FC2ブログ
2010-06-01

「そう言えば・・・」の扉

今日から6月ですね~
FMでは今日から「衣替えです」と言っていましたが、個人的な衣替えは5月にしてしまいました・・・。

アジサイの手ぬぐい

衣替え・・・平安時代には、陰暦4月1日、10月1日に行われた。江戸幕府では、このほかに5月5日・9月9日などにも着替える定めがあった。現在では、一般に6月1日と10月1日に主に制服について行われる(大辞林より)


トマトスープ
今日は天気も良く、これといった用事もなかったのでエルクールさんに作品の追加をしに行ってきました。
そして、案の定、またまたおしゃべり・・・

そして、何かの時にこんな話になりました。

「そう言えば、ゴッホって同日生まれのお兄さんがいたらしいよ、ゴッホの生まれる前に亡くなったそうだけど」

「え?それって、ダリじゃない?だから、ああ言う絵を描くようになったって聞いた事があるよ」

あら~、私の記憶違いだったかしら~と思って帰って調べてみると・・・。


サルヴァトーレ・ダリとゴッホのエピソードがとても似てて驚きました。

ゴッホ [DVD]ゴッホ [DVD]
(2004/03/19)
ティム・ロスポール・リース

商品詳細を見る


ゴッホは1853年3月10日にオランダのフロート・ツンデルで牧師夫妻の息子に生まれました。ゴッホには3人の妹と1人の弟がいて、ゴッホは長兄として育ちました。

しかし、実はゴッホには兄がいました。
その名前はゴッホとまったく同じ名前の「フィンセント・ウィーレム・ファン・ゴッホ」。
しかも、誕生日はゴッホが生まれるちょうど1年前の同じ日だったそうです。
でも、死産でした。

ゴッホは自分と同じ名前の兄と同じ誕生日に生まれ、命日にでもある日に生まれた事になります。

幼いころにゴッホが父親の説教をきくために日曜日に教会に通っており、毎週兄の墓を見ていたことになります。そこには、自分と同じ名前が記されており、同じ誕生日も刻まれている・・・。

ゴッホは自分の存在は誰かの身代わりでないか、と考えるようになり、いたるところに「僕は存在しないようにふるまった方がいい」「だから、姿をひそませよう」という事を書き残しているそうです。

結局、ゴッホは精神を病み、耳を切り落とし、最後にはピストルで胸を撃って自殺してしまいました。

ゴッホ (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシックアート・シリーズ)ゴッホ (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシックアート・シリーズ)
(2000/07/01)
インゴ・F・ヴァルター

商品詳細を見る



生前に売れたゴッホの絵は一枚だけ!
その絵の名前は「赤いぶどう畑」。
せめてもう少し長生きしていれば・・・

ゴッホ 赤い葡萄畑


ダリ全画集 (25周年)ダリ全画集 (25周年)
(2007/08/31)
ロベール・デシャルヌ、ジル・ネレ

商品詳細を見る


一方、ダリにも似たようなエピソードが・・・。

ダリにもダリが生まれる約9ヵ月前に兄のサルヴァドール・ダリが幼くして死亡しました。

後に画家となるダリが生まれると、両親は彼に死んだ兄と同じ名前をつけ、溺愛したとか。ダリも自分と同じ名前の刻まれた墓石を見て育ったわけですが、親はそれが将来、子供にどんな影響を与えることになるのか・・・って考えたこともないのでしょうかね・・・。


ニュースでインドネシアの「ヘビースモーカーの赤ちゃん」の事を取り上げていました。2歳や5歳で大人のように煙草を吸う赤ちゃん。
幼い子供にはそれが害のあるモノだとは理解できないのに・・・。
進んでソレを与える親ってどうなのよ、え!

・・・あ、なんか話がそれましたね。すみません。

皆さんは人と話していて「そう言えば・・・」という言葉で、どんどんと話が違う方向へ進んでいくことはありませんか?

でも、この「そう言えば・・・」という言葉。
ちょっとまだ開けた事のない扉を開くとか、初めて読む本のページをめくるようではないですか?

そこで、自分の知らなかった情報がどんどんと繋がっていくのが面白いなぁと思います。

今回のエピソードはちょっと悲しいけど、「そう言えば・・・」が、なければ知らなかったなぁ~



「そう言えば・・・」。

赤たわし

こないだ買った「ブラシノキ」の「木」を見つけましたよ~

ブラシの木


真っ赤なブラシがいっぱい!

ここの家の人はこの花を見て、あちこち掃除したくならないのかな~




なんだか、この記事を書いていたらこの曲が思い浮かびました
スポンサーサイト



theme : 季節を感じる
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

この話は、ちょっと悲しい話だね。。

実は、私は旦那の曾お爺さんが亡くなったその日に、生まれた事になるみたいです。。。
命日が私の誕生日。
昭和○○年○月○○日。
まったく同じ。
これはこれで、かなりびっくりです。

キューカンバさま

>実は、私は旦那の曾お爺さんが亡くなったその日に、生まれた事になるみたいです。。。
命日が私の誕生日。
昭和○○年○月○○日。
まったく同じ。
これはこれで、かなりびっくりです。


そんな事もあるものだねe-350
ゴッホとかダリの話は哀しい共通点だけど、キューカンバさんの場合の共通点は先祖の縁だと思ったらどうかな?

実はウチもダンナの祖父からの共通点がいくつもあるの。びっくりするくらい・・・。

それが、縁なんだな~って思うよ。

知り合うまでにそれぞれ別の土地で暮らし、ダンナなんて海外に住んでいたけど、それでも結婚という形になった・・・。

どんなに思ってても縁のない人はないし、本人同士がそうでなくても運命って言うモノがあるならば繋がるモノだと思う。

まぁ、こればっかりはわからないんだけどね。

考えてしまった・・・

ほんと、なんだか悲しいというか悲惨なエピソードですね。
心の葛藤を芸術にぶつけたのかなぁ・・・なんて単純過ぎる考えですかね^^;

うちの双子も曾おじいちゃん(私の母の父)の命日に生まれました。
1/365なので、ちょっと縁を感じますよねぇ。

ブラシノキの木!!!
すご~い!!!圧巻!!!
こんな木が庭に生えてたらすごく目立ちますね~!

No title

第一子の命日に第二子が生まれてくるなんて
両親は、偶然を越えたものを感じたでしょうね。
まさに生まれ変わりだと思ったんじゃないかしら。

2歳の子がタバコを吸うニュース見ましたよ。
とても2歳には見えない巨大児だったけど
それにしたって、タバコなんて論外。
規制する法律がないらしいですね。
すでにその子はニコチン中毒になってるみたいですが
こんなに小さい頃からタバコ漬けになっていたら
長生きできないんじゃないかと思ってしまいます。
信じられないようなニュースでした。

そうだったのか。

ゴッホはその出生からして、いわくが付いていたのですねー・・・。彼は本当にエキセントリックな話が多いですよね。
絵もかなーり情熱的で、私は観る度、少々腰がひけます。
そういえば、「ゴーギャンとの破局で耳に熱湯を注ぎ込んだ」とか・・・

自分の存在価値を消そうとすると同じくらいどこかにぶつけないと生きていけないのかなぁ~。でも、亡くなった人の身代わりのような出生は、つらいだろうな。誰しも、世界でただ一人の存在のはずだから。

タバコをすう赤ちゃん、見ました!!ショックでした。だって、まだ2歳とか4・5歳の子。
赤ちゃんなのに、オムツなのに、タバコを吸う姿はもう、おっさんと一緒。。。。
「やめてぇ~!」といいたかった。

大人が吸うのは自分の都合だし、好きで寿命を縮めても自己責任と思うけど・・・子供は!子供はイカン!!って親がイカン!!
(ごめんなさい、私、子供と老人にめっちゃ弱いんですぅ。)

ブラシの木、凄い。これは、凄い。
圧巻ですねぇ。優雅というより、逞しい!
威勢がいいですね。

No title

ゴッホやダリって、そんな人生をたどった人だったとは…初めて知りました!
でも幼いころから自分と同じ名前の彫ってある墓石を見て育つってのも、それは精神的に影響が相当ありそうですよね…。

2歳のこどもにたばこ?!?!
言語道断ですなぁー!
最近はお散歩中に歩きたばこを平気で赤ちゃんの横で吸われるだけで今にも切れそうになるのに…!!!
ぐぅおらオッサン、歩きたばこはやめんかいっ!と。(母は強し…ってか強くなりすぎに注意ですね。笑)

ブラシの木、すごいですねー!
そこらへんで見かけたら、きっと私も写真とる派です!!w 

「そういえば…」で話が展開して、元の話がなんだったかよく忘れる今日この頃です。(恥)

Les Deux Poiresさま

>ほんと、なんだか悲しいというか悲惨なエピソードですね。
心の葛藤を芸術にぶつけたのかなぁ・・・なんて単純過ぎる考えですかね^^;

幸福とは言い難い人生だったかもしれないけど、一番の理解者の弟がそばにいて支えてくれただけマシかも・・・。支えがないともっと早くにどうにかなっていたかもしれない・・・のかな?

しかし、両親は亡くした息子の生まれ変わりだと思って同じ名前をつけたかもしれないけど、ちょっと考えられない話です。

ゴッホの絵を特に興味を持って見たことがなかったけど、色彩の力が強いと思いますv-299
こんなエピソードを知ってから見るとちょっと切ない・・・。うううっ

>うちの双子も曾おじいちゃん(私の母の父)の命日に生まれました。
1/365なので、ちょっと縁を感じますよねぇ。

これは、ご先祖様からのバトンだと思ったらどうでしょう。次の時代は頼むよ、という力強いバトンv-30
なんだか不思議な縁ですね。

>ブラシノキの木!!!
すご~い!!!圧巻!!!
こんな木が庭に生えてたらすごく目立ちますね~!

すごいですよね!あの、赤いワサワサしたものがいっぱいですよ!ちょっと見た目が花っぽくないけど、インパクトはありますね。

きっと、近所でも「変った花が咲いている家」なんて言われているんじゃないでしょうかの~

熊子さま

>第一子の命日に第二子が生まれてくるなんて
両親は、偶然を越えたものを感じたでしょうね。
まさに生まれ変わりだと思ったんじゃないかしら。

そうでしょうねぇ・・・。ゴッホの両親にしてもダリの両親にしても、悲しみの傷も少しばかり癒えてきた時に生まれた子供ですからねぇ・・・。
もしや、この子はあの子の生まれ変わりでは・・・?と思って、その名をつけてしまった気もわかります。

が、やっぱり同じ名前をつけられた子供にしてはたまったものじゃないですよね。成長するにつれ、もしや両親は自分の後ろに兄の影を見ているのでは・・・?とか思ったりして・・・v-406

子供は一人ひとり、大事にされ、愛情をいっぱい受けないといけない時期に正しいやり方で受けないと取り返しがつかなくなってしまうんですね・・・。

>2歳の子がタバコを吸うニュース見ましたよ。
とても2歳には見えない巨大児だったけど
それにしたって、タバコなんて論外。
規制する法律がないらしいですね。


ほんと、びっくりしましたよ。
それにまぁ、幼児とは思えないふてぶてしさ・・・。施設で更生させていくようですが(?)モノの良しあしもわからない子供が理解していくのは難しい事なんでしょうね。

それにしても、もっと国レベルでそのヘンの教育はちゃんとしなきゃ!って思います。親の教育も含めてv-87

No title

>ゴッホはその出生からして、いわくが付いていたのですねー・・・。彼は本当にエキセントリックな話が多いですよね。

今でいう、ちょっとヤバい人ですよね・・・。周りの人とうまく付き合って行けなかったようですし・・・。まだ、理解者の弟が支えてくれていたのが救いですが、エキセントリックすぎる人って疲れる・・・。

>絵もかなーり情熱的で、私は観る度、少々腰がひけます。
そういえば、「ゴーギャンとの破局で耳に熱湯を注ぎ込んだ」とか・・・

そういうエピソードを知ってしまうと余計ですね。魂の叫びというか、溢れ出てくるというよりも絞りだして消耗して・・・みたいな。

色遣いも独特ですねぇ・・・。

また、ゴーギャンの事は愛しく思っているのに、画家として敵わない焦りというか、複雑な気持ちもあったんですかねぇ・・・v-12

なんか、余計にツライ・・・。

>タバコをすう赤ちゃん、見ました!!ショックでした。だって、まだ2歳とか4・5歳の子。
赤ちゃんなのに、オムツなのに、タバコを吸う姿はもう、おっさんと一緒。。。。
「やめてぇ~!」といいたかった。

こりゃ、親がイカンですな。最初はふざけて「どれ、吸ってみるか?」なんてやってたんでしょうが、中毒になるくらいやってはねぇ・・・。

本当に親心ってモンがあるのかい、あなたに、えっv-359・・・と、説教したくなりますよ。まったく。

子供を更生施設に入れるなら、親も再度教育しなおすべきだと思います。

ぷんぷん!


>ブラシの木、凄い。これは、凄い。
圧巻ですねぇ。優雅というより、逞しい!
威勢がいいですね

これは思わずひき返して写真を撮りましたよ!花が真っ赤だから余計に目立つんですよね~。

活きのいいピンピンのブラシがいいですよ。これ、切り花にしちゃうと水上げが良くないのか、数日もたないで萎れちゃいました・・・。

みほさま

>ゴッホやダリって、そんな人生をたどった人だったとは…初めて知りました!
でも幼いころから自分と同じ名前の彫ってある墓石を見て育つってのも、それは精神的に影響が相当ありそうですよね…。

私も知りませんでした。たまたま読んだ誕生日の謎について書かれた本でこのエピソードが載っていて「ほぉ」と、思っていたのですが、まさかダリにも似たような人生があったとは驚きです。

それにしても、例えば他人でも自分と同じ名前の墓石なんて見たくもないけど、親はそういう事を考えなかったんですかねぇ・・・。ただ、この子はあの子の生まれ変わり!って思い込んでしまったんですかねぇ・・・。せめて一文字でも変えてやれよ、とか思いますが・・・v-12

>2歳のこどもにたばこ?!?!
言語道断ですなぁー!

そうなんですよ。考えられない話です。んもぅ、幼い子供の可愛さのカケラもないんですよ。指の間に煙草を挟んでぷか~っとするのは大人のようです。

で、その親もどれだけそれが体に害を与えるのかわかっちゃいなくて、与えないと駄々をこねるから…って与えてしまうんですよv-406

子供は施設に入れて更生させていくようですが、いったい、どんな大人になるのやら・・・。


>最近はお散歩中に歩きたばこを平気で赤ちゃんの横で吸われるだけで今にも切れそうになるのに…!!! ぐぅおらオッサン、歩きたばこはやめんかいっ!と。(母は強し…ってか強くなりすぎに注意ですね。笑)

そのヘン、全然頭にない人もいますね。目に入らないんですかねぇ・・・。私は一度、歩きながら煙草を吸っている人の火が手に当たった事がありますよ。
その時は「あ~、ごめんねぇ?大丈夫ぅ?」って・・・。かぁ~!思いだしただけでも腹が立つ!v-359


>ブラシの木、すごいですねー!
そこらへんで見かけたら、きっと私も写真とる派です!!w

あまりにもインパクトがあって引き返して写真を撮りましたよ。

あの、赤いブラシみたいなのがワサワサと・・・。小さなサルのしっぽのようでしたv-526

>「そういえば…」で話が展開して、元の話がなんだったかよく忘れる今日この頃です。(恥)

ふふふ、私は昔からです。
「で、何でこんな話になったんだっけ?」と聞き直すことに。
軌道修正してもまたそのうちズレていくんですけどね。 

おはようございます♪

ホント!!あっという間の6月ですね(笑顔)

私も5月中旬ごろ衣替えは済ませましたけど、
気温が安定しないので…
結局、長袖を引っぱり出してまた着ているしまつです(苦笑)

あっ!!私もテレビで見ましたよ!!
インドネシアの小さな子どもの喫煙してるところ!!
ホント!!ビックリでした、
やはり家庭環境に問題があるみたいですね(笑)
私も禁煙して早!!1年半が過ぎました。
まだ脳がタバコを欲しがっています(苦笑)

かなさま

>私も5月中旬ごろ衣替えは済ませましたけど、
気温が安定しないので…
結局、長袖を引っぱり出してまた着ているしまつです(苦笑)

そうなんですよね~。家の中でも寒くないですか?まだ重ね着していますよ。

だから、買い物などで外出する時の気温がいまいち想像できなくて、外に出たら暑かったり肌寒かったりしますv-12

>あっ!!私もテレビで見ましたよ!!
インドネシアの小さな子どもの喫煙してるところ!!
ホント!!ビックリでした、
やはり家庭環境に問題があるみたいですね(笑)

まぁ、家族が吸っていれば抵抗はないのでしょうが、早すぎですね。っていうか、親もなぜ取り上げない?!って思います。

お酒はしょうがないにしても、煙草は知らなければ知らないでも暮らしていけますもんね。一度味を覚えてしまうと、やめるのに苦労する・・・。子供なら余計にそうなのかな~

No title

ゴッホとダリの命名のいわくについては知っていました。
ちょっと重たい運命ですよね。
でも、たぶん持って生まれた性格が違うからだと思うんですけど、
ダリとゴッホでは作品から受ける印象が全然違います。
ゴッホの作品はちょっと怖くて、オランダに行った時もゴッホ美術館には行ってないんですよ。
彼の狂気がのしかかってきそうで…。

インドネシアのヘビースモーカーの子供はビックリですね。
タバコを吸う仕草がオッサンみたいでした。
日本では明治ごろまでタバコは薬扱いだったので、子供でも吸うことがあったみたいです。
それも今では考えられませんし、2歳であれはやっぱり問題ですよね~。
そりゃニュースになりますよ~。

ワンともさま

>ゴッホとダリの命名のいわくについては知っていました。
ちょっと重たい運命ですよね。

そうだったのですか~!いや~、知りませんでした。確かに重い、なんだか気持ちがちょっと暗くなるような話ですよねv-406

そんな話をわざわざ書く事もないのに、なんだかとっても驚いてしまったもので・・・。

>でも、たぶん持って生まれた性格が違うからだと思うんですけど、
ダリとゴッホでは作品から受ける印象が全然違います。

書いている絵の印象が全然違いますね。ゴッホは色の強さというか、絵の具の重ね方からして重さを感じます。あんまり部屋には飾りたくないタイプの絵ですねぇ・・・。

ダリは「記憶の固執」くらいしか知らないなぁ・・・。線は太くないけど、インパクトがありますね。異次元の世界みたな・・・。

それも芸術と言えばそうなんだけど、精神科医だったらどんな事が絵から読み取れるのでしょうかね・・・

>インドネシアのヘビースモーカーの子供はビックリですね。
タバコを吸う仕草がオッサンみたいでした。

ほんと、小さなオッサンですよね。で、態度は相撲取り級・・・。指にはさんで吹かしているシーンにはぞっとしました。

>日本では明治ごろまでタバコは薬扱いだったので、子供でも吸うことがあったみたいです。
それも今では考えられませんし、2歳であれはやっぱり問題ですよね~。

煙草は薬扱い・・・。覚せい剤が昔は薬局で買えたって話は聞いた事がありますが(もともとはぜんそく用の薬だったらしい)、煙草はねぇ・・・。お江戸の芸者さんが煙管で吸うのは様になるけど、お子ちゃまはイカンですな!v-427


ところで、ワンともさんの弘前の記事に書いたコメントですが、

>どうも英国館の近くにある“洋館長屋”というのに似ている感じですね。

そうでした!洋館長屋でしたよ~!
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア