FC2ブログ
2008-09-04

老後を考える世代?

ついに、気になっていた本を買いました。

おひとりさまの老後おひとりさまの老後
(2007/07)
上野 千鶴子

商品詳細を見る


タイトルがスゴイですね。

少し前、週刊誌や独身エッセイストの書いた本でも紹介されていた本です。
社会学者の著者が老後のシングルライフの送り方を紹介しており、発売当初から大きな話題を呼んでいるそうです。

老人の一人暮らしの心構えや老後の住まい、誰と付き合っていくか、お金の管理、介護、果ては死に方まで具体的でかつ、実践的に書いてあるらしい・・・
(なにせ、今日買ったばかりで読んでいない)

本の帯には

結婚していようがいまいが、誰でも最後はひとり
「これで安心して死ねるかしら」


・・・と、あります。

誰もが不安に思っているけど、なかなか人には言えずにいる言葉だな~と思います。

本によると、

結婚してもしなくても、みんな最後はひとりになる・・・。
事実、65歳以上の高齢者で配偶者がいない女性の割合は、55%。
なんと、半数以上。
そのうち、死別が46.1% 離別が3.5% 非婚が3.3%。

男性だと配偶者がいないのは17%・・・。

80歳以上になると女性の83%に配偶者がいない・・・・らしい。

※ 東京大学大学院教授「上野千鶴子 おひとりさまの老後」 法研より

aozoranokumo.jpg


よく言われるのは、女性の方が長生きする・・・という話。
平均寿命は女性が85.5歳 男性が78.5歳 
(2005年のデータより)

私は今、かろうじて30代前半。

「私は子供はいらない」と言っていた同い年の友人たちが駆け込み出産する中
「それでも子どもはいらない」と思いつつも、漠然と将来の不安は残る。

「じゃあ、年取ったら誰が面倒みてくれるの?」
・・・となるわけで・・・。

もっと単純に「子どもが好き。子どもが欲しい」と思えればどんなにいいか・・・と思う。

でも、新婚時代を過酷な(?)イランで暮らし、日々の生活を乗りきって行くのが精一杯だったし、
その次に住んだタイでは、その前から溜まっていた日々の不満から「もっと、生活を楽しみたい。せっかく海外に住んでいるうちにもっといろいろな場所に行きたい」と思っていた。

そして、本帰国したら今度は家を購入し、ローンを抱える身に・・・。


「ま、この年でここまで来たら夫婦2人の生活を受け入れ、それなりに楽しく、後悔のない暮らしを営んでいこう」

・・・と、思うわけで。

そういう人は多いと思う。

この本が実際に役立つかはわからないし、いらない心配をした・・・という結果になるかもしれないけど、

な~んか、心に訴えかけてきたタイトルでした。

個人個人は違う運命で、マニュアルはないけど、

「ね、どう思ってます?老後?」

・・・とは、聞きたくても聞けない人にいいかも・・・。

自分の寿命がわかり、天寿をまっとうした自分から自分へのメッセージが届くらしい。
当るも八卦当らぬも八卦?
天国からのメッセージ

ちょっといつもより重いテーマですみません。

スポンサーサイト



theme : 生き方
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

今はアラフォーで初産の方も多いとか。
ワンともは欲しいけど子供ができないので、このままだと老後は“おひとりさま”の予定です。
周りの独身の女性達も、いい年になってくると老後のことって気になるらしく、いろいろと考えてしまうようです。
でも、今は子供がいても面倒を見てくれるとは限らないので、最後のたよりは“おひとりさま”仲間かな、なんて思ったりもするんですよね。
“おひとりさま”が多くなればおのずと“おひとりさま”同士集まってくるでしょうから、“おひとりさま”で死んだら“おひとりさま”仲間が適当に処理してくれるような気がします。お墓とお金だけ用意だけはしておかないと、とは思いますけど。あ、あと飼い犬の幸せな引き取り先も。
独居老人の様子を何となく暗いイメージで伝えて、暗澹たる老後を想像させるメディアが多いですけど、そうじゃない老後を紹介したり想像したりしてもいいと思いますけどね。
とはいえ具体的な方法を知るためにも読んでみたい本ですね。

No title

「コウノトリの気の向くままに」という名言がありましたが、難しいですね。

少し前、カロチャという土地に行った時、刺繍の先生の家の電柱にコウノトリが巣を作っていました。(HPの方に写真アップしていますが)
先日、市内のドナウ川に浮かぶ島の中の小さい動物園を通りがかったところ、「大量のコウノトリ」を見ました。すごかった。

最近は、あまりにも普通にコウノトリを見かけるので、ちょっと笑っちゃう感じです。

おひとり様仲間との付き合いも大事にし、ひとりを楽しめる能力、などもいつでも磨きたいですね。最近人の子供もかわいいと思えるようになりました。自分の子供がいたとしても、「結局ひとり」は同じですから。

No title

とても共感しながら読みました。
私も純粋に子供が欲しいと思えないでいるんですよね。
婦人科の手術をしてから、先生にはあまり先延ばしにせず早くしなさいと言われ続けてもう5年もたってしまいました…。
友人の中で一番早く結婚したのに、いつの間にかみんな先に子供を産んで仕事も続けて頑張っているのを見ていると、私は一体どうしていったらいいのだろう…、と毎日のように考えてしまいます。
答えが出ないまま、年だけはとっていくんですけどね(^_^;)
おひとりさまの老後、私も読んでみようかしら!

ワンともさま

今住んでいる場所は、ダンナの身内以外に知り合いがいません(友人はいるけど、転勤族)。

そういうウチも転勤族だったりして・・・(しかも、行くとしたら海外)。中年期、老年期と自分なりに趣味を見つけてそういう仲間を作って行きたいとは思っています。

子どもがいたからと言って、子どもには子どもの生活があり、また、障害などを持って生まれた場合には一生、目が離せない・・・。

お一人様になったとき、自分が痴呆になったら誰が気づいてくれるのだろう・・・などと、なんかマイナス思考のことばかり考えてしまうのですよね。ニュースを見ていると特に・・・。でも、今は趣味も多く元気に暮らしている方々も多いですものね。

まだじっくり本を読んでいないけど、何もかも不安と思って暮らすよりは、知識を得るという面で読んでみたいと思います。

TTDKさま

私もこないだのように、小さな子どもを見るとかわいいな、と思います。

そんな時は子供もいてもいいかもな~とは思うのですが、海外転勤がある職場で、日本人学校のない国や病気の心配、子どもの将来を先輩ママさんから聞くとどうしても踏み込めないと思ってしまいます。
ましてや、特に子どもが欲しくて欲しくてたまらない!という夫婦ではないので・・・。

年を取ったら、コーラスのグループでも入って歌でも歌って楽しく暮らしたい・・・とは昔から思っているのですけどね。まずは、引きこもりにならないように、いろいろな趣味を持ちたいです。

コウノトリ・・・。そんなに沢山いると有り難味が薄れそう・・・。実際、どんな鳥だか見たことないですね~。沢山のコウノトリ、見て見たいです。

ikkenさま

同い年の友人もご主人の強い希望で手術を受け、去年妊娠、今年、出産しました。

34歳・・・。なんだか微妙な年です(来月で35歳)。産むには早いほうがいいだろうし、40歳で初産の人も知り合いでいるのですが、もっと気持ちや体のハードルが高くなっている気がします。その頃、どこに住んでいるのかもわからないし・・・。

ウチは今後も海外赴任という事もあるので、子育ての環境とかも心配です。日本人学校があるのは中学校までで、その後の選択はインターナショナルスクールか、本人だけ帰国させる、留学させる、妻子で帰国し旦那は単身赴任・・・と難題も多そうです。そんな事も乗り越えてまで子どもが欲しい!と思う気持ちが薄いので、なんとなくこんな年齢になってしまいました。

でも、やっぱり知り合いが出産をすると「これでいいのかしら、私」って思ってしまいますね・・・。

この本、ブックレビューではいろいろな意見が書かれているので、参考になるかどうかは不明ですが、漠然と不安に思っているよりはいいかもしれませんね。

No title

老後のことを心配しなければならない反面、現実逃避したいのが現状ですよね~。

天国からのメッセージやりました。
私95歳。夫66歳ですってーーー。キャー。どうしよう・・・一人は寂しいからイヤなのに。
夫に先立たれると長生きするって言いますよね(笑)
ピンピンして、あちこち飛び回るような お婆ちゃんになれたらなぁ・・。
その前に貯蓄は必要ですよね。

なんか・・・

大事なことではあるけど、考えたくない(先延ばしにしたい)テ-マですね。子供がおらず、自分自身は一人っ子。統計からいうと、一人ぼっちの老後が待っているようです。(-_-;) Tamaには日頃から、「私が先に死ぬんだから!!」と、言っていますが、生き死になんて、誰にも分かりませんからね。
「本当に子供が欲しいか?」と聞かれると、「よく分かりません。」というのが正直なところです。いたら、きっと可愛いだろうとは思いますが、自分の老後のために産むというのも何か違うような気がして・・・ 
ドイツ語学校に、ドイツ人女性と結婚しているイタリア人クラスメイト(♂)がいたのですが、「イタリアにいるご両親は将来、どうするの?」との先生の問いに、「今は、そのことは考えたくない!」と答えていました。気持ちはよく分かりました・・・

重いテ-マです・・・

No title

海外赴任、無縁のうちからすると、楽しいことがたくさんあって何ともうらやましい話だと思ってしまうんですが、現実には考えなければならないこともあるのですね!
ラーダさん、私も全く同い年(12月で35歳)、団塊ジュニアですv-238
受験、就職といつも人が多くて大変ですよね(特にダメ人間な私の場合!)
老後は介護保険のケアなんかも順番が回ってくるのかどうか…?!

Blue Bluebyさま

「天国からのメッセージ」。あれって、遊びだと思いたい反面、妙に具体的だったりしてあなどれないような気がしますね。

しかし、95歳と66歳!そ、それはちょっと困りますね~!ウチは生活のいろいろな役割では家事は私がやってますが、家のローンの計算や手続きとか生活費の振込み(カード払いですが)、保険の組み立てとか全部旦那まかせ。

過保護に育てられた(?)妻なのですよね~。「もっと自立してよ」なんていわれるのですが・・・。

老後、できれば旦那よりも先にいきたい・・・なんて身勝手な事を考えてます。

そんな事を考える前に、やっぱり貯蓄ですね~。せめて、老人ホームに入れるくらい貯めておかなくっちゃ!

あ~、なんか暗いテーマですみません。

Noraさま

そうなんですよね~。私もずっと先延ばししていたテーマでした。

しかし、同じ年や年齢の近い人が今年、3人も妊娠・出産しました。そのうちの2人は「子どもはいらない」と言っていたので、驚きました。どちらも旦那様の方が希望したので、しょうがないな・・・とは思いつつも、「自分はこれでいいのだろうか、タイムリミットも迫ってきているのに・・・」とも思えてきたのです。

でも・・・。やっぱり、子どもはカワイイとは思うけど、「生んで育てたい」とか「老後のために気持ちを抑えてまでも・・・」なんて思うのですよね。

親の事は自分が元気なうちは面倒を見る事にしても、自分は?となるとちょっと不安。旦那の姉妹が近所に住んでいても、それぞれも忙しいだろうし(年も近いし、多分同じような状況)、私の弟は外資系企業に勤めているので、日本にいないかもしれないし、結婚する相手にもよるし・・・。

老後や病気などの保険の見直しとか、いつごろからしたらいいのかな?・・・って、最近やたらと増えた保険のCMを見ると思います。

ikkenさま

ikkenさん、なんと同じ年でしたか!
ほんと、第2のベビーブームとかで競争率の高い世代ですよね~。

私は受験はなんとかなったものの、就職が大変でした。氷河期でしたからね~。30社くらい受けたかも・・・。専門職で新卒は取らない、みたいな会社多かったです。

でも、そんなベビーブームの世代なのに、今は小子化ってなんだか皮肉ですね。同窓会に行ってみても独身の人も結構多かったし、子どもがいる人は早くに結婚して3・4人もいる・・・なんて状況でした。

どういう人生がいいかと言われてもわからないし「隣の芝生は青く見える」って事もあるわけですが、なかなか人間、達観できませんよね~。仙人じゃあるまいし・・・。

でも、同世代!
お互い、一歩一歩、頑張っていきましょうねv-91

No title

このテーマ、30過ぎてからより考えるようになりました。
私はまだ未婚なので、伴侶も子供もいず、老後は寂しく一人で・・・と真剣に悩むこともしばしば。
一人でも趣味などして楽しく生きれればいいのですが、健康のこと、お金のこと、いろいろ思うと。。。
こう悩んでても何が変わるわけでもないけど、つい(^^;
こんな話をすると、「まだ30代なのに」「まだ若いのに」と言われますが、言う人は家庭を持ってる人ばかり。独身者には切実な悩みなのよ~なんて(笑)
でも、家族がいても一人になる可能性は十分にあるんですよね。ラーダさんの記事を見て改めてそう思いました。
うちの親もどちらかがいなくなっちゃったらどうするんだろう?どうなるんだろう?
なるようになるしかないんでしょうが、お互いが少しでも気持ちよく過ごせたらいいですよね☆

No title

結構私が今一番考えなければいけないテーマだったようです…。重いけど、たまには皆で書き込めるのはいいですね。ラーダさん、ありがとう!

子供は欲しいと思っても、その時に本当に授かるかはまた別です。物なら買うことができますが。友人にも「思い始めて1年以上はかかる」とも言われ、「孝行したい時に親は」の逆パターンのような悔しい思いをするのではと不安です。私の友人の結婚&出産ラッシュは40歳前後でした。ギリギリで出産できた人はいいですが、いい結果ばかりではないと思います。色々な可能性を、現実になる前からあれこれ考えず、自然に進んでいきたいと思います。まずはどう転んでも、「健康」かな。トレーニングと食生活の維持に努めます…。

No title

やっとネットが復活しました◎

さて、とても考えさせられる記事とコメントが展開されておりました。私も、ダンナ(予定)に「私が先に死ぬ!」とは言ってはいるものの、やはり統計的には女性のほうが生き残る率が高いようで…。しょっちゅう、「俺がいなくても一人で生きていけるような大人になれ」と言われますが、結婚する前からそんなー!!!とは思いつつ、意外に的を得ている言葉なんだろうなーと思います。

転勤族、それも途上国を含む海外だと、子供の教育の問題もありますし、周りにそういう子供のことで悩んでいらっしゃるご家族を見るだけど、うちはどうだろう…と考えてしまいますね。

ちなみに、最近私のまわりは、20代の友達も、30代後半の友達や先輩も出産ブームです。色々考えてしまいますねー。

私も、知識を得るためにこの本、お買い上げ!しちゃおうかしら…


るりさま

私も結婚するまではいろいろと悩みました。でも、結婚したらしたで、それがゴールではないんだな・・・と思います。

結婚したらしたなりに、子どものいる家庭と比べたり、ダンナの職業、持っている財産(家とか)などと比べる対象は増えるものですね~。また、誰しもが結婚=幸せとは限らないですしね・・・。

老後の話とかいうと、やっぱり人は「まだまだ先のことを今から心配してどうするの」なんて言いますが、備えは早くからしておかないと、イザという時に慌ててパニックになると思います。年を取ったときに自分達が冷静な判断ができる・・というかというと、それだってわからないし、今からコツコツお金でも貯めていかないと困るのは自分ですものね。

たいていの事は「なんとかなるさ~」で済んでも、国がアテになるわけじゃないですものね。

結婚してても、果ては「お一人様」という可能性があるので、ある程度は現実的に役立つように行動していかないといけないな~と思います。

ただ、その現実的に、というのがまたピンと来ていないのですけどね・・・。

TTDKさま

私はすごく不謹慎な話ですが、種でも買ってきて、土に埋めて水を蒔いて子どもが生えてくる・・・くらいに気軽ならいいのに・・・などと思うことがあります。

私は来月で35歳になるのですが、とても高い可能性で夫婦2人の暮らしになると思います。こうなったら、ある程度のところで見切りをつけ、今度は現実に向かって備えるべきだ・・・と思えてきました。

つい最近まで、子どもを産まない選択をしてもいいものか・・・と思っていましたが・・・。

でもきっと、辺ぴな国に赴任することになり、旦那だけ単身赴任することになったらやっぱり「子どもさえいなければ・・・」なんて思いそうです。

まずは健康づくり、精神の安定、貯蓄、趣味を充実させて人とコミュニケーションを取る事に慣れておくことですかね・・・。

後は、もっと旦那を説得して将来の事に関心を向けさせることです・・・。

旦那・・・どこまで考えているのやら。

みほさま

ウチも旦那の仕事で海外赴任の可能性が今後も高いので、やっぱりいろいろ考えます。まだ何も考えないうちに生んでしまえば「そういうものか」と思って乗り越えたかもしれませんが、人の話を聞いていくウチにだんだんと臆病になってしまいました。

イランに住んでいる時に、アメリカのアフガン攻撃が始り「いざとなったら妻子だけ帰国せよ」というお達しが出ました。なので、スーツケースに荷物を詰め、いつでも帰国できる状態にしていました。

旦那は仕事上、妻子が帰国しても本人たちは残らないといけないので、そういう可能性を考えると身軽でいたい、と思うのかもしれません。

老後、まだまだ先の事といえばそうですが、確実にやってくる問題(多分、運命によるけど)。何かあってからでは遅いし、今なら迷いつつもまだ考える時間がある・・・と思うのですよね~

この本、ブックレビューではさまざまな感想が出てます。参考になるかならないかは不明ですが、まったく手探り状態なので現状を把握するという意味ではいいかな~と思います。

同じ世代でも子どものいる人といない人では、現時点で考える事が違うと思います。今回、こうやっていろいろな意見を聞けてよかったです。
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア