FC2ブログ
2021-04-29

オトコに効いてオンナに効かないクスリ?性差医学って?





皆さんは「性差医療」「性差医学」という言葉をご存じですか?





性差医療(せいさいりょう)とは、男女の様々な差異により発生する疾患や病態の差異を念頭において行う医療である。また、これらの差異を研究する学問は性差医学(せいさいがく)と呼ばれる。
(ウィキペディアより)





男女の生物学的、内分泌的な性差を考慮してそれに合わせた医療を提供する試みの事だそうです。





性差医療を知ったきっかけは、コロナワクチンを接種した人の中で「なぜ、女性の方が副作用が出やすいのだろう?」と思った事です。





諸外国でも日本と同様に女性の副反応被害が多く出ており、アメリカのCDC(疾病対策予防センター)が約1380万回分の接種データを分析したところ、接種後に副反応を訴えた人のうち78.7%が女性だったそうです。

また、スイスでも、ワクチンの副反応597例のうち68.7%が女性だったと3月8日、米ニューヨークタイムズ紙は報じています。





P3310028_convert_20210429002231.jpg

蘭が咲き始めました






これまでの医学は成人男性を標準として、病態とその推移、診断方法、治療方法などを確立してきた。しかし近年では、同じ疾患に対する危険因子(リスクファクター)でも寄与度に男女差がある場合があること、同じ医薬品でも効果に男女差がある場合があることなどが明らかになりつつある。


原因として男女のホルモンバランスの違い(生物学的要因)や生活習慣の違い(社会文化的要因)などが挙げられているが、いずれにしても男性を基準として作成した診断方法や治療方法をそのまま女性に適用した場合、最良の医療とはならない可能性がある。性差医療とは、これらにおける男女差を研究し、医療に反映させようという行いである。

(「性差医療」ウィキペディアより)









これまでの医療は病気のデーターを取るにしても、薬の治験を行うにしてもかつてほとんどは男性の被験者だけを集めて行われて来たそうです。




アメリカでは、1977年医薬品局から妊娠の可能性のある女性を薬の研究に参加させないように通達がだされました。


これは、サリドマイド事件やDESという流産を防止するために使われていた薬によってその母親から生まれた女児に膣癌が発生したためで、それ以降、女性は医学・薬学研究の面から除外されてきました。



また、考えられる理由として、女性は生理の周期の影響や妊娠、閉経など体の変化がおきるのでそれがデーターに反映してしまうために試験対象として敬遠されたのではないか・・・ということのようです






しかし、同じ病気でも男性と女性では症状の現れ方や治療や薬への反応性などが違い、中には「男性に効いても女性には効かない薬」があったりするそうです。






例えば、狭心症の場合は心臓の冠動脈の血流が滞りがちになり、胸痛症状を引き起こす病気として知られていますが、女性にはこれ以外にも「微小血管狭心症」と呼ばれるタイプの狭心症が存在していたのです。




これは、冠動脈ではなく、心臓の細い血管の血流が悪くなるタイプの狭心症で、狭心症には効くとされているニトログリセリンが効かないそうです。



なので、微小血管狭心症の女性で「通常の狭心症」と診断されていた患者さんはニトログリセリンという効かない薬を処方されてしまったり、また、ニトログリセリンが効かないために「狭心症ではない」と診断されてしまうケースもあるとか。








では、男女では、具体的にどのように生活習慣病リスクの差があるのでしょうか?




≪生活習慣病リスクの男女差の例≫

・心筋梗塞に対する最大の危険因子は、男性は高血圧、女性は喫煙

・喫煙習慣による心筋梗塞の危険性は、非喫煙者に対して、
 男性は4倍、女性は8倍

・喫煙習慣による脳血管疾患の危険性は、非喫煙者に対して、
 男性は1.3倍、女性は2倍

・糖尿病は男性患者が多いが、糖尿病予備軍は女性に多い・骨粗しょう症患者は、女性は男性の3倍

(からだカルテ 薬の効き方も違う?男女差による生活習慣病のリスクとは?2012/03/28 掲載)






さて、問題のコロナワクチンですが、海外の研究では、女性が男性と同じ量を接種するとワクチンが効きすぎてしまい、免疫が過剰反応するとの意見もあるそうです。




P3310033_convert_20210429002139.jpg





同じ性別でも体格や体重が違ったりして、それでも「みんな同じ分量」でも大丈夫なのか・・・
でも、インフルエンザの予防接種だって「みんな同じ分量」なんだろうし・・・




ここ数年前から病院でも「女性外来」「男性外来」などが出来て来ましたが、まだまだこの「性差医療」の取り組みの歴史は浅いようです。





スポンサーサイト



theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ラーダ・ドゥーナさんへ

男女では、体のつくりが違いますからね。
それよりも、男性は、女性に比べて抵抗力、免疫力が弱い。
なので、医学の発展があってこそ、男性は幼少期に亡くならないようになった。
その結果が、男性が増え過ぎた。
女性のほうが副反応に敏感で細胞が取り入れているのでしょう。
男性は、副反応が少ない分、気づいたら・・・

No title

へ~~~~ 男女差が出るんですね。
それは思ってもみなかったです。
ホルモンの違いとか、 サイズ?の違いとかなんですかね~~~

男性基準で今まで作られてたことも知らなかったし まだまだ知らないこと多いですね

  駐在おやじ

ひびきさま

>それよりも、男性は、女性に比べて抵抗力、免疫力が弱い。


そうなんですよね~
コロナで亡くなる方でも男性の方が多いそうです

医学誌にも掲載された研究結果によると、風邪やインフルエンザについて女性よりも男性の方が症状が重いという証拠が示されているそうですv-393


>なので、医学の発展があってこそ、男性は幼少期に亡くならないようになった。
その結果が、男性が増え過ぎた。


なるほど・・・
男性のデーターの方が多いですもんね。それに沿って医学も進歩してきた・・・と


>女性のほうが副反応に敏感で細胞が取り入れているのでしょう。
男性は、副反応が少ない分、気づいたら・・・


医学は進歩しているようで、まだまだ課題があるんですねぇ

コロナのような、今までに経験したことのないウイルスの前では今までの常識が通じない未知の世界でしょうし・・・


No title

そうなんですか
知りませんでした。

いつの日か、ワクチンの接種はするだろうと思っていますが
ちょっと、不安だなあ。


男女では、機能もちがいますものね。
でも女性のほうに副反応が多いというのは
困ったなあ。

駐在おやじさま

>へ~~~~ 男女差が出るんですね。
それは思ってもみなかったです。


私も知らなかったのですが、性差医療って調べてみるとかなり重要な課題な気がします。

男女の差なんて、基本の「基本」だと思っていたけど、まさか男性のデーターに沿っていたなんて考えてもいなかったですねぇ



>ホルモンの違いとか、 サイズ?の違いとかなんですかね~~~


なんでも、ホルモンの違いが免疫力の違いをもたらすそうです。


男性ホルモンのテストステロンは免疫システムの有効性を弱めてしまうそうで、それは人間だけでなく異なる多くの種・雄(オス)は感染から死に至りやすく、オスの免疫システムはあまり発達していないという・・・v-12


>男性基準で今まで作られてたことも知らなかったし まだまだ知らないこと多いですね

女性は生理の周期の影響や妊娠、閉経など体の変化がおきるのでそれがデーターに反映してしまうために試験対象として敬遠されたのではないか・・・ということのようです

でも、やはり女性には女性の、男性には男性の、もっと言えば「個人」に沿った適切な医療が必要なのでしょうかね・・・

もりんさま

>そうなんですか
知りませんでした。


いや~、私も知りませんでした。

でも、調べてみると「男女差の違い」なんて普段から差を感じるのに、医療の世界では男性本位だったのって驚きです((+_+))


>いつの日か、ワクチンの接種はするだろうと思っていますが
ちょっと、不安だなあ。

そうですよね~
私も不安だし、迷います。

滅多に出ないけど、ある食べ物の組み合わせで軽いアナフィラキシー症状が出たことがあるので「万が一・・・?」と思いますよv-12



>男女では、機能もちがいますものね。
でも女性のほうに副反応が多いというのは困ったなあ。

そうですね
主治医にも相談したけど、もうある種の賭けみたいなものだそうです。

あまりにもデーターがなさすぎ、その答えを知るのは「打ってみての反応を見るしかない」という・・・

「打つか、打たないかはアナタ次第です」・・・って賭け、嫌だな~

No title

ラーダさん こんばんは。

性差医療ですか・・・何でも平等に平等にという反対側には、そういう問題もあるんですね~

確かに子どもの頃は、投薬の時に体重を基準にお薬ただきますね。
大人になってからは、大柄な人も小柄な人もみんな一緒ですね(..;)

そして男女差か・・・ワクチンの副反応が女性が強く、かかって重症化するのは男性が多い・・・
なんか不思議ですね~

そういえば、CMで皆同じ治療で良いのか?なんていうのやっていますね。
今後の発展を願います!

スパルタ育成蘭ちゃん、咲いてきましたね(*^_^*)

masumiさま

>性差医療ですか・・・何でも平等に平等にという反対側には、そういう問題もあるんですね~


言葉では男女平等に、と言っても病気や治療となれば「個人」を診て欲しいって思います


>確かに子どもの頃は、投薬の時に体重を基準にお薬ただきますね。
大人になってからは、大柄な人も小柄な人もみんな一緒ですね(..;)


初診だとカルテに身長とか体重、既往歴とか書きますが、どこまで判断基準に入っているんでしょうかね・・・


>そして男女差か・・・ワクチンの副反応が女性が強く、かかって重症化するのは男性が多い・・・
なんか不思議ですね~


ホントですね~
持っているホルモンの免疫力の差とは言ってもなぜに、神様はそこに差別化をしたのか・・・


>そういえば、CMで皆同じ治療で良いのか?なんていうのやっていますね。
今後の発展を願います!


「個別化医療」ですね
確かに、性別だけでなくその人の体質に向き合った医療が必要なんでしょうねぇ・・・v-100

そういう取り組みがどんどん進んで、本当に個人に合った治療ができる世の中になるといいですね


>スパルタ育成蘭ちゃん、咲いてきましたね(*^_^*)


昨日撮った蘭ですが、今日はさらにもっと咲いていましたよ~

一つ一つの花や蕾をナデナデしています( *´艸`)

No title

性差医学という言葉は初めて聞きました。
投薬の基準となるデータのほとんどが男性を基準として作られていたことも知りませんでした。

医薬品の投薬量については、抗がん剤や麻酔を除くと、大人に対してはほぼ一律で投薬されていますので、体の小さい私がアメリカで通常量の抗生物質や鎮痛剤の処方を受けると、それだけでぶっ倒れることがあります。

逆に、日本では、日本人用の処方量では体の大きな米国人には鎮痛剤が聞かなかったなんて話も聞きますので、なんだかなって思っていました

抗がん剤その他については、最近、研究が進歩していますので、体の大きさだけではなく、どんな薬が効くのかどうかも、個々人でテストして投薬を調整することが夢ではなくなってきていると聞きました(あ、10年くらい前にきいた話なので、今は実用化されているかも)

男女差のデータなら、もっと簡単にとれるはずなので、きちんと対応してほしいものですね

ちなみに、CDCは、ボランティアベースですが、コロナのワクチン接種をした人全員の副反応をチェックしています
私も、最初の数日はやっていたのですが、副反応がなさすぎるので、日々のチェックイン、やめちゃいました

こんにちは!

私は大学で教員になるための勉強をしているのですが、やはり男女の差というのは顕著ですね。
考え方や、行動にもかなり差がでてますが、薬の効き方にまで差が出るとは。

男女平等!とかをすごくうたってる人がいますけどそれぞれ違ってお互いに尊重できないとダメだなぁと改めて感じました。

他にも色々違いとかありそうですね。

sakulanboさま

>性差医学という言葉は初めて聞きました。
投薬の基準となるデータのほとんどが男性を基準として作られていたことも知りませんでした。


私も知りませんでした
女性のデーターが今まで少なかったのも知りませんでした


>体の小さい私がアメリカで通常量の抗生物質や鎮痛剤の処方を受けると、それだけでぶっ倒れることがあります。


私も小柄でたぶん、アメリカでは小学生ぐらいの体形だと思うので薬の量とか怖いですね~

エジプトに赴任していた高齢の女性は歯科医で打った麻酔でしばらく目が開かなかったとか・・・v-12
あ、イランでもタイでもそんなことはなかたったですが('◇')ゞ



>逆に、日本では、日本人用の処方量では体の大きな米国人には鎮痛剤が聞かなかったなんて話も聞きますので、なんだかなって思っていました


「その国基準」だと外国人は合わない場合もあって治療するのも怖いですね


>抗がん剤その他については、最近、研究が進歩していますので、体の大きさだけではなく、どんな薬が効くのかどうかも、個々人でテストして投薬を調整することが夢ではなくなってきていると聞きました(あ、10年くらい前にきいた話なので、今は実用化されているかも)


耳鼻科で「菌検査」というのをしたことがありますよ~
自分に合う抗生物質を調べる検査だそうです。

抗生物質も種類がいろいろあるんですね


>男女差のデータなら、もっと簡単にとれるはずなので、きちんと対応してほしいものですね

ホントですね~
男女差とか年齢層とか、細かく対応して取ったデーターだと少しは安心なんですけどねぇ


>私も、最初の数日はやっていたのですが、副反応がなさすぎるので、日々のチェックイン、やめちゃいました

過度に恐れすぎるのも気持ちに負担になっちゃいますもんね

イザとなればちゃんと対応してもらえる、と受ける時はある程度割り切って考えないといけないのかもな~・・・

tkmtripさま

>私は大学で教員になるための勉強をしているのですが、やはり男女の差というのは顕著ですね。


なんと、tkmtripさんは教員になるための勉強をされていたのですね

やっぱり、社会の先生かしら(日本史とか?)

男女差、年頃の年代だと余計にデリケートで扱いも難しいのでしょうねぇv-390



>考え方や、行動にもかなり差がでてますが、薬の効き方にまで差が出るとは。


ホントですね~
同じ人間でも持ってる染色体の数は違うしぃ
そう考えれば何らかの差もでるのかな~



>男女平等!とかをすごくうたってる人がいますけどそれぞれ違ってお互いに尊重できないとダメだなぁと改めて感じました。

他にも色々違いとかありそうですね


日本の歴史では長い事、社会でも家庭でも男社会だったので余計に今ギャップが出ているんじゃないでしょうかねぇ・・・

一部の「空気よめないおっさん」の発言で世間の批判の声を聞き、周りもまだ腫れ物にさわるような状態って言うか・・・

tkmtripさんのような新しい世代の柔軟な考え方がこれからの世の中には伝わっていき、互いに生きやすくなればいいですね

No title

最近出ていた副反応結果で気になったのは
年齢によるものでしたが性別にもよるんですね。
ただ最終的には「個人差」によるものになると思います。

同じ病気でもどの薬が効くかまた反対に
害となってしまうかは本人にも分からない。
その中には神がかり的な「精神」上の
何かがある事も確かです。
それを利用して?ガンを直す会もあります。
最終的に助かりたいのかどうか本人の意志、希望による
ところは十分あるはずです。
今は余命処置をするかどうか本人、家族に聞くのが普通になっていますよね。
土壇場で変わる人も居て医師側は大変なようですけど。(笑)


こんにちは♪

なるほど〜。
今まで考えたこともなかったけど納得です。
男性に多い病気、女性に多い病気、
医療については男女の差はありますね。

かぐや姫さま

>最近出ていた副反応結果で気になったのは年齢によるものでしたが性別にもよるんですね。
ただ最終的には「個人差」によるものになると思います。


そうですね
一番良いのは個人個人に沿ったオーダーメイドな医療なんでしょうね・・・



>同じ病気でもどの薬が効くかまた反対に害となってしまうかは本人にも分からない。

その人の体質とか体調とか遺伝子レベルの話とか、受け付けない理由はどこかにあるかもしれませんね


>その中には神がかり的な「精神」上の
何かがある事も確かです。
それを利用して?ガンを直す会もあります。


病は気からというけど、その「気」ってのがかなり左右されると読んだことがありますよ

生きる気力、とか、その気力がないと治るモノも治らないとか


>今は余命処置をするかどうか本人、家族に聞くのが普通になっていますよね。
土壇場で変わる人も居て医師側は大変なようですけど。(笑)


そりゃ、実際に生き死の選択が目の前に迫ってくれば「延命治療はしないで」と言ってても「やっぱり、死にたくない!」ってドタバタするものじゃないですかねぇ

いったんは静かな悟りのような気持ちで受け入れても・・・

はぴわんさま

>今まで考えたこともなかったけど納得です。
男性に多い病気、女性に多い病気、
医療については男女の差はありますね。


同じものを食べていても体格や体質の差もあるし、影響はそれぞれ違いますもんね

性差医療、これからもっと定着していくのでしょうかねv-22

蘭が咲き始めました

あぁ
あんなに辛い思いをしても
今年も咲いたんだね。
でも
いい加減
見極めて
裕治伯爵の懐に飛び込んでおいで
優しくするよ。
君の為に
最高級の温室を買ってあげるよ。
(笑)
さて
アル中なので
呑み過ぎて二日酔い
薬を飲もうとすると
成人(15歳以上)。。。
おいおい!
150センチ40キロの成人の友達もいるし
190センチ120キロの成人の友達もいる。
なら
「大は小を兼ねる」
150センチ40キロの成人を1と考えたら
裕治伯爵は。。。
あぁ
計算マンドクセ
規定の3倍飲んでおくか!
これで全て解決の
裕治伯爵
ワクチンも
どさくさに紛れて
3倍打てば完璧では?
(笑)


裕治伯爵さま

>君の為に
最高級の温室を買ってあげるよ。
(笑)

換気つきの最高級の温室じゃなきゃ、イヤンイヤン(/ω\)イヤン



>規定の3倍飲んでおくか!
これで全て解決の
裕治伯爵
ワクチンも
どさくさに紛れて
3倍打てば完璧では?
(笑)


オトコだオンナだとか言うのも大事だけど、個人の体格とか体重とかも大事なんじゃ?と思いますねぇ

同じオンナでも欧米のでっかい人と同じじゃどうなの?って思うしぃ

倍飲んで効きすぎるぐらいなら少ない方が・・・

いやいや、効かなきゃ意味ないし・・・

ワクチン3倍打ったらどうなるんでしょうなぁ

筋肉モリモリ尻尾でも生えてくるんじゃ?v-91
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
フリーエリア