2010-05-29

さいたまの沖縄

無料で参加できる沖縄のコンサートがあったので行ってきました。

「沖縄フェスタ」とチラシに書いてあったので、沖縄のムードむんむんの楽しいイベントかと思ったら、最初に出てきたのは日本各所で歌われる「民謡」。それをロック調にアレンジした「民謡ロック」のバンドでした。

なので、沖縄のイメージで来た人も多かったようでイマイチ盛り上がらず。

私はこれはこれで斬新で面白いと思いました。三味線とか尺八とかギターとかキーボードとか、組み合わせも面白かったし・・・。
でも、これはちょっとスケジュール構成が良くなかったのかな~


一緒に行ったダンナなどは横でシラ~っとしている。
横で仏様のように静かにシラ~っとしている人がいると落ち着かないし、盛り上がらない。

やっぱり、ジャズなどをまったりと聞くのが好き・・・みたいなタイプにはこのイベントは合わないかも・・・。
・・・と、いうワケでダンナだけ撤収。

私は一人で残って最後まで聞きました。


さて、民謡の次に出てきたのが「さいたまエイサー隊 紫」。

エイサー
さいたまエイサー隊 紫

エイサーとは・・・

沖縄県でお盆の時期に踊られる伝統芸能。この時期に現世に戻ってくる祖先の霊を送迎するため、若者たちが歌と囃子に合わせ、踊りながら地区の道を練り歩く。また、かつては祝儀を集めて集落や青年会の活動資金とする機能も重視され、その金でため池を設けた例もある。地域によってはヤイサー、エンサー、七月舞(しちぐわちもーい)、念仏廻り(にんぶちまーい)とも呼ばれる。

近年では太鼓を持つスタイルが多くなり、踊り自体を鑑賞するために各地域のエイサーを集めたイベント等も開催され、重要な観光イベントとなっている。

ウィキペディアより

エイサーさいたま

こういう衣装の人は沖縄の国際通りで見ました。
何年も前にたまたま行った時にエイサーの日(?)だったのか、踊っている若者たちを見ました。



大きな太鼓を踊りながら叩くのですが、すごい迫力です。
胃袋に響くような振動が伝わってきそう・・・。

太鼓エイサー

掛け声とともに叩かれる太鼓を見ていると、なんだか自分の中のモヤモヤとか弱い気持ちが叩きだされていくような気持ちに・・・。
晴れた日に布団を干して叩くと埃が出るような。

自分にはリズム感がないからダメだけど、太鼓とか日本の伝統楽器が弾けるのってなんだか格好いいなぁ・・・
さいたま新都心 すわんど

「さいたまエイサー隊 紫」は2007年に結成され、さいたま市を中心に活躍している創作エイサー団体だそうです。

おどり
※カチャーシー(かちゃーしー)とは、沖縄民謡の演奏に際して興が乗るにつれ、聴衆が(場合によっては演奏者の一部も)、両手を頭上に掲げて左右に振り、足も踏み鳴らす踊り。

ウィキペディアより

どうやら、埼玉県民は踊ることが好きな県民なのか、夏のサンバイベントでは沖縄エイサーの他に阿波踊りだのベリーダンスだのサンバだのハワイアンなど、とにかくいろいろな踊りの団体が参加します。

みんなでエイサー
最後はお客さんも舞台に上がってカチャーシーを踊るの図

沖縄の歌で好きなのは「19の春」。

でも、この歌のルーツは、明治のころの本土の流行歌「ラッパ節」にあり、それが「与論ラッパ節」「与論小唄」となって沖縄に伝わったといわれているそうです。最も知られている「19の春」は、70年代に歌手・田端義夫さん(ばたやん)が、全国的にヒットさせたものだそうです。
もしかしたら、知っている人もいるかも?

19の春


歌詞を全部まる写しにするのもナンなので、どんなストーリーの歌詞なのかというと・・・

愛人関係にある女性が、惚れた相手から「別れよう」と言われてしまった。

「今さら私を捨てると言うのなら、もとの19歳にもどしてよ」

「もとの19歳にしろって、お前・・・。庭の枯れ木を見てみなさい。もし、枯れた枝に再び花を咲かせることができるのなら、そんなお前の願いも叶うだろう」

「私を捨てると言うのなら、残された私の事を思って若くて綺麗な時に欲しい。あなたの心の中で綺麗な姿のままでいたいから」

ああ、一銭二銭の葉書ですら、千里万里と 旅をする。同じコザ市に住んでいても
会えない我が身の 刹那さよ

私があなたを 想う数は、山の木の数 星の数 三千世界の 人の数 千里浜辺の 砂の数ほどなのに・・・

雲の切れ間に 満ちる月 なのに、あなたはなんて無情なのかしら
想い願いは 幾度なく 会えない月日は 幾日か


いや~、なんとも切ない歌詞ですなぁ・・。



他にも「小雨&シュンスケ」さん、「年の差バンド(民謡ロック)」「てぃだエイサー」さんも出場されていました。

小雨とシュンスケさんは沖縄の人かもしれないけど(どうなんだろう?)他の方々は特に沖縄の人ではなさそう。

でも、なんだろう・・・とっても熱いものを感じました。

てぃだエイサーさん達は戦争体験をもとにした絵本を英訳して、アメリカの学校送るボランティアなどもされているそうです。



次回は7月25日に埼玉の浦和駅東口パルコ前市民広場で15:00から19:00まで「カチャーシーフェスタ2010」が開催されるそうです。
ご興味のある方はぜひ・・・。

カチャーシーフェスタ2010

父が転勤族だったので、私も幼いころに沖縄の那覇に住んでいたことがあります。
でも、残念ながらほとんど記憶がなく、アルバムに貼られている写真を見るだけです。でも、なぜかケチャップ味のポークビーンズが好きでした。
今は食べたいとも思わないのになぁ~

沖縄・・・。もっといろいろと覚えている年齢の時に住みたかったなぁ・・・
スポンサーサイト

theme : 埼玉県地域情報
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

太鼓!

おおお、すごそうですね。
ロック民謡も聴いてみたい気がします。
妹がずっと津軽三味線をやってました。
民謡も歌ってましたよ。

若いころ、鼓童というグループの公演にいってショックを受けました。もう、横隔膜が
グイグイ。私は低音や、原始的な音も大好きです、やっぱり人間のカラダに生理的に訴えかけてきますよね~。

沖縄のリズムと音階って、本土日本のものとは違うから、外国音楽みたいです。
でも、好き♪映画「ナビィの恋」とか「ホテル・ハイビスカス」でもよくみんな踊ってました。。。。。埼玉県民もですねっ♪

でも、なんで19の春を・・・
なきそうになっちゃったじゃないですか~。
せつな過ぎる。どうしてこんなに花の命は短いんだ~~~。もう、戻れない。。

argonautaさま

>ロック民謡も聴いてみたい気がします。
妹がずっと津軽三味線をやってました。
民謡も歌ってましたよ。

ロック民謡・・・。やりようによってはもっと取り上げられてもいいと思います。なんだっけな~、たまたま聞いていたFMでそれっぽい音楽を歌っているグループがいました。民謡じゃなくて、百人一首みたいな感じの歌詞で・・・v-12

妹さん、津軽三味線を習われて民謡も歌えるのですか!なんだか、格好いいですねぇ。ピアノが弾けるのもそれはそれで凄いんだけど、こういう伝統楽器を選ぶのがまた素敵・・・。民謡も独特の節回しだけど、色っぽさを感じます。

>若いころ、鼓童というグループの公演にいってショックを受けました。
私は低音や、原始的な音も大好きです、やっぱり人間のカラダに生理的に訴えかけてきますよね~。

「鼓動」ってグループはテレビで見たことがありますが、ちゃんと聞いたことがないです。

でも、太鼓の音って力強くてちょっとドキンとしました。いや、キュン♪かな?そして、男性でも女性でも凛とした色気を感じました。
今までは特に好んで聞いたことがなかったのですが、今度はこういう音にも耳を傾けてみたいな~と思いますv-353

>沖縄のリズムと音階って、本土日本のものとは違うから、外国音楽みたいです。

そうなんですよね~。初めて外国の音楽のような・・・と感じた曲は「シャンシャンタイフーン」だったっけな?(確かこんな名前)

あと、ネーネーズとか。聞きなれない曲なんだけど、聞くと体に馴染む音ですね。

>でも、好き♪映画「ナビィの恋」とか「ホテル・ハイビスカス」でもよくみんな踊ってました。。。。。埼玉県民もですねっ♪

「ナビィの恋」は私も見ました。個人的には結構ぶっとびなラストだったかも・・・。お、おばぁ~!みたいな。いくつになっても恋愛する気持ち・・・。情熱的ですねぇ。

沖縄のカチャーシー、なぜだかイランの踊りに似ているらしいです(ダンナが言うには)。遠く離れた場所なのに・・・なぜ?みたいな謎がまた面白い。

埼玉県民・・・。最初はノリが悪い県民性なのかと思いましたが、年代問わずに楽しそうにトライして踊っていたのが素敵でした。さいたま市民、素敵だぞ!

>でも、なんで19の春を・・・
なきそうになっちゃったじゃないですか~。
せつな過ぎる。どうしてこんなに花の命は短いんだ~~~。もう、戻れない。。

この曲、本当に切ないでしょ?沖縄の音楽のCDは沖縄で買おう!と思って、那覇のジャスコで買いました。

それで、旅行の移動中とかホテルで聞き倒すんですよ。地元の人が乗るバスとかに乗って耳を傾けると街の風景も違って見えるというか・・・。

19の春の歌・・・。誰にでもうまくいかなかったけど、忘れられない恋の思い出があったりしますもんね。

だから、な~んか、しみじみと耳を傾けるついでに自分のことも思い出したりして・・・。いや、別にその頃に戻りたいとか思うワケではないんですけどね。なんとなく・・・v-297

沖縄チック

ラーダ・ドゥーナさん、こんばんは♪

連休に行った沖縄でしたが、
私は随分沖縄の余韻からは解放されましたが…

主人は沖縄にまだまだハマっています(苦笑)
沖縄の民謡や沖縄の言葉、沖縄の本なども買ってきまして読んでいますw
因みに本の題名は「沖縄の島に全部行ってみたさ~」です(笑)

19の春は馴染みのある少し暗い感じの歌ですね~♪
でも沖縄楽器と方言で歌ったら味のある歌になりますね(笑顔)

人間の一生なんてあっという間です、
老いていく自分を大切に思い、より若々しくを努力して
執着することなく、人生を楽しみながら、
充実した人生を送りたいもんですねぇ~♪

県民性!?

お年寄りまで立ち上がって踊る図には驚きました!
でも、人目を気にせず、気の赴くまま出来るって素晴らしい~!
そして何より楽しそう♪
人前で踊る経験といったら、せいぜい盆踊りくらい。それも何年前やら?
あーーー、なんか私も無性に踊りたくなってきた~(笑)

No title

沖縄に行った時期が偶然エイサーの頃で見学できたなんて、ラッキーでしたね。
ついでにお祭りの出店で何が売ってたか覚えてます?(笑)

沖縄フェスタ、入りはまあまあだったようですが、さすがに席を立たなかった人は盛り上がったわけですね。ラーダさんも席でカチャーシーしました?(^^)

ラーダさんは転勤族で沖縄だったんですね。
私は同じ転勤族でも札幌でした。
覚えてるのは、横殴りの雪の中をどこかに歩いてるところe-60e-60e-60
沖縄なんて羨ましい~

かなさま

>主人は沖縄にまだまだハマっています
沖縄の民謡や沖縄の言葉、沖縄の本なども買ってきまして読んでいますw

ああ、お気持ちわかります。
沖縄ってはまるんですよね~。それに、また「旅」というのにもはまる・・・。

いつもとは違う場所に行って、違うものを見て珍しい料理を食べて・・・という経験はリフレッシュできるし、その気持ちが沸き立つ感じにはまっちゃう気がしますv-22

>19の春は馴染みのある少し暗い感じの歌ですね~♪
でも沖縄楽器と方言で歌ったら味のある歌になりますね(笑顔)

この曲は歌う人によってなんだか印象が違いますね。今回選んだ人の歌い方はちょっと共感しやすいんじゃないかな~と思います。え?私には別にそんな経験はないですけどね。

>人間の一生なんてあっという間です、
老いていく自分を大切に思い、より若々しくを努力して
執着することなく、人生を楽しみながら、
充実した人生を送りたいもんですねぇ~♪

本当にそうですね!
人間だからいつも悩みなく笑ってばかりもいられないこともあるでしょうが、気持ちの持ちようでポジティブ思考に変換できるなら、その方がいいですよね。

うじうじ悩みながら過ごす時間って気持ちもそうだけど、体にも不調が出るし、ついでにお肌にも良くないですもんねv-254

Les Deux Poiresさま

>お年寄りまで立ち上がって踊る図には驚きました!
でも、人目を気にせず、気の赴くまま出来るって素晴らしい~!
そして何より楽しそう♪

いや~、最初はノリが悪いし大丈夫かな?と思いましたが、沖縄のエイサーでテンションが上がったのか、だいぶ周りの雰囲気も熱くなってきたんですよv-42

でも、まさか一緒に踊り出すとはねぇ・・・。
私はどっちかというと、そういうのが苦手なんですよ。人前で踊ったり歌ったりするのが。嫌いなんじゃなくて、恥ずかしくて・・・。

>人前で踊る経験といったら、せいぜい盆踊りくらい。それも何年前やら?
あーーー、なんか私も無性に踊りたくなってきた~(笑)

盆踊り・・・。昔は踊ったものですねぇ。今は聞くだけで輪に入って踊るって事がないです。もう少し年取ったらできるようになるのかしら・・・?

No title

ラーダさん、那覇にも住んでいたことがあったのですねぇ~!
ケチャップ味のポークビーンズが好きだったというあたりが、なんとなく、沖縄っ子みたいな…(ってこれは偏見?)

鹿児島人なので、沖縄は近いイメージですが、何気に遠くて、大学生になって初めて行きました。
名護のとある企業で3週間のインターンシップに行ったのですが、それはそれはパラダイスでした…
仕事のあとは海に遊びにいったり、泡盛をあびるように飲んだり…あぁ、あんなにきれいな海、もう一度行きたいでございますーー!!

エイサーもちょうど時期だったので、身に行ったのですが、すごい迫力で、なんだか鳥肌がたつくらい感動したのを覚えています。
沖縄の文化を若い人たちが大切にしているのにも感動しましたねぇ。

ちなみにイエメンにも日本祭りみたいなので、沖縄からバンドさんがわざわざ来てくれましたよー。
まぁイエメンのおっちゃんたちは、踊ってる女性に釘づけでしたが…おいおい、見るところはそこだけちゃうよーって思いましたがw

くろろさま

>沖縄に行った時期が偶然エイサーの頃で見学できたなんて、ラッキーでしたね。
ついでにお祭りの出店で何が売ってたか覚えてます?(笑)

もう、10年以上前ですねぇ・・・。国際通りでエイサーを見たのは・・・。なんか、まだ若かったし、そういうのを見るよりも買い物で一生懸命だった気が・・・。

おしいなぁ~

>ラーダさんも席でカチャーシーしました?(^^)

それがですねぇ・・・。文中には書かなかったのですが、私の隣は非常に不思議な家族が座っていて・・・。お陰でこっちまでノリきれないんですよ。

ダンナと子供は疲れ果てて寝ているし、奥さんはなんと!コンサートの暗い照明の中で(少しは明るいけど)編み物をしてるんです!

しかも、レース編みみたいな細い糸ですよ!?なぜに、こんな場所で?って、いうか皆が盛り上がっているのによく平然とそんなことができるな!とか、いくら無料コンサートだからってそんな事してたら失礼じゃん!と気持ちもむかむかするし、自分だけ踊って~っていう気分になれませんでした・・・v-406

>ラーダさんは転勤族で沖縄だったんですね。
私は同じ転勤族でも札幌でした。
覚えてるのは、横殴りの雪の中をどこかに歩いてるところ
沖縄なんて羨ましい~

おお~、私はまだ寒い土地には行ったことがないです。九州・関西・関東だけですね。あ、下関にも住んでいたことがあります。覚えてないですけどねぇ・・・e-350

寒いところには住みたくないです。どっちかに住めというなら、まだ暑いところがいいです。

No title

記事とはぜんぜん関係ないコメントですいませんが皆さんにお願いしたい事があってコメントさせてもらいました。

皆さんは電磁波犯罪集団ストーカーという犯罪をご存知でしょうか。

まあ、犯罪というより拷問なんですが。

電磁波犯罪集団ストーカーというのは特定の人物に対して、電磁波兵器、超音波兵器、光兵器などの目に見えない兵器で攻撃したり、その一人に対して大人数でいろいろな嫌がらせや犯罪をしたりするとてつもなく悪質な犯罪の事です。

自分は昔からこの電磁波犯罪集団ストーカーの被害を受けてるんですなんとかこの犯罪の解決に協力して頂けないでしょうか。

2年くらい前から自分は加害者から電磁波兵器で365日24時間思考盗聴に合わせた音声送をされてます。

思考盗聴というのは兵器を使って人の考えを読み取るというもので、音声送信というのは兵器を使って人の頭に直接声を聞かせるというものです。

この24時間思考盗聴に合わせた音声送信というのはまず思考盗聴で自分の考えを読み取ってその考えに対して音声送信でいろいろな事を言ってくるというものです。

考えた事だけではなく自分の行動に対しても色々言ってきます。

24時間やられるようになってから最初の3ヶ月くらいは本当に24時間1秒の絶え間もなくこの思考盗聴に合わせた音声送信をやられました。

なぜかだんだん声が小さくなってきて今はだいぶ声が小さくなりましたが。ですが今でもほぼ24時間この思考盗聴にあわせた音声送信ををされてます。

実際に被害にあった人にしか分からないかもしれませんがこの犯罪は本当に想像を絶する苦痛とストレスを感じさせられます。

このような目に見えない兵器を使えば、人の感情を操作したり、相手に考えさせたいことを考えさせたり、人の頭に直接声を聞かせたり、外見や精神をおかしくさせたり、頭をはげさせたり、人の考えを読み取ったり、頭や体に重大なダメージを与えたり、体を傷つけたり、精神病にしたり、他にもとんでもない事がいろいろできるみたいです。

こういった目に見えない兵器による攻撃は他の大勢の一般の人達もされてるのかもしれません。皆さん自身が攻撃されてる可能性も十分あると思います。

人体に害があるという事以外にも、自然環境を操ったり、特定の自然現象を起こしたりというようなこともできるかもしれません。

自分はこの犯罪の標的(ターゲット)にされてます。今もこのような目に見えない兵器で色々な攻撃をされてます。こういった兵器による攻撃に平行したりタイミングをあわせたりして、ほのめかし、ノイズキャンペーン、アンカリング、ソーシャルアタック、ガスライティングなどの被害を受けてます。

要は騒音を立てたり、付きまとってきたりといった陰湿な嫌がらせのようなものです。もしご存じないのでしたらインターネットで調べていただければ大体お分かり頂けるかと思います。

ただ、こういった電磁波犯罪集団ストーカーに関する情報には偽の情報も大量にあるので注意が必要かと思います。

このような兵器は攻撃されていることが実感できないというだけで、実際はものすごく危険な兵器だと思います。

ある意味普通の拳銃やミサイルといったものと同じくらい危険なものではないでしょうか。

自分はこの兵器や犯罪の問題を最優先で解決する必要があると思います。

汚い文章で申し訳ありませんがこれも電磁波兵器で攻撃されているせいだと思います。

世のため人のためにもこの兵器や犯罪の問題解決に協力して頂けないでしょうか。お願いします。

みほさま

>鹿児島人なので、沖縄は近いイメージですが、何気に遠くて、大学生になって初めて行きました。

鹿児島からだとどれくらいの時間で行けるのでしょう?そういえば、中孝介さんは沖縄国際大卒だったような・・・(あ、こんな情報はいらない、と?)

>名護のとある企業で3週間のインターンシップに行ったのですが、それはそれはパラダイスでした… 仕事のあとは海に遊びにいったり、泡盛をあびるように飲んだり…

おお~、聞いただけでパラダイスですな!一生ずっとここに住む、となればまた違うのでしょうが期間が限られていると夏を惜しむ蝉のように張り切ってしまうもんですねぇ・・・v-218

ところで、沖縄の人って海に入る時には水着の上からTシャツを着るらしいです。タイの人もそうなんですよね~。なんででしょう?

>エイサーもちょうど時期だったので、見に行ったのですが、すごい迫力で、なんだか鳥肌がたつくらい感動したのを覚えています。
沖縄の文化を若い人たちが大切にしているのにも感動しましたねぇ。

エイサーは若い人のエネルギッシュなパワーに圧倒されますね。太鼓を叩く姿も勇敢で素敵だし・・・。普段はヒップホップとか聞いているような若者でもエイサーの日にはああやって踊るんですもんねぇ・・・。しみじみ・・・v-22

>ちなみにイエメンにも日本祭りみたいなので、沖縄からバンドさんがわざわざ来てくれましたよー。

ほぉ~、イランではそういうのはなさそう・・・。イラン人女性が日本の歌を歌うとかいうコンサートも女性しか入れなかったし・・・。

ところで、沖縄のカチャーシーなんですが、イランの踊りと似ているそうです。ああやって手でリズムをとって踊るとか・・・。ちょっと面白いですね。イエメンの踊りはどんなのでしょう?

ケチャップ味のポークビーンズ・・・。子供が好む味なんですかねぇ・・・。スパムとかいかにも沖縄って感じ~

No title

沖縄には一度行ったことがあります。
家族旅行でした。
一緒に行った子供達・・・てにままも同感でしたが
 
「沖縄を訪ねることは、これが最初で最後!」

ありとあらゆるところで『霊』を感じて、、、
鳥肌の立つ思いをするばかりの旅でした。

てにままさま

>沖縄には一度行ったことがあります。
家族旅行でした。
一緒に行った子供達・・・てにままも同感でしたが
 
「沖縄を訪ねることは、これが最初で最後!」

ありとあらゆるところで『霊』を感じて、、、
鳥肌の立つ思いをするばかりの旅でした。


ひええ~!なんだか読んでいるだけで鳥肌が立ってしまいましたよ。
確かにちょっと・・・と思う場所はありますね。歴史的に・・・。

幸い、私もダンナもそういうのは感じませんが、見えなくていいものが見えたり、ヘンな気配を感じるのはいやですねv-12

沖縄にかかわらず、そういう経験はよくするのですか?
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア