FC2ブログ
2008-08-22

アウトドア茶会

以前、なんちゃって茶会について記事を書きました。
(カテゴリー「暮らしをたのしむ」 7/29の記事 「なんちゃって茶会」)

今度は、もっと娯楽として楽しめる茶道はないかな~と思っていたところ、
100円ショップのダイソーで、ピッタリのモノを発見しました。
takenodougu.jpg
100円ショップで315円って「高いッ」と思うのですが、これは結構良く出来ています。

takeset.jpg
抹茶を入れておく、棗(なつめ)という入れ物も(※ダイソーでの商品名は茶筒)、抹茶を泡立てる茶筅(ちゃせん)も抹茶をすくう茶杓(ちゃしゃく)も竹。
茶筅と茶杓が竹でできているのは当たり前ですが、棗が竹でできているとは珍しい。

natumetake.jpg
竹という日本的な素材が、逆にモダンなイメージに思えました。
315円でここまで丁寧に作ってあるとは・・・。棗としては、実用的とは言いにくいけど(竹の繊維の間に抹茶が入り込んでしまう可能性がある)、「なんとな~く気分を味わいたい」と思って揃えるにはいいのでは?と思います。

しかし、茶筅と茶杓をよく見てみれば、パッケージに「野点用」と書いてあります。

「野点(のだて)」。

野点って何

茶室の中ではなく、屋外で使用するもの。

季節のいい時期、花見などの風景が美しい時期に、

自然や花を愛でながら、お茶を楽しみたい・・・・

・・・と、いう時に、お茶道具を持って行って外でお茶を点てるのです

立礼と野点のくふう十二ヶ月立礼と野点のくふう十二ヶ月
(2007/09)
秋山 宗和

商品詳細を見る


そのため、ただでさえ多い茶道具をできるだけ、コンパクトにまとめて持って行きたい・・・という
考え方になるようです。

そのために「野点用」の道具は少し小さいサイズになります。

nodatecha.jpg
比べてみるとわかりますが、右半分の道具が室内で使うもので従来のサイズです。
そして、左半分が今回買った「野点用」のサイズです。

その、野点セットですが、現代ではアウトドアショップでも売っているようです。
いや~、驚きです。


モンベル野点セット

でも、わざわざ買わなくたって、今回買った茶筒と、茶杓・茶筅を組み合わせて
オリジナルの「野点セット」をつくってみましょう。

tamaetbako.jpg
玉手箱のようですが、もともとはクッキーが入っていた箱です。
今回は、道具のサイズに合うのでこれを使用。

urasimataroo.jpg
中身はこんな感じ。
ちょっとオママゴトみたいでしょ?
和風ピクニックセットって感じでしょうか

一つ一つ取り出してみるとこういうモノが入ってます。
picknic.jpg
茶碗 手ぬぐい 茶杓 茶筅 茶筒 黒文字(お菓子を食べるフォーク) お菓子皿 ウェットティッシュ

アウトドアショップで売っている「野点セット」とは中身が少し違いますが、これさえあれば、野外である程度は快適なお茶を楽しめるのではないかと思います。

お湯はポットや水筒に入れていけばよし。

お茶菓子も、和三盆の干菓子でなくても串に刺したお団子でもいいし(手も汚れないし)、
1つ1つ個別包装してある、ドラ焼きでも、チョコレートでも、ドーナツでも良し(抹茶味のドーナツだってありますしね

今回は、スーパーで買った、生菓子。

お茶碗も抹茶茶碗がなくても、深さがあればご飯用の茶碗で良し。
野点用の茶筅は小ぶりなので、普通のお茶碗でもちゃんとお茶を点てられます。

まず、やっておくべきことは・・・

koshicha.jpg
抹茶は缶や袋に入ったままのモノをそのまま使うと、粉がダマになってしまって飲む時に飲みにくいのです。なので、茶漉しで漉しておくといいですよ~。
片口という、注ぎ口のある容器があれば茶筒にお茶を入れる時に入れやすいです。
なければ、スプーンですくって入れましょう。

chazutu.jpg
こ~んな感じ。

お茶を点てる前に、茶碗に熱湯を少量注ぎ、茶筅を洗います。
arauchasenn.jpg
シャカシャカと何度か泡立てたら、目線の位置に茶筅を持ち上げ、茶筅の穂先をクルクルと回転させながら、折れた箇所がないか、ゴミがついていないか確認します。

そして、茶碗のお湯を一度捨てます。

sannbai.jpg
軽く手ぬぐいでしずくを取って、茶杓で抹茶を3杯すくって茶碗に入れます。
※通常は2杯ですが、茶杓のサイズが小さいので3杯

tatecha.jpg
お湯を入れ(75ccくらい)、茶筅を立てて泡立てます。
(※親指と人差し指でつまみます)

kashicha.jpg
お菓子を最初に食べてから、お茶を飲みます。
(※お茶の苦さを先に感じないように。もちろん、交互に・・・でもOK)

飲み終わったら、茶碗にお湯を注ぎ、一度お湯を捨てます。

再度、お湯を注ぎ、先ほど使った茶筅を最初と同じように泡立てて洗います。
(水道の蛇口をひねってジャ~っと洗わないように。穂先が折れる可能性もあります)

後は茶碗を乾いた手ぬぐいで拭き、お茶をすくった茶杓もティッシュなどでふき取り、
ウェットティッシュでお菓子のお皿を軽く拭きましょう。
(※家に帰ったらもう一度洗ってくださいね)

そして、最初に持って来たようにまた、箱に収めて持って帰るだけ。

ピクニックでコーヒーや紅茶もいいけれど、日本庭園のある公園や綺麗な季節の花が咲いている場所でお抹茶を楽しむのも素敵かも・・・

茶室に入る時は左足から入れ、とか、畳の縁を踏むな・・・などと作法が細かい事に頭を悩ますよりも、鳥のさえずりを聞き、心地よい風に吹かれながら「なんちゃって アウトドア茶会」を楽しんでみては・・・。茶碗を洗ったりして使ったお湯も大地に返せば、植物も潤いますしね~(そんなに大量にお湯は使わないけど)

ちなみに、風水では9月は豊かさを増やしてくれるシーズンだそうです。
この時期にお茶を楽しむのは、この先の楽しみ事や金運を増やすことに繋がるそうですよ~

抹茶は、物事を継続させてくれる運気のある飲み物、発展運も上がるそうです。

これから、どんどん気候が良くなるといいですね~
早く雨よ、去ってちょ~








スポンサーサイト



theme : 自然の中で
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは。ラーダさん、やってますね~。さすがです!
私は外でのお茶の時は、適当な大きさのビニール袋を少し持って行きます。どうしても使ったあとの茶器に水分が残るので、茶器などビニールに入れて持って帰ると道具がぐちゃぐちゃにならずに済みます。
袋に入れて、ぎゅっとしぼってパッキングすると、カタカタいわないというメリットもあります。そしてふきんを上手に使えば破損しません。
自分なりのセットを工夫すると楽しいですね。秋は野点ですね!

No title

すごいですね~。
そういう形で売っているお道具みたいですよ。
ダイソーって100円以外の商品も売っているのは知っていましたけど、茶筅や棗まであるんですか…知らなかった。
高校生の時、茶道部は唯一お菓子を学校に持って行っていいクラブだったので入っていましたが、和菓子じゃなくてフツーのチョコとかを持って行ってフツーに食べてました(^_^;)
こんな事は覚えていますが、ふくさや茶巾のたたみ方はもう忘れてしまいました。
竹といえば最近買った竹繊維のタオルは手触りがシルクみたいで吸水性が良くて秀逸でした。

TTDKさま

そうなのですよね~。私も実際にやってみて思いましたが、パッキングできるジッパー付きのビニールとかがあればいいですね。布巾にも水分などが残ってますし、ちょっとした詰め物にもなりますものね。

今回は見本という事で、写真に納めましたが、持ち運ぶとなると破損防止にもう少し気を配らないといけないですね。

茶道というと堅苦しく考えがちですが、野点はそんなに面倒なルールもいらず、娯楽として楽しめるのでは・・・?と思います。教えて頂いたブランドでもあったように、外でコーヒーを飲むようにお茶を楽しむ・・・というのも今後の新しいスタイルかもしれませんねv-34

ワンともさま

私も4年習ったにもかかわらず、もう「ふくささばき」などもすっかり忘れていました。手順とかもサ~ッパリ!

ただ、お茶を点てるやり方さえ覚えておけば、単純に「お茶を美味しく飲む」という事を気軽に日常的に取り入れられると思います。

ダイソーも用事がないとじっくり見ませんが、たまに珍しい物が目に止まり、そこから世界が広がります。最初はお茶をすくう「茶さじ」が欲しいと思って見に行ったのですから・・・。

ところで、竹の繊維のタオルですか?竹墨の石鹸とかシャンプーというのはよく聞きますが、タオルとは・・・。

吸収性が良くて肌ざわりがいいっていうタオル、ありそうでなかなかないですものね。私も今度出かけたらチェックしてみますv-238

No title

お抹茶のアウトドアセットですかぁ。以前、『ゆるナビ』で中嶋朋子が、最近のマイブ-ムということで、「お茶セットを近場の公園に持って出かけている!」と紹介していました。野点っていうんですか。初めて聞きました。大きさも普通のものより小さいんですね。φ(..)メモメモ お弁当用の箸も多少小さく作られていますもんね。・・・って、ちょっと違いますかね。(^_^;)

100円ショップで、100円のつもりでカゴに入れたら100円じゃなかった・・・ と後で分かると、軽くショックです。(~_~;) 以前は、一時帰国前に、通販の『ひゃくえもん』で食料品をたんまり買っておいたのですが、最近は食品をあまり扱わなくなって・・・ 残念・・・

お手製野点セットの箱、とてもクッキ-が入っていたとは思えません。ちょうど良いのがあって、良かったですね。(^。^)

Noraさま

そうなんですよね~。私、てっきり茶筅と茶杓のセットは100円だと思い込んでいました。ちゃんと値段が書いてあるのですが・・・。

で、レジで「えっ?」と思ったのですが、もう今さらいらないって言うのもなぁ~、まぁ、持っててもいっか~という感じで買いました。

最近の100円ショップでの食品ですが、ちゃんとしたメーカーの品でも売っているのですね。100円ショップで食品を買う・・・というのに少し抵抗はあったのですが、スーパーで売っているものと同じで価格が違うので、最近は先にチェックしてから買うようになりました。

食品の価格の高騰で、今はPB(プライベートブランド)の勢いがすごいです。知名度のあるメーカーの品が、PBというだけで全然価格が違うのです。いや~、消費者にはいいけど、メーカーは大変ですね。

野点。なにも野外でお茶を楽しむだけじゃなくて、テーブルと椅子を使用して室内でお茶を点てるパターンもあるみたいです。

立ったり座ったりしなくていい分、足腰の弱い方(?)にもいいのかも・・。外国人とか・・・。

「なんちゃって茶道」なら、ダイソーのもので充分ですね

No title

野店セット(私も初めて知りました)、かわいいですね!
おままごとみたいで私も欲しくなります。

ウチの近くの100ショップ(シルク)では最近野菜をたくさん扱うようになったんです。
価格はいろいろですが、地元野菜が多いし結構使えるんです。バラ売りで必要な分だけ買えるのもいいです。お年寄りも結構買ってますね!(やっぱり過疎化の町みたいです…!)

ikkenさま

いいですね~。野菜まで売っているのですか!一時期、ダイソーでも野菜を売るとか言っていたような気がしましたが、やっぱり実現しないのですかね~

ウチの近所というワケではないのですが、99円均一のコンビニがあります。
そこでは、地元の野菜がたまに売ってますね。6枚切りの食パンとかもあって、それは自社ブランドのようです。他は、知名度のあるメーカーの製品などですね。

東京でも見かけた事があるので、関東にはあるチェーン店なのかもしれませんね。

100円ローソンとかいうのもあるらしいですし・・・。いつも行くスーパーではPB(プライベートブランド)の製品がとても増えました。

モノに寄っては100円よりも安い・・・。スゴイですよね~

ダイソーとキャンドゥは近くにあるのですが、シルクには行った事がないです。やっぱり品揃えが微妙に違うのでしょうね。ちょっと興味あるかも・・・。

そうそう、ダイソーで抹茶が売ってました。普通に買えば結構高いのに・・・。それでも元が取れるって事なのですかね・・・。

No title

野点ですかー!雅ですねぇ…♪
秋には紅葉を眺めながら…なんて素敵☆

ダイソー、私もよく行きます。
100円でこんなに面白いものがあるなんて!と感動します。最近はもっぱらドバイのダイソーですが(しかも100円よりちょっと高い…)、たまには日本のダイソーにも行きたいですね☆

みほさま

なんと!ドバイにもダイソーがあるのですか?すご~い!

タイでもダイソーが出来ましたが、100円ではなく180円でした。100円だと思うと「ま、いいか」と思いますが、100円で買えるものを180円で買うのはちょっと考えますね・・・。

次回の一時帰国で、オリジナル野点セットを揃えれば、お客さんにも出せそうですね。
ミルクを混ぜてミルク抹茶などにして・・・。
お客さんにあわ立ててもらうのも盛り上がるかも・・・v-82
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア