fc2ブログ
2022-05-18

極楽浄土に行ってみれば・・・ 世界文化遺産「平 等 院」



伏見稲荷大社に行った後に向かったのは・・・宇治





P4050250_convert_20220517234250.jpg

初めて降りる駅です









P4050253_convert_20220517235327.jpg









P4050251_convert_20220517235351.jpg

さすが、お茶処 茶壺型のポストです







では、早速、平等院へ・・・・と、言いたいところですが、その前に行くところがあります。





郵便局です。







P4060398_convert_20220517235542.jpg

郵便局で売っている、全国ご当地フォルムカード。

それぞれの都道府県で販売されており、旅行に出かけた先で買い求めているのです。









P4050314_convert_20220517235506.jpg


その中から「今回の旅を象徴する絵柄」のカードを選び、実家にもメッセージを書いて送っています。


郵便局によっては「風景印」を押してくれますよ~







P4050255_convert_20220517235413.jpg

郵便局近くの事務所で・・・







では、買うもの買ったし、いざ、平等院へ



P4050256_convert_20220517235637.jpg








P4050259_convert_20220517235606.jpg








P4050270_convert_20220517235712.jpg

橋のたもとに紫式部







P4050273_convert_20220517235744.jpg










P4050283_convert_20220518001307.jpg








P4050289_convert_20220518001422.jpg







P4050285_convert_20220518001332.jpg

あれは何だ?鳥の巣?酒蔵の前にぶら下げてある杉玉みたいなのは何だろう?

P4050287_convert_20220518001355.jpg

調べたら、どうやらヤドリギみたいです






P4050293_convert_20220518002002.jpg







え~っと・・・

寄り道ばかりしてなかなか辿り着きませんね~







P4050296_convert_20220518002032.jpg

やっと平等院に着きました





早速、中に入ってみると・・・





・・・あれ?




え~っと・・・





こんなに派手な建物だったっけ?



どうも、思い描いていたイメージとは違うような・・・?








DSC00115_convert_20220518002506.jpg


それもそのはず、今まで何度か修復されましたが、傷みが酷く、平成24年9月より平成26年3月にかけて「平成の大改修」を行い、美しく蘇らせたそうです。







平成の大改修では、平安時代の建立時の姿に近づけるとして、柱や扉の色を従来の鉛丹(えんたん)から赤みの深い丹土(につち)色に変更。






屋根瓦も古色仕上げとし、大屋根の青銅製の鳳凰像に金箔を施したそうです。




どうりで・・・





煌びやか~







P4050304_convert_20220518004035.jpg


宇治は貴族にとっては今でいう、軽井沢みたいなリゾート地だったそうです。


平等院は、永承7年(1052年)に藤原頼道によって、父道長の別荘を寺院に改め、創建されました。








P4050302_convert_20220518003638.jpg


その翌年の天喜元年(1053年)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立されました。


中堂、翼廊(両サイドの2つ)、尾廊からなる建物で、鳳凰が羽を広げたように見えることから江戸時代より「鳳凰堂」と呼ばれるようになりました。







P4050307_convert_20220518004100.jpg


池には蓮の花も咲いてて「ここは極楽か?」と思いましたが、まさに、平等院は浄土教の信仰に基づき、極楽浄土をイメージしてつくられたのです。




P4070432_convert_20220518180331.jpg




このころは、釈迦が亡くなってから2000年後は仏法(釈迦の教え)が正しく伝わらず衰えて、世の中が乱れる「末法の時代」が始まると考えられていました。




末法思想の時代が永承7年(1052)に到来。





その末法は1052年から始まるとされ、人々の間に疫病や自然災害が起こり、死に対する不安が広がりました。







このような時代に、源信という僧が「往生要集」を書き、この汚れた世界に生きている自分たちは恐ろしい地獄に落ちる運命にあるが、浄土教の修行をすれば西方の極楽浄土で往生(生まれ変わること)することが出来ると説きました。







そして、ひたすら念仏を唱える事、極楽浄土の様子や阿弥陀如来の姿を観相(心に描くこと)を勧めたのです。





そういった事もあり、浄土教は貴族の間にも広がり、極楽浄土での往生を願って平等院は建築されたのですね~








さて、鳳凰堂の他にも貴重な国宝が展示されている鳳翔館もなかなか興味深かったです。




img_genzai0301_convert_20220518180354.jpg


10円玉の裏の平等院の存在はご存じの方も多いと思いますが、一万円札の裏にも平等院鳳凰堂の鳳凰像が描かれています。



1984年に発行された旧紙幣では雉が描かれていましたが、2004年の新紙幣で、絵柄が鳳凰に変わったそうです。


気づかなかったな~






P4170014_convert_20220518181045.jpg

(平等院のパンフレットより)


雲中供養菩薩(国宝)

極楽浄土の世界を表現するために登場した菩薩様たちです






ところで、平等院を創建した藤原頼道は念願の極楽浄土に行けたのでしょうかね?







浄土信仰では、臨終すると阿弥陀如来が迎えに来てくれると信じられているそうです。





その「お迎え」には9段階あり、それを「九品(くほん)」と言うのだとか。






「九品往生」とは、生前の行いや功徳により、往生のランクが決まるという考えだそうです。





大きく、上品(じょうぼん)、中品(ちゅうぼん)・下品(げぼん)に割り振られ、それぞれが上生・中生・下生に分けられます。






つまり、最高ランクは「上品上生」、最低は「下品下生」。




その階級ごとに「九品来迎印」(くぼんらいごういん)が定められており、その人にふさわしい「印」を結んだ阿弥陀如来が迎えに来てくれるというワケです。




kubon_convert_20220518183219.gif




今回の記事はちょっと長くなってしまいましたね~




この後、まだまだ移動です・・・









スポンサーサイト



theme : 京都
genre : 旅行

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

全国ご当地フォルムカードってものがあるんですね~知りませんでした。
現地に行かないと入手できないのがプレミアム感があって良いですね^^

そして・・・「九品往生」も知りませんでした!
まるで飛行機のマイレージクラブのように・・・功徳を積んだ人には手厚いサービスがwww
どこまで行ってもランクから逃れられないのか~なんて暗い気持ちになってしまいました(嘘)

takaboneさま

>全国ご当地フォルムカードってものがあるんですね~知りませんでした。
現地に行かないと入手できないのがプレミアム感があって良いですね^^


そうなんですよ~
全国それぞれ違う絵柄なので、集める楽しみもありますよ

一番最初は青森県を旅行した時に立ち寄った郵便局で買いました。

白地図を印刷してフォルムカードをゲットした場所の都道府県を塗りつぶしていますv-487



>そして・・・「九品往生」も知りませんでした!

平等院の記事を書くにあたっていろいろ調べたのですが、阿弥陀如来の信仰は平安時代の末法思想の流行と共に貴族を中心に広まったそうです

豪華な阿弥陀堂を作れば、わらわも上品上生界(?)に行ける!って発想だったんですかねぇ


>まるで飛行機のマイレージクラブのように・・・功徳を積んだ人には手厚いサービスがwww
どこまで行ってもランクから逃れられないのか~なんて暗い気持ちになってしまいました(嘘)


まぁ、いつの時代もランクを定めるものなんじゃないですか?階級というか、マウンディングみたいなのは現代よりももっと激しかったのかも・・・

でも、浄土教ってのは南無阿弥陀仏と唱えればどんな人でも阿弥陀如来が救ってくれるという教えだそうです。
・・・どんな人でもぉ?と思いますが、信じる者はなんとやら・・・ですねv-354

No title

はじめてコメントいたします。
takabone様のコメント欄で拝見しましたが、大宮には用事でときどき行き、献血もすることがあるので、東北の物産展は見かけていました(^ ^)

関西人でありながら、この付近には行ったことがないので、またゆっくり行きたいです♫

ラーダ・ドゥーナさんへ

宇治に行ったなら、お茶三昧!
いろんなお茶楽しまれましたか。
それと、抹茶を使用したスイーツも楽しまれましたか。
期待しております!

No title

ああ、懐かしい。

そうですか、煌びやかになっているのですか。

私も、行ったらびっくりするかも。

若いときに、何も考えないで、訪問したのですが

ラーダさんの情報をきいてから
訪問したら面白さが倍増しそう。

もう一度、行きたいなあ。



No title

学生の頃(つまり大昔)に 行ったはずなんですが・・・・・ 平等院鳳凰堂は 覚えてるんですが、 この橋 見てるはずですよね~~~
全く覚えてないです ><

改装したんですね 僕が行った当時も綺麗だった気がするんですが、 それから ん十年経ってますから wwwww

10円玉は 覚えてましたが 言われてみれば 1万円札にもあると 聞いたような気がします。
もう 2年以上 触ってないです ><

あっ いや 両替した時に触ったのが最後です wwww

  駐在おやじ

No title

ラーダさん こんにちは。

宇治のご当地フォルムカード可愛らしいですね。
消印もさすが雅び(*^_^*)

平等院、修学旅行で行ったのかなぁ~?
大人になってからは、まだ行けてないんですよね~

世田谷にある九品仏(浄真寺)に行きましたよ~
大きな阿弥陀如来様が、上品、中品、下品に三尊ずつ荘厳です。
どんな罪を犯した人も、極楽浄土に連れて行くという考え方ですよね。
お迎えは来るものの、下品の下生は、果てしない年月がかかったような気がします(..;)

御朱印も、阿弥陀如来様が九尊並んだ御朱印でした。
紅葉が綺麗ですから、秋がお勧めです(*^_^*)

utokyo318さま

>はじめてコメントいたします。

utokyo318さん、はじめまして!(^^)!


>takabone様のコメント欄で拝見しましたが、大宮には用事でときどき行き、献血もすることがあるので、東北の物産展は見かけていました(^ ^)


大宮駅の西口あたりでよく東北の物産展が開催されていますね~

あと、JR大宮駅の東口を出て近くに「○○ひがしにほん」という施設があります。そこでは、毎月いろんな地方の物産展が開催されています。

さまざまな日本酒を試飲できるコーナーもあってお勧めですよv-305

献血・・・ダンナが献血して30回目記念ってことで記念の盃をいただきました

30回の次は50回だって・・・先が長いなぁ



>関西人でありながら、この付近には行ったことがないので、またゆっくり行きたいです♫

utokyo318さんも関西人なんですね!
実家は神戸なんですが、大阪・京都にはもうなかなか行きませんねぇ・・・

関東からだと遠いわ~

ひびきさま

>宇治に行ったなら、お茶三昧!
いろんなお茶楽しまれましたか。
それと、抹茶を使用したスイーツも楽しまれましたか。
期待しております!


宇治はさすが、お茶処でお店もたくさんありますね~

ウチはほうじ茶を買いましたよ
香ばしい香りと味わいが美味でしたv-365

スイーツも食べたかったんですが、なにせ、先を急ぐ旅なのでせっせと移動・・・


今度は京都を飛び出してあそこへ行きますよ~


ヒント。

今回は海を見てないけど、海をみたような気分になれましたよ~v-232

もりんさま

>ああ、懐かしい。

そうですか、煌びやかになっているのですか。

私も、行ったらびっくりするかも。



初めて行ったけど、教科書の写真のイメージのせいか「派手だな~!」って印象でした


でもまぁ、もともとがこんなに煌びやかだったんだとしたら、表現したかった「極楽浄土」を疑似体験できるかもv-353



>若いときに、何も考えないで、訪問したのですが

ラーダさんの情報をきいてから
訪問したら面白さが倍増しそう。

もう一度、行きたいなあ



阿弥陀堂っていろんなところにありますが、誰もかれもを救って極楽に連れて行ってくれるなら、そりゃ手も合わせるわな~・・・なんて。


今回は時間がなくて阿弥陀如来のお姿を拝んでいませんが、しっかりお願いしてくればよかったなぁv-421

駐在おやじさま

>平等院鳳凰堂は 覚えてるんですが、 この橋 見てるはずですよね~~~
全く覚えてないです ><


まぁ、京都っていったら似たような景色はあちこちにありますし・・・ねぇ・・・(と、慰めてみる)


>改装したんですね 僕が行った当時も綺麗だった気がするんですが、 それから ん十年経ってますから wwwww


今まで3回くらい改修しているみたいです。どれぐらいの頻度でしているかちょっとわからないけど・・・

私は銀閣寺みたいな木造の地味ぃな建物って印象で行ったので、その落差に驚きました

しいて言えば、首里城を見た時のような驚き?



>10円玉は 覚えてましたが 言われてみれば 1万円札にもあると 聞いたような気がします。
もう 2年以上 触ってないです ><


いや~
帰って来てから気づきました
そういや、これ見たなって感じで。

でも、さすが国宝。目つきも鋭くカッチョよかったですよ!(^^)!



>あっ いや 両替した時に触ったのが最後です wwww


私は駐在おやじさんが「ちょっと所用で日本へ一時帰国します」って記事に書いている夢を見ましたよ

あ~、久々に帰れてよかったですねぇ・・・・とコメントまでしてます。夢ですけど。

そのうち、正夢になる?v-282

masumiさま

>宇治のご当地フォルムカード可愛らしいですね。
消印もさすが雅び(*^_^*)


京都のフォルムカードはいかにも京都!って感じですが、他県のは「もっと他にいい絵柄があっただろうに」とザンネンなバリエーションのもありますよ~(千葉とか)v-356


>平等院、修学旅行で行ったのかなぁ~?
大人になってからは、まだ行けてないんですよね~


平等院に行くとは全然頭になかったのですが、伏見稲荷大社からだとわりと行きやすいところにあったんですよ~v-218


大人になってから、なぜ平等院が創建されたのかと知るとちょっと興味が出てきました

あの時代の人のイメージする極楽ってあんな感じなんですねぇ



>世田谷にある九品仏(浄真寺)に行きましたよ~
大きな阿弥陀如来様が、上品、中品、下品に三尊ずつ荘厳です。


HP見ましたよ~
あのOKみたいなポーズは「迎えに来たよ~」って意味だそうです

そのあとに下品のポーズに変わったら嫌だなぁ・・・v-356


>どんな罪を犯した人も、極楽浄土に連れて行くという考え方ですよね。
お迎えは来るものの、下品の下生は、果てしない年月がかかったような気がします(..;)

迎えに来てくれても上の等級に上がるまで時間がかかるってことですかね?
それとも、生まれ変わる年月がかかるとか?



>御朱印も、阿弥陀如来様が九尊並んだ御朱印でした。
紅葉が綺麗ですから、秋がお勧めです
(*^_^*)



あら~、珍しい・・・。

ちょっと欲しいかも・・・ですねぇ(*´ω`)

No title

おはようございます。
平等院は、2回ほど行きました。
藤棚が見事なので見に行きました。
藤の花が1mほどあろうかと思われる長い房なんですよ。
その頃にツツジも咲いてとても奇麗です。
宇治は、お茶の名所です。
お茶のアイスクリームや抹茶のパンも香りが濃く美味しかったです。
私って食べてばがりです。^^;

こんにちは!

初めて降りられるのですね~
私は学校のキャンパスがこちらにもあるので良く降りますよ~
平等院まで歩く道の左手には白イチゴが食べれるいきつけのお店があるんです(^-^)

平等院はずっと工事してましたね~
もう終わってましたか?
横の博物館のようなところに工事の展望について書いてましたが、ちゃんと読んでませんでした、、、

ピーちゃんこさま

>藤棚が見事なので見に行きました。
藤の花が1mほどあろうかと思われる長い房なんですよ。
その頃にツツジも咲いてとても奇麗です。


藤棚、ありましたね~
もう終わった後でしたが、咲いていたら見事だったでしょうね

平等院はいろんな季節の花が楽しめ、まさに極楽ですねv-353



>宇治は、お茶の名所です。
お茶のアイスクリームや抹茶のパンも香りが濃く美味しかったです。
私って食べてばがりです。^^;


お茶屋さん、たくさんありましたね~
ウチもほうじ茶を買いました

いろんなスイーツのお店があったけど、今回は時間がなくて寄れなくて残念でした((+_+))

tkmtripさま

>初めて降りられるのですね~
私は学校のキャンパスがこちらにもあるので良く降りますよ~

tkmtripさんの記事で見た橋だわ~と思いつつ、写真を撮りましたよ
素敵な場所に縁があっていいですね!(^^)!


>平等院まで歩く道の左手には白イチゴが食べれるいきつけのお店があるんです(^-^)

白いちごですか~
そんなお店があったとは・・・
今回は駆け足旅で移動・移動だったのでバタバタしましたv-355


>平等院はずっと工事してましたね~
もう終わってましたか?
横の博物館のようなところに工事の展望について書いてましたが、ちゃんと読んでませんでした、、、


もう工事しているところはなかったですよ~
どこもピカピカって感じ。

鳳翔館も落ち着いた雰囲気でああいうホテルに泊まりたいわ~って感じですね
おっしゃれ~な空間に国宝・・・さすがです

No title

宇治の平等院、大好きなところです
いいですね
お札の記載、いろいろあるのですね
知りませんでした
藤原頼道さん、極楽浄土に行けているとよいですね
阿弥陀信仰は阿弥陀様が迎えにきてくださるから、きっと行けている筈と思ったら、いろんなランクがあったのですね

sakulanboさま

>宇治の平等院、大好きなところです
いいですね

極楽をイメージした場所と考えると確かに納得がいきますねぇ
季節の花もたくさん咲いているし・・・


>お札の記載、いろいろあるのですね
知りませんでした

10円玉の事は知ってましたが、一万円札の裏までは気づかなかったです

でも、さすが国宝。カッチョ良かったですv-398



>藤原頼道さん、極楽浄土に行けているとよいですね

>阿弥陀信仰は阿弥陀様が迎えにきてくださるから、きっと行けている筈と思ったら、いろんなランクがあったのですね


迎えには来てくれるけど、ランクがあるとは・・・そんな~!な世界ですね

どこに連れていかれるかわからないから、生きているうちに良い行いをしておけよって教えなんですかねぇ・・・v-354
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
フリーエリア