2010-05-13

ラーダ・ダンナ あの日湯河原で ~踊り子号に乗って

ゴールデンウィークに遠出しなかったので、今日は有休をとって湯河原に行ってきました。

踊り子号
今回は「びゅう★日帰り 湯河原坦々焼きそばの旅」プランを利用しました。

往復のJR線乗車券および特急券と昼食の坦々焼きそばの食事利用券がついたプラン(一人4800円)です。
※指定の温泉施設の割引特典もあり

湯河原駅

湯河原は熱海や伊東に行く途中で通るものの、まだ一度も下車したことがありませんでした。

湯河原駅前

熱海駅前なんかと比べればひっそりとした印象です。

湯河原と言えば、サスペンスなどの舞台でよく登場しますね。

では、サスペンスちっくにこの曲を聴きながらこの先をお読みください・・・へっへっへ・・・




今日は日帰り温泉に行って入浴した後に坦々焼きそばを食べ、街を散策する予定です。

こごめの湯
こごめの湯
湯河原温泉 こごめの湯

駅の観光案内所で近場のお勧めの施設を紹介してもらったところ「こごめの湯」というところを紹介されました(午前中から行って入浴できるところ)。

ちょうど駅前にそちら方面へ行くバスが出ていたので、飛び乗りました。
旅先で地元の人が利用するバスに乗るのはなんだか新鮮な気分です。

湯河原かわぞい

湯河原の街は、熱海とは違って普通の住宅街という雰囲気でした。
お土産屋さんもあるものの、生活するには湯河原の方が便利そうだし、静かな気がします。
バスの利用者には高齢者が多かったです。

源泉
湯河原の源泉

10分も乗らないうちに最寄り駅に到着。

湯河原の川

天気予報では、朝のうちに雨が上がって晴れると言っていたのに何やら怪しげな空模様・・・。
ますますサスペンスちっくになってきましたよ・・・・。

つつじの家

「こごめの湯」は急な坂を上ったところにあり、ゼエゼエ言いながら上ります。
途中、なんとも「これぞ、イメージする温泉地よ!」な風景が・・・。

夫婦たぬき

施設の入り口には2匹の狸がお出迎え。
「なぜに、狸?」
その謎はあとでご説明します。へっへっへ・・・(もう、ええっちゅうねん)

平日の午前中なので、利用者もまばら。
これはゆっくり、お風呂を楽しめそう・・・。

案の定、脱衣所にいるのは数人でもう帰り仕度をはじめていました。
露天風呂から一人出てきて、人がいなくなったのを見計らって露天風呂に移動・・・。

とうとう降り出した雨の音を聞きながら「雨の音を聞きながらの温泉。こりゃ、風流だねぇ」としみじみしていたのですが・・・。

シトシトという音がジャンジャン、ごおおおお~っに変わって行きました。
「月さま、雨が・・・」
「春雨じゃ、濡れて行こう」
などと、雨月物語のワンシーンを想像していたのが、今度はうって変って石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」の激しくドラムを叩くイメージに・・・。

そのうち、脇にあった小さな滝の流れがどどどどどどど!に代わり、風呂から見える竹林はゴーゴーダンスを踊る踊り子たちのごとく、激しく揺さぶり合って・・・

いや~、どこまで平和な人だったんでしょう、私・・・。

そろそろ、屋内に戻るか~と腰を上げたら・・・

風呂露天
ま、誰もいなかったのでヨシということで・・・。

出入り口が泥水につかって埋もれてました。
まるで、離れ小島・・・。
風流に並んでいた踏み石も見えなくなっており、外に追い出された状態に。

豪雨と激しい雷の音・・・。出入り口のまわりは池と化し、どこからか流れきた枯れ葉で埋め尽くされている・・・。

裸の女が嵐の中で立ち往生・・・。

・・・開けましたとも。
出入り口のドアを・・・。
すると、泥水と共に枯れ葉もどわ~っと流れてきて・・・。
※排水溝に流れて行ったので、中の浴槽(?)には入りませんでしたが

「風と泥とごみと共に来たる! 謎の裸の女」

・・・。

脱衣所に出るとお客さんのお婆さんが「良かった~!あなたが閉じ込められて出てこれないのかと思って助けに行かないと!って思っていたのよ」と裸で駆け寄ってきました。

自分がのんきに風呂に使っている間に他人さまの心を痛めさせていたかと思うと・・。よよよ、申し訳ない・・・
※でも、しっかり屋内の湯船につかりなおし温まってきましたよ

湯河原のまち

しかし、こんな雨ではとりあえずバス停までも行けぬ。
その前に昼食の「湯河原名物 坦々焼きそば」を頂くことにしました。

坦々焼きそば

これが、坦々焼きそばです。
見た目は普通の焼きそばなのですが、味はう~む、ピリ辛上海焼きそばって感じかな~。
ソース味の焼きそばではなく、ごま油とトウガラシと鶏がらスープとあと何かで味付けされている気がします。結構美味しいので、もし、近場で食べられるところがあれば食べたいくらいでしたよ。

さて、なぜ「坦々焼きそば」なのか。また、なんで「狸」なのか。

それには、こんな伝説があります。
昔、湯河原に一匹の雄の狸がおったそうな。ある日、土地の猟師の弓で傷つけられ、狸は山間に流れる河原に湯の出る場所を見つけ傷を癒すことにしました。
そうしていると、そこに足にやけどを負った雌の狸がやってきました。
やがて、傷も治った二匹はこの湯のご恩を忘れることなく、人間に化けては湯河原の温泉の素晴らしさを説き、旅人の願いを叶え、福をもたらす神のつかいとなったそうな。そして、今でも湯を守りつづけておるそうじゃ・・・。

※自分たち(?)を傷つけた人間を恨まない狸は偉いのぉ・・・

狸福神社

そして、なぜ坦々焼きそばなのか。
それは、この温泉を見つけたと言われる狸にあやかり、親しみやすい歌のフレーズ「たんたんたぬき・・・♪」から、坦々焼きそばのメニューを考案したそうな。

たぬきうどんにも入っている(関西だっけ?関東だっけ?)揚げ玉(天かす)も入っていましたよ~

ちなみに、この坦々焼きそばの内容はお店によって違います。
観光案内所などで「坦々やきそばマップ」が貰えるので、興味のある人は行ってみてはいかがでしょう~

湯河原町商工会 坦々やきそば

つづく

※なが~い記事ですみません
スポンサーサイト

theme : 神奈川
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは!(。・▽・)ノ

ラーダ・ドゥーナさん、初めての湯河原だったんですね??
「こごめの湯」では豪雨で大変でしたね(苦笑)
これもまれにみる経験ですねぇ~

湯河原で坦々焼きそばが有名だって知りませんでした(笑)

私は横浜だから以前は箱根や湯河原へは良く行ってましたけど、
ここ最近になって人気なのか??宿代も高くて
土日祝は人も溢れんばかりに多いので足が遠のいてました(苦笑)

PS…ちゃんとサン サーンスを聞きながら
サスペンス気分で記事を読みましたよん(笑顔)

No title

サスペンスな気分を盛り上げてくださってありがとうございます(笑)へっへっへ

温泉での平和なラーダさんと、その間の豪雨のコントラストが、非常にツボでしたw 

坦々焼きそばですかぁ、おいしそう!!
たまには香ばしい焼きそばが食べたいものです♪

オッ!!

良いですね~
湯河原でまったり温泉!!
ぶらり途中駅って感じでしたね。

でも、お天気が散々でしたね(笑)
Keiの住む所は、お天気も良くて
外でお昼食べようかぁ~って話してたくらいなのに(^^)

豪雨の中、裸の美女が流されたら・・・
それこそサスペンスでしたよ。
良かったですね無事でv-221

坦々焼そばがシンプルで美味しそうです。

計画を立てないで行く旅はハプニング付きで楽しいものですよね。

あっはっは☆

湯河原、確か私達も去年行った・・・
あまり記憶にない~~!
でも、ひなびた感じは思い出しました。

河のそばの木造作りの旅館!
夕方に灯りがともると、大正時代にタイムスリップした感じを思い出しました。

昔の、なんでしたっけ?窓際の欄干から
路ゆく人々を見ながら夕涼み。
綺麗な女性に「お、いなせだねぇい」と声をかけ・・・(すいません、妄想です)

観光に駆け回る旅と違い、
弛緩しまくりができる旅もいいですね♪

しかし・・・風呂場の一件は・・・
大爆笑させていただきました!
なぞの女ひとり、泥水流れ出る露天に立つ!なんか、たくましぃ~~v-10

No title

あら~、せっかくの温泉だったのに、散々でしたねi-202
もし、本当に裸のまま閉じ込められてしまったら
ニュースになったかも!?
そんなんで有名になりたくないですよね(^^;
無事で良かったです(笑)

熱海駅前は、今は活気がなくなってしまったんでしょうか?
かつて賑わっていた場所が、ひっそりとしてしまうのは
なんだか寂しいですね。

坦々焼きそばというのは初めて知りました。
焼きそばに目玉焼きがのってるのも初めて見たかも。

No title

ううう、最近踊りつかれているので、ものすごーく癒される記事でした。 ありがとうv-48

たんたんたぬきから坦々焼きそば、、、安易すぎて(笑)いいなぁ~ きっと、青年会とかが知恵絞ったんでしょうねぇ(って、失礼発言かしらwww)

ああ、、、温泉行きたいです、、、(涙)

かなさま

>ラーダ・ドゥーナさん、初めての湯河原だったんですね??
「こごめの湯」では豪雨で大変でしたね(苦笑)

そうなんです。初めての湯河原で・・・e-350

12日はあのあ周辺だけ雨・雷が鳴ったそうですね。う~ん、そんなピンポイントのところに行ってしまうとは・・・。

しかしまぁ、ちょっぴりサスペンス気分は味わえましたよ。「こんな豪雨の日に謎の女の水死体が上がって・・・」とか一人で想像してe-327

>私は横浜だから以前は箱根や湯河原へは良く行ってましたけど、
ここ最近になって人気なのか??宿代も高くて土日祝は人も溢れんばかりに多いので足が遠のいてました(苦笑)

私も去年伊東や熱海に行くまでは「なんで好き好んでさびれた温泉に・・・。きっと、観光客なんていないんじゃないの~お?」と思っていましたが、見事にその思いが砕けました。

今は都心からも近い温泉や海岸、魚介類を食べに・・・などと足を向ける人も多いようですね。たしかに、近いのにとっても観光気分が味わえました。

> PS…ちゃんとサン サーンスを聞きながら サスペンス気分で記事を読みましたよん(笑顔)

ふふふ、ありがとうございます。サン サーンスというと「白鳥の湖」が有名ですが、この「水族館」も動物の謝肉祭」の作品のひとつなんですよ~

他のはどんな曲なのか、ちょっと気になります。

みほさま

>サスペンスな気分を盛り上げてくださってありがとうございます(笑)へっへっへ

今にも降り出しそうな、不機嫌な空。
平日の温泉場・・・。
肌寒く、じんわりと体中にまとわりつくような湿気・・・。

宿の入り口の不気味な2匹の狸・・・
(神のつかいなのに)

こりゃ、もうこれだけでホラーですよ~

そして、うまい具合にぴったりな曲が。。。

へっへっへ・・・v-12


>温泉での平和なラーダさんと、その間の豪雨のコントラストが、非常にツボでしたw

いや~、普通の人は何らかの危機感を覚えるんでしょうねぇ。そんだけ激しい雷が鳴っていて、竹林がばっさばっさうねっていたら・・・。そういう抜けたヤツがサスペンスでは次の日にどっかの川で浮かんでいたりするんですよね~(で、ジョギング中の人に発見されるというパターン)

>坦々焼きそばですかぁ、おいしそう!!
たまには香ばしい焼きそばが食べたいものです♪

なんだか、作れそうな味でもあるんですよ。焼きそばがB級グルメで・・・という土地はいくつかありますが、なんなんでしょうかねぇ・・・。

あんまり広める気がないんでしょうか。

ま、確かにそれで観光誘致するには少しパンチが足りないかもな・・・v-372

そんなプランに乗っかっていった自分が言うのもナンですが。

keiさま

>でも、お天気が散々でしたね(笑)
Keiの住む所は、お天気も良くて
外でお昼食べようかぁ~って話してたくらいなのに(^^)

そうなんですよ~。しかも、雨が激しかったのは湯河原だけですからねぇ・・・。
熱海ではすでに雨がやんで地面が乾いていました。隣の駅なのぃ・・・v-406

>豪雨の中、裸の美女が流されたら・・・
それこそサスペンスでしたよ。
良かったですね無事で

ドラマだとそういう美女はナイスバディなんですよね~・・・。絵にならんわ~
・・・って、まだ途中で気づいて良かったですよ(充分に遅いが)。

露天風呂のお湯の温度が微妙にぬるかったんですよね~(そういう問題か)

>坦々焼そばがシンプルで美味しそうです

そうなんですよ~。意外とピリ辛で美味しかったです。お土産屋さんでも売ってましたよ。でも、目玉焼きが乗っているお店もあれば、見た目が全然ちがうのもあるようですv-86
個人的には目玉焼きはいらないかな~

>計画を立てないで行く旅はハプニング付きで楽しいものですよね。

私たちの旅はぎっちりスケジュールを立てて行動したい人には無理なユルさですよ。いつも行きあたりばったり。ちょうど止まっているバスに乗ったり、予定を立てても覆されるパターンが多いです。

Keiさんはどんな旅が好きですか?

argonautaさま

>湯河原、確か私達も去年行った・・・
あまり記憶にない~~!
でも、ひなびた感じは思い出しました。

温泉地のひなびた感じはどこも似てますよね~。ついでに、熱海と伊東の雰囲気も似ている・・・。と、いうかあの周辺の駅はどこも似ている・・・。区別がつかん。

>河のそばの木造作りの旅館!
夕方に灯りがともると、大正時代にタイムスリップした感じを思い出しました。

風情があっていいですよね~。夏ならば夜にはホタルが飛んだり(どんだけ田舎なんだか)、虫の音が聞こえたり・・・。川の流れる音がザアザア・・・と・・・v-470

>昔の、なんでしたっけ?窓際の欄干から
路ゆく人々を見ながら夕涼み。
綺麗な女性に「お、いなせだねぇい」と声をかけ・・・(すいません、妄想です)

お、なんだか川端康成の小説の世界じゃないですか~。窓際にかかっているもの・・・?簾とかよしずですかね?籐で編んである日よけみたいなやつ。

浴衣の襟を大きく開け、下駄をカラコロと鳴らし歩く一人の女。

そのうなじは白く眩しかった。

思わず目を細めたら、吊るしてあった風鈴がチリンと鳴った。

・・・みぃたぁいなぁ~(妄想ワールド全開)v-473

>観光に駆け回る旅と違い、
弛緩しまくりができる旅もいいですね♪

きままま2人旅だからこそできる旅ですね。
これが3・4人組なら仕切るタイプと遅れるタイプが出てくるのだわ、きっと。

>しかし・・・風呂場の一件は・・・
大爆笑させていただきました!
なぞの女ひとり、泥水流れ出る露天に立つ!なんか、たくましぃ~~

あの~、想像するときは「和製 ジャンヌ・ダルク」でお願いします。てへっ

熊子さま

>もし、本当に裸のまま閉じ込められてしまったら
ニュースになったかも!?
そんなんで有名になりたくないですよね(^^;

いややぁ~!それは堪忍してやぁ~v-356

いや~、洒落にならんですって。これがトラウマになって私はもう二度と露天風呂には行けませぬv-48(いや、行くけど)。

>熱海駅前は、今は活気がなくなってしまったんでしょうか?
かつて賑わっていた場所が、ひっそりとしてしまうのはなんだか寂しいですね。

熱海駅・伊東駅前はそれなりに人はいますよ。休日だとわんさかといるので「熱海が寂れている?観光客がこんなにいるのに?」と思うのですが、駅前を離れるとやっぱり寂れているんですよ。

住宅だってか~なりズタボロ感があるし、気のきいたお店もなければ、こじゃれたカフェもスーパーもない・・・。かつては人がわんかさ訪れたであろう旅館はひっそりとしていますよv-406

駅前にいる大勢の観光客はいったい、どこに宿泊しているんだろう?と思います。
湯河原はまだ、普通の住宅街って感じですよ。

>坦々焼きそばというのは初めて知りました。
焼きそばに目玉焼きがのってるのも初めて見たかも。

私も知りませんでした。いつごろ誕生したメニューなのか知らないけど、ほとんどの人が知らないんじゃないでしょうかね~。
美味しいんですけどねぇ・・・。

焼きそばに目玉焼き・・・。インドネシアの焼きそばに乗ってませんでしたっけね?

あと、関西では「オムそば」があります。オムライスのご飯のかわりに焼きそばが入っているんですよ~v-426


たびぃ。さま

>ううう、最近踊りつかれているので、ものすごーく癒される記事でした。 ありがとう

あら~、た~さん、お疲れなのぉ?働きすぎよ~ぉ(た~さんて誰よ?)

踊り疲れて・・・って・・・。なんだか場末のダンスホールが思い浮かぶのはなぜ?映画「フラッシュダンス」とか・・・v-517いや、嘘です。わたくしはアナタ様が一生懸命ベリーダンスを踊っている姿を想像して涙していますわ。輝け、青い孔雀よ!

こんなユルいブログ記事がたびぃ。さんの「温泉のもと」的役割を果たしてくれたのなら嬉しいですv-48

>たんたんたぬきから坦々焼きそば、、、安易すぎて(笑)いいなぁ~ きっと、青年会とかが知恵絞ったんでしょうねぇ(って、失礼発言かしらwww)

あら~、言っちゃったわよ、このお方~。
ふふふ、そういう私も同じことを思ったんですけどね。

狸の泣ける話に「たんたんたぬき」かぁ・・・。

しかし、美味しいのでもう少しくらいメジャーになって欲しいです。

目指せ、カップ麺化!

No title

湯河原は一度行ってみたいんですけど、いつも通過してばかりです。
大雨で大変な目に遭いましたね。
雨が降ったら大変なことになるのに改装しようとかは思わないんでしょうかね、その温泉(^_^;)
ま、多少ハプニングがあった方が記憶に残りますけどね。
この曲、最後の雷鳴ではなにやら怖いものが青白く浮かびそうな感じ…。

伝説はいいお話しですが、坦々焼きそば自体はダジャレなんですね(^_^;)

サスペンス(笑)

勝手にラーダさんの姿を想像しながら読んでしまいました^^
豪雨の中の裸の女!!!
実際に見たらすごい絵ですね!!!
まぁ、何事もなかったので笑い話にもなるってもんですね。
滑って転んで怪我なんてこともあるし・・・
いやいや無事で何よりでした~^^;

坦々焼きそばの由来がなんともまぁ・・・安易で笑えました!
食べてみたいわ~!

No title

素晴らしい露天風呂の過ごし方!!
たかだか雨なんかに負けられませんよね(大笑)
その風景と裸でたたずむ女の絵でも描いて
ブログにアップしてくださーい
それにしても、まだまだ日本人は心優しい人がおりますなぁ
ありがたやぁ ありがたやぁ
狸伝説?も坦々焼きそばの話もふむふむと読ませていただきましたよ~
栃木県の塩原温泉にはスープ焼きそばっていうものがありますよ
Yo-は大好きです
機会があればそちらもどーぞ!

ワンともさま

>湯河原は一度行ってみたいんですけど、いつも通過してばかりです。

そうなんですよね~。その先にもっとメジャーな温泉地があるからわざわざここで降りようとは思わないですもんね。

でも、意外と穴場かもしれません。

土日だともう少し人も多いと思いますが、観光地全開!っていうよりは「まぁ、土産物も売ってはいますがぁ~」みたいな感じです。

街も静かだし、のんびりしたいならおススメですよ~v-22

>大雨で大変な目に遭いましたね。
雨が降ったら大変なことになるのに改装しようとかは思わないんでしょうかね、その温泉

そうなんですよね。まぁ、12日の時のような豪雨の日は少ないかもしれないけど、ちょっと構造に問題が・・・。

でも、あのお婆さんが知らせたのか係員の女性が見に来ましたよ。

「あら~、まぁ~」って驚いていましたが、近いうちに改善されるんでしょうかねぇ(しなさそう)e-350

>この曲、最後の雷鳴ではなにやら怖いものが青白く浮かびそうな感じ…。

そう言われて気になってまた見てしまいましたよ~。これで最後に裸の女の顔が浮かんだら本当にホラーじゃないですかぁ~!うっき~

>伝説はいいお話しですが、坦々焼きそば自体はダジャレなんですね(^_^;)

ははは・・・
まぁ「狸まんじゅう」とかじゃなかっただけでも工夫した、ということで・・・。お、美味しかったですよ~

Les Deux Poiresさま

>豪雨の中の裸の女!!!
実際に見たらすごい絵ですね!!!

あの~、一応言っておきますが、露天風呂にもちゃんと屋根はありましたからね。

別に嵐の中で雨風にいたぶられながらチャポンと湯船につかっていた訳じゃないですからね(だとしたら、本当のアホや)e-350

いや、まぁ、そうじゃなくても呑気に風呂に入っている風景はやっぱりヘンですわな。お婆さんもあわてるくらいなんだし。

>まぁ、何事もなかったので笑い話にもなるってもんですね。
滑って転んで怪我なんてこともあるし・・・
いやいや無事で何よりでした~^^;

あれで、本当に中に入れず何時間も放置されたら訴えてやるぅ~。

一瞬、目の前が真っ暗になりましたが、なんとか無事に戻れてほっとしました・・。よよよ(泣)

>坦々焼きそばの由来がなんともまぁ・・・安易で笑えました!
食べてみたいわ~!

こんな時代だからレシピを検索すれば出てくるかも・・・。しかし、それが湯河原名物だと気づく人は少なかろう・・・。

Yo-さま

>その風景と裸でたたずむ女の絵でも描いてブログにアップしてくださーい

・・・Yo-さん・・・。もしや、アナタ・・楽しんでますね?

いや、いいんです。ここで本気で慰められたらワタシ、泣いちゃいますから。

る~る~るるる~v-279

>それにしても、まだまだ日本人は心優しい人がおりますなぁ
ありがたやぁ ありがたやぁ

東京から来たのか、それとも湯河原には方言がないのか、江戸っ子口調でしたよ。

「もう、露天風呂の方さえ行かなかったら大丈夫だから、もう少しあったまって行きな」って言われました。

あああ、お婆さん・・・。アナタも湯ざめしないで風邪などひかずにお元気で・・・と後ろ姿に手を合わせておきましたよ、わたくしめもv-421

>狸伝説?も坦々焼きそばの話もふむふむと読ませていただきましたよ~
栃木県の塩原温泉にはスープ焼きそばっていうものがありますよ

那須塩原には行ったことがありますが、そんな名物があるとは知りませんでした。

ほほ~、もし次に行ったら食べてみたいです。スープ焼きそばかぁ・・・。

坦々焼きそばよりは斬新な気がしますv-218

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア