FC2ブログ
2008-10-21

本当のセレブって・・・?

endoumame.jpg
グリムスの木がやっと、成長して立派な木になりました。
成長まで、63日かかりました。長かったな~

現在は「植林スタンバイ」の状態で、NGOの準備が整い次第、植えられるそうです。
候補地は中国やアフリカだとか。
スゴイですね~


さて、Blue Blueberryさんのブログで童話について書かれていたのをきっかけに、思い出した童話があります。

正式なタイトルは忘れましたが、確か・・・。

「エンドウ豆の上に寝たおひめさま」

アンデルセンの童話です。

大まかにどんな話かと申しますと・・・。

ある国の王子様は、年頃になったのでお妃を迎えたいと思っていました。
しかし、この王子の理想は高く「ホンモノのお姫様じゃなきゃダメだ」と思っていました。

そこで、世界中を旅してまわり、完璧な姫を探しました。

しかし、どのお姫様も美人でなかったり、品がなかったりして納得が行きません。

「もう、ボクの理想とする姫とは出会えないかもしれない。一生独身かも・・・どないしょ」
・・・と王子は床によよよ、と倒れ込み、むせび泣きました。

そんな、ある嵐の夜のこと。誰かがお城を訊ねてきました。
城の門をあけると、雨にぐっしょりぬれた一人の若い娘が立っていました。

「私は、王子さまがお探しになっている、ホンモノの姫です」

「ホンマかいな」
・・・と、王子は思いましたが、こんな嵐の夜に外に放り出す事もできないし、
ホンモノと言うなら、じっくり監察させてもらおうやんけ!
・・・と、思い、その夜は城に泊めてやることにしました。

その事を知った、王子の母は娘のベッドにある工夫をしました。

まず一粒のエンドウ豆を置き、その上に敷き布団を二十枚も重ねて、さらに二十枚の羽根布団をかけた上に、娘を寝かせたのです。

「ホンモノのお姫さまかどうかは、すぐにわかることよ!お~ほっほ!」

翌朝

「昨夜はぐっすりと眠れまして?」

・・・と、王子の母親は何食わぬ顔で娘に尋ねました。

すると娘は、眠そうな目をこすりながら、
「せっかくのおもてなしですが、寝心地が悪くて、少しも眠れませんでしたわ」
と、答えたのです。

「あら、まぁ。寝心地が悪いとは、どのように悪かったのですか?」

「ベッドの下に、何かかが入っていたせいで、わたくし、背中にアザがついてしまいましたわ」

「この子だわ、この子がウチの息子にふさわしいホンモノの姫だわ!
たった一粒のエンドウ豆でアザができてしまうなんて、ふっくらしたベッドでしか寝たことのない人に決まっているわ!」

そして、めでたく王子はホンモノのお姫さまと結婚することができたのです。

めでたし、めでたし・・・

・・・・と、いう話です。

現代はなんと、偽セレブが多いことか。にわかセレブも多く品格はどこに?
・・・という感じ。

高級な料理やお酒、宝石や身を飾るものに凝り、優秀な大学を出ていても、
案外、こんなところでボロがでるのかもしれないな~なんて。

たまには、童話も面白いですね。

アンデルセン童話アンデルセン童話
(1999/03)
ハンス・クリスチャン アンデルセン木村 由利子

商品詳細を見る


本当は怖い世界の童話本当は怖い世界の童話
(2007/07)
桜沢 麻衣三浦 佑之

商品詳細を見る

おなじみの話も実は、残酷だったりして・・・。

ロスチャイルド家の上流マナーブック―ナディーヌ夫人が教える幸せの秘訣 (光文社文庫)ロスチャイルド家の上流マナーブック―ナディーヌ夫人が教える幸せの秘訣 (光文社文庫)
(1998/02)
ナディーヌ ロスチャイルド

商品詳細を見る

生活のさまざまな事についてのマナーが書かれています。




スポンサーサイト



theme : 考えさせられる本
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

グリムスの木!成長おめでとうございます♪
63日も日夜頑張った結果だと思うと達成感ありそうですね。

この話、私も覚えています。
子供の頃、布団の下に小豆を入れて試した記憶が・・・(^^;)
もちろんグッスリ眠れましたが(笑)
童話って読み込むと何気に怖いですよね・・・。
人間の深層心理をついたような話が多くてゾクッとします。

ルディさま

いや~、最初の芽の頃はまだ「お、成長しておるな」と分かるのですが、木らしくなってくると「ホントに成長してるんかいな?」と思っていたのですよね~。

いや~、長い人だと4ヵ月かかるとか書いてあって、先の長い話だと思っていたのですが、毎日更新すればだいたい2ヵ月で成長するようですね。

「エンドウ豆の上に寝たおひめさま」。
私は大人になって知ったのですが、今はお金と地位はあるけど、セレブリティとはとても思えないうような人をテレビや雑誌で見る度に「なんだかな~」と思っていたのです。

なので、この話を読んだときは、驚きました。もちろん、私もえんどう豆が布団の下にあっても気がつかないかもしれませんv-283

馴染みある赤頭巾ちゃんもかなり本当は残酷な話だそうですね。「夢を壊さないでぇ~」と思いつつも読んでみたかったりして・・・。

グリムス

私のは62日、まだ前のまま。
明日の63日目にはこちらも変化するのか、楽しみにします。

エンドウ豆のお姫様のお話、私もどこかで聞いたことがあります。
ぐうぐう寝てしまいそうですが…。ふふふ。

No title

あ、そのアンデルセン童話が入った本、持ていましたよ。(^。^) 私が持っていた本の中では、「道に迷った姫が、城の門を叩く・・・」となっていました。少し成長したNoraは、その本を読み返して「有り得ない・・・」と思いました。先ず、姫は一人で城の外に出ない。次に、何の疑いもなく、一国一城の主である王自らが手厚くもてなすことなんて考えられない。・・・って、それを言っちゃぁお終いよ。ですね。(^_^;)

昔の童話作家って、どこかロリ-タ趣味があるようなイメ-ジを持ってしまいます。こんな風に読んじゃうと、メルヘンも何もあったもんじゃありませんね。(~_~;) 純粋だった子供の心を取り戻したいものです。

個人的には叶姉妹が気になります。本当にセレブ・・・? (・_・)?

No title

グリムスの木の成長おめでとうございます。
いつだったから、ラーダさんのブログで成長されている時に興味を持ち、
11月になったら、ちょっと落ち着くので私も育てたいです。

以前から、海外で使うセレブと日本で使うセレブの意味がちょっとズレていることに
違和感を感じています。
そうですね! 品格は大切ですよね。

kyokoさま

見たところ、kyokoさんのところの木のような感じから急に「成長しました」とグリムスからメールがあり、驚きました。

なので、あともう少しかもしれませんね~。
それにしも、この成長した木のデザイン、もうちょっとなんとかならなかったの?と思います。なんだか、あまり木らしくない単純なデザインですね~。

エンドウ豆の上に寝たお姫様・・・。私は大人になってから知った話なので、なんだか現代の「誰でもなんちゃってセレブ」を皮肉っているような面白い話に思えました。

子どもの頃だときっと、何も思わなかったかも・・・。

Noraさま

私は大人になってからこの話を知りましたが、ずいぶんと図々しい姫だな、と思いました。

「私が王子が探していた、本物の姫です」
「何かが布団の下にあってアザができた・・・」

・・・なんて。まぁ、ホンモノの姫で人に気を遣うことを知らないから、イケシャーシャーと言えるのでしょうが。

庶民なら、せっかく泊めてもらったのに、こんな事を言ったら申し訳ない、と思うものですけどね。この王子はなんでホンモノの姫にこだわったのですかね~。あ~、やだわ、やだわ。梨園の妻じゃあるまいし・・・。

一人で外を歩いている姫・・・。ドリフの殿様が町に繰り出す話みたいですね~

叶姉妹がセレブ・・・?いや、きっとみんなあの人たちが「なんちゃってセレブ」だと知ってると思いますよ~。どっから見ても嘘臭いし・・・。日本のセレブって・・・誰なんでしょうね。


Blue Blueberryさま

グリムス、毎日更新される方なら、励みになるし、楽しいのでオススメです。
また、心置きなくブログができるようになったらぜひ、お試しくださいv-14

海外では階級が明確に別れている国がありますが、日本だとそういうのがないので、誰でもお金と地位などちょっとしたステータスがあれば「なんちゃってセレブ」になれるのですね。でも、それは、ホンモノのセレブリティとは別ものですからね~。格というか質というか、歴史も違いすぎる・・・。

でも、ハリウッドでもパリス・ヒルトンとか知名度はあるけど、実はマスコミに踊らされている人もいますしね~。

やっぱり、そういう感じで現代はたとえなんちゃってセレブでもマスコミ的にお金になれば売り物。それに勘違いする人も増える・・・という・・・。

ホンモノであればあるほど、地味に静かに暮らしているものだと思いますが・・・どうなんでしょう・・・。

グリムス再び

くすん。今日も変化なしでした。
ここはひとつ気長に待つことにします。

そうですね、デザイン、なんとかならなかったのか。
今までと違った雰囲気ですよね。
いきなり昔のテレビゲームみたいなデザイン。

昨日からかな?ハロウィン仕様ですね。
こちらは私のグリムスちゃんもそうなっていて、ちょっと嬉しかったです◎

kyokoさま

グリムスの木って、2ヵ月~4ヵ月かかる場合があるそうですね。

毎日63日更新したので、その分、早くそだったのですかね~。

でも、もういつ成長してもおかしくない状態に見えますよ~

kyokoさんのブログにもあの、三角の木が早くお目見えしますようにv-218
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア