらわす目に見えないものが重要な時代に変わります。
情報やコミニュケーション、人のつながりなど。
とりあえず目に見えないコロナウイルスが流行りましたね。
権力争いの戦争は無くなるでしょうけど、ウイルスなどの脅威と闘わなくてはなりませんね。

ひびきさま

>昨日の夜は、雷が凄かった。
そしていきなりの大雨、そして短時間で警報が出ました。
で、今日は、朝からいい天気。


そちらでも雷や雨がすごかったのですね~v-474

今や短時間であっという間に災害に巻き込まれることもあるので、ニュースはチェックしておかないといけませんね

そして、朝は晴れだけど急変すると早いですね




裕治伯爵さま

>これだ!

今度SNKが入浴中

勝手にドアを開け

「あなたの身体はどのようにでき上がっていますか」

こう聞けば結婚してもらえますね。

(笑)


裕治伯爵さん、笑い事ではありません。
二人は夫婦神でもありますが、最初に離婚した神でもあるのです。

死んだイザナミに会うためにイザナギは黄泉の国まで行きますが、イザナギは約束を破って変わり果てたイザナミの姿を見てしまい、恐怖で逃げ帰ってしまうのです。

もし、入浴中に勝手にドアを開けたら結婚どころか、命の保障もできかねますv-40



>しかしこの話し産まれてきた子供に障害があったから船に乗せて流してしまうとか。

かなりヤバい話もいっぱいですよね。



あ~・・・エビス様ですねv-356

古事記ではイザナギとイザナミの最初に子供ってことになってるそうですね

生まれた時に骨がなかったので、舟に乗せて流されたとか・・・

しっかし、それがなぜ商売繁盛の神様になったんだろう・・・

あの、笑顔の下にいったい何が・・・v-12

神話って、深い意味があるのかもしれないけど、ツッコミどころ満載ですね

シュムックさま

>ホントにCGみたいな空ですね。
私も空を見るのが大好きで、毎日変わる雲や空は面白いです。


一日に何度は空は見ますね
「雲占い」とかあったら調べてみたいなぁv-485


>だいたい200年単位で世の中が変わるのですが、今年がその変わる年。

200年毎に変わる現象を、占星術ではグランドミューテーションと呼ぶそうですね。

直訳すると“偉大なる突然変異”

それがゆっくりと始まるのが2020年の年末だそうです。

確かに言われてみれば、恐ろしいほどにそれに沿ってますねぇ


>約200年前に産業革命が起こったころから「土」にあらわされる経済、物、確かなものが重要だった200年が終わり、「風」があらわす目に見えないものが重要な時代に変わります。


うわ~、怖いですねぇ
風が吹いて落ち着いていたものがひっくり返されたり、なくなってしまったりするんでしょうねv-12

嫌な期間に入りました・・・



>情報やコミニュケーション、人のつながりなど。
とりあえず目に見えないコロナウイルスが流行りましたね。
権力争いの戦争は無くなるでしょうけど、ウイルスなどの脅威と闘わなくてはなりませんね。


情報手段が進化したり、いろんな方法が生まれてくるんでしょうね

しかし、デマを流したり疑心暗鬼になったり、それを引っ掻き回すのが「風」という時代・・・

荒ぶる風がおさまって、早く安堵できるようになっていってほしいです((+_+))






No title

夕焼けや彩雲などは驚きの方でも
神聖な気持ちを引き出しますが
嵐の前の雲は”恐怖心”を呼び起こしますね。
ここはもう10日間毎日続いてほとほと疲れて来ています。

ひどい雷は音で驚かされる他に家電への
影響があるのでまずTV,冷蔵庫などの電源切り。
次に電圧が変わるのを感じて停電になる
心配をしながら出来る事は片付けものくらい。


雷一つとっても最近の自然災害の大きさには
神(自然)の怒りのようなものを感じます。
そろそろ許して頂きたいものです。(笑)

No title

台風のせいで すごい雲がいろんなところで出たみたいですね。
いろんな方が記事にされてました。

僕といえば・・・・ 酒飲んで家でぐた~~~~ ッとしてました ><
昨日は 一日やり直したいです ><

話がそれてすいません ><

  駐在おやじ

No title

こんにちは
雲の様子、すごいですね。
「龍」ほんとうにいるのかもですね。

ずっと前にメキシコで皆既日食を見たことがあります。タクシーの運転手さんに、日食をバックにした女子4人の記念撮影を頼んだら、女の子だけが映っていて、肝心に日食は入っていませんでした(泣)

魔物♪

こんばんは~♪
魔物がいそうな雲が出てるとコメントをいただきましたが、
ほんとにその通りですね^^
こちらも昨日の夕方は真っ黒い雲が出てピカピカ稲妻が走っていましたが、雷雨にはなりませんでした。
どんなに科学が進んでも、自然の力の前には無力だと思い知らされます^^;
でも、自然に勝てるようにもなりたくないかな~(笑)

かぐや姫さま

>嵐の前の雲は”恐怖心”を呼び起こしますね。
ここはもう10日間毎日続いてほとほと疲れて来ています。


どよ~んと周りが暗くなるだけでなく、雷雨でもなれば下手したら停電とか家屋の倒壊とかにもなりかねませんからねぇv-12

10日間毎日ですか
それは凹みますね
止まない雨はない、とは言っても「ホンマかいな」って気になっちゃう


>ひどい雷は音で驚かされる他に家電への影響があるのでまずTV,冷蔵庫などの電源切り。


家電などに影響があると嫌ですもんね。
タイに住んでいた時は冷房が止まるし、窓は開けられないし大変でした



>次に電圧が変わるのを感じて停電になる心配をしながら出来る事は片付けものくらい。


うちではすぐにバスタブに熱いお湯を入れました。停電で入れなくなったら困るし・・・。


>雷一つとっても最近の自然災害の大きさには神(自然)の怒りのようなものを感じます。
そろそろ許して頂きたいものです。(笑)


神様もたまりかねているのかも?
人間の便利な生活の引き換えに環境破壊も進んでいるだろうし・・・。

頑張ってできるエコに励むから神様許してちょ~


駐在おやじさま

>台風のせいで すごい雲がいろんなところで出たみたいですね。
いろんな方が記事にされてました。


今回はテレビでもしきりに「今までと違う台風の被害があるかも」的なことを言われていますからねぇ

確かに、こんな雲は見たことないし、暴風域に入っているところも心配ですv-12


>僕といえば・・・・ 酒飲んで家でぐた~~~~ ッとしてました ><
昨日は 一日やり直したいです ><


な~んだ~
てっきり、またパソコンがつながらないのかと思って「気の毒よのぉ」と思っていたのにぃ

な~んだ
な~んだ

あたい、拗ねちゃう(ただいま休肝日3日目)

sakulanboさま

>雲の様子、すごいですね。
「龍」ほんとうにいるのかもですね。


しずか~に巨大な白い雲が流れていく様はなんか、夢の中の出来事のようでしたよ

意思を持って突き進んでいくかのような・・・v-393



>ずっと前にメキシコで皆既日食を見たことがあります。タクシーの運転手さんに、日食をバックにした女子4人の記念撮影を頼んだら、女の子だけが映っていて、肝心に日食は入っていませんでした(泣)


あはは
運転手さんにとっては皆既日食よりも魅力的な女の子たちの方が興味があったんでしょうv-282

ひーさま

>魔物がいそうな雲が出てるとコメントをいただきましたが、
ほんとにその通りですね^^


私はこういう時、シューベルトのオペラ「魔王」の曲が頭の中に流れています(あと、腹痛でヤバイ時とか)


内容としては、嵐の夜に父親が病気の息子を馬に乗せて医者に診せに行くのですが、息子は「お父さん、魔王が追いかけてくるよ!」とおびえるのです。


(歌詞の一部)

息子よ、何を恐れて顔を隠す?
お父さんには魔王が見えないの?
王冠とシッポをもった魔王が
息子よ、あれはただの霧だよ


魔王:「可愛い坊や、私と一緒においで
楽しく遊ぼう
キレイな花も咲いて
黄金の衣装もたくさんある」


お父さん、お父さん!
魔王のささやきが聞こえないの?
落ち着くんだ坊や
枯葉が風で揺れているだけだよ


追い立てられるように歌うのですが、なかなか緊迫感があって中学で習ったときに妙に心に残りました。


>こちらも昨日の夕方は真っ黒い雲が出てピカピカ稲妻が走っていましたが、雷雨にはなりませんでした。


今はもう予測がつかないですね~
こちらでは雷が鳴ったと思ったらいきなりバケツをひっくり返したような雨が降るんですが、止むときはピタっと止みます。
常に天気予報を気にしています((+_+))


>どんなに科学が進んでも、自然の力の前には無力だと思い知らされます^^;
でも、自然に勝てるようにもなりたくないかな~(笑)


日本人は八百万の神々を信じてますからねぇ

どんなものにも魂が宿っているから、モノを粗末にしない、自然の恵みをありがたく感謝する心があるとか・・・

自然の変化を受け入れ、それに沿って暮らしていくことの大事さは忘れたくないものです









プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
フリーエリア