fc2ブログ
2020-11-10

あったら買う?魔法のランプ




このところ、ブログねたがありませ~ん




書くこと、ないざんす (+_+)





いったい、どうしましょ~




と、思いつつ新聞を読んでいたら、こんな記事が・・・









1000万円の「魔法のランプ」魔人は出ない




インド北部のウッタルプラデシュ州で、普通のランプを「アラビアン・ナイト(千一夜物語)に出て来る「魔法のランプ」と偽って高額で売りつける詐欺事件があったそうです。



地元新聞によると、被害者は700万ルピー(約1000万)を支払ったとか。




被害者は、インドの伝統医学アーユルヴェーダの医師。




容疑者の男は、医師に聖職者とされる人物を紹介し「願い事をかなえ、億万長者になれる魔法のランプがある」と持ち掛けた。





信用させるために、ランプから出て来た魔人を装って暗い部屋で医師の目の前に現れるといった芝居もしていたという。




その上で「本来なら2500万ルピー(約3500万円)のランプを特別に安く売る」とアピール。




そして「購入後の半年間は、使うと家族に不幸がある」とも伝えていたとか。





中東アラブのイスラム諸国では精霊や魔人などの存在が長く信じられ、千一夜物語の「ランプの魔人」もこれに類するとみられている。



今回の被害者はイスラム教徒だったという。



(朝日新聞 2020年11月3日の記事より抜粋)






2020年にもなって、魔人だとか精霊だとか本気で信じている人もいるんですね・・・




それにしても、魔人になって登場するとは芸が細かい・・・




「半年間は使うべからず」と念を押すところも、すぐにはすぐ詐欺だと気づかせないための上手い策ですね~







PA130003_convert_20201110000315.jpg

オイルを入れて注ぎ口から灯心を差し込めば、オイルランプにもなります





あの~


そのランプなら、ウチにもありますけど・・・



ドバイ空港の土産物屋で買ったやつが。



魔人は出ませんが、埃は出ます(使ってないし)






ちなみに「魔法のランプ」のお話はご存じ?





中国で母親と貧乏暮らしをしていたアラジンが叔父を騙るマグリブ出身の魔法使いにそそのかされて、穴倉の中にある魔法のランプを手にしたところから物語が始まる。


そのランプを擦ると魔神があらわれた。魔神はランプを擦った者の願いを叶える力があり、アラジンはその力を使って大金持ちになり、皇帝の娘と結婚する。


しかし、魔法使いは魔法のランプを奪い取り、アラジンの御殿ごと皇帝の娘をマグリブに連れて行ってしまう。だが、アラジンは指輪の魔神の力を借りるなどして、魔法使いから魔法のランプを取り返し、魔法使いを退治して再び御殿を元の場所に戻す。

(ウィキペディアより)






048_convert_20121127180743.jpg

指輪の魔神・・・?


049_convert_20121127180923.jpg

この中に入ってる?




神秘的なものを信じたい気持ちはわかるけど、欲が勝ってしまうとこんな詐欺にも引っかかるんですね~






P6060014_convert_20130610173702.jpg


皆様もお気をつけあそばせ









スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんにちは。

こんだけ近代化が進んでるなかそのような詐欺があるとはね、、、

実は私もドバイで買ったランプがあります笑
これでカレーとかしたら雰囲気出るかなとか思いましたが、飾るようで全然カレーなんか入りませんでしたが笑

ラーダ・ドウーナさんへ

まだこの時代になっても、それが通じるのか・・・
と、考えたら駄目なんですよね。
未だに信じれない風習が多く存在しているエリアですから・・・

被害者

被害者は、インドの伝統医学アーユルヴェーダの医師。

地元新聞によると、被害者は700万ルピー(約1000万)を支払ったとか。

まともに医師をしていたなら
700万ルピーも出せませんよね。
今回は被害者だけど
それまで散々と荒稼ぎしていたのでしょう。
その罪悪感に詐欺師がつけ込んだ。
そんな感じですよね。

それよりも
裕治伯爵の大好きな
ランプの精
久しぶりに登場
感謝です。

No title

う~~~む まだ引っかかる人が居るんですね。 まあ日本でも厄除けのツボとかたまに聞きますよね・・・・・

まだ 信仰心の強い地域ならあり得ますね
ほんとに出てくるなら僕も欲しいですね www
ただ 元金がそんなにないですけど www

  駐在おやじ

No title

ラーダさん こんばんは。

お医者様でも、ランプの魔神や精霊を信じるんですね・・・。
医師は科学的根拠を信じるのかと思いましたが、欲に目がくらんだんですね。

でも、魔法のランプあったら欲しいなぁ・・・。
でも、怖くて使えないかも(..;)

tkmtripさま

>こんだけ近代化が進んでるなかそのような詐欺があるとはね、、、


騙す方もそうだけど、騙される方も・・・ねぇ

いったい、どんな演出をしたのかそっちの方が気になりますv-12


>実は私もドバイで買ったランプがあります笑


ドバイに行ったらランプとかアラブのコーヒーポットとか買いますね

あと、ラクダのマグネットとか絵ハガキとか( *´艸`)



>これでカレーとかしたら雰囲気出るかなとか思いましたが、飾るようで全然カレーなんか入りませんでしたが笑


あはは
スープカレーの液体だったら入るでしょうけどね

と、いうかアレのホントの使い方を知っている観光客がどれだけいることか・・・

ひびきさま

>まだこの時代になっても、それが通じるのか・・・
と、考えたら駄目なんですよね。
未だに信じれない風習が多く存在しているエリアですから・・・


ゾウのアタマの神様とか顔色が真っ青な神様とか信仰している国ですからねぇ・・・v-524

本気で信じてしまうようなすごい演出、騙す方もプロですね

裕治伯爵さま

>まともに医師をしていたなら
700万ルピーも出せませんよね。
今回は被害者だけどそれまで散々と荒稼ぎしていたのでしょう。



きっと、セレブ御用達の医者なんでしょうねぇ

医者と言えどもそんなお金を出せるほど稼げるなんて、やっぱりまともじゃないわ

神様に変わって詐欺師がお仕置きよ!v-353


>それよりも
裕治伯爵の大好きな
ランプの精
久しぶりに登場
感謝です。


ふふふ
この記事を見つけたとき、心の中で叫んでましたよ~

裕治伯爵さ~ん、ネタ、取ったど~!
ランプの精、再登場~♪

駐在おやじさま

>う~~~む まだ引っかかる人が居るんですね。 まあ日本でも厄除けのツボとかたまに聞きますよね・・・・・


案外、こういう身分の高い人の方がすっかり騙されるってのはあるかもしれませんねぇ

脳の配線が違うんでしょうか



>まだ 信仰心の強い地域ならあり得ますね


ゾウのアタマをしたガネーシャだとか牛の神様だとか、木の精霊と結婚するだのとかいう変わった信仰のある国ですからねぇ

インドの歴史の長さは知らないけど、うま~くいわくありげな見た目に細工したんでしょうかね



>ほんとに出てくるなら僕も欲しいですね www
ただ 元金がそんなにないですけど www

いや~・・・
なんか、ろくでもないヤツしか出てこない気がしますけどね・・・

もし、何かの間違いで手元にわたって来たら夜中に穴掘ってどっかに埋めるかもv-37

masumiさま

>お医者様でも、ランプの魔神や精霊を信じるんですね・・・。
医師は科学的根拠を信じるのかと思いましたが、欲に目がくらんだんですね。



アーユルヴェーダって「生命の科学」とか「生命の知識」とか言われ、5000年以上もの歴史があるといわれる伝統医学であり、予防医学などと言われています。


ウチにも本があるんですが、人は3つの性質(体質)に分かれていて、それぞれのタイプに合わせて健康に良い食材の性質を熟知し時間や環境・季節などを考慮した食事療法の指導など高度な知識と経験がないと難しい職業だと思うんですが・・・やはり、そこは人間なんですかねぇ


どれだけ知識があっても己の欲を排除できないっていうか・・・v-393



>でも、魔法のランプあったら欲しいなぁ・・・。
でも、怖くて使えないかも(..;)


いや~・・・
なんか、ランプをこすったら最後、とんでもないことが起こりそうじゃないですか?

パンドラの箱を開けたら・・・v-37みたいな

映画の見過ぎ?

No title

きゃあ、魔法のランプだあ
インテリアによさそうですね
それにしても、インドって
地主階級は文化水準高いと
思っていたのですが...
いまでもこんな詐欺があるのですね
欲には気をつけないと...

こんにちは♪

ラーダさんのランプ、もうちょっと待てば
魔人が出るようになりますよ。
来年の今頃は大金持ちになってます。
ちなみに魔人は古田新太さんかも( ̄▽ ̄)

No title

この人はこのランプを買ったという話ですが
世の中にはもしお金があったら買いたい、
欲しいと言うものはたくさんありますね。

例えば”50年後に今の姿のままで生き返る
ために冷凍処理をする人”
もう実現したかどうか分かりませんが
ソ連が計画している5人乗りの”宇宙船”
はたまたついこの間世界一の〇カラットのダイヤ?を買う人いたし
3年前のクリスマスに発売された確か
一切れ10万円の金入りケーキを買う人あり。。
病気が治る、縁が戻るなどと占いに走る人あり
全て「払えるお金を持っている人」がする事。(笑)

騙されたと感じるなら法律で訴えれば良いんだし
こう云う事を記事にする人の意味が全く分かりませんね。

No title

笑えるけど
この詐欺師、なかなかの頭脳の持ち主ですね。
すごーく感心してしまった。

今時でも、こういう「だまし
だまされ」の話題は面白い。

というか、やっぱり、こんな事件あるんですね。

sakulanboさま

>きゃあ、魔法のランプだあ
インテリアによさそうですね


インテリアに良さそう・・・と思って買って飾っていたら、いい感じに古いランプになってきました

へっへっへ・・・お安くしますよ。買いませんかぁ~v-37



>それにしても、インドって
地主階級は文化水準高いと
思っていたのですが...
いまでもこんな詐欺があるのですね
欲には気をつけないと...


インドって土地が「なんか、あるかも」と神秘体験を信じやすい雰囲気が漂っているんですかねぇ・・・

どれだけ文化水準が高くても人の欲ってのは消えるモノじゃないし、さらに増えるのかも・・・。誘惑も多そうだしな~v-406

はぴわんさま

>ラーダさんのランプ、もうちょっと待てば
魔人が出るようになりますよ。
来年の今頃は大金持ちになってます。
ちなみに魔人は古田新太さんかも( ̄▽ ̄)


古田新太さん・・・。そうですね、ものすごい威力のある魔神っていうよりもそんな感じですねぇ

毎日せっせとせっせと磨いてたまにランプでも灯してみればいつか魔神が住みつくかも・・・v-354

かぐや姫さま

>この人はこのランプを買ったという話ですが世の中にはもしお金があったら買いたい、欲しいと言うものはたくさんありますね。


「お金で買えるもの」って果てしないですね~。そして、その欲も・・・。

お金がなければ、もし、こんな時代でなければ、夢物語で終わっていた話がお金があることで実現できる!という・・・


他人からしたらバカバカしい話だけど、お金のある人は「手が届く」だけに、夢物語で終わらせないんでしょうね~v-20

それが満足のいく結果になればいいけど・・・。




>騙されたと感じるなら法律で訴えれば良いんだしこう云う事を記事にする人の意味が全く分かりませんね。


あはは
そもそも他人は「こんな詐欺に引っかかるなんて、馬鹿じゃね?」と思いますよね~

それを騙された!ってわざわざ騒ぐって「私って欲深いバカで~す」って言っているようなもの・・・

挙句の果てには遠くの国ニッポンまで知れ渡り、ブログにも書かかれ「こんなバカな人がいるんだ~」ってまた、周りに知らしめられるんですからね~v-356

もりんさま

>笑えるけどこの詐欺師、なかなかの頭脳の持ち主ですね。
すごーく感心してしまった。


詐欺師も「まさか、ホントに引っかかるなんて・・・」と思った事でしょう

詐欺師の方が上手だったんですねv-389




>今時でも、こういう「だまし
だまされ」の話題は面白い。

というか、やっぱり、こんな事件あるんですね。


ちょっとしたドラマになりそうな話ですね。実はあのランプの中にはホントに魔人が棲んでいるけど、特殊な呪文を唱えないと出てこない・・・

しかし、ある時、その呪文の言葉がバレてしまい・・・!

み~た~い~な~v-352


ウソのようなホントの話なんですね。
壺やランプには注意が必要ですね〜

シズカサンさま

>ウソのようなホントの話なんですね。
壺やランプには注意が必要ですね〜


壺やランプにはロマンを感じてしまうんでしょうかねぇ・・・v-354

「お宝鑑定団」を意地悪な目で見ている私は、絶対に疑ってかかりますが、騙される人もいるんですなぁ
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
フリーエリア