FC2ブログ
2010-02-19

ある雪の日・・の、お仕事

お、お久しぶりです・・・。

最近、ちょいっとブログをさぼってしまいました。

今回、WANOMAさんとエルクールさんの作品制作とディスプレイ入れ替えが重なってちょいっと忙しかったのです。

18日はWANOMAさんに作品を入れ替えに行って来ました。

しかし、アナタ。
18日っつったら雪ですよ!朝、起きたら雪が降って積もってました・・・。
でも、そうは言っても10時頃にはすっかりやんであっという間に溶けてしまいましたけどね。
都会の雪はヤワじゃの~

わのまディスプレイ2月 2

今回は、かねてより親しくさせて頂いている(と、思っているのですが)ビーズ雑誌の編集者さんから声をかけて頂き、雑誌で私の作品・ディスプレイとWANOMAさんを紹介することになりました。

※雑誌名の公表はまた時期が来てから・・・ということで。
ちなみに、私の顔写真とか本名は出てません。出ているのは手元くらいかな~

なぜ、そのような事になったのかというと、私のように作品を作る人たちにレンタルボックスやギャラリーなどの存在を伝えるためです。

作ってみても発表する場を知らないとか、そういう場所を知っていても怖くて踏み出せないという方もおられる事でしょう。

こんなに情報があふれた時代でもなかなかうまく自分の求めている情報につながらない事があります。

今回は最後の方のページの小さな記事だそうなので、どこまでの人に伝わるかはわかりませんが、求めている人にはきっと「赤い糸」にたどりつけるだろうと思います。

小鳥展
2/17~3/1まで、WANOMAペンギン&とり展が開催中。
私の作品も紛れ込んでいます・・・。ふふふ・・・


この度はWANOMAさんにご協力頂きましたが、WANOMAさんにしてもエルクールさんにしてもモノづくりの好きな人たちが集まる場所にはあたたかいムードがあふれています。

そして、そんなムードを作っているのはそこに集う人たちや、お店のスタッフさんたちです。

数あるお店の中で、そういうスタッフさんのいるお店に出会えて本当に私はラッキーです。

今回のかくれアイテム
ワイン入れ

イランのワイン入れです。
サンキャッチャーに光が当たってキラキラ見えるように飾りたかったので、ディスプレイの一部として使ってみました。

濃い藍色なのは、中身がワインだとバレないため?
それとも、イラン革命前のまだお酒の飲めた頃のなごりとか・・・?

春が近いので、今回はキラキラしたクリスタルなどを使って「ぱぁぁぁぁっと気持ちが明るくなりそうな」雰囲気にしました。

でも、チベットの神様だのタイシルクのクッションカバーだのを使っているので「なんでもアリ」な雰囲気になってしまいました。

家でのディスプレイ わのま
しかし、家でディスプレイの練習をした時はそれなりに・・だったのに、いざ、お店で飾ってみると若干全体が見にくいかな~。もし、行かれた方は腰をかがめて見てくださいね・・・(すみません)。
※今回の作品の内容はリンクしてあるWANOMAさんのHPでご覧ください。

十菜汁せっと
お昼はWANOMAさんの下にある「表参道 茶茶の間」さんで「茶茶の間十菜汁セット」を頂きました(Fさん、ご馳走してくれてありがとうございます)。

たっぷりの根菜が入ったお味噌汁は冷え症に悩む方にいいそうです。
ご飯かお粥か選べるのも嬉しい。

このお店はジャニーズのV6のメンバーがTVで取材に来たとかで、すぐ混んでしまいます。
だいぶ落ち着いてきたようですが、客層はあんまりアイドル目当てな雰囲気ではなく「美味しくて健康的な食事をしたい」というこだわりを持った方が多い気がしました。

お茶ワゴン
提供されるお茶もちゃんと専用の急須で入れて出してくれます。
さすが、日本茶ソムリエのいるお店。色だけついて味のないお茶とは違います。
※野菜のプロもいるらしい。珍しい品種の野菜も購入できます(店の前)

こちらのお店では「日本茶初心者講座」(全4回)が開催されているようです。

第1回:①美味しい日本茶を考える ②美味しいお茶のための水の作り方 ③急須と水の関係
第2回:④お茶の種類、茶葉の品種と製法
第3回:⑤湯温、浸出時間、水と茶葉の量関係
第4回:⑥様々な日本茶の淹れ方応用編 ⑦日本茶とは何か

講習費も別にべらぼうな値段じゃないし、かなりしっかり学べるのはどこかのカルチャーセンターとは違う満足度かも・・・。土曜ってのはいいけど、朝9時からってのはちょっとツライかな~

でも、興味のある方はぜひ・・・

表参道 茶茶の間HP(HP)

スイーツや野菜も通販で買えるらしい

表参道 茶茶の間

アーティストブック
WANOMAさん所属のアーティストの作品集も置いてありました。



スポンサーサイト



theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけメッセージを送る

おぉ~

作品とディスプレイが雑誌に載ることになったんですね! スゴい! 編集者の方の目に留まる何かがあったんでしょう、きっと。(^_^) 仕事が増えると、紹介したい記事が増えるでしょうけど、逆にブログを書く時間が無くなってしまいそうですね。それは、仕方ないですけど。
最近、更にヘルシー志向の飲食店が増えているんではないですかね? こういう食事だったら、減量中の外ランチでも全然問題ありませんね。

Noraさま

>作品とディスプレイが雑誌に載ることになったんですね! スゴい! 編集者の方の目に留まる何かがあったんでしょう、きっと

以前、この雑誌で作品を掲載して頂いた時からの縁ですが、ブログを読んで頂いているそうでそこからの繋がりもあります。

>仕事が増えると、紹介したい記事が増えるでしょうけど、逆にブログを書く時間が無くなってしまいそうですね

あっはっは!これは今回たまたまです。と、いうのは、雨続きでフテ寝していたツケがたまって・・・っていうのが一番の理由でしょうか。それにどこにも出かけなかったのでネタもなくて・・・v-406

>最近、更にヘルシー志向の飲食店が増えているんではないですかね? こういう食事だったら、減量中の外ランチでも全然問題ありませんね

一昔前って、自然食とか健康食を好んで食べる人って「健康には良さそうだけど、なんか見た感じ近寄りがたい」ってイメージじゃなかったですか?ナチュラルハウスで大豆のハンバーグを買っている、化粧品は手作り!みたいな・・・。

でも、今は「ヘルシーな食事」っていうのに以前ほどの特殊感はないかも・・・。健康食を食べている=流行・・・みたいな時代もあったでしょうが、今は少しづつ意識が変わってきているんですかね~

そうは言ってもたまには「体に悪いかもしれないけど、たまらなく食べたい!」と油ギトギトのポテチなどを食べている私ですe-350



No title

>イランのワイン入れ

あら、似たようなガラスの小瓶を持っています^^
高さが20センチほどですから少し小さいでしょうか?
ただし、香水瓶のようです。
蓋(栓)にはスポイト様のガラスの管が付いているの。

ガラス製品は大好きです。
コレクションもたくさんあります^^
それもガレやドームのような色つきではなく
ラリックやマイセンの透明なガラスが好きなんですよ。

てにままさま

>あら、似たようなガラスの小瓶を持っています^^
高さが20センチほどですから少し小さいでしょうか?
ただし、香水瓶のようです。
蓋(栓)にはスポイト様のガラスの管が付いているの。

これは、エジプトの香水瓶ですね~。ウチにもあります。

これはガラス製ですが、メタル製でインドやイランで似たような容器が「アイライン用」で売っているのを見たことがあります。あの、スポイトのような棒の先にアイラインの粉を(オイルなどで溶いて使う)つけ、目の際に描くようですよ~

どこでどう変化したのか、興味深いですv-20

>ラリックやマイセンの透明なガラスが好きなんですよ。

どちらかと言うと繊細だけどゴージャスなムードがお好きなのでしょうか?

ガラス製品・・・。私も好きですが、繊細すぎて「ポキッ」とやっちゃったらどうしよう・・・・とドキドキものですe-350

でも、明るい窓辺に置くとキラキラと綺麗ですよねv-353
これから春で部屋に光の入る時間も延びるから、たまには窓辺に飾ってみようかしら・・・

No title

雑誌に載ると有名になりますよ、ボックス探してるアーチストの間で。
雑誌掲載の申し込みが来るくらい、ラーダさんの作品は素敵なわけです。
羨ましい・・・

ネックレスディスプレイ用の首、つけたときの感じがわかっていいですね。しかし、これもどこかで売っていたわけ?

日本茶専門店、きっと死ぬまで行かないでしょうね。緑茶を飲めなくなって早15年くらい。ロイボスティーが飲めるだけましかもしれない。いや、色がね、紅茶っぽいでしょ?(笑)

くろろさま

>雑誌に載ると有名になりますよ、ボックス探してるアーチストの間で。
雑誌掲載の申し込みが来るくらい、ラーダさんの作品は素敵なわけです。
羨ましい・・・

この雑誌はどっちかというと私のような作品よりも「技術力とアイデア」を求める技術系雑誌って感じですかねぇ・・・。ほら、編み物が趣味の人が読む専門誌みたいな・・・。

ビーズ編みしてモチーフを作るとか、石を針金で固定しながら装飾する技術は・・?とか、人気のビーズ作家さんの教えるレシピとか。

なので「え~、こんなのただ石にテグスを通せば誰でもできるじゃ~ん」的な感じなのですよ、わたくしの作品とは・・・v-406

しかも、覚えにくい名前ですしねぇ・・・。でも「あの人ができるなら私も!」と思って踏み出す人が増えればいいなと思っています。

>ネックレスディスプレイ用の首、つけたときの感じがわかっていいですね。しかし、これもどこかで売っていたわけ?

これは「ディスプレイ用品」とかラッピンググッズとか売っているお店で売っていますよ。くろろさんもクリスマスにお店を出す時に一つか二つあれば便利かも・・・?

他にもこういう「デコルテ」じゃなくて、組立式みたいなのもあって、場所もとらずにしまっておけるしいいかも~。大阪にもあるんじゃないですかね?こういう問屋街は・・・。

>日本茶専門店、きっと死ぬまで行かないでしょうね。緑茶を飲めなくなって早15年くらい。ロイボスティーが飲めるだけましかもしれない

そういえば、以前にカフェインがダメとか言っていましたっけ?コーヒーとか日本茶がダメ・・・とか。

ルイボスティ、味にちょいとクセがありますが、あればビタミンも豊富でいいですよね。

「ルピシエ」だか「レピシエ」だか忘れましたが、紅茶とかコーヒーに交じってルイボスティなどのフレーバーティを扱う専門店がありますよ。あと、KALDIという輸入食品を扱うお店でも・・・。バニラの香りのついたルイボスティとかフルーツフレーバーのルイボスティとかあるので、一時帰国の際に機会があればご覧になってみては?チェーン店なので、わりとどこにでもあるお店ですよ~んv-273

No title

二箇所に納品することになったから
忙しそうですね。
しかも、それぞれ違うイメージで
作品を作られているんですものね。

ランチのお汁がとっーてもおいしそうですね。

Blue Blueberryさま

>二箇所に納品することになったから
忙しそうですね。
しかも、それぞれ違うイメージで
作品を作られているんですものね

時期が重なると頭の切り替えが難しいです。それに、それぞれの作品のディスプレイを両方ともは飾っておけないし・・・(そのため、入れ替え制です)。

でも、片方ではできないことをチャレンジできるし、その経験をまた別の形でも出していけます。

それをどう出すか、どういう切り口を見つけて両立していくかがこれからの課題ですねぇ・・・e-274

>ランチのお汁がとっーてもおいしそうですね。

ああ、Blue Blueberryさんの好きそうな味かも・・・。さつまいもの甘さとほっこり感・・。ゴロリ、と入っているシャキシャキの根菜類。なんとなく、Blue Blueberryさんが作るとこんな味かもしれないなぁ~v-398
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア