FC2ブログ
2010-01-26

思い出の価値

質問です。

思い出のある服やバッグがあるとします。
でも、もう、それらを身につける事はありません。

しかし、捨てるには惜しい・・・。

そんな場合、アナタはどうしますか?



なぜ、身につけないか?

流行が変わったから?

体型が変わったから?

なんとなく・・・?


では、どうしますか?

①潔く捨てる。
②着ない、持たないけど、箱に入れてクローゼットの中にしまう。
③リサイクルショップやフリマで売る。
④家族や知人にあげる。
⑤どこかの団体に寄付する。

皆さんはそういうモノを持っていませんか?

コムサデモード
私の場合はこれです。

独身時代に3回払いくらいで買った「コムサデモード」のコートです。

今の時代でも特に流行遅れとは思わない形なのですが(と、思うけど)、結婚してイランへ行き、その後タイに住んでからはこのコートを着ることがありませんでした。

※イランでは足首が隠れるくらいの長さのコートじゃないとダメだし、タイでは年中夏なので。

そして、帰国して久しぶりにこのコートと対面したものの、このコートを着たのは何回かでした。
※他に軽いダウンコートを買ったから

しかし、素材も状態も悪くない(と、思う)。

でも、着ない。


じゃあ、フリマかリサイクルショップへ?

でも、フリマやリサイクルショップではものすご~く安く買いたたかれ、逆にさみしい思いになってしまう。

リサイクル服
これだけ持って行って引き取ってもらえたのは、13点。買い取り額・・・1000円・・・。

思い出のモノを手放す時に金額とかじゃなくてもっと「ああ、欲しいと思う人に引き取ってもらえて良かったな。今までありがとう」と満足してモノと別れられる方法はないか・・・と、常々思っていました。

特に思い入れのないものは「ああ、売れてスッキリした」と思いますが、こういうものは「なんか、感じわるぅ」と思う人には例え高額でも買われたくないなぁ・・・なんて思ったり。

だが、しかし。

じゃあ、いつまでこのかさ張るコートをクローゼットにしまっておくの?一生・・・?


・・・と、また疑問。

で、皆さんに質問した・・・と、いうわけなのです。

パス・ザ・バトン

少し前に新聞で見た記事ですが・・・。

パス・ザ・バトン

この「パス・ザ・バトン」というお店は、去年の9月に東京駅近くにできたそうです(丸の内)。

食器や置き物などが並ぶ一角に、出品者の名前やモノの思い出などが書き添えられたカードがついた品物があります。


「ストックホルムでの、デザインイベントの際に市長主催のパーティにて着用。
会場はノーベル賞の晩餐会場でした」
(新聞の記事より抜粋)

お店のHPには、出品者の顔写真やプロフィールが紹介されるそうです。
(これはちょっとイヤかな)

モノに他人の思い出がしみついているようで嫌だ、という人は無理だろうけど、売りたい人にはいいんじゃないかな~。

あ、でも、ウチにはそんなに珍しいモノはないかも・・・。


スポンサーサイト



theme : こんなのどうでしょうか?
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

リメイクはどうですか?

今でも十分着られるデザインだということなので、リメイクするのもどうかとは思いますが、着なくなったのにはやっぱり訳があるんですよね、きっと。リメイクしてくれる方と相談して、新しいデザインのコートに生まれ変われば、また着るようになるかもしれませんよ。ただ、リメイクの代金次第でしょうけど・・・
私も一着、着なくなったロングコートがあるんですが、帰国したら裾を短くして着ようかと思っています。

Noraさま

着なくなった理由・・・。

それは、コートの重量かな~。軽いダウンコートに慣れてしまうとこういう布モノのコートが重く感じてしまいます。
まぁ、どうこう言ったって買ったのが10年くらい前ですしねぇ・・・e-350

自分が「重い」と思うものを着る人がいるのか、とも思うんですよね~。それを理由に処分すればいいのでしょうが、状態は悪くないし・・・と思って踏み切れません。

リメイク・・・。袖のデザインが古臭い、と(肩パット入りとか妙に盛り上がりを持たせたデザイン)リメイクした人は知っています。
(タイから寒い地へ赴任するため)

タイみたいに、仕立て屋さんが多くて値段も安いところならまだしも、日本でそこまで上手に、しかも、払える金額で・・・ってところはあるのかなぁ~と思います(ジーンズの裾なおしとかするところはありますけどね)。

まだ、アクセサリーとかかさ張らないものならいいのに・・・v-406

No title

うーん、渡米前にラーダさんのような
コートや服がありました。
その処分は、アメリカの近所のリサイクル
ショップでしたんです。
バイヤーの方が品物のブランドや状態で一点づつ値段をつけてくれるんです。

そういえば、昨日の記事で、西武百貨店だったかな?で服を買い取りますという記事でていた気がしましたよ!

PS
もう少し先になりますが、ラーダさんに携帯ストラップを
お願いしたいなと考えていますので、よろしくお願いします。

Blue Blueberyさま

>渡米前にラーダさんのような コートや服がありました。
その処分は、アメリカの近所のリサイクル
ショップでしたんです。
バイヤーの方が品物のブランドや状態で一点づつ値段をつけてくれるんです。

タイには日本人御用達のリサイクルショップがありました。日本に持って帰るよりはタイで売って帰るって人が多くて、結構よく売れましたよ(買うのはタイの人)。で、もし、売れなければどこかの団体や村などに寄付されるのです。

>昨日の記事で、西武百貨店だったかな?で服を買い取りますという記事でていた気がしましたよ!

西武百貨店のHPで見てみましたよ~。今は鍋とかフライパンの下取りもしているようですね。そういえば、イトーヨーカドーでも似たようなことをしていたなぁ・・・。

たぶん、時期が来れば「もう、いいか」とすんなり手放せるようになるのでしょうね。

>携帯ストラップを お願いしたいなと考えていますので、よろしくお願いします。

む、難しいものは作れませんよ~

No title

私は完全に2番ですね~!なっかなか捨てられないんですよ~!
これは絶対着ないだろ!と分かってる物でもなかなか捨てられないのでかなり重症です。
それなのに流行物をついつい買っちゃうミーハー野郎なんすよ・・・うぅ(泣)

でも去年一人暮らしをする為実家の荷物を整理したとき
か~なり思い切って捨てました!27年間の荷物をドッバァ-っと!
最初は罪悪感でいっぱいでしたが終わってみると以外にもスッキリ爽快でした!

私の祖母&母は私以上にもったいない病なんですが・・・

この間実家に帰った時、2人共引越しの時捨てたはずの私の洋服を着てました!(笑)
たぶんもったいなさ過ぎて捨てられなかったんだと思います。
おばあちゃんなんて・・・

「3-5 土屋」

とか書かれた高校時代のジャージを着てテレビ見てました!
もういろんな思いがかけめぐり過ぎてとりあえず涙を流しながら爆笑しました!
彼女達とはレベルが違うので戦えません!

しかし東京にはそんなお店があるのですか~!
私は古着や中古品も嫌じゃない方ですが
自分が出品した時にプロフィールとか紹介されるのは
こっ恥ずかしいかも・・・
そっと売ってくれよ・・・みたいな(笑)

いづみんこさま

>27年間の荷物をドッバァ-っと!
最初は罪悪感でいっぱいでしたが終わってみると以外にもスッキリ爽快でした!

お気持ち、わかります。まず、クローゼットや箪笥の引出しをあけて仕分けしただけでも「やった!」とか思いますし、思い切って捨ててみると「ああ、身軽になった」って思いますねぇ・・・。

まるで、体の中の老廃物が出て行ったみたいに・・・v-353

よく、収納の本で「一枚服を買ったら一枚処分する」ってのが書いてますが、そんなにシステムチックな気持ちになれるものなんですかね~・・・。

>この間実家に帰った時、2人共引越しの時捨てたはずの私の洋服を着てました

まず、お二人ともがいづみんこさんの服が入るってのはスゴイですよ!

もったいない、を切実に感じる世代の方々ですからねぇ・・・。服たちも「第二の奉公先」と思って活躍してくれるといいですね。

ま、再び自分の箪笥の引出しに舞い戻って来なければ良し、ということでv-441

>私は古着や中古品も嫌じゃない方ですが自分が出品した時にプロフィールとか紹介されるのはこっ恥ずかしいかも・・・

出所がはっきりしているのはいいのでしょうが、でもねぇ・・・。なんか、ヘタなものを売れないじゃないですか。それに、なまじ顔を知られてしまうと「この服をあの人がねぇ・・・。ふ~ん」っていつまでも記憶に残りそうでイヤかな・・・。思い出まではいいけど、そのヘンで出品するのを断念する人はいるかもしれないですね~

No title

凝り性のテニ息子、今はぴたぴたパンツのパンクファッションをしていますけれど、高校生の頃はB系の服でした。今でもたまに見かけるますが、超デカイXLサイズのジーンズを腰パンで、お引きずりで履いてたのですね^_^;実家へ残された、それでなくても大きいパンツやトレーナー(衣装ケース3個分)を処分しようと、遠く離れたリサイクルショップへ車を走らせました。

ところがいつの間にかお店は廃業していた(-_-;)もう一つのリサイクルショップは、そこから一時間ほど離れているの。。。来た道を戻りながら、途中にあったゴミ焼却場に吸い込まれるように入っていって、、、焼却炉の炎の中へ放り込んできました(笑)

30点ほどの、その道の人には垂涎のウエアが灰となったのです。少なくても5000円にはなっただろうに!

自分のものは、、、夫婦喧嘩の後などにハイテンションのまま、ゴミ袋へ入れます(爆)まだ新しいものやテニスウエアは後輩達へあげますけれどね^^ゴミ袋へ入れてしまうと、案外スッキリ忘れられるものですよ。

タンスの肥やし…

未だに独身時代のや仕事をしていた頃の服が捨てられずに仕舞ってあります。
そんなにたくさん買えない時代、迷ったり思い切って買ったりしたものが多いので、
捨てるのは勿体ないし、売るのもあまり安い値段で売りたくないしということで、
なかなか処分できず未だに箪笥の肥やしです。
妹が二人いるのでお下がりとも思うんですが、
二人ともワンともよりガタイが良くて着れないんですよねぇ。
昔は、お下がりじゃなくてお上がりを着ていたこともあるぐらいです。
姉よりガタイがいいって生意気ですよねぇ。
あ、でもダンナ・ピットのはバンバン処分してるかも…(^_^;)

てにままさま

B系の服・・・。な、なんですと?
大きなサイズの服を着て、ズボンをずらして履くスタイルのことですね?ラッパーの人とかがしているファッションの事ですか?勉強になりました~v-22

>来た道を戻りながら、途中にあったゴミ焼却場に吸い込まれるように入っていって、、、焼却炉の炎の中へ放り込んできました(笑)

せっかくリサイクルショップを目指して行ったのに廃業とは残念でしたね。

でも、ここまでやってこれをまた持って帰るのは嫌だ!という気持ちわかります。私もリサイクルショップで引き取ってもらえなかった服はゴミの日に出しましたv-441
行くまでは「これ、売れれば○○円くらいするよね」と思いますが、もう、ここまで来たら・・ねぇ。

>自分のものは、、、夫婦喧嘩の後などにハイテンションのまま、ゴミ袋へ入れます

これ、いいですね!これなら普段は躊躇するモノも勢いで捨てられそう!

今度、試してみようっと!まずは、ダンナのモノからv-37





ワンともさま

ワンともさんにも捨てられない服があるのですね。高かった服、ブランドもの、気に入っていた服はなかなか捨てられないですよね~。

あ、でも、スーツとかはもうサイズが合わないし、着る所もないので処分しました。あとは、タイに住んでいるときに調子に乗って作った服たち・・・。

キラキラした生地が好きでシルクとか麻で作ったけど、どこに着ていくんじゃあ~v-12

>妹が二人いるのでお下がりとも思うんですが、 二人ともワンともよりガタイが良くて着れないんですよねぇ。

おお、ワンともさんには妹さんが2人おられたのですね。ウチは弟だし、母とは若干体格が合わないし・・・。私もなかなか譲って誰かに着てもらう・・・という事ができません。

でも、いいなぁ。女同志で服とかアクセサリーとか貸し借りするのに憧れますv-254v-353

>でもダンナ・ピットのはバンバン処分してるかも…(^_^;)

こっそり処分したいけど、後で「あれはどこ?」と聞かれそうで・・・。気にいったモノしか着ないくせに・・・。てにままさんのように夫婦喧嘩したときに思い切って捨ててやろうかしら!

箪笥の肥やし→リサイクル→ゴミ

私はですね、最初はタンスの肥やしにします。で、10年ほどたっても全然着ない服はリサイクリングコンテナに回します。
ドイツでは町のところどころに救助団体のコンテナが置いてあって、この中に服や靴、毛布やシーツなどを入れると貧しい国に送られて配られるんです。困っている人たちに使ってもらえれば、無駄にはならないし。

数か月前にお掃除モードに切り替わったときには、20キロほどコンテナに持っていきました。箪笥が肥やしのせいでパンクしそうだったから(笑)

最近は失業者のための施設があって、そこにいろいろなものを寄付できるようになっているので、そういうところも活用しようと思ってます。

くろろさま

おお、くろろさんもタンスに肥やし派でしたか!そうですよね~。やっぱり、ある程度の期間が過ぎないと「もう捨てよう」とは思えないですねぇ。着られる服だと特に・・・。

>ドイツでは町のところどころに救助団体のコンテナが置いてあって、この中に服や靴、毛布やシーツなどを入れると貧しい国に送られて配られるんです

これはいいシステムですね!日本でも古着をどこかに寄付して役立てないか?と思って調べたことがあります。

でも、これは自分で段ボールを用意してその団体に郵送しないといけないんですよね。それで確か、別途1500円が手数料か何かでいる・・・だったと思いますe-350

そりゃ、使って欲しいけど、正直そこまで手間をかけてやるかと言えばやらないです。

ドイツみたいに気がついた時にできる状況だといいですねv-218

タイではそういう団体に寄付する活動はけっこうあり、参加していましたよ~
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア