FC2ブログ
2011-09-03

きらめくビーズの世界展

ビーズ雑誌の編集者のFさんに今年もビーズ展のチケットをいただきました。

チケット

日本橋高島屋で8月24日から9月5日まで開催されています。

今年は旅行に行ったり、雨続きだったりでなかなか行けませんでしたが、最終日近いのに大勢の人でにぎわっていました。


今回のテーマは「英国~Britain~」。英国の伝統刺繍やアンティークアクセサリーなども展示されていました。
また、国内外の作家40余名が英国をテーマにした新作も発表。

シューズデザイナーやバックデザイナーなどを目指す学生さんたちの斬新な作品もあって「ほほう」と見入ってしまいました。


ところで・・・。

アンティークのアクセサリーで「モーニング・ジュエリー」というのがあるのですが、ご存じですか?

骨董をたのしむ (52) 永遠のアンティークジュエリー  別冊太陽骨董をたのしむ (52) 永遠のアンティークジュエリー 別冊太陽
(2004/11)
不明

商品詳細を見る


何年か前に、那須にある「アンティークジュウリー美術館」に行って見たことがあるのですが、「モーニング・ジュエリー」とは、喪に服する期間に故人をしのんで身につける装身具です。

19世紀ごろの英国では「ヘア(髪)」は、永遠の愛の象徴で、愛する人との絆であったと考えられていました。

なので、故人の肖像画を描いたペンダントトップやリングなどの裏に髪を織物状に並べ、さらにメモリアルが記されています。

今回、会場のガラスケースの中で見たのは、亡くなった少女の髪で編んだブレスレット・・・。


ううむ・・・。
黒髪だと余計にぎょっとするだろうけど、それは栗毛色なので最初は気づきませんでした。

近しい人じゃないと抵抗感はあるけど、それは、身を飾る「アクセサリー」ではなく、故人の残した大切なものを肌身離さず身につけておくためのお守りみたいなもの。


ジュエリーは古代から護符としての役割を担い、人々がさまざまな思いを託してきた装身具。


 遺骨をダイアに?つ、壺に・・・?過去記事です

ホネまで愛して・・・?



きらびやかな作品の中で、ひっそりと片隅に展示されていたモーニング・ジュエリー。

まだ少女としか呼べないような年齢の肖像画。

親はどんな気持ちで身につけたのだろうか、と心が痛みました。



天然石

私は技術がないので、ものすごく手の込んだものは作れません。

でも、「こういう感じが売れるのよね~」みたいな、気持ちでは作りたくないなぁ・・・。

それでは商売としてうまく行きにくいだろうけど、自分が納得がいくものを作り続けていきたいと思います。



マイ・ビーズ・スタイル 16 (にちぶんMOOK)マイ・ビーズ・スタイル 16 (にちぶんMOOK)
(2010/04)
不明

商品詳細を見る


こちらもよろしくね


スポンサーサイト



theme : 東京まちさんぽ
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

きらめくビーズの世界展、行きたかった~
でも遠いから行けない。。。
ビーズだけだと思っていたんですが、刺繍やアンティークアクセサリーも展示されていたんですね。
こういう催しって写真撮影禁止だから、感動をずっと忘れないために、脳ミソMAXで見ます!

動画も素敵でしたv-353
スワロフスキークリスタルワールドを思い出しました。
キラキラってどうしてこうも心躍るんでしょう。。。
うっとりとろける気分で見ました♪

こんにちは!

>ホネまで愛して・・・?

拝読しました!
こういう話題は大好きです。
でも遺骨をダイヤや壷にして欲しいとは思わない。
海に散骨が理想です。

>モーニング・ジュエリー。

いかにも英国らしい・・・
日本人の感覚ですと、死んだ人の遺した体の一部を、肌身離さず持っていたいとは思わないですよね~
あ! 思い出した!
私、義兄(姉の夫)から、彼の抜けた歯を中心に止めたペンダントを貰ったのです。
これもなんだか遺品みたいで・・・彼はまだ生きていますが(汗
こういうものは、見ている(持っている)だけで十分ですね~~

シュムックさま

>きらめくビーズの世界展、行きたかった~
でも遠いから行けない。。。


そうですよね~
東京以外でも開催すればいいのに・・・。
関西でもこういうイベントはあんまりない気がしますe-274


>ビーズだけだと思っていたんですが、刺繍やアンティークアクセサリーも展示されていたんですね。
こういう催しって写真撮影禁止だから、感動をずっと忘れないために、脳ミソMAXで見ます!


そうそう、こういうのは撮影禁止ですもんね・・・。
どれも手が込んでいてすごかったです。
実用品ではなく、芸術品って感じ。
実際に身につけるのは無理そうだけど、迫力がありました。

でもねぇ、混んでいて自分のペースで見るのはちょっと難しかったです。

アンティーク・アクセサリーとかファブリックにビーズを縫い付けてあるものとか、珍しいものも見られましたv-20


>動画も素敵でした
スワロフスキークリスタルワールドを思い出しました。
キラキラってどうしてこうも心躍るんでしょう。。。
うっとりとろける気分で見ました♪


ほんと、あのキラキラは目に焼き付きますね~
なんだか運気まで上がりそうな煌めきでしたv-353

あんなキラキラに囲まれて暮らしたいわ~

marikoさま

>拝読しました!
こういう話題は大好きです。
でも遺骨をダイヤや壷にして欲しいとは思わない。
海に散骨が理想です。


いや~、結構引いてしまう人も多いネタですが、なんでもビジネスになるもんだと驚きですv-12

日本だと、赤ちゃんの産毛で作る筆とか、生まれた時の体重と同じ重さのぬいぐるみとか作る商売もあるようですが・・・。

いくら愛する人のでも・・・ダイヤとかアクセサリーにしたいとは思わないけどな。

海に散骨・・・。
これ、意外と細かい決まりがあるようです。
どれくらいまで細かくするか、とか。
映画とかで見ますけどね~


>モーニング・ジュエリー。
いかにも英国らしい・・・
日本人の感覚ですと、死んだ人の遺した体の一部を、肌身離さず持っていたいとは思わないですよね~

う~ん、ちょっとねぇ・・・。
でも、以前ブログで記事を書いたときにコメントで骨の一部をしまっておくロケット(ペンダントトップとか?)があることを知りました。
でも、それはアクセサリーというよりも、人知れず・・・ってものでしょうねぇ・・・。


>あ! 思い出した!
私、義兄(姉の夫)から、彼の抜けた歯を中心に止めたペンダントを貰ったのです。


ええ~?!
抜けた歯をアクセサリーに、ですか?
そ、それは「ほ~ら、いい形だろ?俺の歯!」とかいうので?

それとも・・・、そこに薔薇の彫刻でもしてアート作品にしたとか?

う~む。象の牙とかクジラの骨の・・・とかいうのだったらアクセサリーとしてもあるけど、ねぇ・・・。

も、もしかして、義理兄さんはスターとか?v-20

いずれにせよ、貰った方は困りますね。捨てるわけにもいかないしな~

No title

おや、もっとサイクルが遅いと思っていたら、もう更新ですか(驚)
ビーズ展に行ってきたからですね~
書きたいと思うのが一番ですよねw

モーニング・ジュエリーって初めて聞きました。
過去記事も読ませてもらいましたが、私が金持ちだったら、死んだ愛猫をダイアモンドに生き返らせてそばに置いておきたいです。
遺品という物を残しませんからね、動物は。

でも、ダンナはいらない・・・(爆)

くろろさま

>おや、もっとサイクルが遅いと思っていたら、もう更新ですか(驚)
ビーズ展に行ってきたからですね~
書きたいと思うのが一番ですよねw


そうなんですよ~
ネタがないときは書けない!
けど、どっか行ったり何か読んで「ほ~」と思えば書くこともある・・・という感じですかね~v-282


>モーニング・ジュエリーって初めて聞きました。

ほかにも、個人的な愛情や思い入れを表現した「センチメンタル・ジュエリー」と言われるものがあるそうです。

特に、19世紀には贈り物や持ち物を通じて個人的な感情や思い入れを伝える「メッセージ・ジュエリー」が大流行となり、その代表的なものが宝石の綴りの頭文字による言葉遊びと花言葉にちなんだものだそうですよ~v-256


う~む、お金がないとできないですねぇ・・・。


>私が金持ちだったら、死んだ愛猫をダイアモンドに生き返らせてそばに置いておきたいです。
遺品という物を残しませんからね、動物は。
>でも、ダンナはいらない・・・(爆)


なるほど~!
そうか、確かに動物は遺品を残しませんね・・・。

よしもとばななさんの愛犬も長年飼い主と一緒にいて、ペットじゃなく「家族」だったから、ダイヤにしてそばに置いておきたいと思ったのかもしれませんね~v-257

ダンナのは、ねぇ・・・。

お久しぶりです

お久しぶりですv-238
やっぱおしゃれだわぁと、感心してしまいました。
こちらは相変わらずですよ。
タイで買ったビーズ類もそのまま・・・
お近くなら習いに行きたかったわ♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いひっさま

いひっさん、お久しぶりですv-22


>やっぱおしゃれだわぁと、感心してしまいました。
こちらは相変わらずですよ。
タイで買ったビーズ類もそのまま・・・
お近くなら習いに行きたかったわ♪


ビーズ展、手作り好きだろう女性たちがたくさん見に来ていましたよ~

やる気を出してもっといい作品つくらなきゃ~と思っているんですけどねぇ・・・

いや~、しかし。
ビーズとか素材とかばっかりどんどん増えていきますv-12

ビーズは腐らないけど、輝きのあるうちになんか作りましょ~v-353

また、東京でお会いできるといいですね

匿名さま

特に何かを変更したわけではないのですが、そういう不具合もあるんですね~

いや~、お手間を取らせてしまって申し訳ないですv-436

No title

こんにちは!
ビーズ展、行って見たかったぁ。
ビーズも、もう宝石に負けないですよね。。ところで、ビーズは基本、ガラスで出来たものだとずーーと思っていますが、あってます?穴をあけて、ヒモを通せるものなら何でもビーズともいうのかしら、、。
 髪の毛のブレスですか、、。でも、日本人が子どもの髪の毛を筆にする文化と同じといえば、同じ?!子を思う親心ですね。
亡くなったなら、なお更かな。

ぜひ、ラーダさんも、益々素敵な作品作ってください!曲げない信念は素敵です!

ラッキー生活さま

>ビーズ展、行って見たかったぁ。
ビーズも、もう宝石に負けないですよね。。

ビーズっていうと、どうも子供の頃に遊んでいたようなものを思い浮かべるけど、今のビーズはすごいっすv-20


>ところで、ビーズは基本、ガラスで出来たものだとずーーと思っていますが、あってます?穴をあけて、ヒモを通せるものなら何でもビーズともいうのかしら、、。


ビーズと言っても、ガラスだけでなく、プラスチックや天然石、木製やシェル(貝)もありますねぇ・・・。

ビーズ展でもスワロフスキーとか天然石とかいろいろあったし、おっしゃる通り、穴が開いていて紐を通せればビーズなんでしょうかね・・・e-350

いや~、今まで改めて考えたこと、なかったです。


>髪の毛のブレスですか、、。でも、日本人が子どもの髪の毛を筆にする文化と同じといえば、同じ?!子を思う親心ですね。
亡くなったなら、なお更かな。

赤ちゃんの毛で筆を作るとか、生まれた時の重さと同じ重さのぬいぐるみとか、いろいろありますよね~、最近は・・・。

まぁ、だからと言って、それをアクセサリーとかお守りにしようとは思わないだろうけど、でも「忘れないために残す」という考えは共通なのかもしれませんねv-282

親とか近しい人だったら余計にそうなのかも・・・。


>ぜひ、ラーダさんも、益々素敵な作品作ってください!曲げない信念は素敵です!

ありがとうございます。
自分なりに好きなテイストがありますが、基本は飾り物ではなく「身につけて楽しめるもの」です。

たいした技術がないので、こったものが作れないですが「普段のファッションにも合って、身に着けている人が浮かないもの」・・・を心がけています。

仰々しすぎると結局、身につけず、いつしか忘れ去られそうだし・・・。身に着けている本人よりも作品ばかり目立ってしまうのもどうかと思います。

身に着けている人になじんで、それがいい感じのスパイスとして味わいになれば・・・と思っていますv-353

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア