fc2ブログ
2021-08-04

牛のげっぷで温暖化 モ~ウ 勘弁して




あるとき、ラジオを聴いていたらこんな話が・・・









「牛のげっぷで温暖化」










牛やヒツジ、ヤギなどは「はんすう動物」と呼ばれますが、この、はんすう動物は胃を4個持っていて、食べた植物の消化を時間をかけて何度もくり返します。





そのときにメタンガスが発生し、げっぷになって大気中に出るとか・・・。





牛のげっぷは温室効果ガスのひとつである「メタン」を多くふくんでいるため、地球温暖化を進めているそうです。






うし





メタンガスは二酸化炭素の50倍以上の温室効果を持っており、




大気中のメタンガスの20~30%が、はんすう動物のげっぷによるものだといわれているとか。





なので、「げっぷを出しにくくする消化の良い餌」の開発が進んでいるそうです。










ちなみに、牛のげっぷと排せつ物は国内の農林水産分野の温室ガス排出量の3割近くを占めるており、






農林水産省は.、牛由来の温室効果ガス削減の取り組みとして2021年度、排出削減につながる胃の中の微生物や餌の成分の分析を進めています。




餌の成分研究では、乳牛用飼料に不飽和脂肪酸カルシウムを加えると、げっぷ中のメタンを最大約15%減らせることが判明しているそうです。




21年度にカルシウム添加飼料の支援金を導入し、酪農家の温暖化対策を後押しするとか・・・。




搾乳機










また、世界では肉や魚、卵や牛乳といった伝統的な動物由来のたんぱく質に代わり、新しい技術を使って似た食材を作る「オルトプロテイン(代替たんぱく質)」産業への注目が集まっているそうです。





P7030001_convert_20210801173718.jpg





食肉の代わりとなる代替肉(プラント・ベース・ミート、植物由来の肉)です。






代替肉の実現方法はさまざまで、たとえば、牛の筋肉の細胞を培養して肉を人工的に合成する方法や、植物由来の原料で食肉の食感を実現するなどの方法もあります。








以前、昆虫食についての記事を書きましたが、牛の体重を1キロ増やすのに必要な水が1500リットルなのに対し、コオロギは1リットル。CO2(二酸化炭素)排出も少量で済みます。



しかも、コオロギは100グラム当たりのタンパク質量は牛とほぼ同じ・・・↓

究極の栄養源






昆虫食はまだまだ抵抗がありますが、「まるで肉!」な食感と味の植物由来のたんぱく質ならどうでしょう?






最近、「大豆ミート」という商品がスーパーでも出回ってきていますが・・・。











大豆ミートとは

主に油分を絞った大豆に熱や圧力を加えて乾燥させることで、お肉のように見立てた加工食品です。大豆たんぱく、大豆肉などと呼ばれることも。



また、大豆ミートは形状も「ミンチ」「フィレ」「ブロック」の3タイプに分けられます。それぞれを料理に応じて使い分ければ、より肉に近い見た目や食感を楽しむことができるそうですよ~







P7060014_convert_20210804004118.jpg

業務スーパーで大豆ミートの「カレーそぼろ」を買ってみました。

ちょっとスパイシーなカレー味ですが、食感はまさに「肉!」

全然違和感がなく、ご飯にそのままかけても美味しいし、カレーピラフの具にしてもいいかも・・・。




大豆ミートのメリット




●高たんぱくで低脂質

大豆は畑のお肉と呼ばれることがあるほど、高たんぱくな食品です。さらに、大豆ミートは製造過程で油分を取り除いているため、脂肪の含有量が少なく低カロリーです。





●ノンコレステロールでポリフェノールが含まれる

大豆にはコレステロールが含まれていません。さらにポリフェノールの一種でもある「大豆サポニン」が含まれています。





●ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富

ビタミンB群やビタミンEといったビタミンをはじめ、カルシウムやカリウム、鉄分のようなミネラルや、食物繊維が豊富に含まれています。





●大豆イソフラボンも含まれる

女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ていることから、植物性エストロゲンと呼ばれる「大豆イソフラボン」が含まれています。





●長期保存が可能で常備食にも

大豆ミートは、お肉と比べて長期保存することができます。お肉の場合は冷めると脂が固まってしまいますが、大豆ミートなら冷めても味が落ちづらいため、お弁当のおかずや常備食として用意しておくのもおすすめです。

(サラダの未来をつくるKENKO 「大豆ミートとは?魅力やおすすめレシピのご紹介」より)






正直、動物細胞由来の培養肉はなんか、どうも人工的な気がして食べたいって気にならないな~







牛くんや豚さん、鶏ちゃんには悪いけど、まだまだ






肉を食べる歓びを噛みしめたいのよぉ~














スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんにちは!

このそぼろ実家にありました!
お弁当とかにも入ってました。
これ美味しいですよね~
私もひとつ買おうかな

No title

この話確かに ニュースで見たことあります
でもね~~~~ って感じがするのは僕だけ? 牛とか昔からいるし、 ほとんどが人間のために育てられてるのに・・・・・
牛舎とかで 空気を集めて メタンガスを分離できるものとか作った方がよっぽどいいのでは? って思っちゃいます

代替は www いつぞやの虫を食べるって変につながりますね wwww

でも 牛さんが食べたいんです~~~~
僕も 同じです

  駐在おやじ

tkmtripさま

>このそぼろ実家にありました!
お弁当とかにも入ってました。
これ美味しいですよね~
私もひとつ買おうかな


ご存じだったのですね~

初めて買ってみましたが、全然違和感ないですね~!

カレーもほどよくスパイシーでご飯のいいお供になるし・・・v-375

カレー味だから大豆の味が紛れているんでしょうかね

他の味もあったら試してみたいな

駐在おやじさま

>でもね~~~~ って感じがするのは僕だけ? 牛とか昔からいるし、 ほとんどが人間のために育てられてるのに・・・・・


同じく「でもさ~」と思いました。
そんなにすごい影響ある?
そんな事いったら、ニュージーランドとかオランダとか酪農がさかんな国はどうしてるんでしょ?v-12


>牛舎とかで 空気を集めて メタンガスを分離できるものとか作った方がよっぽどいいのでは? って思っちゃいます


なんか別のエネルギーに変えるとかできないんですかね・・・(無理?)

ヘンテコな模造肉とか食べるぐらいなら、こっちの問題をなんとかした方が良くない?培養肉とか後で体に変な影響が出たりしないんですかね


>代替は www いつぞやの虫を食べるって変につながりますね wwww


そうそう、だったらやっぱり虫じゃない?って思っちゃいました

虫は工場の綺麗な環境でたくさん育てられるだろうしぃ(食べたくないけど)


>でも 牛さんが食べたいんです~~~~
僕も 同じです


牛ちゃんも豚ちゃんも鶏ちゃんもガッツリ食べたいですもんね~

すまん

No title

牛のげっぷの「メタン」が温暖化の原因なのねー。ビックリ。まさか動物によるものとは‥恐るべしだわ。

コオロギは100グラム当たりのタンパク質量が牛とほぼ同じとはーー。
さすがにコオロギはハードル高いで。
無理無理😅

そういえば最近スーパーで「大豆ミート」商品多くなりましたね。
高たんぱくで低脂質だからか、かなり売れてますね。
私は糖質重視で、大豆ミートには興味なかったんでまだ食べたことないけれど、食感はお肉なんですよね。
「カレーそぼろ」美味しそう😄

でも私も本物のお肉の方ががええわーー。
ステーキ美味しいし。
そうそう血糖値は、たんぱく質や脂質でも上がるんですけどね😆

ラムネさま

>牛のげっぷの「メタン」が温暖化の原因なのねー。ビックリ。まさか動物によるものとは‥恐るべしだわ。


ちょっとホンマかいな~って思いますけどねぇ
世界中にいったいどれだけ牛がいるんだろう?
そんなに影響あるぅ?とか思ったりして・・・でも、あるから問題なんでしょうねv-356



>コオロギは100グラム当たりのタンパク質量が牛とほぼ同じとはーー。
さすがにコオロギはハードル高いで。
無理無理😅


無印良品の「こおろぎせんべい」人気だそうですけどね~
ホンマかいな、と思ったら近所のお店でも「こおろぎせんべい」売ってましたよ(無印じゃないもの)


>そういえば最近スーパーで「大豆ミート」商品多くなりましたね。
高たんぱくで低脂質だからか、かなり売れてますね。


そうそう、大豆ミートを使ったお惣菜も増えてきましたね

ダンナは大豆ミートの担々麺を食べたけど違和感はなかったそうです


>私は糖質重視で、大豆ミートには興味なかったんでまだ食べたことないけれど、食感はお肉なんですよね。
「カレーそぼろ」美味しそう😄


いや~
あらかじめ味がついているものの方が試しやすいかな~と思って・・・
これは美味しかったですよ
ふりかけの代わりにもなりそうだし、野菜と一緒に炒めてもよさそう



>でも私も本物のお肉の方ががええわーー。
ステーキ美味しいし。


どうこう言ってもやっぱり、ホンモノのお肉の方がいいですねぇ
歯ごたえだってあるし、肉肉しいものを食べるのってシアワセ!(^^)!


>そうそう血糖値は、たんぱく質や脂質でも上がるんですけどね😆

そうなんですね
健康は「イメージ」じゃなく、ちゃんと調べて知識を得ないといけないですね

No title

お肉、大好き。

牛肉、大好き。

ウーム。

これからの食料事情によっては
これまでのように食べられない事態が
そのうちくるのでしょうね。

そういえば、私が子供の時、
父が鯨を食べていました。
あれも、今では、出回らないから
いつの日か
未来には、牛肉とかありましたね
なんてことになる日が・・・・

神様、まだ、食べたい!


もりんさま

>これからの食料事情によっては
これまでのように食べられない事態が
そのうちくるのでしょうね。


そうかもしれませんね~
今すぐじゃないかもしれないけど、肉に代わる食料が出回るかも・・・

子供の頃の未来漫画だと食事の代わりにサプリメントみたいな錠剤を飲んでいたけど、そういう世の中にだんだんなっていくのかしら・・・((+_+))


>そういえば、私が子供の時、
父が鯨を食べていました。
あれも、今では、出回らないから
いつの日か
未来には、牛肉とかありましたね
なんてことになる日が・・・・

小学校一年生ぐらいの頃はまだクジラ肉の竜田揚げみたいなのが給食に出てましたけどね~

今や高級品・・・?



>神様、まだ、食べたい!

神様、牛さんたちのげっぷをクリーンなものに変えてくださいv-421

No title

牛のげっぷだけではありませんよ~
あのトサカの付いた米前大統領が
言っていたのは本当です。
”温暖化は人が増えたため
(つまり人の吐くCO2が温暖化を促す)”
バカな事ばかり。。と言う人が多いですが
たまにはおっと思う事も言うんです。

牛のげっぷの問題の他に牧場、耕作地
を増やすごとに汚染、砂漠化が進む事は必須で
オーストラリアでしたか?畑、牧場を
森林用にすると補助金がもらえる国が出て来ています。
人間の生活そのものが自然に与える影響は大きいですね。

かぐや姫さま

>”温暖化は人が増えたため
(つまり人の吐くCO2が温暖化を促す)”
バカな事ばかり。。と言う人が多いですが
たまにはおっと思う事も言うんです。


ホントですね~
人が増え、生活が便利になるにつれ気温も異常に上昇していますしねぇ

子供の頃の夏の暑さと今の暑さは比べ物にならない危険レベルですもんねv-15



>牛のげっぷの問題の他に牧場、耕作地
を増やすごとに汚染、砂漠化が進む事は必須でオーストラリアでしたか?畑、牧場を森林用にすると補助金がもらえる国が出て来ています。


今やいろんな国のあちこちで長引く山火事や干ばつがあったりしますもんね

集中豪雨の起きる回数も年々増えているし・・・


途上国の支援で緑の気候基金ってあるけど、今やどこの国も無視できない問題ですね






No title

牛の飼育はカーボンフットプリントが大きいので、肉食をするならチキンで、できたら、ヴィーガンになって暮らしましょうと、カリフォルニア辺りでは実践している人が多いですね
私は、そこまでするくらいなら、人間なんて生まれてきてすぐ死んだ方が効率がいいんじゃないかって思っちゃうのですけど…
でも、健康上の理由からも、動物性食品の摂取は少し減らした方がいいのかなあって思っています
みんなのお腹を満たすため、アマゾンの密林がどんどん伐採されて無くなっていくのって恐怖でしかないですしね

sakulanboさま

>牛の飼育はカーボンフットプリントが大きいので、肉食をするならチキンで、できたら、ヴィーガンになって暮らしましょうと、カリフォルニア辺りでは実践している人が多いですね


日本ではなかなか定着しなさそうな話ですねぇ・・・

一部の人は実践してるだろうけど、果たして環境がどうのこうの・・・と思ってやっているのかな~


>私は、そこまでするくらいなら、人間なんて生まれてきてすぐ死んだ方が効率がいいんじゃないかって思っちゃうのですけど…


食べる楽しみは生きる活力って言うかねぇ

我慢して草ばっかり食べてたらいったい何が楽しいんだか


>でも、健康上の理由からも、動物性食品の摂取は少し減らした方がいいのかなあって思っています


まぁ、肉を食べなくても別の食材で同じような栄養価は得られますしね・・・

まったく食べないってのも味気ないけど、年々、自分の身体も変化して若い時ほどガッツリ食べたいとは自然に思わなくなるかも



>みんなのお腹を満たすため、アマゾンの密林がどんどん伐採されて無くなっていくのって恐怖でしかないですしね


そうですね
自然災害の頻発を考えると地球もそろそろヤバイのかな~って思いますv-12
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
フリーエリア