fc2ブログ
2023-02-23

一瞬の奇跡










今週の月曜日の夕方17時過ぎに職場の玄関を出たら、向かいにある黄金色に紅葉した木が目に入りました。







たまたま一緒に玄関を出た同僚も同じ瞬間にこの紅葉を目にしました。










「あれ?今まであの木って黄色かったっけ?」







「あれって、紅葉?」





「春なのに?!」






「あんなに黄色いのに、今まで気づかないってことある?」






二人とも目の前の状況を理解できず、疑問が募るばかり・・・





続いて職場から出て来た同僚にも声をかけ、4人でしばし鑑賞・・・。







狐につままれたような気持ちでそれぞれ職場を後にしましたが、帰りにその木の前を通ってみました。







木を見てみると、黄色に輝いているのはどうやら上の部分だけのようです。





そして・・・








P1180003_convert_20230222234403.jpg

翌日の昼間








P1180004_convert_20230222234441.jpg

翌日の夕方の同じ時間






前日、葉っぱが黄金色になっていたのはどうやら、強烈な夕日に照らされて色が変わったように見えたようでした。






この日の夕焼けは辺りが赤く染まり、白いビルも茜色に染まっていました。








まさに、一瞬だけ見る事ができた奇跡の瞬間だったんですね~










さて、太陽の光は赤くないのに、なぜに夕日となって沈むときに赤くなるのでしょう










太陽の光は波長の長いほうから、赤・オレンジ・黄・緑・青・紺・むらさきの七色の光が混ざった光だそうです。








太陽から届く光は最初は白色で、赤から青のいろいろな色が混ざって白い光になっています。







いろいろな色が混ざった光が大気を通ってくる時に波長の短い青系の光は大気中の塵など(エアロゾル)にぶつかって散乱してしまい、地球の表面まで届きにくくなり、目にも届きにくくなります。






エアロゾルが多いほど青系の光は届きにくくなるんですね~












yuuhi_03_pc_convert_20230223003528.jpg

(大日本図書 星や月「夕日が赤いのはなぜ」より)






しかし、波長の長い赤い光は塵などにぶつかっても散乱しにくいので青い光よりも地球の表面に届きやすくなり、






結果的に、赤い光がたくさん目に届くので夕日が赤く見えるそうです






昼間に比べると朝と夕方は太陽の光が大気を通ってくる時間が長くなります。







そのため、地表から太陽を見ている私たちには昼間よりも朝や夕方の方が赤い光が強く見えるのだとか。








浪漫のカケラもないけど、大気中のエアロゾルと呼ばれる浮遊粉塵が多いときは、より赤い夕日になります。








太陽光の透過を阻害する不純物が大気中に多くなるり、空気が汚れているほど夕日は赤く見えるんですね~












季節で言えば、黄砂の多い春、大気中の水蒸気量が多い夏。








あるいは、地球規模で火山灰に覆われたときなどは全世界で真っ赤な夕日が観測できるそうです。




スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

おはようございます。
太陽の光は、二次で分かるように七色が混ぜ合わさって届いていますよね。
よく分かる説明で理解しやすかったです。
夕焼け好きですけどね。。。
真っ赤って事は、大気中にエアロゾルがいっぱいなんですね。
大気汚染で夕焼けや朝焼けが真っ赤になるのは嫌ですよ。

No title

夕焼けや朝焼け、思わず見惚れてしまいますが、エアロゾルが関係しているということで、悩ましくもありますね・・・・

満天の星も日々見たいですが、居住地ではほとんど見ることができず、残念に思う日々です。
生活が豊かになったぶん、失われたものもありますね。

No title

さすがラーダさん 夕日が赤く見える原理 知ってる人あまり多くないんですよね~~~
この前 会社でこの話になり 周りに聞いてみたら 1人しか知らなかったです ^^
僕は 雑学大好きなので ^^

宇宙にいきなり 生身の人間が飛び出したらどうなる? とか wwww

  駐在おやじ

こんにちは!

そんな現象があるとは~
でもその瞬間しか見れないものを目におさめられたのはよかったですね~
またとない機会かとしれないですしね!

ピーちゃんこさま

>夕焼け好きですけどね。。。
真っ赤って事は、大気中にエアロゾルがいっぱいなんですね。
大気汚染で夕焼けや朝焼けが真っ赤になるのは嫌ですよ。


赤い夕陽を見て感動するけど、こんな理由があったとは驚きでした


でも、やっぱり単純に「ああ、綺麗だなぁ」って感動したいですねv-398


utokyo318さま

>夕焼けや朝焼け、思わず見惚れてしまいますが、エアロゾルが関係しているということで、悩ましくもありますね・・・・


たまに「ウソでしょ?!」ってくらい真っ赤な夕日の時がありますが、こんな理由があったとは・・・

普段は緑の葉っぱも黄色く見えるほどの赤い光って・・・
でもまぁ、一瞬のマジックは楽しめましたv-398


>満天の星も日々見たいですが、居住地ではほとんど見ることができず、残念に思う日々です。

そうですね~
星空は見えるけど、星の数はそんなに多くないです

夜でもあちこち住宅の明かりが明るいし、そこまで澄んでないんでしょうね・・・v-356


>生活が豊かになったぶん、失われたものもありますね。

一度便利な生活を知ってしまうとなかなか手放せないものですね

失ったものも思い出せないぐらいたくさんあるんでしょうね

駐在おやじさま

>夕日が赤く見える原理 知ってる人あまり多くないんですよね~~~

これは以前からなんとなく知ってて詳しく知った時は全然ロマンチックじゃない話だな~と思いましたv-393


>宇宙にいきなり 生身の人間が飛び出したらどうなる? とか wwww


あはは
なぜに、そんな話に?

初期のころのガンダムにそんなシーンがなかったっけな?(違うかも)


調べてみると・・・


宇宙服は断熱材やゴアテックス、ケプラーなどの化学素材でつくられた14層構造になっているそうです。

もし、人間が人が宇宙服を着ることなく宇宙空間へ飛び出したらもちろん死んでしまうそうですが、宇宙空間では呼吸ができず「窒息」するというのが一番の原因ではないかと・・・v-12


他には、宇宙空間はマイナス270℃という極寒の世界ですが、熱を伝えるために欠かせない空気がないことから、体から熱が奪われて凍死とか・・・。



真空状態の宇宙空間では気圧がなく、生身の状態では、体内にある空気は膨張してしまうので体が破裂するとか・・・。


あとはガンマ線などを含む宇宙線という放射線を浴びてダメージを受けるとか、高速で飛んで来る宇宙ゴミにぶつかって・・・とか~v-355


どんなに大金持ちになっても宇宙旅行をしようとは思わないけど、宇宙飛行士は専用の(?)保険をかけているんですかね?

ただでさえ、リスクも高いんだし何かトラブルがあったところで何の保障もなければ行かないだろうしなぁ・・・

tkmtripさま

>そんな現象があるとは~
でもその瞬間しか見れないものを目におさめられたのはよかったですね~
またとない機会かとしれないですしね!


そうなんですよ~
ホントに紅葉したような「真っ黄色」でしたv-12

なので、余計に違和感があったんでしょうね

そもそもその木は何の木かわからないけど、秋になっても紅葉してたかどうか・・・v-34

夕日の色で葉の色が違って見えることもあるんですね~

これ・・・ミステリー小説のトリックで使えないかしら~(どんなストーリーなんじゃ)

No title

i一瞬の奇跡
素敵なタイトル!
そして素敵な出来事に遭遇しましたね。

そういうことが、不思議な現象となって
伝説や言い伝えになると面白いなあ。

現実には、理由があっても
やっぱり驚く現象って素敵ですよねえ。

No title

明石で有名な瞬間です。

夕焼けパンダは、水平線に沈む夕日が市内の鉄塔と重なり、直径約4メートルの二つのアンテナが目元、小さなアンテナ群などが鼻や口のように浮かび上がる現象。太陽の軌道の関係で春と秋の年2回見るチャンスがある。

明石市立天文科学館(人丸町)で、夕日が鉄塔のアンテナに重なり、パンダの顔のように見える現象「夕焼けパンダ」の観測会・・

もりんさま

>一瞬の奇跡
素敵なタイトル!
そして素敵な出来事に遭遇しましたね。

いや~、ホントに・・・
あの瞬間を逃したら見られない奇跡だったんだな~と思います

今まで毎日見ているハズなのに、普段は全然気づかないなんて・・・v-356


>そういうことが、不思議な現象となって
伝説や言い伝えになると面白いなあ。

現実には、理由があっても
やっぱり驚く現象って素敵ですよねえ。


そうなんですしょうね~
日本の神話

天照大御神が岩戸の陰に隠れて世の中が真っ暗に・・・ってのは日食の現象だったんでしょうかね

太陽や月が欠けるなんて、理由が解明されるまではホントに「神の怒り」とかよくない事の前触れとか真面目に心配していたんでしょうねv-12

ひびきさま

>明石で有名な瞬間です。

いや~、初めて知りました!
さっそく調べてみましたよ
去年は5年ぶりに夕焼けパンダが見られたのですね🐼


>明石市立天文科学館(人丸町)で、夕日が鉄塔のアンテナに重なり、パンダの顔のように見える現象「夕焼けパンダ」の観測会・・

明石市立天文科学館・・・・馴染みある場所で懐かしいです

震災の時は「あの時刻」のまましばし時計が止まってましたね

今は夕焼けパンダの見られる場所として新たなスポットに・・・?

「子午線のまち」と共に「夕焼けパンダのまち」としてもアピールして活性化して欲しいところですv-441

No title

先日はコメントありがとうございました(^^)1つ前の記事ながら、インパクトが私の中で凄かったので、出遅れましたがこちらにコメント失礼します。

紅葉のように色づいた黄色の葉っぱが夕日によるものだと最初はうっとりしたのですが、まさかの話の展開にへぇー!と驚きました。

『夕日がとてつもなく綺麗でした』と昨日Facebookに投稿されてる方がいらっしゃったのですが、あー、浮遊粉塵が多かったのだなぁという冷静な自分がいました^^;

Ichi さま

>先日はコメントありがとうございました(^^)1つ前の記事ながら、インパクトが私の中で凄かったので、出遅れましたがこちらにコメント失礼します。


Ichi さん、ようこそ~v-441
コメント、ありがとうございます♪


>紅葉のように色づいた黄色の葉っぱが夕日によるものだと最初はうっとりしたのですが、まさかの話の展開にへぇー!と驚きました。


いやいや、見た時はホントに意味がわかりませんでした

普段もたぶん、うっすら黄色に見える日があったのでしょうが、この日は「こんなことってある?」と思うほどのインパクトがあったので夕日のトリックに気付いて微妙にテンションが下がりました"(-""-)"


>『夕日がとてつもなく綺麗でした』と昨日Facebookに投稿されてる方がいらっしゃったのですが、あー、浮遊粉塵が多かったのだなぁという冷静な自分がいました^^;


あはは
知らぬが仏ですね~

たぶん日本人は昔から自然信仰というか八百万の神を信じているので、たとえ実際はこういう真実だとしても「神さまからのギフト」とかって思うんじゃないですかねv-352

(私も「ああ、今日はエアロゾルが多いのか~」と若干シラケはしますが)


プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
フリーエリア