fc2ブログ
2022-04-22

3Dプリンターで寿司?!






将来、もしかしたら、3Dプリンターで作られたお寿司がカウンターを回る日が来るかも・・・?









宇宙食の開発を一つのきっかけに、工業製品の試作品や模型づくりに使われる3Dプリンターを食の分野に生かす動きが広がっているそうです。






山形県米沢市の山形大工学部ソフト&ウェットマター工学研究室では「3Dフードプリンター」の研究開発が進められています。







なんとエビや大トロ、ウナギなどの寿司ネタからブロッコリーやカボチャなどの形を作ることができるとか。













出てきたエビの主原料は、ドロドロした魚のすり身などからできています。






これに、設計図となるデータと出力する機械さえあれば、海外でも同じものを作ることができるとか・・・。







建築の設計などに使われるCAD(コンピューター支援設計)で立体データを作り、その設計図通りに3Dフードプリンターが白と赤の材料を積み重ねることでできています。








材料とデータを変えれば、まだまだいろんな食材を形作ることができるそうです。









そもそものきっかけは2013年、米航空宇宙局(NASA)が3Dフードプリンターの企業に巨額の助成金を出したことと言われています。






これを使えば、宇宙でも様々な料理が手軽に作れ、素材が粉状ならかさばらず、腐らないので宇宙食にはもってこい、というワケなんですね~









19年には、国際宇宙ステーションに牛の細胞を持ち込み、イスラエルの企業などが3Dプリンターを使って培養する実験にも成功しているそうです。





3Dフードプリンターの強みは、データーを遠くに送ることだけでなく、多種多様な食べ物を一つの機械で作ることができること。








また、一人一人の好みや健康状態に合わせて料理を手軽に作れるようになること・・・・らしい。








近年、フードテックへの注目度が上がり、山形大の他にも大阪大は島津製作所などと、牛の筋肉や脂肪、血管組織を3Dプリンターで作り、和牛のサシなども再現する培養肉技術の研究をしています。

※「食品サンプルではありません 研究室発、3Dプリンターで作った「すしネタ」食べてみた」
(4/21(木) 11:57配信 GLOBE+より抜粋)









シンガポールの企業では細胞培養による「エビ肉」の開発も進み、培養エビを使ったシューマイの試作品などに成功。






23年の商品化を目指しています。






う~ん、なんだか踏み込んではいけない領域まで踏み込んでいるような気がするけど・・・。





しっかし、食品のコピー品ってのはちょっと抵抗があるな~





ちなみに、この3Dプリンターで作ったエビを食べた方による感想は、見た目はエビに近いけど、味や歯ごたえは「ささかまぼこ」に近いそうです。




まぁ、主原料は白身魚ですからね~






いつの日か、そう遠くない未来に培養肉やエビ、3Dプリンターで作られた食品を普通に食べる日が来るんでしょうかね・・・。











P3150014_convert_20220422004613.jpg

こ、これは!








P3150016_convert_20220422004643.jpg

どう見てもアレでしょ・・・「カ〇ル」のカレー味





ベビースターラーメンでおなじみの「おやつカンパニー」の商品です。





しっかし。






個人的にはもっとハッキリとカレーの味を主張して欲しいのよね~






と、いうワケで。






P3150024_convert_20220422004712.jpg

カレーパウダー








P3150020_convert_20220422004747.jpg

ビニール袋に入れてフリフリ







P3150026_convert_20220422004816.jpg

お~!



味は「カー〇」のあの味に近づきました!





食感はカリッとかる~いスナックということで、カ〇ルとは真逆ですね~








3Dプリンターだったら、「〇ール」のあの味も食感もうまく再現してくれるかしら?








と、いうよりも、







もう一度、関東エリアでも「カール」の再販を!(あ、言っちゃった)






スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ラーダ・ドゥーナさんへ

ナイスアイデアですね。
カレー味なのに、カレーの味が薄い商品も多々ありますね😃
でも、そうやれば、カレーの旨さ倍増でしっかりとカレー味を楽しめますね。

3Dプリンターの活用は、無限に広がりますが、やはり、医療の現場でどんどん使用されるべきだと思いますよ。
そうなれば、非常な困難な手術、再生医療、義肢装具等の分野で、どんどん広がる。

No title

3Dプリンタで 食べ物まで・・・・・
なんかこれ 日本で牛の生肉食べれなくした あの業者と同じに見えます・・・・・
(もちろん 衛生面や、 あくどいなどは違いますけど) まあ 今でも加工肉とかありますしね・・・・・
しかし・・・・・ 微妙・・・・・
3Dプリンターすごく進歩しましたね
僕の知ってるのは まだまだ 噴射するときに高温になってた頃です。 だから 金属類が多かったです。

でも 食べ物は・・・・ ← まだ言ってる・・・
そのうち 知らないうちに食べるようになるんでしょうね・・・

  駐在おやじ

こんにちは!

3Dプリンターでお寿司が出来るとは笑
すごい時代ですね
おもしろいし、気になりますがそれでも寿司食べるならしっかりしたお寿司を食べますね笑

○の場所が変わってるせいで匿名性が保たれてないことを突っ込もうと思ったら最後にしっかり名前まで笑
本当に似てますね

ひびきさま

>ナイスアイデアですね。
カレー味なのに、カレーの味が薄い商品も多々ありますね😃


そうなんですよ~
カレー味も微妙に味が薄いといまいちパッとしないですもんね
カレーパウダーを足すことでうま味と風味が増します

あと、100円ほどのサラダ味のせんべいなどに振っても美味しいですよ~

ポップコーンやポテチ、フライドポテトなどもたちまちカレー味に!(^^)!v-352



>3Dプリンターの活用は、無限に広がりますが、やはり、医療の現場でどんどん使用されるべきだと思いますよ。


そうですね~
3Dプリンターがあれば、それこそオーダーメイド医療が実現するのでは?

歯科業界でもすでに3Dプリンターは活躍してるんですね


>そうなれば、非常な困難な手術、再生医療、義肢装具等の分野で、どんどん広がる。


すでに3Dプリンターで本物のような柔らかい動きのシリコン製心臓が開発されているそうです。

まだ実用化されてませんが、本物の心臓と同じ役割を果たす人口心臓が2023年までに3Dプリンターで作れるようになるかも・・・?

医療や介護の分野でも可能性が広がりますね~v-485



駐在おやじさま

>なんかこれ 日本で牛の生肉食べれなくした あの業者と同じに見えます・・・・・

ありましたね~
食肉偽装事件


コストダウンのために廃棄肉や牛や豚の内臓など安い物や添加物を配合して人為的に品質を良いものに見せかけた・・・って話のv-12


3Dプリンターで作るとなっても、違う原材料で海老を作ったら偽装なんじゃ・・・?

でも、原材料の海老で海老を作ったらなんのこちゃ?だし・・・

培養細胞を使って増やすのならまた違うんだろうけど、試験管で作られるエビは食べたくないな~v-356


>3Dプリンターすごく進歩しましたね
僕の知ってるのは まだまだ 噴射するときに高温になってた頃です。 だから 金属類が多かったです。


今やいろんな分野で使える3Dプリンターがあるんですねぇ

医療の分野でもっと広く使えるようになれば、今はまだ難しい治療なども可能になってくるんでしょうかね


>でも 食べ物は・・・・ ← まだ言ってる・・・
そのうち 知らないうちに食べるようになるんでしょうね・・・


最初は抵抗があっても、気候変動や災害などで作物の不作が続けば受け入れるようになるんですかねぇ・・・







tkmtripさま

>おもしろいし、気になりますがそれでも寿司食べるならしっかりしたお寿司を食べますね笑


これ、白身魚じゃなくて別の素材だったらまた違う印象になるんでしょうかね~

野菜なども作れるってことは、例えば原材料にじゃがいもを使用すればじゃがいも味のブロッコリーとかもできるってことかな?v-12

面白いっちゃあ、面白いけど、本物が一番おいしいんでしょうねぇ


>○の場所が変わってるせいで匿名性が保たれてないことを突っ込もうと思ったら最後にしっかり名前まで笑
本当に似てますね


あはは
最初からバラす気で書いてますね~
ふふふ

No title

おはようございます

カール、大好きで スナックはあまり食べない私も、カールのチーズ味だけは買ってたな~。。
で、湖池屋からカレー味が発売ですか?ではチーズも期待できそうですね(*^_^*)

こちらではカールは もはや販売されてなくて、まがい品でもあれば買うんですが、イマイチ味が違って、カールの大切さを感じています。
コピーしてほしいものです

No title

こんにちは
3Dプリンターで作る食材!
以前3Dプリンターについて調べている時に、ちらっとオンラインで記事を読んで
触感と風味をどうやって再現するのかしら
まるでスタートレックの世界
って思っていたのですけど
蒲鉾風のものだったら作りやすいかもしれないですね
ごはんもそれほど難易度は高くないかも
純粋なお食事がどんどん消えていきそうで、ちょっと怖い気がしますが

No title

 そりゃ確かに、科学的にアプローチしたら味覚、触覚、嗅覚とかをごまかせば良いんでしょうから3Dプリンタ駆使すれば出来るんでしょうけどねぇ・・・古い人間なんでやっぱり抵抗あります。
 そう言いつつも、知らないうちに食材として使われたりして・・・多分気づかないんでしょうね。

これがおやつカンパニーのジェネリックカールですか! 実はカールはチーズ味ばかり食べていて、カレー味の記憶が薄らいじゃっているんですよね・・・カレーパウダーがあれば理想の味に近づけそうですね^^

わんこ豆さま

>カール、大好きで スナックはあまり食べない私も、カールのチーズ味だけは買ってたな~。。

カール、美味しかったし、それなりに売れてたんじゃないんですかねぇ

関東エリアではチーズ味が人気でしたが、関西では「うす味」(昆布だし味みたいなの)が人気でした。

カレー味も美味しかったのに、今は関西でも売ってないんですよv-393

「なんちゃってカール」はいろんなところから出てるけど、やっぱり「本家」にはかないませんよ~

期間限定でもいいから再販してくれないかな~


>まがい品でもあれば買うんですが、イマイチ味が違って、カールの大切さを感じています。
コピーしてほしいものです


ですよね~
まがい品でも「それっぽいモノ」だったらいいけど、どうもメーカー側も抵抗があるんですかねぇ・・・

見た目は違ってもいいけど、食感と味が「これは・・・!」というモノをぜひ、どんどこ作って販売して欲しいです

最近のスナック菓子はどれも似たかよったかであんまり食べたいものがないですv-394

sakulanboさま

>蒲鉾風のものだったら作りやすいかもしれないですね


たぶん、本気で目指すところは蒲鉾風のものじゃなく限りなくホンモノに近いモノなんだろうな~って思いますが、どうなんでしょv-394

野菜なども再現できるようですが、その場合の原材料は何なんでしょうかね・・・

野菜なのに、かけ離れた食材だと意味がないだろうし・・・その辺のことも気になります

>ごはんもそれほど難易度は高くないかも純粋なお食事がどんどん消えていきそうで、ちょっと怖い気がしますが

今回の寿司の場合はホンモノのお米を使っているそうですが、米こそ何らかの形で再現できるかもしれないですねぇ

しかし、仮にホンモノよりも作り物の方が栄養価が高くても新鮮なホンモノを食べたいですねぇ

結局、今食べてるエビなんかも養殖で抗生物質などの薬品を使ったりして体に良くないモノを使っているみたいですが・・・

だからってやっぱり3Dプリンターで作ったモノはなんか抵抗がありますね~

takaboneさま

>古い人間なんでやっぱり抵抗あります。
 そう言いつつも、知らないうちに食材として使われたりして・・・多分気づかないんでしょうね。


この寿司みたいに目の前に出されたら判断できるけど、細かくカットされて何かに混ぜ込まれたら気づかないかもしれないですねぇ・・・

そう考えるとすでに出回っている加工品の中身も「知らぬが仏」なこともあるかも・・・v-12


>これがおやつカンパニーのジェネリックカールですか! 


そうそう、これがジェネリックカールですよ!
見た目はカールですが、さすがジェネリック(?)

サクッとかる~い新食感で旧製品とは違う新型モデルって感じですね

カールのカレー味はかなり濃いめのカレーだったのですが、これは「ほのか~なスパイシーカレー」って感じです。

個人的には濃いめの味が好きなので、「追いカレー」をしてますよ~

ちょこっと振るだけで風味とうま味が増しますよ!(^^)!

No title

3Dプリンターで食べ物は今から60年も
前の「宇宙家族」の中に出て来ていました。
調理人のロボットがボタンを押すと料理が出て来ると言う訳です。
色んな考えがありますけどこれも嫌だし
将来は食べ物はカプセル状に栄養をまとめたものになるかも
と言うのがあるんですがこれももちろん嫌です。

ただ、マクドナルドのハンバーグとかこちらのある種の
ソーセージはもう元の肉ではなく肉を主に色んなものを加え
練ってそれを再び肉に見えるように加工したものです。
鶏、魚肉も同じようにされたものがあります。
3Dプリンター使わなくてもすでに似たようなものは食べている訳です。
どうこう言っても時間の問題のような気がしますが
自然のままのものを楽しめる内はこちらを利用したいですね。

No title

おはようございます。
近い将来食糧難になったらこんな食事をするのかしらね。
味気ないです。
やっぱり本物が良いな。^^;

介護食に良さそう。

ウチのお爺さんが入院してした時の食事が
コレ、人間が食べる物??
ってくらい。
何でもかんでも、どろどろになったものが
お茶碗やお皿に乗っていたので。
コレで介護食作ったら、
見た目も食感も、嬉しいんじゃないかな??
なんて、ちょっと思ったりしましたよ。

カー◯のカレー味、
スーパーに普通に並んでるから、
何とも思わないけれど…
無いとなると、
食べたくなるよねーーー😆
カレー煎餅とかも
美味しいよね。🍛

ここのスパイス、
バターチキンカレー作るのに
クミンパウダーとターメリックを
私もネットでお取り寄せして
使ってます🍛
カレー味って、
なんであんなに、美味しいんだろね。



かぐや姫さま

>調理人のロボットがボタンを押すと料理が出て来ると言う訳です。
>将来は食べ物はカプセル状に栄養をまとめたものになるかも

昔のSF漫画などではそんな世界が繰り広げられてましたね~

でも、考えると栄養とパワーをチャージできるゼリー飲料や大豆バーとかさまざまなサプリメントとか食事とは言えないようなものも受け入れられていますもんねぇ・・・

この先、そういった未来が来ないとも限らないですねv-12



>ただ、マクドナルドのハンバーグとかこちらのある種のソーセージはもう元の肉ではなく肉を主に色んなものを加え
練ってそれを再び肉に見えるように加工したものです。

過去にイギリスの有名シェフがマクドナルドを相手に訴訟を起こしたんですよね~


本物の肉の代わりに、食用肉から出たくず肉、腱、脂肪、結合組織を混ぜたものから成るペースト状の生地と、アンモニアから作られたものを使用していたことが証明されたとか・・・

驚くことに当時はアメリカでは禁止されてなかったそうです


今はスーパーでも肉の形をした成形肉とか売ってるけど、いったい何が入っているんだか・・・v-356


>どうこう言っても時間の問題のような気がしますが自然のままのものを楽しめる内はこちらを利用したいですね。


そうですね~
世界的な食糧難などになればしょうがないけど、まだ自然のままのものが行き届いているうちはちゃんとしたものを食べたいです((+_+))



ピーちゃんこさま

>近い将来食糧難になったらこんな食事をするのかしらね。
味気ないです。
やっぱり本物が良いな。^^;


いや~
3Dプリンターで食料を作れるようになったら、畑とか田んぼとかもなくなるんですかねぇ・・・v-356

食の分野ではちょっと勘弁して欲しいけど、医療の分野で活用できれば介護時代にも一筋の光が・・・?v-352

キューカンバさま

>何でもかんでも、どろどろになったものがお茶碗やお皿に乗っていたので。
コレで介護食作ったら、
見た目も食感も、嬉しいんじゃないかな??


流動食だね~
誤嚥を防ぐためにトロミのある食事だよね

介護食って人それぞれのニーズが違うし、作る側はかなり気をつかうんだってv-393

トロミ具合もそれぞれ違うから、こういうのもプリンターで再現できるといいのかな?

見た目やにおいなんかも食欲がわきそうなものが将来的にできるようになるのかな~


>カー◯のカレー味、
スーパーに普通に並んでるから、
何とも思わないけれど…
無いとなると、
食べたくなるよねーーー😆


え~!カー〇のカレー味、普通にスーパーで売ってるの?関西ではうす味とチーズ味だけでカレー味はないのよ~

もう、幻だと思ってたけど、そっちにはあるのね・・・いいなぁ



>カレー煎餅とかも
美味しいよね。🍛


亀田のカレー煎餅、美味しいよね~
私はこれにも「追いカレー」してるよ



>ここのスパイス、
バターチキンカレー作るのに
クミンパウダーとターメリックを
私もネットでお取り寄せして
使ってます🍛


神戸に帰った時に買ったのよ~
私はカレーパウダーの無塩タイプにしてるけど、いい感じよ

香りも辛さもちょうどいいし♪

No title

追記です
思わず書きたくなってしまいました

あるいは一部で実用化テストが始まっているかもしれませんが…
焼き菓子とバタークリームとメレンゲを使ったデコレーションケーキだったら、材料と食感という意味では難易度低そうですね
プリンターのヘッドというかノズルの開発がどこまで進むかですが…

アルゴリズムを組んでコンピュータに計算させるのは理系の担当者が一人いたらなんとかなりそうですし、一般向けにはテンプレートもすぐできそうです

ちなみに、プラスチックや金属のものでは、自分専用のお菓子の型とかは簡単に作れるみたいです
家庭用オーブンで七宝焼きを作るノリでしょうか

sakulanboさま

>焼き菓子とバタークリームとメレンゲを使ったデコレーションケーキだったら、材料と食感という意味では難易度低そうですね


そうですね~
これは再現できそうですね。
普通においしそうだし・・・

ケーキなどの繊細なデコレーションなども3Dプリンターでできるそうで、もし、店舗で取り入れたらものすごい芸術性の高いスイーツが出回ったりしてv-385


また、3Dプリンターではサーモンやビーフステーキなどもプリントできるそうで、植物由来の食品を使って、より近いものとして再現しているそうです。


サーモンはエンドウ豆タンパク質や藻類抽出物、植物油、かんきつ類繊維やその他11種類の成分から作られているとか。


ソイミートのように、動物性のものを一切使わずに、動物性のものと同じ舌ざわり、食感、味、栄養価を再現しているという事だそうです


見た目も味もサーモンで栄養価もあるけれど、魚のサーモンではない・・・。


なんか、ここまで行くと精進料理の世界に近くなるんじゃ・・・?


見た目も食感も味もお肉っぽいでしょ?これなら、修行僧も我慢しないでも食べれるよ~ん・・・みたいな?


>アルゴリズムを組んでコンピュータに計算させるのは理系の担当者が一人いたらなんとかなりそうですし、一般向けにはテンプレートもすぐできそうです


もうすでに家庭用3Dプリンターが売り出されているんですね~

一家に一台とは言わないにしても、価格と技術の折り合いがつけば広く普及するんでしょうかね



>ちなみに、プラスチックや金属のものでは、自分専用のお菓子の型とかは簡単に作れるみたいです
家庭用オーブンで七宝焼きを作るノリでしょうか


なるほど~
家庭用だったら、そこまで複雑なものを作らないでしょうしねぇ

お家で自分のデザインしたフィギアが作れま~すってかんじかな





プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
フリーエリア