fc2ブログ
2023-10-29

やるな~!図書館!




国際交流のイベントなどで見つけた外国の民族衣装ですが、惹かれてつい買ったのはいいけど、







「そのまま着たら『マジな人』っぽくならない?」と着るのを躊躇していました。







P2090114_convert_20160330000146.jpg





P9150076_convert_20171006131253.jpg





P9100075_convert_20181008201553.jpg






P7130002_convert_20150804151533.jpg












もうちょっとカジュアルで、「THE 民族衣装」 というのじゃなくて、ちょっとしたスパイス的なオシャレって言うの?







そ~ゆ~コンセプトの本ってないのかな?と思ってました。 






ネットで検索してみると、ドンピシャな本が・・・!






「都会で着こなす世界の民族衣装」(主婦の友社)





な~んと!これぞ、私の求めていた本よ!





しかし、1600円か~





内容もわからずにいきなり買うのには躊躇する価格よね~





中古では出てないし・・・





どこの書店も同じような本しか置いてないし、民族衣装なんてどこの誰が興味あんねん?的な?





う~む。地道に探すのって、もしかしたら砂利道で宝石を探すくらい難しい話なんじゃ・・・?







と、思ってダメ元で地元の図書館のHPで検索してみたら・・・!





あるじゃ~ん!


P9200007_convert_20231028164419.jpg



不便だったり手間がかかったりする中で、なぜその形や柄、素材になったのか。そこには必ず理由があり、その土地の気候や習慣、文化背景が必然的に絡んでいるからこそ、人々は「民族衣装」に魅了されます。”古いもの” “伝統的なもの”がまた注目され、民族衣装にインスパイアされたデザインが人気を集めるなか、トライバルやエスニックファッションに興味を持つ人に本物を知ってもらいたい。ルーツや当時の想いに馳せて、何気なく着ていた服たちを改めて見つめ直すきかっけになれば。本書は、”都会で着こなす”をキーワードに東ヨーロッパ・アジア・中南米・中近東&アフリカの世界各国から民族衣装を厳選。現代でも違和感なく着こなせるスタイリングのコツも合わせてご紹介します!HAFA、谷崎聖子さん、東欧民芸クリコ、グランピエ、SOLOLAなど民族衣装に魅了される7名に取材。民族衣装との出会い、魅力にも迫ります!

(主婦の友社 都会で着こなす世界の民族衣装 HPより)






いろんな国のさまざまな民族衣装が紹介されていますが、きちんと衣装についての歴史や特徴、着用の仕方などの紹介もあり、読み物としても興味深いです。




例えば・・・




P9200022_convert_20231028164933.jpg

インドのメグワル族の民族衣装


●インドとパキスタンにまたがる地域に住むメグワル族

この民族衣装は背中部分が大きく開き、袖だけを通し、後ろは紐で結んで着る作りになっているそうです。
民族衣装として着るときは、ブラウスの上に頭から大きなショールを被ります。
また、下には長いスカートを着用。
婚礼用に作られ、婚礼がすんだ後は日常着として着用されます。

このあたりの地域の衣装にはミラーワークや細かい刺繍が多くみられ、部族ごとに少しづつ刺繍のデザインが異なるとか。

(文章は簡単にまとめました)



さて、これがどんなコーディネートになるのでしょうかね~




P9200024_convert_20231028165042.jpg

あら~
違和感がないですね







P9220011_convert_20231028165150.jpg

ハンガリー南部のカロチャ地方に伝わるカロチャ刺繍のベスト

●ぱっと咲き誇る花畑のような伝統刺繍ですが、若い女性は赤やピンクなどの明るい色の刺繍。
年齢を重ねた女性はブルーや紫などの落ち着いた色で刺繍をします。
19世紀中ごろは糸を染める技術が未熟であったことから白一色だけで刺繍されましたが、技術が発展した20世紀に入ったころからカラフルな色の刺繍が出回るようになりました。

模様はカロチャ名産のパプリカや当時流行したバラやチューリップ、スミレなど・・・

着用する時は、ブラウスに重ね、同じくカロチャ刺繍を施したエプロンに組み合わせます。




ほほう・・・つまり、刺繍の色でだいたいの年齢がバレるのね・・・




P9220013_convert_20231028165238.jpg


あら~
可愛らしい刺繍も暗い色彩のトップスに合わせるといい感じに引き立つんですね~








P9200025_convert_20231028171312.jpg

グアテマラの貫頭衣仕様のマヤの伝統的な衣装

●グアテマラの「ウイビル」という衣装で、長方形の織物が縫い合わされ、穴から頭を通してからかぶる貫頭衣。
腕を通す部分を残して脇を縫い、閉じてあるものもあれば、脇は縫わずそのままのものも・・・
民族衣装としては、短い丈のウイビルの下に絣文様の巻きスカートをはき、ベルトで締めるスタイル。

グアテマラはマヤ文明が栄えた地でグアテマラ・レインボーという鮮やかな色彩があり、
その色彩には東西南北それぞれに赤・黒・黄・白の色を定め、中心を緑とする「五色」と呼ばれるマヤの世界観が息づいています。



グアテマラ・レインボーに色彩に東西南北・・・?

図書館で一緒に借りた「バリ島 装飾文化図鑑」にも似たような話が書いてあったなぁ

バリ島にも9色の基本原色があり、それぞれの色に方位や守護神、対応する音韻、シンボルが決まっているそうです。




さて、コーディネートはどうなんでしょうかね・・・



P9200026_convert_20231028171419.jpg

あら~
全然違和感がないですね

カラフルなトップスに合わせ、ボトムスのパンツも明るいサーモンピンクにしたことで一体感がありますね






この本にも書かれていたけど、民族衣装はその国のアイデンティティ。

言語や文化、気候などを共有する一つの民族が祖先からの教えや願いを受け継いで伝えられてきたもの・・・。


そういったものを外国人の自分が軽い感じで着てもいいの?と思わないでもないけど、


もし、運よくどこかの国の民族衣装を手にすることができたら、その国のルーツを調べてみたり、


はたまた、日本の民族衣装の着物に思いをはせてみたり・・・ということをして振り返ってみたいですね





ちなみに、3世紀に著された「魏志倭人伝」の記述から女子は貫頭衣、男子は袈裟衣(けさい)を身に着けていたそうです。


あの卑弥呼も貫頭衣を着ていたんですね~


グアテマラやメキシコ、ペルー、ボリビアなどでも民族衣装として残っている貫頭衣


地球の裏側でもまだその文化が残っているとは、なんだか不思議な気がします








他にもこんな興味深い本が・・・




P9200008_convert_20231028174030.jpg








P9200010_convert_20231028174148.jpg



図書館って古臭い本しかない・・・と思っていたけど、たまに行くといろんな発見がありますね~






スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんにちは!

民族衣装は目立ちますもんね〜
韓国ではよく友達に着させられました
人が着てるのを見るのは素敵だなと思いますが自分が着るとなると躊躇しますね
こうやってカジュアルに着れたらいいですね!
図書館さすがです
調べてみるものですね

No title

おはようございます。
民族衣装ってカラフルで手が込んで奇麗ですね。
刺しゅうがいっぱいあるだけで感動します。

私、図書館に行ったらいつも料理の本ばかり見ています。
気に入ったレシピをスマホで写して持って帰ってます。
たまには、違った分野にも目を向けなければ。。。
いい事ありそう。。。

ラーダ・ドゥーナさんへ

図書館凄いですね。
いろんな本があってびっくりしました。
以前、息子が図書館で本を借りたいと言ったので着いていくと、ありゃあ、こんな専門書まで・・・
あれには驚いた。
朝から図書館に通う人が一定以上いるのに納得しました。

tkmtripさま

>民族衣装は目立ちますもんね〜
韓国ではよく友達に着させられました
人が着てるのを見るのは素敵だなと思いますが自分が着るとなると躊躇しますね


確かに街中で着るにはちょっと・・・と思いますよね~

惹かれる気持ちは確かにあるんですが、あんまり妙な着方をしたりするのも申し訳ない気もして・・・((+_+))



>こうやってカジュアルに着れたらいいですね!


世界の民族衣装の本を見ていると、うまく合わせれば普段も着れるかも?というのもありますね~

センスがあれば違和感なく着こなせるんでしょうねv-398



>図書館さすがです
調べてみるものですね


一般ウケしないような本は探すのもなかなか大変ですねぇ

でも、いろんなジャンルが揃う図書館だからこそ、こんな強みもあるんだな~と感動しました

ピーちゃんこさま

>民族衣装ってカラフルで手が込んで奇麗ですね。
刺しゅうがいっぱいあるだけで感動します。


世界の民族衣装の本を見るとカラフルな色の刺繍が施された衣装が多いですね

国によって、使われる糸の色やモチーフに意味があるようで、興味深く読みましたv-298


日本では青森に行ったときに「こぎん刺し」を見ました。

こぎん刺しとは 江戸時代に津軽地方で生まれ、現代に受け継がれている刺繍ですが、
藍染の麻布で作られた野良着の保温と補強の為に白い木綿糸で刺したことが始まりだそうです

暗い色彩の麻布に引き立つ、規則正しく並ぶ白い糸の文様・・・
保温と補強のための刺繍だけど、そこに「美」がある・・・

なんか、妙に日本人らしいなぁと思いました



>私、図書館に行ったらいつも料理の本ばかり見ています。
気に入ったレシピをスマホで写して持って帰ってます。


私もそうですよ~
図書館に行くときは目的を持っていくので、たいていはそのエリアのところしか見ないですね



>たまには、違った分野にも目を向けなければ。。。
いい事ありそう。。。


今回は普段見ないエリアでしたが、行ってみれば宝探しみたいで楽しかったですよ~

いかに、普段、興味のあるもの以外に目を向けていなかったのか・・・と、自分で可能性を狭めていたのだな~と思いましたv-356







ひびきさま

>図書館凄いですね。
いろんな本があってびっくりしました。


私は買うほどじゃない専門的な分野の本は図書館で借りてましたが、それでも本の数にも限りがあって「まぁ、こんなモノよね~」と、図書館離れをしてましたv-356

でも、まったく興味のなかった分野の本を探すとなると全然違いますね~
次々に新たな扉が開く感覚でした


>以前、息子が図書館で本を借りたいと言ったので着いていくと、ありゃあ、こんな専門書まで・・・
あれには驚いた。


これを書店で一から探すとなると大変だし、中古で探すとしても果てしないですからね~

「専門的なジャンルこそ、図書館」と見直しましたよ~v-354


>朝から図書館に通う人が一定以上いるのに納得しました。

確かに・・・
新聞も読めるし、最新の雑誌もタダで読めるし・・・

興味のある分野についてどれだけ時間をかけてのめり込んでも誰も文句を言わない・・・

そして、冷暖房完備・・・
図書館によってはタダで映画を見たり、音楽鑑賞もできますしね~

そりゃ、いつ行ってもそれなりに混んでいるワケだよな~と思いました

No title

お目当ての本があって、良かったですね\(^o^)/
立ち読みもなかなかエネルギーがいるので、一旦借りて自宅でチェックできるのは,便利だと思います。
中央図書館のような大規模なところだと、さらに本の数や種類が充実していそうですね♫

utokyo318さま

>お目当ての本があって、良かったですね\(^o^)/


いや~
まさか、あるとは思いませんでした
2019年出版の本ですが、書店には置いてないし、借りられてよかったです( *´艸`)


>立ち読みもなかなかエネルギーがいるので、一旦借りて自宅でチェックできるのは,便利だと思います。


じっくり腰を据えて自宅で読めると助かります。期限内に読み終えなくても延長できますしね~v-426


>中央図書館のような大規模なところだと、さらに本の数や種類が充実していそうですね♫

そうなんでしょうね~
例えば職場の近くとか近所だったら行きやすいですが、行ったら行ったで夢中になってなかなか出てこれないかも・・・v-356

No title

民族衣装をそのまま着て外出するのは相当目立ちますよね。
でも、カラフルで綺麗な衣装を活用したい!

そこでコーディネートなのですね!

図書館とは思い付かなかったです。
普段、絶対に目にしないような本がちゃんとあるのですね。

雑誌コーナーにも常連さんがいるようで、知る人ぞ知る人気の図書館ですが、そうなると、益々本を買う人がいなくなりますね〜(๑>◡<๑)

No title

へ~~~~ 図書館頑張ってるのもですが
都会で着こなす世界の民族衣装 こんな本があることに驚きました

ラーダさんと同じような事を考えられてる方がおられるんですね

でもほんと 違和感なくおしゃれなコーディネーターになってますね。
服とかのセンスないので・・・ 何とも ^^

  駐在おやじ

図書館って凄い〜幅広い
合わせ方次第でこんな風に着こなせるんですね
ラーダさんに絶対似合いますよ!
洋服に合うアクセサリー選びもウキウキしますね
ラーダさんのコーディネートが楽しみです

ヒマワリさま

>民族衣装をそのまま着て外出するのは相当目立ちますよね。
でも、カラフルで綺麗な衣装を活用したい!


さすがに「そのまんま」はちょっと難しいですねぇ
うま~く一部を取り入れて違和感のないオシャレになるといいですね( *´艸`)


>図書館とは思い付かなかったです。
普段、絶対に目にしないような本がちゃんとあるのですね。


図書館は借りたら返しに行かないといけないのが面倒で全然行かなかったのですが、まずどんな本か確かめるにはいいなぁと思いましたv-87

ああいうジャンルの本でも置いてあるとは・・・・ちょっと見直しました


>雑誌コーナーにも常連さんがいるようで、知る人ぞ知る人気の図書館ですが、そうなると、益々本を買う人がいなくなりますね〜(๑>◡<๑)


雑誌コーナーは人気でなかなか読めないですね

これまた、書店で立ち読みするのは躊躇するけど、図書館だったら気になる記事はコピーもできますもんね~

そりゃ、わざわざ雑誌を買わないよなぁv-355

駐在おやじさま

>へ~~~~ 図書館頑張ってるのもですが



図書館・・・古い本しかないと思ってたけど、ちゃんと専門書も新しく入れているんですねぇ


>都会で着こなす世界の民族衣装 こんな本があることに驚きました

ラーダさんと同じような事を考えられてる方がおられるんですね


いや~!まさに、これよ!と思いました。
そもそも普通は世界の民族衣装なんて手にすることもないでしょうしねv-507

同じようなことを考えている人がいたんですね


>でもほんと 違和感なくおしゃれなコーディネーターになってますね。
服とかのセンスないので・・・ 何とも ^^


ホントに・・・
組み合わされたものを見たら違和感がないので「えっ、これも民族衣装なの?」と思うようなものも・・・

本物の民族衣装を手に入れるのは難しいけど、そういう雰囲気の服の使い方の参考にもなりますね!(^^)!v-344

maoさま

>図書館って凄い〜幅広い

今まで全く興味のないジャンルだったけど、いろいろ惹かれる本が次々に見つかって、図書館も悪くないな~と思ったよv-354



>合わせ方次第でこんな風に着こなせるんですね
ラーダさんに絶対似合いますよ!


組み合わせ次第では変に主張することなく、いい雰囲気が出せるかもね~

インドネシアのバリ島のクバヤという女性用の民族衣装はオーガンジーの生地に刺繍をしているジャケットみたいなのだけど、欲しいなぁ・・・v-398

本物を見たことはないけど、ちょっといいレストランとかに着ていけそうな雰囲気・・・
ああ、本物が見てみた~い


>洋服に合うアクセサリー選びもウキウキしますね
ラーダさんのコーディネートが楽しみです


アフリカのネックレスやタイのモン族のシルバーのネックレスとか持ってるよ・・・

これもうまくコーディネートしてみたいけど・・・
なんだか、最近は保守的な恰好ばかりかもv-356

No title

おはようございます

民族衣装のいわれって

なるほどと思う事も多くて

面白いですね

それに 上手く着こなせば

おしゃれです♪

しかしさすが図書館

あなどれないですね

更紗さま

更紗さん、ようこそ!おはようございますv-278



>民族衣装のいわれって

なるほどと思う事も多くて

面白いですね



その国の民族衣装のルーツを辿ると興味深いです

刺繍や色や施された技術、願いや伝統が刻まれているのですねv-254



>それに 上手く着こなせば

おしゃれです♪


なかなか素敵に着こなすのは難しいですが、本当に組み合わせ次第で違和感がなく、オシャレですね!(^^)!



>しかしさすが図書館

あなどれないですね


ホントですね~
普段、利用しないと気付かないけど、いろんなジャンルの本を探して取り入れてくれているのですね
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
フリーエリア