FC2ブログ
2010-04-12

いい思い出のままに

今日は朝からずっと雨の冴えない天気です。

皆さんはどんな週末を過ごされましたか?


ところで、バンコクは今、大変なことになっていますねぇ・・・。

まだタイに住んでいた2006年の夏ぐらいの時も当時のタクシン首相の一族株取引疑惑などで、反タクシン運動は起きていました。

でも、その拠点地は王宮があるエリアだったので、駐在員が住んでいるエリアにはそんなに影響はなく、普通に生活できていました。

しかし、それが今年の4月になって観光客などが集まる商業エリアまで拡大。

「ああ、伊勢丹の前のあの広場が!」「あ、ゲイソンプラザもセントラルデパートも閉鎖!うへ~」・・・と、なじみのある場所での騒動を見るとなんだか心が穏やかではありません。

※高級デパートは閉鎖されているのにその近くの「ビッグC」という、庶民派メガストアが大盛況なのは納得。やっぱりな~、儲け時だもんな・・・


bts
中心部を走る高架式の新交通システム「スカイトレイン(BTS)」も運行停止だとか・・・。
道路も閉鎖され、麻痺しているのに、BTSまで運行停止だとどこにも行けないなぁ・・・



タイの政治うんぬんのことには詳しくないので、個人的な感想は避けますが・・・(聞かないでネ)


4年暮らしたタイ。いい思い出もイヤな経験もあったけど、総合的にはいい印象が残っているので、この騒ぎで嫌な印象になって欲しくありません。

人懐っこく、朗らかな人も多いのに、カッとなりやすく行き過ぎてしまう事もある人たち・・・。


13日あたりからタイの正月「ソンクラーン」(水かけ祭りで有名?)休暇になるので、田舎に帰る人も出てくるだろうし、この騒ぎが少しでも落ち着いて、あの国の人たちにとっても望む結末になってくれればいいんですけどね・・・。

記念紙幣
2006年、6月。
プミポン国王の即位60周年の記念に発行された、記念紙幣。

記念ブレスレット

国民から敬愛されている国王。国王の健康を祈るメッセージが書かれたブレスレット。
このブレスレットには「国王様、大好き!」みたいなメッセージが・・・。


プミポン国王の即位60周年の行事の前から国民が黄色の洋服や腕輪を身につけて街が黄色で溢れていました。シンボルカラーが黄色なのは、国王陛下が月曜日生まれだからです。

ところで、タイでは曜日ごとにその曜日の色や仏像が決まっています。
自分が生まれた曜日の色のものを身につけるようにしたり(そうかな?あんまり見た覚えがないけど)お寺に行ったときは自分が生まれた曜日の仏像に拝んだりすることが幸運をもたらすと信じられているようです。

さて、皆さんは何曜日生まれかご存じですか?

生年月日から何曜日生まれか割り出す方法があって、それで見ると私は木曜日生まれでした。

Yo-さんが生年月日で生まれた曜日を知ることができるHPを教えてくれました!(ありがとうございます♪)

生年月日から生まれた曜日を調べる


日本では自分の生まれた曜日を知っている人は少ないかもしれませんね。タイの人々は大抵自分が何曜日生まれなのか知っていて、曜日ごとに性格や運勢を占う占いも紹介されていました。

昔、一般国民がまだカレンダーを持っていなかった頃は、宮廷に出仕する女性の洋服の色を見て人々はその日が何曜日かを知ったそうですよ~。


曜日ごとの色・仏像



日曜日:赤
仏像は現地語でプラプッタループ・パーンタワーイネート。右手を上にして両手をお腹の上で組み、菩提樹を見つめている立像です。


月曜日:黄色

仏像の読み方には諸説あるようですが、一般的なのはプラプッタループ・ハーム・サムトーン。左手を垂直に降ろし右手のひらを胸の高さで外に向けて飢餓と日照りを制止している立像です。

火曜日:ピンク
仏像はプラプッタループ・パーンサイヤートと呼ばれます。右手を枕に乗せて腕を耳に当て手のひらを開いて頭を抱え、左手は腰のほうへ伸ばして目を閉じ両足を揃えて横になった寝釈迦像です。

水曜日:緑
仏像は現地語でプラプッタループ・パーンウムバートと呼ばれます。(右手を側面に左手を底に添えて)両手でお布施の鉢を前に抱え、足を揃えた立像です。

木曜日:オレンジ
仏像は現地語でプラ・プッタループ・パーンサマーティと呼ばれます。左手を下にして手のひらを組み、右足を上に胡坐をかいて瞑想している坐像です。

金曜日:青
仏像は現地語でプラプッタループ・パーンラムプンと呼ばれます。右手を上にして両手を胸の上で交差し、仏法と伝道について瞑想する立像です。

土曜日:紫
仏像は現地語でプラプッタループ・パンナークプロットと呼ばれます。右手のひらを上に体の前で手を重ね、背後にいる7本頭の蛇・ナーガに保護されて瞑想している坐像です。


※仏教色の強いお寺で並んでいるのは以上の7体ですが、バラモン教色が強いお寺では水曜の夜と毎日を足した9体となっているそうです

お守りタイ
タイの人に貰ったお守り。
お守り裏
日本で身につけるのもナンだし、手放すのもどうかと思うし、どうしたらいいんでしょう・・・。


この騒ぎがおさまるまでしばらくはタイに行けそうもないけど、またいつか遊びに行きたいです。

いい思い出はいい思い出のままであって欲しいな


お知らせ

Les Deux Poiresさんの「毎日がお気に入り」をリンクさせて頂きました。
4年半のベルギー生活を終え、2009年3月にご帰国されました。
100円グッズなど、身近な素材を使って素敵な小物を制作されています。
ちょっとカワイイものや面白いものを街に探しに行きたくなるような、楽しいブログです。
ご興味のある方は遊びに行ってみてくださいね。
スポンサーサイト



theme : ひとりごと
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ああ、なんとなくわかる、、、
自分が住んでいた土地って、ことのほか思い入れがありますものね、、、将来帰国してから「イスタンでテロ」とかいうニュースを見たら私もやっぱりラーダさんのような気持になるんだと思います。
タイって、総じて穏やかなイメージがあるし、今までのデモは割りと限定的だったのに、今回はホントに大事になってきましたね、、、

私もタイは大好きな国なので、早く和平が戻って欲しいとおもいます。。。

たびぃ。さま

>ああ、なんとなくわかる、、、
自分が住んでいた土地って、ことのほか思い入れがありますものね、、、将来帰国してから「イスタンでテロ」とかいうニュースを見たら私もやっぱりラーダさんのような気持になるんだと思います。

そうなんですよね~。まったく関わりのない所なら「ほぉ、それは大変そうだ」という感覚なのでしょうが、どんな場所か知っているだけに寂しさを感じるし、心穏やかではいられないですよね~

勝手な言い分だけど、これ以上自分の好きだった場所の印象を変えてほしくないっていうか・・・。いや、暮らしている人にとっては大事な問題なんですけどねe-95

>タイって、総じて穏やかなイメージがあるし、今までのデモは割りと限定的だったのに、今回はホントに大事になってきましたね、、、

わりとカッとなりやすい国民だな~とは思うのですよ。それに、軍が出てきちゃうとどうしても「やった、やられた」ってことになって余計に頭に血がのぼる・・・と・・・。

しかし、血液を集めてばら撒くなんて・・・そこまでするか~という、今までとは違う不安感はあります。

いったい、どうなるんでしょうかね・・・。早く落ち着いて欲しいです。

No title

タイから義弟が帰ってきました。向こうはすごいぞ、と言っていましたが、日本人カメラマンが殉職されたんですね。危険なところにも出向いて行かなければならない、ジャーナリストの方々のお陰でニュースが見られる。村本氏の職人気質には深く頭を垂れたい思いです。

ソンクラーンは有名ですよ。20年近く前に体験しましたが、旅行者も大きな水鉄砲で武装してました。私も全身びちょびちょになりながら反撃してました。ダンナは水に溶いた小麦粉を顔中に塗りつけられてました。欧米人は狙われるんですよね(笑)

同じ仏教でも、国によってだいぶ変わりますねえ。曜日ごとにペンダントがあるんですか。
自分で身に着けないなら何かの作品にしちゃえば?といっても、何にしたらいいかアイデアありませんけど(^^;)

同感

おお久しぶりっです。

タイ、心配ですなぁ・・・。
日本にいると平和ボケしてしまうが、
現地にいたらいろんなデマに、まみれるんでしょうね。

ソンクランで水かけ祭りを楽しんだカオサン通りが悲しい場所になり、立派な民主記念塔が騒然としているニュースの映像はつらいですね。

現地の友人らも心配です。

日曜日

Yo-は日曜日生まれのようです。
おっかーに聞いて確認したいけど、もう寝ちゃっているから・・・
http://www.phoenix-c.or.jp/~ribuki/java_no/ja_17.html
で検索してみました。
「赤」ですよ。
何か身につけたほうがいいですよね。
最近、パワースポットやヒーリングスポットなんかが気になって・・・
お守りとか魔よけとか大好きなんです。
神様同士が喧嘩するから、いくつものお守り持ったり、違う宗教のお寺もいくつも巡るものではないと聞いたことがありますが、
Yo-はそんなことおかまいなし。
御利益があると言われれば、どんな宗教だろうが場所でも手を合わせちゃう。
こういうところが日本人って感じでしょうかね。
話がそれましたが、明日は一つ赤いもの。
携帯がショッキングピンクだから、これを赤いものって言い切ってしまいましょうかねぇ。
タイの混乱が早く沈静化して、のんびりしたタイに戻ってほしいですね。
Yo-も2年前にバンコクを旅して、ちょっとリッチなホテルにとまって、良い思い出なので、また行きたいと思っています。

くろろさま

>日本人カメラマンが殉職されたんですね。危険なところにも出向いて行かなければならない、ジャーナリストの方々のお陰でニュースが見られる。村本氏の職人気質には深く頭を垂れたい思いです。

本当に・・。ご家族もこういう職業だからいつも心のどこかで覚悟を決めておられるものかもしれませんが・・・。早くこの騒ぎが沈静化することを願います。

>ソンクラーンは有名ですよ。20年近く前に体験しましたが、旅行者も大きな水鉄砲で武装してました。私も全身びちょびちょになりながら反撃してました

さいたま市でもタイの水かけ祭りを真似してイベントがあるんですよ。と、言っても小さな子ども向けのイベントですが、大きな水鉄砲も売っています。ほんと、メカみたいに大きな水鉄砲ですよv-12

ソンクラーンの時期にプーケットに行ったら空港から30分で行けるホテルに着くまで2時間かかりました。だって、いちいち水をかけに来るんだもん・・。もう、外国人でも関係なしですね。

>同じ仏教でも、国によってだいぶ変わりますねえ。曜日ごとにペンダントがあるんですか。
自分で身に着けないなら何かの作品にしちゃえば?といっても、何にしたらいいかアイデアありませんけど(^^;)

このペンダントの名前が何だったか忘れましたが、マニアもいるんですよ。専門誌も出ていて有名な坊さんとかのモチーフとか高値で取引されているそうです。

ウチにもなぜか買ってしまったものがあるのですが、宗教的なモノってなかなかカジュアルにつけられないですねぇ・・・。それに、坊さんとか仏像の顔だとねぇ・・・e-350



いひっ☆さま

お久しぶりです~。帰国してから一度はタイに遊びに行きたい、と思いつつもずっとなんやかんやとありますねぇ・・・。

>タイ、心配ですなぁ・・・。
日本にいると平和ボケしてしまうが、
現地にいたらいろんなデマに、まみれるんでしょうね。

住んでいると意外と「ニュースで騒がれているほどじゃない」って事が多いですが、今回ばかりは馴染みのあるエリアでの被害が多いですものねぇ・・・。

駐在員が住んでいるあのエリアはまだ大丈夫でしょうが、伊勢丹とかあっち方面はウチから徒歩圏だったのでニュースで見るたびドキドキですよv-12

ソンクラーン休暇を間に挟んで、なんとか騒ぎが収まってくれるといいですねぇ・・・。

>現地の友人らも心配です

もう、自分たちが知っている知り合いがタイにはいないしなぁ。。。でも、お手伝いさんとか運転手さんや会社のスタッフとかどうしているんだろう・・・と気になります。

しかし、タイ。きっと、応援グッズなども屋台とかで売っているんでしょうね。しっかり偽物とか売って稼いでいる人もいそう・・e-350

Yo-さま

おお~、Yo-さん、便利なHPをご紹介して下さりありがとうございます。さっそく、文中で紹介しておきましたよ~

>「赤」ですよ。
何か身につけたほうがいいですよね。

これはお守りとして身につけると良さそうですよね。赤は活力の色だし、元気のない時にもパワーを貰えそう♪

>御利益があると言われれば、どんな宗教だろうが場所でも手を合わせちゃう。
こういうところが日本人って感じでしょうかね。

ふふふ、私もそういうタイプです。あんまり真剣になりすぎない程度に、でも、楽しんで試す・・・みたいな感じですかね~。「信じる者はなんとやら」って言いますしぃ~v-22

>話がそれましたが、明日は一つ赤いもの。
携帯がショッキングピンクだから、これを赤いものって言い切ってしまいましょうかねぇ。

Yo-さんの携帯電話の色もショッキングピンクですか~。私の新しい携帯も同じ色ですよ。そうですねぇ・・・。さすがにこれをオレンジだ!とは言えないから、何にしようかな~。やっぱり、毎日身につけるものとか、持ち歩くものですかね?キーホルダーとか?

鍵はまだ見ぬ扉を開けるラッキーアイテムだから、それにラッキーカラーのモチーフをつけるといい事あるかも♪

・・・みたいな。うふっv-380

>タイの混乱が早く沈静化して、のんびりしたタイに戻ってほしいですね。
Yo-も2年前にバンコクを旅して、ちょっとリッチなホテルにとまって、良い思い出なので、また行きたいと思っています。

タイが好きで観光する人も多いでしょうし、そんな人のためにも、また、あの混乱に振り回されているタイの人にとっても早くみんなが納得する状況になって欲しいですね。

ラーダ・ドゥーナ さん、こんばんは♪

主人がタイ好きで何度か遊びに行ってるのと、
タイのドキュメント番組が好きでよく見ていたので
曜日の事は知ってましたょ~
タイ料理も大好きなので、良く食べに行ってます。

そうそう!!主人がタイにも行きたいねぇって言ってた矢先の暴動です。
以前からチョット不安定だったタイ国ですけど、
早く安定してほしいです(笑顔)

私たちの時代、街中の病院で生れた人はきちんと分かるけど、
私はド田舎の山の中で生れました、
勿論!!出産も病院ではなくお産婆さんですね~
ですので戸籍の日付と生れた日付が違う人もいるんですよね(笑)
例えば縁起のいい日で一緒にお祝すればいいということで
1月1日がお誕生日の人もいますよ~
とっくの昔に他界したおじいちゃんが役場に届けたそうで、
母に聞いても覚えてないそうです、残念~

かなさま

>主人がタイ好きで何度か遊びに行ってるのと、
タイのドキュメント番組が好きでよく見ていたので
曜日の事は知ってましたょ~
タイ料理も大好きなので、良く食べに行ってます。

曜日ごとに色が決まっていて、カレンダーのない時代には宮廷に出仕する女性の洋服の色を見てその日が何曜日かを知った・・・って、面白いですね。日本人はいつ頃からカレンダーとか曜日を気にして暮らすようになったのでしょうかね・・・v-22

タイ料理、お手伝いさんが作ってくれていたので、習いましたよ。カテゴリー「レシピ」でも何品か載せています。最近は日本でも材料が手に入りやすくなりましたね~

>そうそう!!主人がタイにも行きたいねぇって言ってた矢先の暴動です。

ウチも帰国してもう4年経ちますが、なかなかいいタイミングじゃなくて・・・。いつになったら落ち着くんでしょうかね。旅行会社や航空会社も痛手でしょうねぇv-233

>戸籍の日付と生れた日付が違う人もいるんですよね(笑)
例えば縁起のいい日で一緒にお祝すればいいということで
1月1日がお誕生日の人もいますよ~

こういう話は聞いたことがあります。正確な生年月日がわからないと占いをやってもピンと来ないものなのでしょうかね・・・。生まれた時間だの場所だのって占星術とかでも重要だそうですが・・・v-12

でも、そういう人も多かったみたいだし「マイペンライ」ですね。

※マイペンライ=タイ語で「気にしない♪」

おはようございま~す

解説付のリンク紹介は初めて!なんか感動^^ありがとうございます☆

誕生曜日と仏像の話、面白い!
けど、私も例にもれず?誕生曜日までは知らないわ~!
母子手帳にも曜日までは載ってないですよね???
お国柄って面白いですよね☆

それにしても、タイの騒動、大変なことになってますね・・・ここまで悪化するとは・・・早く落ち着いて欲しいものです。
ほんと、一度でも住んでいた経験があると思い入れが違ってきますよね。
故郷とまではいかないにしても、他の国より特別な感じ!
映像を見るだけでも、自分がそこに居るような感覚がしたり・・・
だから、心穏やかではいられない気持ち分かります。
なんだか、ラーダ・ドゥーナさんが住んでた国ってだけで、私までいつもより気になってしまいます。

Les Deux Poiresさま

>解説付のリンク紹介は初めて!なんか感動^^ありがとうございます☆

私はこのブログを通じていろいろと輪が広がればいいな~と思っています。カテゴリー「人・つながり・ブログについて」でもリンクしている皆さんのブログをそれぞれに紹介しているので、もしご興味があれば遊びに行ってみてくださいね(※少し前の記事なので更新されていない人もいますが)

>誕生曜日と仏像の話、面白い!
けど、私も例にもれず?誕生曜日までは知らないわ~!

私も知らなかったのですが、Yo-さんが調べて教えて下さったので、文中で紹介しておきました。「生年月日から生まれた曜日を調べる」と水色で書かれている文字をクリックして生年月日を入力すれば生まれた曜日がわかりますよ(半角英字で)v-282

>故郷とまではいかないにしても、他の国より特別な感じ!
映像を見るだけでも、自分がそこに居るような感覚がしたり・・・

そうなんですよね~。なんだか身内びいきしてしまうところもあって・・・。あと、住んでいた国はオリンピックの開会式なども注目してしまいませんか?

タイの治安は早く落ち着いて欲しいです。タイ正月まっただ中だけど、街はどうなっているんでしょうかね・・・。

>なんだか、ラーダ・ドゥーナさんが住んでた国ってだけで、私までいつもより気になってしまいます

おお~、なんだか嬉しいですね!私もLes Deux Poiresさんがベルギーに住んでおられた、ということでぺルギーの事が気になりますよ。原宿にタンタン君グッズのお店があるので、今度原宿に行ったら見てみようかな~と思うほどです。

タンタン君ってたしか、ベルギー出身(?)ではなかったですか?以前、ベルギーに住んでいた友達がカードを送ってくれたのですよe-508

タイ

おぉぉーーラーダさま!
我らがタイが大変なことになっているではありませんかっ!

確かに私も滞在していた2006年はクーデターもあったりしましたが、今回はただことではなさそうですね…。

私自身はとっても短い4カ月の滞在でしたが、それでも思い入れが強いのに、ラーダさんはもっともっといろんな思いが駆け巡っているだろうなぁと思います。

タイには平和が一番似合います。
早く落ち着いてほしいものです。

みほさま

>我らがタイが大変なことになっているではありませんかっ!

確かに私も滞在していた2006年はクーデターもあったりしましたが、今回はただことではなさそうですね…。

ほんと、今はソンクラーン時期なのに相変わらずまだゴタゴタやっているようですね。正月に故郷へ帰らないの?少しはおさまるかと思ったんですけどねぇ・・・v-406

>私自身はとっても短い4カ月の滞在でしたが、それでも思い入れが強いのに、ラーダさんはもっともっといろんな思いが駆け巡っているだろうなぁと思います。

タイ好きな人は多いし、悲しんでいる人もいるでしょうねぇ・・・。よくパンフレットに「微笑みの国」って書かれていますが、早くあの「微笑み」が戻ってきてほしいですね。

地方の観光地とかは問題ないかもしれないけど、いつまた「空港占拠」とかやりだすかわかんないですもんね。いったい、いつになったら安心して行けるのかしら~
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア