2017-10-03

いいトコ取り!まるごと日光東武フリーパス★ 日光の名所を駆け巡る③日光東照宮ほか

遅い昼食を食べた後は、日光東照宮などの歴史遺産を見てまわります。



P9060154_convert_20171002175336.jpg

常行堂(じょうぎょうどう)



常行堂の御本尊は冠を被りクジャクに乗った、とても珍しいお姿の阿弥陀如来様。

仏教では、クジャクは癒しと解毒の象徴と言われているそうです。







P9060161_convert_20171002174233.jpg

日光山輪王寺大猷院(にっこうりんのうじたいゆういん)


徳川三代将軍・家光公が眠る霊廟。

徳川家康公の孫にあたる三代将軍・家光公の眠る大猷院は、家康が祀られる東照宮に対する配慮から落ち着いた造りとなっている。






P9060162_convert_20171002180048.jpg


大猷院は京都の金閣寺、平泉の中尊寺金色堂に並ぶ有名な黄金建築の一つ。






P9060163_convert_20171002180116.jpg




控えめながらも、目を見張る芸術性の高さ





P9060165_convert_20171002181350.jpg









P9060167_convert_20171002181419.jpg

中国・明朝の建築様式を取り入れた門








P9060168_convert_20171002180147.jpg









P9060170_convert_20171002180213.jpg









P9060172_convert_20171002180239.jpg











P9060178_convert_20171002181656.jpg

日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)





二荒山神社は日光山信仰の始まりとなった古社で、二荒山(男体山)をご神体としてまつり、古くから下野国の一の宮としてうやまわれ、信仰を集めていました。二荒山神社の主祭神は招福や縁結びの神様、大己貴命(おおなむちのみこと)がまつられており、福の神・縁結びのご利益でも知られる神社。

そして、近年では神社女子(略して「神女(かみじょ)に大変、人気のパワースポットでもあります。





P9060182_convert_20171002181802.jpg

茅の輪








P9060181_convert_20171002181733.jpg









P9060196_convert_20171002183403.jpg

日光東照宮



江戸幕府初代将軍徳川家康を神としてまつる神社

現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の豪華絢爛な建造物が並びます。






P9060197_convert_20171002183438.jpg








P9060192_convert_20171002183247.jpg








P9060199_convert_20171002183511.jpg









P9060203_convert_20171002183541.jpg









P9060214_convert_20171002183713.jpg

団体客の後ろをついて行くと・・・







P9060208_convert_20171002183613.jpg

眠り猫です







P9060212_convert_20171002183643.jpg

眠り猫の裏にはスズメの彫刻が・・・。






P9060215_convert_20171002184540.jpg

もう夕暮れだよ~







P9060217_convert_20171002185452.jpg


輪王寺








P9060222_convert_20171002183823.jpg

神橋






では、駅まで歩いて帰りましょう

P9070226_convert_20171002184738.jpg








P9070233_convert_20171002183937.jpg








P9070230_convert_20171002183856.jpg

早朝に家を出て、夕方17時過ぎのスペーシアで帰ります。




この日の歩数、2万歩越え・・・







皆さまも長いこと、旅の思い出にお付き合い下さり、ありがとうございました!(^^)!

theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

2017-09-29

いいトコ取り!まるごと日光東武フリーパス★ 日光の名所を駆け巡る②竜頭・華厳の滝

帰りは東武バスの「湖畔前」から乗り、竜頭の滝を見るために途中下車します。






P9060062_convert_20170929003143.jpg

降りる人がほとんどいません・・・。


皆さん、竜頭の滝に行く時は次の「竜頭の滝」のバス停で降りるのですが、わざわざ手前の「滝上」」のバス停で降りるのにはワケがあるんですね~





P9060057_convert_20170929001548.jpg

橋の上から見たところ





P9060055_convert_20170929001621.jpg





P9060064_convert_20170929003214.jpg

滝の横に下へ下る階段があります。




P9060058_convert_20170929003109.jpg

下って行きながら、いろんな角度で滝を見る事ができます。







P9060067_convert_20170929003316.jpg








P9060070_convert_20170929003348.jpg






P9060074_convert_20170929003503.jpg

横から見たところ





P9060077_convert_20170929003545.jpg

竜頭の滝の前にあるお土産屋さんから見た正面


「竜頭の滝」のバス停で降りると、上から滝を見るために私たちが下って来た階段を上がって行かないといけないのです。






P9060082_convert_20170929004659.jpg

いや~、とっても勢いがあるカッチョイイ滝ですね!






P9060085_convert_20170929003658.jpg

竜頭の滝


奥日光三大名瀑の一つ。途中から2枝に分かれ、滝壺に落ちる様子が「竜の頭」に見える事からこの名がついたそうです。




P9060071_convert_20170929003415.jpg



では、またバスに乗って今度は華厳の滝に向かいます。




P9060150_convert_20170929091955.jpg

中禅寺温泉駅で降り、華厳の滝まで歩きます(徒歩5分ぐらい)

七分袖の服を着ていたのですが、あまりにも寒くて売店でレインコートを買いました・・・(まぁ、小雨も降ってたし)




P9060146_convert_20170929091401.jpg

華厳の滝のエレベーター(!)乗り場




P9060094_convert_20170929091434.jpg

エレベーターを使って滝壺まで降ります。




P9060096_convert_20170929091526.jpg

エレベーターを降りると階段が・・・





P9060097_convert_20170929091612.jpg


どど~ん!!!


きゃ~!


写真ではいまいち迫力が伝わらないでしょうが、物凄いパワーがみなぎっている感じ・・・



P9060122_convert_20170929091919.jpg


カナダのナイアガラの滝にも行った事がありますが、また違った感動がありますねぇ・・・



P9060102_convert_20170929091649.jpg


華厳の滝(けごんのたき)

和歌山の那智の滝、茨城の袋田の滝と並ぶ三大名瀑のひとつ。

高さ97mの断崖から轟音を響かせ、一気に滝壺まで落下する姿は感動的。



P9060111_convert_20170929091723.jpg

階段を降りてみましょう




P9060117_convert_20170929091804.jpg



おお~!




P9060119_convert_20170929091839.jpg

ありがたや~

ありがたや~


なぜか、手を合わせたくなりますね




P9060126_convert_20170929092256.jpg

ハァ~、いいものを見させて頂きました


なんか、歴史的建造物を見るのももちろんいいけど、こういう大自然に触れると日光に対するイメージが変わります。



いいじゃん、日光!


ワンダホー!日光!




なのに、なぜ低い?

栃木県の魅力度ランキング・・・


もっとガンバレよ~!

もっとガンガン、アピールしなよ~!






P9060133_convert_20170929092215.jpg

スッキリ浄化された気分で(?)また階段を上ってエレベーターに乗ります




P9060143_convert_20170929092140.jpg



では、バスにまた乗って日光東照宮方面へ向かいます。


つづく




お知らせ

私のブログでもお馴染みのイベント、グローバルフェスタが開催されます(会場:お台場センタープロムナード 10時~17時)

今年は、9月30日・10月1日です。

ご興味とお時間がある方はぜひ♪↓


グローバルフェスタ2017

theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

2017-09-27

いいトコ取り!まるごと日光東武フリーパス★ 日光の名所を駆け巡る①湯元温泉・温泉寺

日光と言えば、「修学旅行や遠足で行く世界遺産」というイメージです。




以前に一度、日光には行っていますが、東照宮とか輪王寺とか歴史に興味のない私にとってはあまり面白い場所ではありませんでした↓

夢見るころを過ぎても。青春よふたたび 日光偏





でも、今回利用した「まるごと日光東武フリーパス」というプランは、電車とバスで竜頭の滝とか中禅寺湖温泉や戦場ヶ原など、有名な「これぞ日光」の魅力を楽しめる観光地へと好き好きに行けるのです!

しかも、区間内は乗り降り自由で4日間有効♪


まるごと日光東武フリーパス


P9060054_convert_20170926171848.jpg


往復の電車代・バス代付きで4,300円って、まともに切符を買って行ったら電車代だけでこの価格です。

これで、奥日光までバスで名所めぐりできて、なおかつ乗り降り自由なんてお得すぎる!

毎度のことながら、いろんな特典のあるプランを探してきてくれてありがとう、ダンナ




早朝に埼玉の大宮を出発し、春日部で東武電車に乗り換えて東武日光駅へ・・・。

最初はこの駅からバスに乗るつもりでしたが、あいにく出たばかりだったので、少し歩いてJR日光駅に向かいます。


P9060001_convert_20170926171207.jpg


これが正解で、もし、東武日光駅前から乗っていたらすごい人でヘタするとずっと立ちっぱなしだったかも・・・。


ぎゅうぎゅう詰めの混雑している観光バスで、クネクネ山道のいろは坂などを耐えるのは大変だったと思います




急カーブ続きの「いろは坂」。


カーブごとに「い」「ろ」「は」など、文字の標識があります。

P9060152_convert_20170926172050.jpg

スピードが速すぎて標識が写せません




いろは坂

いろは坂の名称は、初期のいろは坂が48箇所のヘアピンカーブがあったことからその名が付けられたとされる。初期のいろは坂から改良された現在の「いろは坂」は、下り専用の第一いろは坂と登り専用の第二いろは坂に分けられ、この二つの坂に存在する48のカーブをいろは48音に例えており、個々のカーブには音に対応する文字板が建てられている。

二つの坂道はふもとと山頂でそれぞれ合流し、ふもとの馬返(うまがえし)から中禅寺湖への登り方向を第二いろは坂と言い、「い」から「ね」までの20のカーブが、中禅寺湖から馬返への降り方向を第一いろは坂と言い、「な」から「ん」までの28のカーブがある。第二いろは坂は馬返から明智平までが登り方向に、第一いろは坂は全線が降り方向に、それぞれ一方通行である。
(ウィキペディアより)





P9060052_convert_20170926171926.jpg

戦場ヶ原



次々と有名観光地でみんなが下車していきます・・・。



P9060005_convert_20170926171254.jpg

私たちが向かったのは、終点の湯元駅。

約1時間半の乗車時間でした





P9060018_convert_20170926171555.jpg

あたりに誰もいない静かな場所に、こんなお寺が・・・。




P9060008_convert_20170926171344.jpg


日光山温泉寺

「日光山温泉寺」(にっこうざんおんせんじ)は、世界遺産「日光山輪王寺」の別院。

その歴史は大変古く、日光を開山された「勝道上人」(しょうどうしょうにん)が、延暦7年(788年)にこの温泉を発見し、病苦を救う薬師瑠璃光如来様をお祀りしたのが始まり。

全国でも珍しい温泉のあるお寺です。






P9060016_convert_20170926171630.jpg

境内には、修行僧のために引かれた薬師の湯があります。






P9060011_convert_20170926171448.jpg

薬師湯

泉質は、含硫黄‐カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉。泉温は71.4℃。加温なし、加水有、完全かけ流しの温泉です。

大変成分の濃い温泉なので、1時間以内に出ること。

源泉の色は薄いエメラルドグリーン。加水すると乳白色に変わります。





ダンナの入った男湯は他にも入浴客がいたので、適温に調整する事ができず、あまりの熱さに2・3分しか浸かれなかったそうですが、女湯は私一人だったので、ちょうどいい湯加減に調整できました。



連休などで子供連れの人が多くなると、湯が熱すぎて入れず、水を入れて温度を下げるのですが、このお寺のお湯は「熱い」事が有名で、それを求めて来る方も多く不満の声も出るそうです・・・





P9060014_convert_20170926171521.jpg






P9060006_convert_20170926171317.jpg


湯元 日光山温泉寺





P9060020_convert_20170926171724.jpg


P9060021_convert_20170926171751.jpg




温泉で体が温まったので、一駅前のバス停まで歩きます。





P9060033_convert_20170926180708.jpg









P9060026_convert_20170926180524.jpg

湯ノ湖






P9060028_convert_20170926180608.jpg

日光の最奥にある、前白根山の噴火で流れ出した溶岩が湯川をせき止めた湖。





P9060030_convert_20170926180640.jpg

湧き水によってできた透明度の高い湖は綺麗なブルー






P9060037_convert_20170926180745.jpg






P9060041_convert_20170926181604.jpg






P9060042_convert_20170926180906.jpg






P9060046_convert_20170926180934.jpg

もうボチボチ紅葉が始まってますね~






P9060049_convert_20170926182025.jpg


次は竜頭の滝が見えるスポットへ向かいます。



次回は  滝づくし




滝が見たくなったら、日光へ行こう!


日光は滝づくしのパラダイスやぁ~!



theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

2017-09-24

エルクール女子会 初めてのUVレジンのアクセサリー作り

23日は、おしゃべりと持ちよりの差し入れのお菓子や、ハンドメイドを楽しむ(?)「エルクール女子会」でした。






手作り雑貨とカフェのお店「エルクール」が惜しまれつつも閉店して何年も経ちますが、市のコミュニティ施設やカフェを借りたり、イベント等でなんやかんやと集まっています。






P6040027_convert_20130604192911.jpg



今回は市のコミュニティ施設を利用しました。


その市在住者は登録すれば格安でお部屋を借りることができるのです。







P6040031_convert_20130604192836.jpg


和室にテーブル、座布団つき、冷暖房完備♪








P9070009_convert_20170924011911.jpg

今回の参加者は7名。








P9070006_convert_20170924012146.jpg

手作りのおはぎ!







P9070014_convert_20170924012210.jpg

梅干しまで!








P9070017_convert_20170924012259.jpg

手作りクッキー!ラッピングも可愛い♪









P9070015_convert_20170924012235.jpg

私の差し入れ。お煎餅のアソートパック




それと・・・22日に日光に行ったので、そのお土産💛(その記事は次回に)

P9070010_convert_20170924014924.jpg



P9070077_convert_20170924012904.jpg

食事中の方、スミマセン・・・

でも、ウ〇コじゃなくて、お菓子ですから!(チョコレート風味の飴菓子)







P9070019_convert_20170924012332.jpg

鶏手羽、とりもも登場!








P9070020_convert_20170924012400.jpg

ピザにいなり寿司まで・・・








P9070021_convert_20170924012008.jpg





誰か~!ビール買ってきて~!!!








P9070024_convert_20170924012046.jpg

思わぬピザ登場にナイフとフォークがなくて、割りばしで悪戦苦闘








P9070028_convert_20170924012434.jpg

え~い、スプーンも頑張っちゃうぞ







ふふふ・・・女子会なのに、エレガントじゃないっすね









さて、ひとしきり食って笑って、騒いだ後はUVレジンのレッスンです。






今回の手作り教室の先生は、元・美術教師でジェル・ネイルや陶芸作品を作る、しぶ屋先生。


しぶ屋先生に「UVレジン」を習います。



P9070001_convert_20170924010446.jpg

先生の作品






 UVレジンとは

「紫外線硬化樹脂」のことで、UVレジン液というのを使って作るアクセサリーです。

「UVレジン液」とは紫外線に反応し、硬化する液体で、金属・紙・布・プラスチック・タイルなど幅広い素材に使えます。






P9070063_convert_20170924010645.jpg

透明なボンドみたいな感じの液体








アクセサリー作り好きな女子の間では知られている「レジン」ですが、私は全くの初心者で今回が初チャレンジです。



P9070039_convert_20170924010529.jpg

ジェル・ネイルをする先生のお持ちのパーツを使って、教えて頂きます。





P9070032_convert_20170924012553.jpg

パールなどの飾りパーツ







P9070040_convert_20170924010611.jpg

細かく砕かれた色のチップみたいなもの








P9070029_convert_20170924012527.jpg

金属の土台。これに色を塗ったりパーツを張り付けたりします。








P9070041_convert_20170924010731.jpg

こういう型に飾りのパーツを自分の好みのように組み合わせて入れて行きます。







P9070046_convert_20170924011613.jpg

私はドーム型のパーツを作るので、二層に分けて色のパーツを入れます。

これが、表面に来る一層目。







P9070048_convert_20170924011649.jpg

一層目にパーツとレジン液を半分ぐらいの量まで入れたら、一度機械に入れてレジン液を乾かして固めます。







P9070061_convert_20170924011837.jpg

二層目にもパーツを入れたら再び機械に入れて乾かします。






完成品がこれ↓

P9070065_convert_20170924012738.jpg


ブラック・オパールを意識してキラキラのラメで遊色効果を演出(オパールの石の角度によってキラキラするのを遊色:ゆうしょく効果と言います)




ブラック・オパールのイメージでしたが、思っていたよりも明るいブルーになっちゃったな~

さて・・・どうしましょ






P9070053_convert_20170924012637.jpg

みんな、それぞれ好きなデザインの作品を作ってます。







P9070080_convert_20170924012705.jpg

どんな作品ができるのでしょう????








P9070072_convert_20170924012807.jpg

これが、私の作品です。



レジンの球体のパーツの周りにパールっぽいパーツと金のメタルパーツを配置。


表面に泡が出来て穴が開いていたので、ゴールドのメタルパーツで隠しました







さて、皆さんの作品です♪


P9070098_convert_20170924013013.jpg









P9070070_convert_20170924012836.jpg

lovelyな子猫ちゃん







P9070097_convert_20170924013044.jpg

男前なペンダントトップ







P9070087_convert_20170924012941.jpg

ブロンズ色の金属パーツにペイントして宇宙を描いています


すごい!小さなパーツの中に大宇宙が・・・・!






レジンは初めてで、まったく何から手をつけたらいいのか想像すらできなかったけど、誰かに何かを習うって楽しいですね~!





最後は、みんなで記念撮影して、それぞれに自分の作品と、たくさんのお持ちよりのお土産を分け合って終了!





今回も楽しかったです

theme : ハンドメイド雑貨*イベント*
genre : 趣味・実用

2017-09-19

おぬし、何者?

皆さんはこの三連休をいかがお過ごしでしたか?

台風の被害には遭いませんでしたか?


月曜日の敬老の日にはすっかり晴れましたが、洗濯物がたまってます・・・。




しかし、ブログのネタはないのよね~






そんなワケで、ちょっと調べてみました。



「9月19日は何の日?」


いろいろな記念日がありますね~


「いけんの日」

「世界初ミスコンが行われた日」

「遺品整理の日」



・・・などなど。






ちょっと面白いのは「苗字の日」。



1870年戸籍整理のために 太政官布告により、一般市民も”苗字を持つこと”が許されたのが9月19日とされています。

そのため、毎年9月19日は「苗字の日」とされました。



平安時代中期以降に登場したとされる苗字は、江戸時代には武士の特権だったそうです。

長い間名前だけで通してきた一般市民は、特に不自由もなかったので、なかなか苗字を名乗らず・・・。



そんなワケで、1875年2月13日に全ての国民が苗字を名乗ることが義務づけられました。

(この日は「苗字制定記念日」とされています)




昔は、「○○村のゴンベエ」や「□□村のウメさん」というような感じでも問題がなかったようですが、人口が増えると管理しにくくなりますもんね・・・。


どんだけ〇〇ベエやら、ウメやら、お玉がいるんじゃ~!

・・・みたいな?





現在、日本で最も多い日本人の苗字は「佐藤」姓だとか。

なんと、全国約200万人近くと言われています。



ついで

「鈴木」姓

「高橋」姓

「田中」姓

「渡辺」姓

「伊藤」姓

「中村」姓


だそうです。


皆さんの苗字もあります?





苗字に最もよく使われている漢字は

No.1:田

No.2:藤

No.3:山

となっています。
(2017年現在)


ちなみに、苗字とは85%程がその住んでいた地名から名づけられたものが多いとか。

苗字から祖先のルーツが探れるかも?





英語圏で最も多い苗字は「Smith(スミス)」さんで、英語圏は職業名に関する苗字の方が多いそうです

「Smith(スミス)」=鍛冶屋

「Taylor(テイラー)」=仕立屋

「Miller(ミラー)」=粉屋

「Butcher(ブッチャー)」=肉屋


テイラー・スィフトやリバー・フェニックスもそういう感じ(あ、「リバー」は場所か(川・河)」?




そして、世界中で最も多い姓は中国の「張」さん。


人口が多い事で知られている中国ですが、、姓の種類はたった約3,000種ほどと言われています。(ちなみに、日本は30万種以上)

その中でも「張」姓を持つ人が中国総人口の1割強を占めていると言われてるそうです。



これは、日本の総人口数に匹敵しています。



ちなみに、この「張」姓を含め、中国には「四大姓」と呼ばれる苗字があり、



張

王

李

趙

・・・を苗字に持つ人が多いと言います。


そう言えば、高校のクラスメイトに中国の子がいて「張さん」でした。




では、話を日本に戻して東京で多い苗字の順位をみてみましょう

1 鈴木

2 佐藤

3 高橋

4 田中

5 小林

6 渡辺

7 中村

8 伊藤

9 加藤

10 山本

11 吉田

12 山田

13 清水

14 斎藤

15 佐々木

16 井上

17 石井

18 木村

19 山口

20 松本


まぁ、東京は地方からの人も集まってますしね~





大阪では?

1 田中

2 山本

3 中村

4 吉田

5 松本

6 井上

7 山田

8 山口

9 高橋

10 小林

11 林

12 佐藤

13 木村

14 橋本

15 前田

16 山下

17 森

18 西村

19 伊藤

20 上田


では、沖縄では?

1位 比嘉

2位 金城

3位 大城

4位 宮城

5位 新垣

6位 玉城

7位 上原

8位 島袋

9位 平良

10位 山城

11位 知念

12位 宮里

13位 下地

14位 仲宗根

15位 照屋

16位 砂川

17位 城間

18位 仲村

19位 新里

20位 新城



東京の日暮里の沖縄雑貨のお店では、都内では手に入りにくい「沖縄の苗字のはんこ」が売ってました。


私も現在はオーダーして作ってもらわないといけない苗字なので、気持ちがわかるわぁ~



気になる名前を調べてみてね↓

なまえさあち




P9030002_convert_20170919180525.jpg

消しゴムはんこの作家さんに作ってもらいました♪




P9030003_convert_20170919180456.jpg

もちろん、芸名よぉ(?)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア